妊婦のお風呂の入り方とはに関する記事

妊婦に与えるお風呂の効果とは?妊娠中におすすめ入浴方法

妊婦に与えるお風呂の効果とは?妊娠中におすすめ入浴方法

妊婦がお風呂に入ることのメリットはたくさんありますよ。安全にお風呂に入るためにおすすめの入浴方法や、注意点を紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦に与えるお風呂の効果とは?妊娠中におすすめ入浴方法

妊婦さんのお風呂タイムの過ごし方と入浴の際の注意点

妊娠すると、行動が制限されることが多く、それまで気軽にしていたことでもできなくなったり、不安を感じるようになったりします。その中でも入浴は、数年前まで妊婦さんの温泉入浴がNGだったことから、妊娠中に湯船に入るのはいけないことだと思い込んでいる人が少なくありません。

しかし、妊婦さんにとってお風呂に入ることには大きなメリットがあり、安全に入浴するためには正しい知識を持つ必要があります。そこで、妊婦さんにおすすめのお風呂の入り方や、入浴の際の注意点についてみていきましょう。何かと疲れやすい妊娠中だからこそ、心身ともにお風呂で癒されてリフレッシュできるといいですね。

妊婦さんがお風呂に入るといい理由

温泉の一角

妊娠前は時間がないからといってシャワー派だった人も、妊婦さんにとってお風呂に入ることはとてもいいことなので、積極的に入浴するようにしたいですね。それに、赤ちゃんが生まれると、シャワーだけというわけにもいきません。今からお風呂に入る習慣をつけていきましょう。ここでは、妊婦さんがお風呂に入るといい理由をみていきます。

身体の冷えやむくみの解消

妊娠中は血流が悪くなりやすく、妊娠前より動かなくなることで筋肉量が減少するので、身体が冷えやすいのです。身体が冷えるとむくみやすくなってしまうことから、冷えとむくみは大きく関わっているのです。その冷えとむくみを一気に解消するために、入浴で身体をあたためて血流を良くすることが大切なのです。

腰痛の改善につながる

お腹が大きくなるにつれて、それを支えようとする腰に負担がかかり、腰痛に悩まされる妊婦さんも少なくありません。この腰痛は、腰まわりの筋肉がこり固まって起こっているのですが、入浴することで血液の循環を良くし、筋肉をほぐしてあげると腰痛の改善につながります。

リラックスできる

妊娠中は、ホルモンバランスの乱れにより情緒不安定になりやすいのですが、お風呂に入ることでリラックスできて心が安定します。もし、リラックスできる時間がなければ自律神経にも悪影響を及ぼし、身体に不調をきたしてしまいます。シャワーだけではリラックス効果は得られないので、ぜひ湯船に浸かってみてください。

おすすめのお風呂の入り方5ステップ

妊婦さんにとって、お風呂に入ることはとてもいいことであり、その理由までも分かりましたが、妊娠前と同じ過程でお風呂に入ると、妊娠中には好ましくないことがあります。そこで、妊婦さんにおすすめのお風呂の入り方を、5ステップに分けてみていきましょう。

お湯の温度は37~40度

給湯器のリモコン

妊娠中は、普段よりぬるめのお湯が望ましいので、お湯の温度を37~40度に設定するようにしましょう。熱いお湯は身体への負担が大きく、高血圧になってリラックス効果が台無しになってしまいます。熱いお湯に浸かるのが好きな人でも、せいぜい42度くらいにとどめておくようにしましょう。

低刺激の入浴剤を選ぶ

妊娠中の入浴剤は好みのものを使って、お風呂タイムを楽しむ人が多いと思いますが、妊娠中は肌が敏感になっているため、肌への刺激が強いものは避けましょう。さらに妊娠中は汗をかきやすいので、発汗作用のあるものもおすすめできません。つわりの時期には、香りが強いものも控えたいですね。

浴室や浴槽に滑り止めマットを敷く

お腹が大きくなると、バランスも取りにくく足元も見にくいのですが、転倒してお腹に衝撃を受けてしまうことは避けたいです。予防策として、浴室や浴槽に滑り止めマットを敷くようにしましょう。浴室の床にシャンプーの流し残しがあるとさらに滑りやすくなりますので、身体を洗ったら床もきちんと流すようにしましょう。

お湯に浸かる時間は10分程度

湯船でホッと一息つくのがお風呂タイムの醍醐味ですが、子宮は熱の影響を受けやすく、特に妊娠初期の長湯は禁物です。さらに妊娠中は血流量が多く、普段よりものぼせやすくなっています。せっかくの癒しの時間ですが、お湯に浸かるのは10分程度にとどめておくようにしましょう。

立ち上がる時はゆっくりと

バスルーム

妊婦さんはお腹が大きいと身体も重く、急に立ち上がると貧血を起こしやすいので、ゆっくりと立ち上がるようにしましょう。急に立ち上がると、貧血を起こしそうになったり立ちくらみがしたりして身体がふらつき、転倒する危険があります。湯船のへりに掴まるようにするか、湯船の近くに手すりを付けておくと安心ですね。

妊婦は温泉に入ってはいけないってホント?

1982年から、妊婦は温泉入浴をしてはいけない禁忌対象となっていました。しかし、専門家が妊婦の健康と温泉について検証した結果、妊婦にとって温泉が悪影響を及ぼすことはないことが分かったのです。妊婦が温泉に入ることで、ある程度の心拍数や体温上昇があるものの、正常の範囲内であり、心配されていた細菌感染症も温泉に限ったものではありません。

そこで、2014年の温泉法の改正により、妊婦も温泉に入ることができるようになったのです。妊娠中の温泉が長年禁忌対象になっていたのは、温泉に入るとどうしても長湯しがちになってしまい、のぼせやすい妊婦は気をつけなければならないという、妊婦さんの身体を思いやる気持ちからなのかもしれませんね。

妊婦がお風呂に入る際の注意点

妊娠前は何も気にせずお風呂に入っていたけれど、大きなお腹や、汗をかきやすい、血流量が多いなどの体質の変化から、お風呂の入り方によっては身体に悪影響を及ぼすことがあります。そこで、妊婦がお風呂に入る際の注意点についてみていきましょう。

体調の悪い日の入浴は避ける

妊婦さんはお風呂に入ることがいいからといって、体調が悪い日に無理をしてお風呂に入るのは避けましょう。体調が良くないと感じることは、身体から何かしらのSOSが出ているということです。入浴は体力を消耗しますので、安静にするためにも入浴を控えましょう。

転倒しないように足元に注意する

お腹が大きくなってくると足元が見えにくいし、少しバランスを崩しただけでも転倒のリスクが高くなります。浴室内では足元に充分注意して、ゆっくりと動きましょう。さらに、つまずかないようにするために、浴室や脱衣所にたくさんあるこまごました物は、床には置きっぱなしにしないようにしましょう。

浴槽の出入りには細心の注意を払う

滑りそうな浴室の床

一番転倒の恐れがあるのは、浴槽に入る時と出る時です。身体を洗ってから浴槽に浸かり、あたたまったら出るというように、出たり入ったりを繰り返さないような手順でお風呂に入るようにしましょう。浴槽に入る時は、しっかりと両手でへりを掴んで、身体を沈めるまで両手を離さないようにしてください。

長湯を控える

一旦お風呂に浸かると、気持ちが良くてついつい長湯しがちになりますが、長時間の入浴は身体に負担がかかるし、のぼせてしまうので控えましょう。特に、半身浴はお風呂に浸かっている感覚が少なく、何分でも入っていられるので長湯しやすくなります。お風呂に防水式のタイマーを置くようにするなどして、時間を決めて入浴しましょう。

通常の入浴は10分以内、半身浴は10~20分にしましょう。

のぼせや貧血に注意する

妊娠中はのぼせや貧血の症状が出やすく、入浴することでその症状を悪化させてしまいます。そうなると、めまいや立ちくらみなどが起こり、浴室で転倒してしまう恐れがあります。入浴する時は、のぼせや貧血に注意して、身体に負担をかけないように、適切な温度と入浴時間を守りましょう。

ハーブ配合の入浴剤に注意!

妊娠中は低刺激の入浴剤がおすすめですが、ハーブが天然由来のもので刺激が少ないと思っていたら大間違い!リラックス効果もあるし、ハーブを好む人は多いのですが、ハーブの中には子宮収縮を促す作用があるなど、妊娠中にはおすすめできないハーブがあるので注意しましょう。

妊娠中に控えた方が良いハーブ

セージ・チェストツリー・セントジョーズワート・ボリジ・レディスマントル・ジュニパー・カモミール・リコリス・ローズマリー・マジョラム・ラベンダーなど。

水分を補給してから入浴する

バスタオルと水の入ったペットボトル

妊娠中は汗をかきやすいので、水分が不足しがちになっています。さらに、血が固まりやすく血栓ができやすいため、体内の水分を充分に保つ必要があるのです。血栓が肺にたどりつくと肺血栓になってしまい、命の危険があります。入浴前の水分補給は、入浴後の水分補給より見落としがちですが、とても大切なことなのです。

入浴は家族がいる時間に

どんなに気をつけていても、浴室内で事故が起こらないとは限りませんし、急に体調が悪くなってしまうことがあるかもしれません。何かあったときに家族がすぐに駆けつけてくれるように、家に一人だけのときは、入浴することを避けましょう。また、浴室の鍵はかけないようにしましょう。

お風呂で温まると胎動が感じやすくなることも

お風呂に入ると心身ともにリラックスできる他、血流が良くなることで胎動を感じやすくなります。湯船に浸かってお腹の赤ちゃんの存在を感じ、今しか味わえない赤ちゃんとの幸せな時間を大切に過ごしたいですね。ただし、幸せな時間だからといって長湯は禁物ですよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク