妊娠時の基礎体温の変化に関する記事

妊娠時の基礎体温~排卵後の高温期に起こる体温の変化とは

妊娠時の基礎体温~排卵後の高温期に起こる体温の変化とは

妊娠時の基礎体温の変化から次の生理や排卵日、妊娠しやすい時期を予測してみませんか?便利な無料アプリや基礎体温計もご紹介。

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠時の基礎体温~排卵後の高温期に起こる体温の変化とは

妊娠時の基礎体温はどうなるの?知っておきたい高温期との関係

基礎体温を測っているという人は、妊活をしている人や妊娠を望んでいる人に多いかもしれませんね。毎日の基礎体温は、微妙な体温変化ですが、それをグラフ化すると自分の体の微妙な変化、ホルモンバランスなどいろいろなことが分かってきます。

月経周期に合わせて体温が変化するということは何となく分かっているけれど、実際に妊娠時にどのように体温が変化するのかよく分からないという人もいるはず。そこで今回は、分かっているようでよく分からない、妊娠した時の基礎体温についてご説明します。さらに、毎日の基礎体温の計測をサポートしてくれる基礎体温表アプリやおすすめの基礎体温計もご紹介しちゃいます。

基礎体温で何が分かるの?

一般的に28日周期で訪れるといわれる月経周期の間、基礎体温には大きな変化がみられます。逆をいえば、基礎体温をみるだけ女性の身体の変化が分かるのです。基礎体温のグラフから妊娠しやすい時期や妊娠しかたどうかがおのずと分かってくることから、ここではまず、月経期・卵胞期・黄体期の3つの月経周期と基礎体温の関係について理解しておきましょう。

月経周期と基礎体温のグラフ

1低温期の始まりが分かる月経期の基礎体温

「月経期」とは、生理初日から生理が終わるまでの5日~6日の期間のことをいいます。いわゆる低温期の前半に当たる期間で、月経期に入ると14日間ほど体温が低い状態が続くのです。

2卵胞期の基礎体温で排卵日をチェック!

生理が終わると、卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されることにより、排卵に向けて卵子が成熟する「卵胞期」に入ります。そして、10日ほど続くこの卵胞期が、低温期の後半にあたる時期。妊娠のための準備をはじめるエストロゲンの分泌が始まることで、この時期になると女性の身体は妊娠が可能な状態になるのです。

さらに、エストロゲンの分泌量がピークに達して卵子が成熟すると、排卵を促す黄体化ホルモン(LH)が大量に放出されて、半日程度で排卵が起こります。エストロゲンには体温を下げる働きがあることから、ちょうど排卵のあたりに体温がガクッと下がるのです。そして、排卵が起こる前後の数日間が最も妊娠しやすいといわれています。

3黄体期の基礎体温と高温期の関係

排卵後に卵巣に残った細胞が黄体と呼ばれる状態になると、黄体ホルモン(プロゲステロン)というホルモンの分泌が始まる「黄体期」に入ります。プロゲステロンには体温を上げる働きがあることから、排卵後のこの時期になると体温の上昇が始まるのです。この時期から始まる高温期は、低温期と同様に14日間ほど続き、妊娠しなかった場合はプロゲステロンが徐々に減少するため、基礎体温が低下して再び月経期を迎えます。

妊娠した時の基礎体温のグラフの変化

妊娠した場合に基礎体温表でおこる大きな変化といえば、ずばり高温期の継続です。妊娠しなかった場合、高温期は2週間ほど続きますが、妊娠するとプロゲステロンの分泌が続くため、体温が下がらずにそのまま高温期が維持されるのです。さらに、お腹の中の新しい命を守るためにママの身体が体温を上げることも、高温期が続く原因となります。

ただし、高温期に入ってから一度体温がガクンと下がる「インプランテーションディップ」という現象が起こるため、「もう高温期が終わったの?」と勘違いしてしまわないようご注意ください。

インプランテーションディップとは?

インプランテーションディップは、高温期に入って10日ほどたってから体温が低下する、超初期に起こる妊娠の兆候の1つ。体温が下がる期間は1日のみで、翌日からは再び体温が上がって高温期が続くのが特徴です。全ての妊婦さんに現れる現象ではないため、「インプランテーションディップがなかった!」という妊婦さんは多いのですが、高温期中に体温が下がったからといってガッカリせず、次の日もきちんと基礎体温を測ることが大切です。

体温の変化以外の妊娠の兆候にも要注意!

妊娠をすると高温期が続くほかにも妊娠特有の兆候や初期症状が起こります。基礎体温を測っていて高温期が続いて「妊娠したかも?」と思ったら、次のような症状がないかチェックしましょう。

  • 生理がこない
  • 吐き気がする
  • 少量の出血や腹痛
  • だるい、眠い
  • おっぱいが張り、乳輪が黒ずむ

測定データの管理におすすめの基礎体温表アプリ

基礎体温を毎日つけた方がいいということは分かってはいるけれど、いつも三日坊主で終わってしまうという人は多いはず。「うっかり測り忘れてしまう」「測った体温をグラフに書き込む時間がない」なんて人におすすめなのが、基礎体温アプリの使用です。ここでは無料でダウンロードができる3つの基礎体温アプリをご紹介します。

ルナルナ 体温ノート:基礎体温グラフで妊娠・妊活・体調管理

ルナルナ体温ノート画面キャプチャ

テレビのコマーシャルでもおなじみの、可愛いウサギが生理日と排卵日をお知らせしてくれるアプリです。生理は7日前、排卵日は3日前から知らせが届くので、タイミングを逃したくないという人にはおすすめです。

妊娠・生理・排卵日予測のグラフアプリ~基礎体温ツール~

妊娠・生理・排卵日予測のグラフアプリ画面キャプチャ

とにかく基礎体温の値の入力が簡単です。画面のグラフをタッチして入力するだけなので、めんどくさがり屋さんでもこのアプリなら続くはず。妊娠しやすい日も教えてくれるので、忘れっぽいという人にもおすすめです。

基礎体温データ記録ソフト WOMAN℃アプリ(PC専用)

WOMAN℃アプリ画面キャプチャ

テルモの女性体温計W525DZに対応したパソコン用のアプリです。体温計をタッチするだけでデータがパソコンに自動で入力。作成されたグラフを見るだけで、簡単に基礎体温のリズムが分かるので、体調の変化だけでなく生理日サイクルも一目で分かります。

WOMAN℃アプリ

測るだけじゃない!基礎体温計(婦人体温計)おすすめ3選

毎日、基礎体温を測るために重要となるのが、婦人体温計とも呼ばれる基礎体温計です。「体温を測るだけなら、普通の体温計でいいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、最近の基礎体温計の機能の充実ぶりには目を見張るものばかり。これから、毎日基礎体温を測ろうと思っている方は、基礎体温を測るために専用の体温計を準備した方がいいでしょう。

短時間で体温を測ったり、スマホやパソコンとの通信機能は当たり前。無料アプリを使って簡単に体温のデータ管理することができるんです。ここでは、測定スピード・機能の充実・スマホアプリとの連携など、それぞれに特徴を備えた3つの体温計をご紹介します。

婦人用電子体温計MC-652LC

電子体温計MC-652LC

オムロン

オープン価格

約10秒というスピードで5分後の体温を予測してくれる優れもの。さらに、BluetoothとNFCの2つの通信機能を搭載しているため、体温データをパソコンやスマホに転送することが可能です。

http://www.healthcare.omron.co.jp/product/mc/mc-652lc.html

婦人体温計 W525DZ

体温計W525DZ

テルモ

7143円 + 税

タッチするだけで体温データの送信が可能なので、無料アプリ「WOMAN℃」でデータ管理が簡単にできるほか、次の生理日や排卵日をお知らせしてくれるという女子にとって便利な機能がついています。水洗いできるのも嬉しいですよね。

http://womanc.terumo.co.jp/products/w525dz.html

婦人用電子体温計

東芝婦人用電子体温計

東芝

1834円 + 税

ボタン一つでデータ転送ができ、スマホ上で体温グラフが自動で作成されます。スマホの無料アプリ「ルナルナ 体温ノート」とも連携しているので、ルナルナ派におすすめの体温計です。

https://www.toshiba.co.jp/healthcare/bbt/

基礎体温を管理して身体に変化に気づきましょう

これまで妊娠時の基礎体温と検温データの管理方法についてご紹介してきました。女性にとって基礎体温は、本人でも気づくことができない微妙な身体の変化を見つけるための重要なサインです。現在、妊活中の人やこれから妊娠を予定しているという人は、毎日きちんと基礎体温を測って、大切な妊娠のサインを見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク