妊娠線のクリームでの予防法に関する記事

妊娠線クリームで予防はいつから?塗り方/おすすめケア商品

妊娠線クリームで予防はいつから?塗り方/おすすめケア商品

妊娠線予防&対策に人気のクリームをご紹介。お婆ちゃんに塗ってもらった懐かしのあのハンドクリームも、実は最近人気なのです!

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠線クリームで予防はいつから?塗り方/おすすめケア商品

【妊娠線クリーム】いつから?塗り方は?市販の人気品などまとめ

安定期になると、妊娠線(=ストレッチマーク)ができる人の割合は高くなります。そのため気を付けてケアしている人も多いですよね。妊娠線は出来る前にしっかり予防をしていくことが大切です!こちらでは、いつから使い始めるか、塗り方、市販の人気クリーム、でき易い人、できやすい部位、妊娠クリーム以外の予防法などについて詳しくご紹介していきます。

妊娠線クリームでの予防はいつから?

妊娠線の予防に市販の妊娠線ケア専用のクリームを使用する人は多いでしょう。でもいつから使い始めるかを知らず、一足遅れになってしまう人もいます。妊娠線ケアには時期も大切です。

妊娠4~5ヶ月目から使い始める

クリームを見ながら困った顔の妊婦

妊娠線は、お腹が急に大きくなってくることによりできます。表面の皮膚は伸びても、その下にある真皮は伸びが悪く裂けてしまうからです。お腹が膨らむ6ヶ月以降に気付いたり、目立ち始めたりする人が多いようです。

一度できると薄くはできても完全に消すことは難しいので、お腹が膨らむ前からケアすることが大切!予防クリームは4~5ヶ月のお腹の膨らみがまだ目立たたない時期から使いはじめましょう。早めのケアが、妊娠線の増加を防ぐことにつながります。

妊娠線専用クリームの塗り方

妊婦のお腹に下から上に矢印

こまめにケアし保湿することがポイントになりますので、朝の着替えの時と夜の入浴後に塗りましょう。もったいない…と思わずにたっぷりと塗る方が効果的です。

お腹の場合、下から上に向かって、優しくマッサージするように塗り、ゆっくり力を入れずに全体を伸ばしていきます。お腹以外にも、お尻や背中などにもできることがありますので、手が届かない場所はムリせずパパに塗ってもらいましょう。

オイルと併用すると保湿力がアップします。オイルを先に塗ってからクリームを塗るようにしましょう。
また、朝晩以外にも乾燥していると感じたり、かゆくなったりしたときには、かかずにクリームを塗るようにしましょう。

子宮に刺激を与えないようにやさしく行いましょう

お腹にクリームを塗る際は、刺激を与えないように、やさしく行うことが大切です。力を入れすぎることがないようにしましょう。

妊娠線予防で人気のクリームは?

プレママたちから人気のクリームを集めてみました。

キャリネス ボディークリーム 200g

キャリネス ボディークリーム 200g

キャリネス

価格:6,200 円+税

予防クリームの中でも、人気商品なのがこちらです。低刺激・無香料なので、妊婦さんにも安心して使えます。クリームにも保湿成分、美容成分がたっぷり入っているので使いやすいと評判です。

ナチュラルマーククリーム 120g

ナチュラルマーククリーム 120g

ナチュラルサイエンス

価格:2,700 円+税

こちらもプレママに人気のクリームです。マッサージなしでもしっかり保湿してくれるので、手軽に使えます。塗った後はお腹がしっとりとして乾燥から防いでくれます。低刺激・無香料なのも嬉しいですね。

ニベアクリーム 青缶 169g

ニベアクリーム 青缶 169g

ニベア

スキンケアで有名なニベアですが、ベビーマッサージなどでも使用されるホホバオイルも配合されていて、「妊娠線にも効く!」と口コミから広がり幅広い人気を見せています。クリームに化粧水を混ぜると塗りやすく効果も高いとか。家族も一緒に使えて、コスパが良いのも魅力です。

妊娠線ができやすい部位は?

妊娠線ができるのは、お腹だけと思っていませんか?実はお腹だけでなく、胸や太もも、お尻、二の腕などの脂肪がつきやすいところはでき易いのです。また、太ももの内側もできやすいです。背中にもできる人も…。でき方にも個人差がありますが、2~3本の人もいれば、全体にできてしまう人もいます。

妊娠線ってどんな状態?

妊婦の妊娠線

妊娠線の太さは数ミリで、長さは5センチ程度です。お腹が大きくなるにつれて広がって見えることもあります。できたときは赤紫色をしていますが時間がたつにつれ薄くなって白くなっていきます。特に痛みはありませんが、かゆく感じる人もいます。

妊娠線ができやすい人の特徴

特にケアしなくてもできなかった人、頑張ったのにできてしまった人…と様々です。できやすい人の特徴をまとめてみました。当てはまるものがある人は要注意です。

  • 急にお腹が大きくなった
  • 経産婦
  • 乾燥肌の人
  • 皮下脂肪の厚い人
  • 小柄な人
  • 太りやすい人

クリーム以外の3つの予防法

クリーム以外の予防方法もあります。また、クリームと併用することで効果がアップします。

体重を過剰に増やさない

急に体重が増え、お腹だけでなく体も大きくなり脂肪がつくと、皮膚の真皮がついていけず亀裂が生じて妊娠線ができてしまいます。体重管理をしっかりとして、急に太ったりすることがないように注意することが大切です。

腹帯の使用

腹帯やガードルを使用して、お腹を支えることによって、急に皮膚が伸びることを防ぎます。腹帯には色々なタイプのものが出ていますが、お腹まわりが伸びないものを選びましょう。昔からある、さらしタイプが妊娠線の予防に効果があるといわれています。

適度な運動

妊娠中なので無理な運動はできませんが、体に無理のない適度な運動は続けましょう。安定期に体重が急激に増えることを防いでくれますし、妊娠線は筋肉が少なく皮下脂肪がある場所にできやすいので、運動不足の人は太ももなどにもできやすくなってしまいます。

安定期に入ったらウォーキングや簡単なストレッチなどを、日々の生活に無理のない範囲で取り入れるようにしましょう。

予防すれば絶対妊娠線ができない?

「クリームも塗ったし、これで大丈夫!」と安心していても、ある日突然、妊娠線に気付き愕然とする人もいます。確実にできないという方法はありませんが、クリームで保湿ケアをしたり体重管理をしたりすることで、できにくくなりますし、産後も続けることで薄くなりあまり目立たなくなると言われています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪