妊活におすすめの食事に関する記事

妊活は食事から!オススメの食材・栄養素で妊娠し易い身体へ

妊活は食事から!オススメの食材・栄養素で妊娠し易い身体へ

妊活と食事って一見関係なさそうですが、妊娠しやすい体づくりのためにも食事は必須なのです。妊活におすすめの食材とは⁉

マーミーTOP  >  出産  >  妊活は食事から!オススメの食材・栄養素で妊娠し易い身体へ

妊活におすすめの食事とは?妊娠しやすい体づくりの方法

妊活中は「妊娠しやすい」と聞くと何でも試してみたくなるものです。その中でも食事による妊活は、少し気をつけるだけで毎日継続することができ、続けることで効果も期待できます。規則正しい生活習慣は食事からと言うように、妊活におすすめの食事を知ることで、生活習慣の見直しにも繋がるのでオススメですよ!

ここでは、妊活中におすすめの食材や控えるべき食材、妊娠しやすい体づくりのためにすべきことについてみていきましょう。妊娠しやすい体づくりのためにすべきことは、妊娠したいかどうかに限らず女性の身体にとって大切なことです。正しい知識を持って、健康で気持ちにゆとりのある毎日を過ごしていきましょう。

妊活中におすすめの食材・栄養素

食事をしてる夫婦

健康維持のためにも、日頃から栄養バランスの摂れた食事を心がけたいものですが、妊活中はそれに加えて妊娠しやすい体をつくるための食材を積極的に摂りたいですよね。妊娠というと女性主体に考えがちですが、男性においても同じく食事から健康を維持することで、二人で妊娠しやすい身体を作ることができます。ここでは手軽に美味しく食べられる、妊活中の女性・男性におすすめの食材を紹介していきますので、今日からの献立に加えてみてください。

納豆や豆腐などの大豆製品

糖質、脂質とともに三大栄養素の一つであるタンパク質は、妊活中に限らず健康を維持するためには欠かせない栄養素です。タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質がありますが、動物性タンパク質は肉や魚、卵など日常的な食事からも比較的簡単に摂り入れることができます。

しかし、妊活中は動物性タンパク質だけでなく植物性タンパク質もバランスよく摂り入れたいので、植物性タンパク質を豊富に含む納豆や豆腐などの大豆製品を意識して食べるようにしましょう。タンパク質を多く摂取することで、子宮内膜を強くすることや体力や筋力の向上に繋がります。

鉄分豊富なひじきの煮物

ひじきの煮物

鉄分といえば血液になる成分ということは既に知っていると思いますが、子宮の環境を整える効果もあるので、妊活中におすすめの栄養素です。しかし、鉄分はタンパク質と違って、通常の食事では不足しがちな栄養素ですので、意識して摂り入れなければなりません。鉄分を手軽に摂れるメニューとしては、ひじきの煮物がおすすめです。

その他、鉄分が豊富な食材としては、青のりやレバー、あさりなどがあります。鉄分が不足すると貧血になるばかりか、妊娠するのに必要な黄体ホルモンの分泌を低下させてしまったり、卵巣に悪影響を及ぼしたりしてしまうため、妊活中には特に気をつけて摂取するようにしましょう。

生姜やネギを使った身体を温める料理

「温活」という言葉もあるくらい、身体を温めることは女性にとって大切なことであり、妊活のためにも必要なことです。そこで、身体を温める効果のある生姜やネギを使った料理をおすすめします。生姜やネギなどを香味野菜として料理に加えると、薄味のものでも美味しくシッカリとした味として感じることができ、塩分を抑えることができますので旦那さんの健康にも最適です。

お肉を炒めて生姜とネギを使ったソースで味付けしたり、生姜とネギの入ったスープを作ったり、生姜とネギのドレッシングを生野菜に添えたり、メニューのバリエーションも豊富で飽きずに食べられます。普段の料理にも無理なく摂り入れられる食材ですから、ぜひ試してみてください。

亜鉛が豊富な牡蠣フライ

亜鉛も鉄分同様、通常の食事では意識して摂らないとなかなか得られない栄養素です。でも亜鉛には女性ホルモンのバランスを整える効果があることから、妊活中にはおすすめの栄養素なのです。あまり耳慣れない栄養素ですが、亜鉛を豊富に含む食材としては牡蠣が代表的です。

サイズにもよりますが牡蠣ならたった2個で、一日の亜鉛の必要摂取量を満たすことができます。牡蠣は食中毒のリスクの高さから生は避けた方が良いので、牡蠣フライにすると尚良いですね。婦人科では妊活中に、亜鉛のサプリと葉酸のサプリをセットでオススメされることもあります。
その他、亜鉛を豊富に含む食材としては牛肉や卵黄、うなぎ、チーズ、ゴマなどがありますので、使いやすい食材から献立に加えてみてください。

デザートに!ビタミンEが豊富なキウイ

妊娠に深く関わりのある黄体ホルモンは、ビタミンEが主成分となっています。そのためビタミンEは「子宝ビタミン」と呼ばれることもあり、妊活中には欠かせない栄養素です。キウイにはビタミンEだけでなくビタミンCも豊富に含まれており、ビタミンCはビタミンEの吸収を良くするので両方摂れるキウイはまさに妊活のための食材!

ケーキや和菓子などのデザートも良いけれど、妊活中ならそれらの代わりにキウイをデザートにしてはいかがでしょう。最近さまざまな効能で注目されているカムカムフルーツも、キウイと同じくらいビタミンEとビタミンCを豊富に含んでいます。でもペルー原産のもので日本ではあまり馴染みのないものなので、キウイの方がお手軽ですね。

妊活中に控えるべき食材

何となく体に良くないことは分かっていても、日常生活でつい過剰に食べてしまうものってありますよね。次のような食材は妊活中には好ましくないので、なるべく控えるように心がけましょう。さらに妊活中に控えるべき食材を知ることは、妊娠しやすい体づくりのためだけでなく食生活を見直すきっかけにもなりますよ。

脂っこい食事やスナック菓子

スナック菓子

不飽和脂肪酸の一種であるトランス脂肪酸は、マーガリンやショートニングを使用した脂っこい食事やスナック菓子などの加工食品に多く含まれ、本来なら人間が食品から摂る必要のない成分だと言われています。そのため過剰摂取すると生活習慣病のリスクを高めてしまうので、妊活中だけでなく健康維持のためにも摂取を控えるべき成分です。

アイスクリームなどの冷たい食べ物

暑い季節は特にアイスクリームなどの冷たい食べ物が恋しくなりますよね。しかし、妊活中に身体を冷やすことはNGなので、冷たい食べ物は控えなければなりません。さらに、冷たい飲み物をガブガブ飲むのもNG。暑い季節でもなるべく常温の飲み物を飲むようにして身体を冷やさないようにしましょう。

カフェインを含む飲み物

コーヒーを飲んでる女性

カフェインと聞くと妊娠に良くないイメージがありますが、コーヒーで一息つくのが一日の楽しみである人も多いのでは?カフェインの摂取は少量なら気にすることはありませんが、1日5杯以上コーヒーを飲むなどカフェインの多量摂取は妊娠の妨げになります。どうしても飲みたいときはノンカフェインのコーヒーで代用しましょう。

妊娠しやすい体質とは

体質は人それぞれで、妊娠しやすい人もいれば妊娠しにくい人もいます。もし自分で「妊娠しにくい体質なのかな?」と思っていたら諦めるのはまだ早い!体質は生活習慣で改善できることもあるので、妊娠しやすい体質を知り妊娠しやすい体づくりに繋げていきましょう。

生理周期が安定している

月経や排卵が規則正しく起こっていて生理周期が安定している人は、妊娠するチャンスも多くなります。それに、生理周期が安定しているかどうかは、女性の健康のバロメータにもなります。生理周期が不安定な場合だけでなく、生理痛がひどいときや大量出血があるときは、婦人科系の病気である可能性もあるので、一度産婦人科を受診してみましょう。

体重はほぼ標準である

体重計に乗ってる女性の足元

痩せすぎ・太りすぎは健康のためにも良くありませんし、月経や排卵を不安定にしてしまうので結果的に妊娠しにくくなってしまいます。特に女性は体型を気にし過ぎて、無理なダイエットを試みる人が多くいますが、体重はほぼ標準を保っていた方が生理周期も安定しやすく妊娠しやすいのです。

冷え性ではない

冷え性の人は血行不良になっている可能性が高いため、酸素や栄養を運ぶ血液の循環が上手くいかずに、臓器まで充分な酸素や栄養が行き渡りません。そうなると子宮などの臓器の機能が衰え、ホルモンの分泌も悪くなってしまい妊娠しにくい身体になってしまいます。このように冷えは妊娠の大敵であるので、冷え性でないことが妊娠しやすい体の条件になるのです。

基礎体温が安定している

生理周期が安定していても、高温期が短かったりバラバラだったりする場合は、無排卵の可能性もあります。排卵しない周期があっても本人はあまり気づかないもの。妊娠を望むなら基礎体温が安定しているかどうか一度産婦人科でチェックしてもらうと良いでしょう。

ストレスがたまりにくい

精神的ダメージは身体に大きな影響を及ぼし、ストレスがたまると自律神経が機能しにくくなったり、ホルモンの分泌も悪くなったりして妊娠しにくくなると言われています。ストレスを感じずに生活することは難しく、ストレスがたまりにくい人というのは、ストレスを上手に発散できている人のことで、そのような人が妊娠しやすいと言えます。

妊娠しやすくするためにすべきこと

妊娠しやすい体づくりのためには、食事に気をつけた上でプラスアルファを目指しましょう。せっかく食事に気をつけていても、食事以外の妊娠しやすい体づくりの知識がなければ無駄になってしまうこともあります!妊娠しやすくするためにすべきことを知り実践することで、より妊娠しやすい体に近づくようにしていきましょう。

婦人科の健診を受ける

自分では健康だと思っている人でも、婦人科系の病気は気づきにくく、実は何らかの病気を抱えているような場合もあるのです。特に子宮内膜症や子宮筋腫などは妊娠を妨げる病気で、人によっては症状があまり出ないことあり、妊娠できない原因となっていることもあります。婦人科健診を定期的に受け、病気の早期発見と早期治療に努めましょう。

身体を冷やさない

足湯で身体を温めてる女性の足元

冷えは妊娠の大敵と前述したように、妊娠しやすくするためには身体を冷やさないことが大切です。身体を冷やさないために、冷たい食べ物や飲み物は控えることと、子宮や卵巣のある骨盤を温めるために、半身浴や足湯などで温めることが大切です。ラズベリーリーフやシャタバリなどのハーブは妊活に効果があり、温かいハーブティーを飲むこともおすすめです。ハーブの作用は意外と強く、ラズベリーリーフは子宮への働きが強いため妊活中はオススメですが、妊娠後は逆に悪い影響が出てしまうので注意が必要です。

太りすぎや痩せすぎに注意する

痩せすぎや太りすぎだとホルモンバランスが崩れ、排卵障害を起こしやすく妊娠しにくくなります。特に太りすぎの人は婦人科疾患も起こりやすく、妊娠してからも妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になるリスクも高くなるため、妊活中から標準体重に近づけるようにしておきたいですね。

妊娠しやすい時期はいつ?

妊娠可能な期間は月経終了後の2週間くらいですが、そのうちの排卵日前後の3~4日間が最も妊娠しやすい時期となっています。自分の基礎体温を把握することで排卵日が分かるので、毎日基礎体温を測定して排卵日を予測できるようにすることが、妊娠のための第1歩になりますよ。

バランスのとれた食事で健康的な妊活

妊活中におすすめの食材を知って、それらを多く摂り入れようとする気持ちは分かりますが、そればかりでは栄養に偏りができてしまい逆効果です。大切なのは偏りがなくてバランスのよい食事をとることで、忙しくても食事の時間をきちんと決めて規則正しくすることです。

食生活が乱れると、食欲不振や肥満、下痢や便秘、肌荒れなどのトラブルを招いてしまうくらい、バランスのとれた規則正しい食事は、妊活中だけでなく健康を維持するために必要なことなのです。妊活中の食事を考えることで今までの食生活を見直すきっかけにして、健康で豊かな生活を送れるようにしたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク