授乳中の栄養ドリンクの影響に関する記事

授乳中の栄養ドリンクは大丈夫?母乳や赤ちゃんへの影響

授乳中の栄養ドリンクは大丈夫?母乳や赤ちゃんへの影響

授乳中に栄養ドリンクを飲んでも大丈夫?赤ちゃんへのリスクを減らす安全な飲み方と、おすすめのドリンクをご紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  授乳中の栄養ドリンクは大丈夫?母乳や赤ちゃんへの影響

授乳中の栄養ドリンクは大丈夫?赤ちゃんに影響は?

授乳期はママにとって出産で体力を使い果たし、休む間もなく赤ちゃんへの授乳にひっきりなしの赤ちゃんのお世話と、体力的に大変な時期です。
手っ取り早く体力を回復させるために、栄養ドリンクでもと手を伸ばすママも多いのではないでしょうか。

ところがドリンク剤の表示を見ると、様々な成分や薬品名が列挙されていて、たかが栄養ドリンクとはいえ赤ちゃんや母乳への影響を考えると躊躇してしまいがちです。
今回は、授乳中の栄養ドリンクが赤ちゃんや母乳に与える影響や、安全に体力回復をするための上手な飲み方授乳中のママも安心して飲めるおすすめの栄養ドリンクなどについてご紹介していきましょう。

栄養ドリンクは授乳中に飲んでもいいの?

栄養ドリンクを飲む女性

栄養ドリンクとは、体力の維持・回復に必要とされるビタミン類やアミノ酸類、滋養強壮に効果のあるとされる生薬や漢方薬のエキスなどを含んだ飲み物で、手軽に疲労回復ができることから愛飲者は多いようです。
チオビタドリンクなど、私たちの周りには様々な種類の栄養ドリンクがありますが、その成分によって第2類医薬品第3類医薬品医薬部外品清涼飲料水などに分類されています。

ドリンクの成分表示や効能を示した説明書きに「産前産後の滋養強壮」「妊娠中授乳期の滋養強壮」と記載があるものであれば、授乳中に栄養ドリンクを飲んでも問題はありません。
ただ、中には妊娠中や授乳中の服用を禁止する説明書きのものもありますので、服用する前には必ず説明書きを確認するようにして、心配な場合はかかりつけの医師に確認するとよいでしょう。

ドリンクの中にはアルコールが含有されているものも

栄養ドリンクの中にはアルコール成分が含まれているものが多くあります。
これは、生薬などの成分を抽出するためにエタノールを使用していたり、気分を高揚させたりといった効果を得るためなのですが、栄養ドリンクに含まれるアルコールはごく微量なので、母乳や赤ちゃんに与える影響はほとんど考えられないと考えてよいでしょう。

ただし、たくさん飲めば飲んだ分だけアルコールを摂取したことになりますので、赤ちゃんにもママの身体にも悪影響を及ぼしますし、他の薬剤を飲んでいる場合には薬の効果に悪影響を及ぼす可能性もあります。
栄養ドリンクを選ぶ際には、このことを踏まえた上で成分表示を確認し、一日の摂取量を守るように心がけてくださいね。

栄養ドリンクに含まれるカフェインには要注意!

栄養ドリンクを栄養剤

成分表示を見てわかるように、多くの栄養ドリンクには1本につき50mg程度のカフェインが含まれています。
カフェインはコーヒーや緑茶などにも含まれていますが、大量に摂取すると健康に影響が出るということで、妊娠中の接種は注意が必要と言われています。

栄養ドリンクにカフェインが含まれる理由として、カフェインによる興奮作用が挙げられます。
即効性が高いカフェインは吸収性がよく、一気に血糖値を上昇させる糖分と一緒に栄養ドリンクに含まれることにより、飲んだ人に「あっという間に元気になった!」という一時的な活力を奮い立たせてくれるのです。

栄養ドリンクというと、成分表示中のビタミンやアミノ酸類の方を見て効果があるかないかを判断してしまいがちですが、ビタミン類などは体に吸収されて効果を発揮するまでにはかなり時間がかかります。
手軽に疲労回復ができることや即効性が重視される栄養ドリンクの満足度は、実は疲労回復に効果があるといわれるビタミン類や生薬などの栄養成分より、カフェインに左右されているといっても過言ではないのです。

カフェインの効能ってなに?

カフェインはアルカロイドという化合物の一種です。脳の中枢神経を刺激する作用があり、眠気や倦怠感を取り除く効果があることから、科学的に合成された無水カフェインはガムなどの食品や医薬品などに幅広く利用されています。
カフェインを取りすぎると興奮気味になり、不眠症状が出るということはよく知られている通りですね。

コーヒーを毎日繰り返して飲んでいると、飲めない日は調子が悪くなるという人も多いように、カフェインには習慣性があり、飲めば飲むほど効果を実感しにくくなりやすいので、日常的に栄養ドリンクを飲むのではなくて、本当に疲れた時だけ飲むようにした方が良いかもしれませんね。

カフェインが母乳や赤ちゃんに及ぼす影響は?

母乳を飲む赤ちゃん

結論から言いますと、栄養ドリンクに含まれるカフェインは母乳にある程度移行して、少なからず赤ちゃんに影響を与えます。
カフェインは食品成分の中でも香辛料と同様に母乳への移行率が高く、赤ちゃんにもカフェインを与えることになってしまうのです。

ちょうど授乳期にあたる1歳未満の赤ちゃんの身体はカフェインの代謝能力が極端に低いため、ママがカフェインの含まれる栄養ドリンクをたくさん飲めば、成長のために多くの睡眠や休息を必要とする、赤ちゃんの健康に影響が出てくることは必至です。赤ちゃんのためにも、ママは栄養ドリンクを必要以上に摂りすぎないよう注意が必要だといえます。

カフェインが赤ちゃんに及ぼす影響

・眠らなかったり、夜泣きが多くなったりする
・不機嫌で喜怒哀楽が激しくなる
・興奮気味になって落ち着きが無くなる

強力なカフェインが入っているものに注意!

疲労回復をうたった栄養ドリンクのカフェイン量は、市販の缶コーヒーに含まれるカフェインの30~50%程度です。
一日に1~2本程度しか栄養ドリンクを飲まないのであれば、ママや赤ちゃんへの健康被害のリスクは十分抑えられると言えるでしょう。

ただし、眠気覚ましうたった栄養ドリンクの中には、缶コーヒーをはるかに超えるカフェイン量が含まれる商品もあります。
栄養ドリンクによっては、カフェイン量に大幅な違いがあることを認知しておき、購入の際は成分表示のカフェイン量を確認することを習慣にすると安心ですよ。

ノンカフェインの栄養ドリンクを選ぶと安心

赤ちゃんへの影響を重視して選ぶのであれば、一番安心なのはノンカフェインの栄養ドリンクを選ぶことです。
カフェインは摂取すると目が覚めてしまい、ぐっすり眠って疲労回復ができないことから、妊娠中・授乳中の女性でなくてもノンカフェインを求めるニーズは高いのです。

いろいろなメーカーからノンカフェインの栄養ドリンクが市販されていますから、お気に入りの物を探してみて下さいね。

明治ビオママ ママUP

明治ビオママ    ママUP

株式会社 明治

価格:180円 + 税

母乳育児のママの元気をサポートすることを目的に作られた、ノンカフェイン、ノンアルコールの栄養ドリンクです。保存剤無添加なので、安心して飲めますよね。

アリナミンR

アリナミンR

武田宅品工業

価格:300 円 + 税

アリナミンVは、無水カフェインを配合して速やかに体力を回復させる即効性を追求していますが、アリナミンRはノンカフェインで、寝る前に飲むことで穏やかな疲労回復をすることを目的とした、授乳中のママでも安心して飲める栄養ドリンクです。

ユンケル黄帝液DCF

ユンケル黄帝液DCF

佐藤製薬

価格:971 円 + 税

滋養強壮によいと評判のユンケル黄帝液の成分をベースにしながらも、ゴオウや無水カフェインを取り除いて作られているため、眠る前に飲めばグッスリと眠って休養がとれて、疲労回復効果の高い栄養ドリンクです。

栄養ドリンクを飲むベストなタイミングは?

授乳中にママが飲む栄養ドリンクに含まれる成分の中で、赤ちゃんへの影響が一番心配なのはカフェイン。授乳中はカフェインの代謝時間を考えて栄養ドリンクを飲むのがおすすめです。

カフェインはとても即効性が高く、飲んでから30分以内にママの身体のカフェイン濃度がピークになると言われているので、飲んですぐの授乳は避けた方が無難です。
カフェインはママの体の中でゆっくりと代謝され、3時間程度で半分に、約5時間経つと尿として体外に排出されると言われています。カフェインが含まれる栄養ドリンクを飲む場合には、授乳直後に飲んで、次の授乳まで最低でも3~5時間は間隔を空けるとよいでしょう。

授乳中の栄養ドリンクは必ず用法容量を守りましょう

カフェインなどの気になる成分は確かに含まれていますが、量さえきちんと守っていれば、栄養ドリンクは育児や授乳で疲れ切ったママの身体を回復させる効果は高いです。
授乳中だから、赤ちゃんに影響するからと、むやみやたらに薬や栄養ドリンクを否定する必要はありませんから、購入する時には成分表示を確認して、用法・容量を必ず守って活用しましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、栄養補給や衛生管理など生活の全てをママに依存しています。赤ちゃんとの生活で大切に考えなくてはいけないのはママの健康と元気でもあるのです。
授乳中も栄養ドリンクを上手に取り入れて、疲れをため込まずに赤ちゃんとの生活を楽しみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク