サイトメガロウイルスとは?に関する記事

サイトメガロウイルスとは?妊婦が知っておくべき感染症

サイトメガロウイルスとは?妊婦が知っておくべき感染症

妊娠中に感染すると赤ちゃんに影響を与える病気の中に、サイトメガロウイルス感染症があります。この感染症は感染した本人には症状が現れないのに、胎児に重篤な症状が起こるトーチ症候群の一種。どうすれば感染を予防できるのでしょう?

マーミーTOP  >  出産  >  サイトメガロウイルスとは?妊婦が知っておくべき感染症

サイトメガロってどんなウイルス?妊娠中の感染に要注意!

サイトメガロウイルス

サイトメガロウイルスは妊娠中に感染すると胎児にまで悪影響を及ぼすことから、妊婦さんが注意したい感染の一つなのですが、風疹ほどは認知されていません。予防のために正しい知識を持つ必要があるのは分かっていても、サイトメガロウイルスに関する情報は少なく、何を頼りにすればいいか分からないママもいるでしょう。

そこで今回は、サイトメガロウイルスの症状予防方法などのほか、妊娠中に注意したい他の感染症について分かりやすく解説していきます。妊娠中はお腹の赤ちゃんに重篤な症状を引き起こす恐れがある感染症に感染しやすいことから、感染症の症状や予防法について正しい知識を身につけておくことが大切です。

サイトメガロウイルスとは?

サイトメガロウイルスを知っていますか?

サイトメガロウイルス(CMV, HHV-5)とは、乳幼児に多い感染症の一つ突発性発疹の原因となるヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)や7型(HHV-7)と同じヘルペスウイルスの仲間で、どこにでもいるごくありふれた細菌です。

体内のサイトメガロウイルスを攻撃する「抗体」を持つ日本人は欧米諸国より多く、これまでは乳幼児期に感染して大人になるまでに抗体を保有する人がほとんどだったのですが、国立感染症研究所によると近年の妊娠する可能性がある女性の抗体保有率は90%以上から70%台にまで下がっていることから、妊娠中に初感染する妊婦さんは以前よりも多いことが予想されます。

サイトメガロウイルスは一度感染すると生涯寄生し続けますので、妊娠中に再活性化して増殖することで胎内感染することもありますが、初感染によって胎児に感染する確率はその20倍以上で重症化しやすい傾向があるため、抗体を持たない妊婦さんは特に注意が必要です。

サイトメガロウイルス体内感染率

  • 初感染……20~40%
  • 抗体あり…0.2~2.2%

サイトメガウイルスへの感染による症状

サイトメガロウイルスへの初感染は胎児、新生児や乳児に多く見られますが、一般的には感染しても無症状の不顕性感染や軽症であることが多いです。健康な大人にとってはどうということはない細菌ですが、体力や免疫力が弱い胎児や乳幼児、病人にとっては障害や生命の危機をも引き起こすこともありますので侮ることはできません。

母親の体内でサイトメガロウイルスに感染して先天性サイトメガロウイルス感染症になると、重症化した場合には聴覚障害脳障害などの症状が現れる可能性があります。

  • 難聴
  • 低出生体重
  • 黄疸や肝炎
  • 発達障害
  • 視力障害
  • てんかん
  • 小頭症
  • 出血班
  • 貧血 など

子供の難聴の1/3は胎内感染や出生後の感染症が原因ですが、その中で最も多いのが先天性サイトメガロウイルス感染症と言われていますので、新生児聴覚スクリーニング検査は非常に大切です。

先天性サイトメガロウイルス感染症の恐いところは、新生児期には不顕性感染であることから難聴の症状が現れず新生児聴覚スクリーニングをパスしてしまうケースがあること(注1)。乳幼児は自分で耳の聞こえが悪いことを周囲に伝えることはほとんどないので、幼児期に発症して突然聞こえなくなってもすぐに発見することが難しいのです。

もし2~3歳を過ぎて宇宙語ばかりであることが気になるなど言葉の遅れや聞こえに不安を感じたら、家庭で難聴のチェックを行ったり、耳鼻科を受診したりしましょう。

また、先天性サイトメガロウイルス感染症による軽度の神経発達障害が見過ごされている可能性も指摘されています(注2)。乳幼児の育てにくさが気になる場合や軽度の発達障害(グレーゾーン)が心配な場合は、子供に寄り添ってあげると共に必要に応じて保健センターへの相談や専門医の受診を検討しましょう。

新生児や乳児期の出生後の感染

病院ベビーベッド

サイトメガロウイルスは胎内感染だけではなく、次のような経路から新生児や乳幼に感染することがあります。

  • 唾液や尿を介した接触感染
  • 母乳や膣の分泌液を介した母子感染
  • 血液を介した輸血・移植感染

早産だった赤ちゃんや低出生体重児は母体から十分な抗体を得られないことが多く、重症化するリスクが高くなります。

妊婦のサイトメガウイルス感染症を予防するのには?

妊婦さんが初感染する経路で最も多いのが乳幼児との接触による感染です。乳幼児は母子感染以外に保育園や幼稚園で感染する可能性も高いことから乳幼児期の感染率が高いのですが、予防接種もないウイルスなので小さな子供がいる妊婦さんは、次のようなことに注意して家庭内感染を予防する必要があります。

こまめに手洗いをする

手洗いイラスト

「おむつ交換」「ごはんを食べさせる」「鼻水やよだれを拭く」「おもちゃを片づける」など、日常的に子供のお世話をする際に、サイトメガロウイルスに接触する可能性は大きいといえます。

そのため、普段からこまめに手洗いすることを心がけ、石鹸を使って20秒ほどかけて丁寧に洗うようにしましょう。

食器の共用を避ける

食べ残し

子供にごはんを食べさせながら自分も食事をする際、ついつい同じ食器やスプーンを使ってしまいがちですが、これもサイトメガロウイルスの感染を引き起こす危険な行為のため注意しましょう。

さらに、食器や箸だけでなく子供が食べ残しや飲み残した物は口にしないようにしましょう。勿体ないと感じるかもしれませんが、お腹の赤ちゃんのためと割り切って処分することが大切です。

子供の口へのキスは禁止

子供の唾液による感染を防ぐためには、口へのキスは避けた方がいいといえます。子供への愛情表現としてキスをしたくなる気持ちもあるでしょうが、抱きしめるなどのスキンシップにとどめておくようにしましょう。

また、子供の口にキスをすることは虫歯菌の母子感染など、サイトメガロウイルス以外の感染症のリスクも高まるため、パパにも子供の口にキスしないよう厳重に注意しておく必要があります。

妊婦が知っておくべきトーチ症候群の感染症

トーチ症候群

妊娠中の妊婦さんが感染しても無症状か軽症で済むのに、母子感染によってお腹の赤ちゃんにうつると重篤な症状や障害を与える感染症のことを、総称でトーチ症候群(TORCH syndrome)と言います。

この病名は次の5つの感染症の頭文字から取って名付けられていて、サイトメガロウイルスもその一つとなっています。

  1. Toxoplasmosis(トキソプラズマ症)
  2. Other infections(その他の感染症)
  3. Rubella(風疹)
  4. Cytomegalovirus(サイトメガロウイルス)
  5. Herpes simplex virus(単純性ヘルペス)

妊娠中は免疫力も低下しているので、思いもよらない感染症にかかることも。その中でもトーチ症候群は、妊娠中に注意すべき感染症なので、サイトメガロウイルス以外の感染症についても、事前に知っておくと安心ですね。

それでは、トーチ症候群の残りの4つの感染症についてみていきましょう。

トキソプラズマ症

トキソプラズマ症とは、「原虫」と呼ばれる寄生虫の一種のトキソプラズマに感染することによって発症する感染症です。トキソプラズマはさまざま動物に感染しますが、猫の腸内でしか増殖しないという特徴があります。

胎児がトキソプラズマ症に感染すると、精神運動機能障害や視力障害のほか、脳内石灰化、水頭症を発症する恐れがあるので、妊婦さんは注意が必要です。

猫の糞や糞尿が付着したもの触れると感染する可能性が高くなるため、特に猫を飼っている妊婦さんや、ガーデニングや土いじりが趣味の妊婦さんは、日頃から手洗いを徹底する必要があります。

その他の感染症

その他の感染症には、B型肝炎、水痘、EBウイルス(エプスタイン・バーウィルス)などがあります。妊婦さんが感染すると、赤ちゃんにもB型肝炎、水痘、EBウイルスがうつる可能性があるので注意が必要です。

B型肝炎や水痘は予防接種によって感染を予防することができるので、妊娠を希望する場合は妊娠前にきちんと予防接種を受けておくと安心です。

EBウイルスは、乳幼児が発症しやすい上、症状が現れないことが多いため感染に気づきにくいことから、上の子がいる場合はサイトメガロウイルスと同様、食器などの共用は避けることを徹底しましょう。

風疹

予防接種

風疹は、風疹ウイルスに感染することによって発症する感染症で、胎児が感染すると先天性風疹症候群の発症リスクが高まります。

先天性風疹症候群にかかると、先天性心疾患・難聴・白内障の3大症状を発症する恐れがあるため、厚生労働省からも注意喚起が行われています。

妊娠前に、風疹の予防接種を受けることで予防できることから、妊娠を希望している場合は、結婚を機に風疹抗体価検査を受けて、その結果によっては予防接種を受けるようにしましょう。

単純性ヘルペス

単純性ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)、または2型(HSV-2)に感染することによって発症する感染症で、HSV-2に感染している場合、出産の際に赤ちゃんが産道で感染してしまうと、新生児ヘルペス脳炎を発症する恐れがあります。

ほとんどの場合は子供の頃に感染して、ウイルスが体内に潜伏している状態なのですが、妊娠によって免疫力が下がると発症リスクが高くなるのです。

もしも、妊娠中に感染していることが分かった場合は、産道感染を防ぐために帝王切開での出産になる場合もあります。

サイトメガロウイルスの検査

サイトメガロウイルスに感染しているかどうかは、血液を採取して行う抗体検査によって分かります。
検査ではIgM抗体とIgG抗体の有無を調べ、IgM抗体が陰性であれば「今までに感染していない」、IgG抗体が陽性であれば「過去に感染したことがある」ということが分かります。

特に、今までに感染していない妊婦さんは、妊娠中の初感染の予防を徹底する必要があります。また、万が一、妊娠中に感染してしまった場合は、羊水検査によって胎児へ感染したかどうかを調べます。

妊婦のサイトメガロウイルス検査は必要?

サイトメガロウイルスの抗体検査はB型肝炎や風疹のように妊婦健診での必須項目ではなく、母体が感染していても生まれてくる赤ちゃんが、明らかにサイトメガロウイルスが原因である異常を発症する確率は低いこともあり、妊娠の継続や次回出産の安全性も考慮して抗体検査を実施していない産婦人科も多いです。

上の子がサイトメガロウイルスに感染した、妊娠中にサイトメガロウイルスに初感染したなど心配となる要因がある場合は、まずかかりつけの産科医に相談してみることが大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク