出産方法の種類に関する記事

出産方法の種類まとめ~出産準備で決めておきたい分娩方法

出産方法の種類まとめ~出産準備で決めておきたい分娩方法

出産方法が選べる時代になりました。基本のスタイルから分娩台を使わない方法までいろいろな種類があります。今回は、医療行為を含む様々な出産スタイルについてご紹介します。出産場所や呼吸法も選べるので、自分らしいバースプランを作ってみませんか。

マーミーTOP  >  出産  >  出産方法の種類まとめ~出産準備で決めておきたい分娩方法

出産方法にはどんな種類があるの?自然分娩以外の出産のしかた

ベビー服を持っている妊婦さん

出産方法といえば、赤ちゃんがママの産道を通って外に出てくる自然分娩(経膣分娩)が一般的ですよね。同じ自然分娩でも様々なスタイルがあり、最近では出産方法の選択肢が広がってきました。出産は、女性にとって人生の大きなイベントなので、自分が納得できる方法で産みたいと考える女性も増えてきています。

今回は、様々な出産方法について、分かりやすく解説していきます。これから赤ちゃんが欲しいと考えている方や、上の子とは違うお産をしたいママさん、この記事を参考に、自分に合ったお産のスタイルを探してみてくださいね。

分娩体位の種類

分娩を行うときの姿勢を分娩体位といい、姿勢によって様々な特徴があります。お産をする時の姿勢について、特徴やメリットなどをまとめました。

仰臥位分娩(ぎょうがいぶんべん)

仰臥位分娩とは、仰向けの姿勢で出産する方法です。子宮口が10cmほど開いたタイミングで分娩台に乗り、足を開いた状態で台に乗せてお産を行います。分娩の介助がしやすいことから、現在、産婦人科の病院などでは仰臥位分娩が一般的です。

座位分娩(ざいぶんべん)

座位分娩する妊婦さんのイラスト

座位分娩とは、上半身を起こした姿勢で、座った状態で出産する方法です。座位分娩専用の、特別な分娩台に座り、お産を行います。座った姿勢は、お腹に力を入れやすいためいきみやすく、赤ちゃんが下りてきやすいという特徴があります。

側臥位分娩(そくがいぶんべん)

側臥で安静にしている妊婦さん

側臥位分娩とは、横向きの姿勢で、片足を持ち上げた状態で出産する方法です。この姿勢だと、陣痛と陣痛の感覚が長くなりやすく、妊婦さんが一息つける時間が持てるのが特徴です。側臥位分娩の際、背中を丸めた状態の方が楽だという妊婦さんも多いです。

フリースタイル出産

フリースタイル出産は、自由なお産のスタイルで楽な姿勢をとりながら出産することをいい、アクティブバースとも呼ばれています。助産院で行われることが多い出産方法で、自分の楽な姿勢でお産ができるのが一番のメリットです。代表的な仰臥位や座位のほか、次のような体位があります。

フリースタイル出産の主な姿勢

  • 蹲踞位(しゃがむ)
  • 膝位(ひざをついた姿勢)
  • 懸垂位(ヒモなどにぶら下がった状態)
  • 立位(立ったまま)
  • 歩行(歩きながら)
  • 四つん這い

このほか、旦那さんに支えられて出産するスタイルもあります。ただし、脱肛の防止や分娩の介助が難しい体位があるため、妊婦さんの状態によってはできない姿勢もあります。フリースタイル出産を希望する時は、事前にしっかりと確認しておくと安心ですよ。

医療行為が行われる出産の種類

何らかの事情があり、自然分娩が行えない時でも、医療行為により安全にお産を行うことができます。医療行為が必要な場合は、助産院では医師がいないので、産院や総合病院などでのお産となります。医療行為が行われる出産の種類は次のとおりです。

帝王切開

帝王切開で分娩をした妊婦さん

お腹を切って赤ちゃんを取り出すことを、帝王切開といいます。帝王切開には、あらかじめ手術日を決めて行う「予定帝王切開」と、状況に応じて自然分娩から切り替える「緊急帝王切開」の2種類があります。

双子などの多胎妊娠や逆子、高齢出産の場合、予定帝王切開になることが多いです。あらかじめ手術日を決めることができるので、手術日に合わせて家族も休みを取りやすいというメリットがあります。

ママが妊娠高血圧症候群の場合のほか、微弱陣痛や回旋異常などにより自然分娩の続行が難しいと判断された場合、緊急帝王切開になることがあります。自然分娩を行う際でも、赤ちゃんの安全を考えて帝王切開に切り替える可能性を、あらかじめ頭に入れておくとよいでしょう。

手術時の麻酔の方法は、全身麻酔と局所麻酔があり、予定帝王切開など緊急性が低い場合は局所麻酔、逆に緊急性が高い状態では即効性のある全身麻酔が用いられます。

無痛分娩(和痛分娩)

無痛分娩とは、局所麻酔によって陣痛を和らげる出産方法です。全身麻酔ではないので、ママの意識があり、赤ちゃんが生まれる時の様子などを見ることができます。局所麻酔には、背骨に直接麻酔を注射する硬膜外鎮痛のほかに、点滴で麻酔薬を投与する方法があり、心臓の病気がある人や不安感の強い人などに行われる出産方法です。

無痛分娩でも多少の痛みは感じる

お産の様子を見ながら麻酔を投与するため、人によっては少し痛みを感じることもあるようです。

誘発分娩(計画分娩)

誘発分娩とは、人工的に陣痛を起こして出産する方法で、計画的に分娩を誘発する場合、計画分娩と呼ばれます。正産期に入ってもお産の兆候が見られない場合などに行われます。具体的には、陣痛誘発剤で陣痛をおこすほか、陣痛促進剤で弱い陣痛を強くする、バルーンで子宮口を開く等の方法があります。

吸引分娩

吸引分娩とは、赤ちゃんがスムーズに外に出られない場合に、吸引カップを使って赤ちゃんの頭を吸引し、引き出す方法です。吸引分娩は、主に次のような場合に行われます。

吸引分娩が適応となるケース

生まれたばかりの赤ちゃん
  • 児頭骨盤不均衡ではない
  • 子宮口が全開大している
  • 破水している
  • 赤ちゃんの頭が見えている

鉗子分娩

鉗子分娩とは、吸引分娩と同様に、赤ちゃんがスムーズに外に出られない場合に行われる方法です。鉗子(かんし)と呼ばれる器具で、赤ちゃんの頭を挟んで引き出します。確実に赤ちゃんを引き出すことができるというメリットがある反面、ママや赤ちゃんが傷つきやすいというデメリットがあります。

出産場所の種類

出産スタイルが多様化することで、お産を行う場所も変化しています。どのような場所で出産が行われているのか、主な種類をまとめました。

LDR出産

病院のイラスト

LDR出産とは、Labor(陣痛)・Delivery(分娩)・Recovery(回復)を1つの部屋で行う方法です。総合病院などでは、陣痛室から分娩室、入院病棟へと移動するので、お産を行うママにとっては負担が大きい面もあります。その点、LDR出産であれば、1か所で落ち着いて出産することができるというメリットがあるのです。

自宅出産

自宅に助産婦さんを呼び、お産をするケースもあります。家族に見守られながら、リラックスした状態で出産することができるのが一番のメリットです。自宅で出産した後ものんびり過ごすことができますが、医師がいないので急変時に対応できません。緊急の場合に備えて、どの病院に連絡すべきかなど、しっかり確認する必要があるでしょう。

水中出産

水の中で出産する、水中出産を選ぶこともできます。体温と同じくらいの温度のお湯につかることで、陣痛の痛みが軽減されるのが特徴です。ただし、水中出産ができる施設が少ないことと、他の出産方法よりも費用がかかるという問題もあります。

呼吸法の種類

分娩中に呼吸法を使う産婦

お産の時、痛みや恐怖で呼吸がうまくできないと、痛みが余計にひどくなるだけでなく、赤ちゃんに送られる酸素が少なくなってしまいます。お産をスムーズに行うためにも、呼吸法を身につけておきましょう。ここでは代表的な呼吸法を3つご紹介します。

ソフロロジー出産

ソフロロジーとは、ヨガや瞑想の考えを取り入れた呼吸法です。もともとはヨーロッパで広まった方法ですが、日本人向けにアレンジされて紹介されています。不安定になりがちな気分を落ち着かせる効果があり、体の余分な力が抜けてお産が楽になると言われています。

お産の時、赤ちゃんと会えるのが楽しみな反面、陣痛の痛みに対して不安に思うことってありますよね。妊娠中から不安に思っていては、実際の出産時に恐怖で痛みが倍増してしまいます。そこで、陣痛を「赤ちゃんが生まれるための大事な過程」と前向きにとらえ、お産に対する不安や恐怖を取り除くのが、ソフロロジー出産の考え方なのです。

ソフロロジーは事前トレーニングが必要

ソフロロジーでの出産には、妊娠中からのトレーニングが必要です。ソフロロジー出産を行っている産院では、母親学級で事前トレーニングが行われるのでぜひ参加しましょう

ラマーズ法

お産の時の呼吸法といえば、「ひっ・ひっ・ふー」のリズムで呼吸を行うラマーズ方が有名ですね。ラマーズ法のポイントは吐く息に集中すること。息を吸うとき、人間の体は緊張し、吐く時にゆるむ仕組みとなっています。最後の「ふー」で息を長く吐き、筋肉の緊張を取ることで、お産の痛みを和らげることができるのです。

リーブ法

医師と看護婦さん

リーブ法は、日本人の医師が中国の気功を元に考えたお産のための呼吸法です。リラックス・イメージ・エクササイズ・ブリージング(呼吸法)の頭文字を取って「RIEB法」と名付けられました。現代の日本女性に合った呼吸法として、注目を浴びています。

リーブ法と他の方法の一番の違いは、呼吸をする時のお腹の動きにあります。通常の腹式呼吸は、息を吸うときにお腹が膨らみ、吐く時にへこみますが、リーブ法では逆の動きになります。つまり、吸う時にお腹をへこませ、吐く時にお腹を膨らませるのです。

呼吸法の他にも、妊娠中からのイメージトレーニングやエクササイズなどを行います。リーブ法に詳しい指導者に、母親学級などで講習を受けることになります。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ