授乳中のはちみつは大丈夫?に関する記事

授乳中のはちみつはOK?赤ちゃんへの影響の有無と注意点

授乳中のはちみつはOK?赤ちゃんへの影響の有無と注意点

授乳中にはちみつを食べることは問題ない?美容効果の高いはちみつを授乳期間中に活用する方法と注意点を解説します。

マーミーTOP  >  出産  >  授乳中のはちみつはOK?赤ちゃんへの影響の有無と注意点

授乳中のはちみつはOK!むしろ妊娠中や産後のママにおすすめの食品

赤ちゃんにはちみつを与えてはいけないのは今や育児の常識なので、授乳中のはちみつを心配するママもいるでしょう。

はちみつには非妊娠時の女性だけでなく、妊娠中や授乳中の女性にもおすすめの食品。肉体疲労や栄養補給に優れた栄養がたくさん含まれているので、産後で授乳中のママにはむしろおすすめしたい食べ物です。

1歳未満の赤ちゃんがはちみつNGな理由はボツリヌス菌

舌を出す赤ちゃん

赤ちゃんにはちみつを与えてはいけない理由は、はちみつにはボツリヌス菌が含まれているから。特に1歳未満の赤ちゃんには、はちみつは絶対に与えてはいけません。

はちみつに含まれるボツリヌス菌は本来ごく微量なので、大人がはちみつを食べても悪影響はないのですが、赤ちゃんは消化器官が未熟で腸内細菌の活動も弱く、ボツリヌス菌が作り出す毒素で筋肉のマヒ・複視・呼吸困難などの重篤な症状を起こしてしまうのです。

ボツリヌス菌は熱に強い芽胞を作り、加工されているはちみつであっても安心はできず、リスクを避けるためにも、少量でもはちみつを使った食べ物を直接赤ちゃんに与えるのは控えましょう。

はちみつの中には平均して5~10%ほど芽胞が含まれているという報告もありますが、1歳を過ぎれば腸内環境も整ってはちみつを食べても問題はなくなります。それまでは周りのパパやママが食べ物に気を付けてあげたいですね。

ボツリヌス菌に汚染される可能性のある食品

・コーンシロップ
・自家製の野菜ジュースや野菜スープ
・自家製のビン詰や缶詰
・熟寿司などの保存食
・土のついた根菜などの野菜

乳児ボツリヌス症になると赤ちゃんの命が危険にさらされる

1歳未満の赤ちゃんがボツリヌス菌で中毒を起こす症状を「乳児ボツリヌス症」と言います。

ボツリヌス菌はどこの土壌にもいる嫌気性菌で、乳児ボツリヌス症はボツリヌス菌の芽胞を赤ちゃんが経口摂取することで引き起こされます。

1歳未満の赤ちゃんは内臓器官の形成が未熟なので、体内に侵入した微量の芽胞を処理することができず、赤ちゃんの腸管内でボツリヌス菌が発芽して増殖し、毒素を作り出すのです

乳児ボツリヌス菌症にみられる症状

・全身の筋力の低下により首や手足を支えられなくなる
・顔面の筋肉がマヒして無表情になる
・瞼があげられず瞳孔が散大し、対光反射が緩慢になる
・呼吸ができなくなる
・便秘が長引く
・哺乳力が落ちる
・泣き声が小さくなるなど

授乳中のはちみつで赤ちゃんが乳児ボツリヌス症になることはない

母親から授乳される赤ちゃん

授乳中は「母乳を通してボツリヌス菌の影響が赤ちゃんの身体に伝わってしまうのでは?」と心配するママは多いのですが、授乳中にママがはちみつを摂取しても赤ちゃんに影響を与えることはありません

乳児ボツリヌス症は赤ちゃん自身がボツリヌス菌の芽胞を摂取することで起きる症状です。大人は自分の消化器官でボツリヌス菌の芽胞を消化処理できる上、分子の大きい芽胞自体が母体の血液や母乳に混じることはありません

授乳中のママがどれだけはちみつを食べても、赤ちゃんに悪影響が出ることはありませんので、安心してください。

授乳期と同様に、妊娠中の妊婦さんもハチミツを食べても問題ありません

ただし、はちみつの材料となった花が蕎麦である場合、家族に蕎麦アレルギーの人がいるのであれば、はちみつの原材料もチェックしておくと安心です。 授乳期のカレーは母親と赤ちゃんに良くないように、 授乳中の食事に注意するポイントはありますので、はちみつは問題ありませんが注意は必要です。

授乳中のはちみつがおすすめな5つの理由

注意が必要ならはちみつは食べない!と思った授乳中のママさん、心配ならドラッグストアで日本薬局方ハチミツを購入して試してみましょう。

日本薬局方とは医薬品等の品質や有効性、安全性の確保に関する厚生労働省の規格基準。「日本薬局方」と記されたハチミツは、妊娠授乳中の栄養補給や健康維持の効能効果が承認されています。

1産後ダイエットに役立つ

水ボトルを持ちながら汗を拭く女性

天然の甘味料であるはちみつは、エネルギー代謝を良くするビタミン類や、カリウムやナトリウムなどの多くの種類のミネラル類、22種類ものアミノ酸をバランスよく含んでいて、産前に蓄えてしまった脂肪を効率よく分解してくれるので、産後ダイエットに最適です。

はちみつのカロリーは白砂糖と比べると2/3程度なので、少し量を多くしても摂取カロリーを抑えることができますし、砂糖よりも甘みが強いので、少ない量でも満足できるのもうれしいです。

女性は年齢を重ねるごとに痩せにくくなりがちですが、栄養豊富なはちみつはダイエットに必須の成長ホルモンの分泌を促進する働きも高いので、産後・授乳中は砂糖よりもはちみつを積極的に摂って美ママを目指しましょう。

2産後の疲れの速やかな回復に役立つ

はちみつに含まれる糖分は消化しやすいため、速やかにエネルギーに変換されるので疲労回復に役立ちます。

出産や産後は想像以上に体力を使うため、消化しにくい食品が体の負担になることも多いです。

はちみつは消化吸収がスピーディーで、産後のお腹への負担が少なく、母乳育児中の体力低下もサポートしてくれる食品。疲れた時には積極的に取り入れていきましょう。

3授乳中に体調を崩しにくくなる

喉を押さえる女性

喉が荒れた時にはちみつを舐めるといいといわれるように、はちみつには強い殺菌作用があります。

授乳中のママは多くの母乳を作り出すために体力が低下しがちで、免疫力が落ちてしまい、体調を崩したりなかなか回復しにくくなったりしますが、はちみつの殺菌力を上手に利用すれば、喉からの細菌の侵入を防ぎやすくなります。

授乳中は服用できない薬が多いですが、天然素材の蜂蜜であれば安心。服用するだけでなく、ぬるま湯にはちみつを溶かしてうがいにも利用することができるので、乾燥が気になる時はぜひ試してみてください。

4授乳中の栄養補給に

授乳期間はビタミンB1が不足しますし、育児の疲労やストレスで口内炎が繰り返しできてしまうママが多いのですが、はちみつには皮膚粘膜を保護する働きがあるB1やB2がたっぷり含まれています。

また、はちみつには殺菌作用もありますので、サプリに頼るよりも自然素材の蜂蜜を活用して、体の中から体調を整えましょう。

5おなかの調子を整えやすくなる

授乳中は母乳を作るために母体の水分量が減ってしまい、便通が悪くなりがちですが、はちみつには腸内細菌のビフィズス菌を増やす働きがあり、便通をよくするのにも役立ちます。

授乳中はどうしても便が固くなりがちなので、水溶性の食物繊維が含まれたヨーグルトにはちみつをプラスするのがおすすめ。

はちみつやヨーグルトは毎日摂ることで整腸作用が期待できる食品。少量でも継続的に摂取しましょう。

授乳中のはちみつは摂り過ぎるとデメリットあり!肥満に注意

何でも偏りは害になると言われますが、はちみつも摂りすぎは体に良くはありません

授乳中は運動をする時間があまり取りにくい傾向がありますので、いくらカロリーが低いはちみつでも摂りすぎればカロリー過多になり、油断すると太ってしまう可能性があります。

はちみつは程よい量を、毎日習慣的に摂ることを基本にして、授乳中はバランス良い食事をとるようにしましょう。

授乳中ははちみつの保管場所に注意!赤ちゃんの手が届かない場所に置く

栄養が豊富で健康効果の高いはちみつは、授乳期間のママにピッタリな食品です。しかし、1歳未満の赤ちゃんには害になることをよく理解して、大人がしっかりとはちみつの管理をすることが大切です。

赤ちゃんはとっても好奇心が旺盛ですし、月齢が進むと食に対する意欲が出てきますから、はちみつは赤ちゃんの手の届かない場所に保管しましょう。

特に注意が必要なのは、赤ちゃんがハイハイなどで意思をもって動き出す頃です。はちみつを食べるのに使ったスプーン食器に赤ちゃんが手を伸ばすこともあるので、早めに片付けるようにしましょう。

大切な赤ちゃんを乳児ボツリヌス症のリスクから守りながら、自分の身体のためにはちみつを美味しく安全に活用してください。