妊婦のチーズ、控えるべき種類に関する記事

妊婦はチーズを食べちゃダメ?NG/OKなチーズの種類

妊婦はチーズを食べちゃダメ?NG/OKなチーズの種類

妊婦さんがチーズを食べる時の注意点をご存じですか?ピザやパスタ、ケーキなどのスイーツにも使われるチーズには、妊娠中は食べてはいけない種類もあるんです。ナチュラル?プロセス?たまに聞くけれど、違いは?分かりにくいチーズの分類から解説します。

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦はチーズを食べちゃダメ?NG/OKなチーズの種類

妊婦が食べてはいけないチーズがあるって本当!? あなたの大好物は大丈夫?

色々な種類のチーズ

意外と知らない妊婦さんが多いのが、妊娠中のチーズとの付き合い方です。生魚や生肉などは避けなければならないと知っていても、チーズにも食べてはいけない種類があるとわかっている妊婦さんは、そう多くはないのかもしれませんね。

実は、チーズの中には「避けたほうがいい」レベルではなく、本当に「やめておくべき」種類もあるのです。妊娠中のチーズ事情について、たっぷりと紹介していきます!

妊婦さんが食べてはいけないのは、ナチュラル系のチーズ?

厚生労働省のホームページによると、欧米ではナチュラルチーズなどの乳製品、生ハムなどを食べたことにより、リステリア菌に感染し、集団食中毒が発生しています。リステリア菌に感染すると、発熱や筋肉痛などの症状が現れます。通常、成人であれば、大量に菌を含む食品を食べない限り、感染・発症することはありませんが、免疫力が落ちている人は注意が必要です。特に注意喚起がなされているのは、高齢者や妊婦さんです。妊婦の場合は、母体に症状が出るだけではなく、妊娠の経過に問題が起きる可能性があります。

引用元:厚生労働省(リステリアによる食中毒)

生ハムとオリーブとチーズ

リステリア菌による食中毒があるのを、今初めて知った方もいることでしょう。チーズだけではなく、生ハムにも注意が必要なようです。生ハムは、オードブルやサラダなどでよく見かける食材です。お家のご飯だけではなく、外食の時も注意をした方が良さそうですね。でも、ナチュラルチーズと言われても、なんだかピンときませんよね?事項では、ナチュラルチーズとは、どんなチーズか説明します。

商品表示を見てみよう!ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いとは?

ピザのチーズ

固形のチーズも、ピザのチーズも、パスタにかかったチーズ、味や形が全く違っても、ひとまとめで「チーズ」と呼びます。種類が違うことはなんとなくわかっていても、詳しい種類や名称まで知っている方は、おそらく少ないのでは?

ご家庭にあるチーズの外袋の裏を見てみましょう。おそらく、ナチュラルチーズかプロセスチーズと書いていることでしょう。そうです、ナチュラルチーズかプロセスチーズかというのが、チーズの一番大きな分類なのです。

ナチュラルチーズ

原料である乳を発酵・熟成させたもので、加熱はしていません。そのため、菌類が生きています。その土地の気候や風土によって、風味がガラリと変わり、時間とともに熟成が進むので、そのチーズ独特の味や食感を楽しむことができるのが特徴です。

プロセスチーズ

とろけるスライス(チーズ)

プロセスチーズは、上記のナチュラルチーズを加熱して溶かし、乳化剤を加えて再度固めたもの。加熱処理の段階で、心配される菌類は死滅します。加熱と同時に乳酸菌も死滅しているので、それ以上、熟成はしません。安価な割に栄養価も高いので、育ちざかりのお子さんのいいおやつになります。
日本で販売されているスライスチーズや6pチーズ、ベビーチーズの大半は、プロセスチーズです。

ナチュラルチーズの種類

ナチュラルチーズの種類(図)

ナチュラルチーズには次のようなものが挙げられます。

クリームチーズ

クリームチーズ

カッテージチーズとともに、世界で最古のチーズと言われ、白くて柔らかく、なめらかな食感が楽しめるチーズです。ビスケットに挟んだり、パンに塗ったりして食べる方も多いでしょう。
乳製品特有の酸味と脂肪分の味わいが人気で、お菓子などにもよく使われます。特にレアチーズケーキは、男女ともに人気の高いチーズケーキです。

フレッシュタイプ ~ 乳から水分を飛ばし、ヨーグルトのような酸味が特徴

フレッシュタイプとは、乳を固めてから水分を抜いて作るチーズです。熟成はさせないところに製法の特徴があり、その分、日持ちはしません。
代表的なものとしては、カッテージチーズ、リコッタ、モッツァレラ、マスカルポーネ、フロマージュブランなど、サラダやイタリアンの前菜に出てくるようなおつまみ的チーズが並びます。先ほど紹介した日本でお馴染みのクリームチーズも、厳密にはフレッシュタイプです。

白カビタイプ ~白カビの営みによって作られる。代表格はカマンベール

チーズの表面に、白カビを繁殖させて作られるチーズ。中身はクリーム色をしています。日本では、カマンベールチーズが非常にポピュラーですね。居酒屋さんでは、カマンベールチーズを使ったおつまみをよく見かけます。外食をする際には、不意に口にしてしまう機会も多くて注意が必要です。

ただ、日本メーカーのカマンベールチーズは、製造過程で殺菌が行われていることも多く、リステリア菌感染のリスクは低いようです。気になる方は、メーカー各社に問い合わせてみることをおすすめします。

青カビタイプ ~ 青カビのおかげで濃厚な味わいが加わります

青カビのチーズといえば、ゴルゴンゾーラが代表的です。白カビタイプのチーズは、表面がカビで覆われているのに対して、青カビタイプのチーズは、中にもカビを繁殖させて熟成させます。そのため、風味、匂いともに強く、味もとても濃厚で、好き嫌いがはっきり分かれるでしょう。ゴルゴンゾーラの他には、ブルースティルトン、ロックフォール、スチルトン、カンボゾラといった聞きなれない名前が並びます。

ハードタイプ ~ 何ヶ月も寝かせたこだわり製法

チーズをゆっくりと寝かせ、熟成させていくチーズをハードタイプと言います。水分を38%~46%以下まで抜いたチーズをセミハードタイプ、その数値以下にまでしたものをハードタイプと呼びます。特にハードタイプは熟成期間が6ヶ月?10ヶ月と長い時間をかけて水分をとばしたチーズで、非常に硬くなっています。

有名どころでは、パルミジャーノ・レッジャーノ、チェダーなどを挙げることができます。最近、評価が高まっているゴーダチーズはセミハードタイプです。

海外製のチーズや乳製品は避けた方が良い?

内閣府が主催する食品安全委員会HPの「妊娠時に注意すること その2」によると、欧米諸国では、加熱処置をしていないナチュラルチーズを食べた消費者が、リステリア菌に、集団感染しまったという報告事例があります。日本国内で加工された乳製品から、リステリア菌が発見された事例はあるものの、国内で加工された乳製品は、殺菌消毒されたミルクを原料としているため、安全性が高いと考えられています。海外製のチーズに使われる原料乳は、殺菌消毒が十分にされていないことが多いため、妊婦さんは口にしないよう注意喚起がされています。

引用元: 食品安全委員会(妊娠時に特に注意すること その2)

政府による注意喚起の内容からも、海外製のチーズが妊婦さんには危険であることがわかります。日本は、どんな食材にしても、消毒殺菌の体制が万全ですので、卵にしろ、牛乳にしろ、そのまま食べることに何の疑いも持ちませんよね。しかし、海外のチーズの原料乳には、殺菌滅菌されていない牛の乳や羊の乳を使うこともあり、リステリア菌に感染しやすい妊婦さんは、避けておくべきでしょう。
ちなみに、妊婦さんのリステリア菌への感染確率は、妊娠していない健康な成人の約20倍と言われています。

ピザが大好物…ナチュラチーズは加熱して食べれば大丈夫?

あつあつのできたてピザ

ナチュラルチーズであっても、75度を超える熱で1分以上加熱処理すれば、原因菌は死滅します。ですから、海外のチーズをふんだんに使ったピザなども、釜で焼く際には十分に加熱されているので、食べても問題はないでしょう。

外食などで迷ったら、調理法によって、十分に加熱されているかどうかが判断の基準になるでしょう。

食パンに乗せたりする「とろけるチーズ」は大丈夫なの?

ピザトースト

とろけるチーズの外袋の裏を見てみましょう。「プロセスチーズ」と書いてありませんか?プロセスチーズは、もうすでに加熱されたチーズですから、たとえトースターで十分に焼かなくとも、安全に食べることができます。
また、一般にスーパーなどで売られているとろけるチーズは、そのほとんどが国産です。その点でも安心が出来る食べ物です。

グラタン・パスタに使う粉チーズは、選び方に気をつけて!

カレードリア

私たちが思い浮かべる粉チーズとは、おそらく細い円形の筒に入ったものでしょう。ですが、一言に「粉チーズ」といっても、実はこれにもナチュラルチーズとプロセスチーズの2種類があります。

一つは、「パルメザンチーズ」と呼ばれるもの。よくイタリアンのお店では、机に出てくる粉チーズですよね。パルメザン地方で作られたチーズで、これはチーズの分類で言うと、「ナチュラルチーズ」にあたります。つまり、グラタンやパスタにかける「パルメザンチーズ」は、妊婦さんにはよろしくないチーズです。

しかし、国内メーカーにより製造された粉チーズは、ナチュラルチーズとプロセスチーズの両方があります。スーパーなどで買う場合には、パルメザンチーズではなく、国内メーカーの「プロセスチーズ」と表記のある粉チーズを選ぶのが安心です。

レアチーズケーキは食べても大丈夫?

2つのブルーベリーをのせたレアチーズケーキとフォーク

チーズケーキの中でも、特に人気のあるのがレアチーズケーキです。でもこの原料は、クリームチーズ、すなわちナチュラルチーズの部類です。しかも、レアチーズケーキは、ほとんど加熱せずに固めて作りますので、残念ながら調理の過程で菌を死滅させることはできません

とっても美味しいケーキですが、妊娠中は控えておくべきでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク