妊婦が風邪をひいたらに関する記事

妊婦の風邪の影響!治し方は市販薬?病院?今すぐ予防!

妊婦の風邪の影響!治し方は市販薬?病院?今すぐ予防!

妊娠中なのに風邪をひいちゃった。お腹の赤ちゃんへの影響はあるのかな。感染予防から風邪をひいてしまった時のホームケアなど紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦の風邪の影響!治し方は市販薬?病院?今すぐ予防!

妊婦になって始めて風邪をひいたら…風邪薬は?病院は?胎児への影響はあるの?

額に手をあてて熱を測ってる風邪をひいた妊婦

妊娠中、お腹に1人の命が宿っていると思うと、とても幸せな気持ちになりますよね。10ヶ月の間、ママの体の中で大切に育て育んできた大切な命、やっと出会えた初めて見る我が子…出産の時の感動はひとしおです。

妊娠中はずっと元気でいられれば言う事は無いのですが、体調を崩してしまったり、風邪をひいたりしてしまう事もあり得ます。妊婦となってから風邪をひいた時には、お腹の赤ちゃんへの影響はあるのか、いつも通り薬は飲んでも良いのか…不安は尽きません。そんなママが妊娠中に、風邪を引いたらこれは知っておいてもらいたいという、ポイントをいくつか紹介していきます。妊娠期間中に風邪を引いてしまうよりは、引かない方がベターなので、できるだけ風邪をひかないための心掛けをいたしましょう!

妊婦の時に風邪をひいて「高熱」などの症状がでたら胎児に影響するの?

体温計

妊娠中に風邪をひいてしまったらどうしよう。咳や発熱は赤ちゃんにどう影響するのかしら。育児書にもあまり詳しくは書かれていないし、分からないことだらけだと思います。

その症状の程度にもよりますし、風邪だからといって軽く自己判断してしまうのも良くないので、心配な事があればいつでも産婦人科を受診するようにしましょう。

どのくらいの熱までならお腹の子どもにも影響がないのかな?

微熱ならばご自宅で1日程度様子を見ても構わないと思います。でも38度以上の発熱であったり、咳や下痢など他の症状も伴うケースであれば、遠慮はせずに産婦人科を受診しましょう。もしも、39度以上も出てしまうような高熱の場合には、その熱の影響を受けてしまって、お腹の中で赤ちゃんを守る羊水の温度も上がってしまうことがあります。羊水の温度が上がると、赤ちゃんにも何かしらの影響が出る可能性もありますので、熱を下げる事が必要になってきます。

咳が「ゴホン、ゴホン」と続いてしまっているけど大丈夫…

マスク

風邪をひいて、ひどい咳が続くと腹筋が刺激されてしまって、腹筋が筋肉痛になってしまうことがあります。咳をするとそれだけお腹に力がかかってしまうんですよね。妊娠中には、必要以上に腹圧をかけてしまうと、お腹が張った状態となってしまい、へその緒などから赤ちゃんに酸素を与えづらくなってしまって、赤ちゃんが低酸素状態となってしまう可能性があります。

そのため、咳がしつこく続くような種類の風邪であれば、早めに病院を受診するようにしましょう。しっかりと症状を伝えることで、妊娠中でも問題の無い咳止め薬を処方してもらう事も可能となります。

お腹も壊したみたいで、下痢を数回しちゃったけど影響ないのかな…

お腹の風邪をひいてしまうと、お腹も緩くなり何回も下痢をしてしまう事もありますね。下痢になるとお腹がぎゅ~っと痛くなって急に便意を催し、排便するのにも腹圧がものすごくかかってしまいます。この時お腹は張ってしまいますので、赤ちゃんは低酸素状態になっています。下痢になったら、お腹を冷やさず暖かくして、少しずつ水分摂取をしながら様子を見ます。下痢の症状がなかなか治らずに、お腹が張るような状態も続いていたら、産婦人科を受診するようにしましょう!

風邪を引いてしまった時には家にある風邪薬って大丈夫なの?

市販の風邪薬

鼻水がちょっと出るような軽い風邪なら病院に行くまでもないし、「家にある薬を飲んで様子をみようかな」と思う人は沢山おりますよね。でも妊娠中は絶対にやってはいけません。

妊娠中は胎盤という部分が、赤ちゃんのへその緒と繋がっていて、そこを血液が通って赤ちゃんは酸素や栄養分を受け取っています。そのため、お母さんが飲んだ薬の成分も、赤ちゃんの身体に影響してしまいます。ですから、薬は赤ちゃんに影響しない妊婦でも飲める風邪薬として、産婦人科で処方してもらう必要があります。

特に妊娠初期は、赤ちゃんの身体の各器官を形成するための大切な時期でもあります。その薬の影響を強く受けてしまうと、産まれてくるお子さんに悪影響を与えてしまう危険性もありますので、充分に気を付けるように注意しましょう。

後で「何であの時にあの薬を飲んじゃったんだろう。この先ずっと不安な毎日…」なんて余計な心配はしないように、医師から処方された、より安心な風邪薬を飲んで楽しいマタニティライフに水を差さないようにしましょうね。

病院に行って薬をもらうのが面倒と思わずに、「自分一人の身体じゃないんだから!」という考えで、ちゃんと病院で薬を処方してもらえば、お腹の赤ちゃんとの10ヶ月の日々をより安心して、楽しむことが出来ますよ!

風邪をひいてしまったら、内科に行けばいいの?産婦人科に行けばいいの?

産婦人科

風邪は妊娠とは関係ないから、「内科に行けばよいのかな?」とよく迷われている人を見ますが、どんな病気でもどんな症状があっても、妊娠している時は産婦人科を受診する事をお勧めします。お母さんと赤ちゃんは一心同体なのですから、どんな病気であってもお母さんに起こる事は、赤ちゃんにも少なからず影響してしまう可能性があります。

まずは産婦人科で診てもらい、そこで医師が必要と考えれば、他科依頼として違う科に紹介をしてくれますので安心して、産婦人科を受診してください。

妊婦さんって風邪をひきやすいって本当!

お腹の赤ちゃんは、お母さんにとってはとても愛しい存在であり大切な命です。でも、お母さんの身体から見ると自分の身体ではない「異物」とも言えます。本来ならば、免疫機能が働いてこの「異物」を排除しようと身体が反応を起こします。そんな免疫機能が働いてしまって、赤ちゃんを「異物」として退治されてしまっては大変ですね。そのため身体はお母さん自身の免疫力を下げる事で、赤ちゃんがお腹の中でより快適でいられる状況を作り出しています。素晴らしい機能ですよね。妊娠が神秘的であると言われる所以はこのような所にもあるでしょう。

妊娠中は免疫力が下がっているので、あらゆる細菌やウイルスから身体を守る力が低下している状態であるために、妊娠以前と比べてしまうと、風邪を引きやすい状態となってしまいます。

妊婦の時には、インフルエンザのワクチンを接種してもOKなの…

インフルエンザの予防接種

毎年冬の季節になると、必ずインフルエンザ大流行のニュースが飛び交いますね。普段でもかかってしまったら大変なのに、妊娠している時にかかってしまったら…と気が気ではないですね。

私は長女の妊娠中にインフルエンザにかかりました。当時小児科外来で勤務していた上に、インフルエンザが流行していたので無理もなかったのですが、やっと治ってほっとできたのも束の間に妊娠が分かってしまったのです。当時は予防接種も今のように行われてはいませんから、何日も高熱が出てしまって、お腹の赤ちゃんに影響は無いのかと、夜も眠れないほど不安になりました。(無事健康で産まれてきましたよ!)

今は予防接種を希望で受けられますので、受けておけば私のように不安な気持ちになる事も無く、安心してマタニティライフが送れます。時期的には妊娠中はいつでも受けられますが、妊娠初期にワクチンを摂取してしまうと、赤ちゃんが危険な状態になる可能性があるので、避けた方が良いとされています。妊娠の経過を診てもらっている先生には、必ず予防接種をする事を伝えておきましょう。

予防接種で使うワクチンでは「不活化ワクチン」といって、ウイルスを一度死滅化して、毒性を無くした物をワクチンとして使います。そのため注射したワクチンが身体の中で、悪さをする事はありませんので安心してくださいね。抗体がつくのは注射して2週間以降で、抗体のピークは1カ月ほどであるとも言われています。毎年いつ頃が、流行のピークであるかをニュースや妊婦検診の際に情報収集して、うまく流行時に抗体のピークを合わせましょう。

病院では薬剤会社の営業さんが出入りします。その人たちの製薬会社のデータから割り出された、インフルエンザが流行するだろうという時期を、医師に教えていますので、ワクチンの接種する時期分からない時には、医師のアドバイスに従ってみる事もおススメします。

妊婦さんはおたふく風邪の予防接種は受けられません!

二人目を妊娠しているママに気をつけてもらいたいのが、おたふく風邪です。妊娠している人はおたふく風邪の予防接種を受けることができませんので、上の子が保育園などでおたふく風邪にかからないように気をつけたり、子供にだけでも予防接種を受けさせることで、妊婦さんのおたふく風邪を予防になります。

妊婦が風邪になったときの治し方と風邪を未然に防ぐ予防策

妊娠中は免疫力が弱まっているため、風邪をひきやすくこじらせやすいものです。風邪っぽいなと思ったらこじらせる前に、御自宅で出来るホームケアをしてみましょう。

妊婦さんの風邪の予防法

風邪を引いてしまったら産婦人科の受診をオススメしますが、風邪をひかないように、当たり前のことをきちんとする事で確実に予防につながります。改めて風邪の予防法を見直してみましょう。

うがいや手洗いを妊婦さんの時には習慣づけよう

手洗い

妊娠中は特にうがい手洗いは頻繁にするようにしましょう。普段から習慣にしていれば妊娠したからと言ってあわてる必要も無いですね。ウイルスや細菌は喉で増殖するものですので、増殖する前に退治してしまいましょう。

外に出かける際には、マスクをつけよう

これは妊娠中全期にわたって、出来るだけ行ってもらいたいのですが、外出時にはマスクをつけてほしいです。これだけでも飛沫感染を防ぐ助けになります。感染者が「咳」や「くしゃみ」などをした時に飛びちってしまう飛沫が、直接口や鼻の中から入らなくても、その菌が付着した手で顔を触ったりして、口の中から入ってしまう可能性も大いにありますので、マスクはとても有効な感染防止になります。

外出後には、シャワーで体のあちこちの付いているかもしれない、細菌をやっつけよう!

外は雑菌や細菌がいっぱいです。外出してそれらを家に持ち込まないように、寒い時期で無かったらジャワーを浴びて細菌を洗い落とすのも良いと思います。シャワーを浴びるのがちょっと大げさなかという時には、家に帰ってきたらすぐに着替えをするだけでも、大分細菌を落とす事が出来ますのでやってみてくださいね。

体が冷えてしまわぬように対策をしよう

一般的には、体温が36度以上あると免疫力が高まると言われています。寒い時期は手足も冷えやすく、末梢の循環も悪くなりがちです。靴下などで保温し身体が冷えるのを防ぎましょう。

また夏場も安心はできません。暑いからといって、エアコンを低い温度で設定してしまうと身体が冷え過ぎてしまいます。適正温度を守り、それでも暑い時は冷やしたタオルで首を冷やしたり、扇風機でエアコンの冷風を循環させてしのぎましょう。氷の入ったものは飲みやすいのですが、身体を冷やし過ぎる場合があるので、できれば常温の飲み物を用意しておくと良いでしょう。

バランスよく栄養のある食生活を心掛けよう

和定食

色々な食べ物を好き嫌いなくまんべんなく食べて、バランス良く栄養分を摂取しましょう。栄養が満ち足りると免疫力は高まっていき、その食べ物が体の熱を生み出すため、風邪をひきにくくなります。赤ちゃんに充分栄養を与えるため、自分の身体を風邪のウイルスから守るためにも、炭水化物、繊維、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよく食べてくださいね。

妊婦さんが風邪を引いてしまった時に家庭でもできる治し方

妊娠中は免疫力が弱っているので体調を崩してしまうことも少なくありませんが、そんな時にはどんなホームケアが出来るのでしょう。これから紹介することは、普段の生活でも心がけていけば健康を保てますし、免疫力をあげる事にもつながりますので実践してみてくださいね。

風邪の症状があったら、水分補給をこまめに行おう

お水

「風邪かな?」と思ったら本格的になる前に、自分で出来るケアをして悪化することを防ぎましょう。微熱や咳、くしゃみで体内の水分が少なくなりますから、こまめに水分を摂るようにしましょう。飲み物は、冷たい物よりも温かい物を飲み、身体を余計以上に冷やさないようにしましょう。水分補給は、一度に沢山の量を飲むのではなく、少量を短い時間間隔で、こまめに飲むようにしてください。妊娠中はカフェインの入ったものは良くないのでお茶だったら緑茶ではなくほうじ茶や麦茶がおすすめです。あまり糖分が高い物は逆に喉が渇くので注意しましょう。

安静にして無理せずにしっかりと休息をとろう

妊娠中はただでさえ疲れやすいものです。体調がすぐれない時はなおさらでしょう。疲れは体調をより悪化させてしまいますし免疫力も下げてしまいます。そのような時に無理をする必要は全くありません。身体が一番大事なんですから、家事はそっちのけにしてでも、ゆっくり休養をとってくださいね。

ビタミンCや梅干しや生姜を接種しよう! ~ のど飴でも大丈夫です

梅干しが乗ってるご飯

ビタミンCは、疲労回復や免疫力を有効に働かせる効果があると言われています。またウイルスに痛めつけられた細胞を復活させる手助けもしてくれます。梅干しや生姜は、この働きとともに身体の中を殺菌する効果もあるので積極的に取り入れると良いですね。ただし、梅干しは塩分が高いので、その効果に期待して、何粒も食べ過ぎないように注意しましょう。

また、梅干しや、生姜やビタミンCを多く含んでいる食材をそのまま味わいにくかったら、そういった成分が含まれているのど飴を食べることでも、風邪の予防になりますよ。妊娠中は、自分一人だけの体ではないので、ママとしての意識がしっかりと芽生え、普段は億劫と思うような風邪への対策もしっかりと続けられます!風邪の予防は妊娠・出産に関係なく、常に行った方が良いことですから、せっかくの機会ですから習慣化してしまいましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク