妊婦のお腹の張り体験談に関する記事

妊婦のお腹の張りは胎動やガスとどう違う?受診?体験談15

妊婦のお腹の張りは胎動やガスとどう違う?受診?体験談15

妊婦のお腹の張りには個人差があり、軽く考えていたことで後悔する人も…。先輩ママの体験談を参考に、赤ちゃんを守りましょう。

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦のお腹の張りは胎動やガスとどう違う?受診?体験談15

妊婦のお腹の張りは胎動やガスとどう違う?受診した?体験談15

妊婦さんは「お腹の張りがありますか?」と検診の度に聞かれますが、仕事をしていたり上の子がいたりすると、お腹の張りを自覚できないこともあり、発見が遅れて切迫早産に繋がることも…。そのため、お腹の張りについて知っておきたいのですが、胎動やガスとの区別が難しいママもれば、全く違うためすぐにわかるなど個人差があります。

そこで今回は、先輩ママ15人に妊婦だった時のお腹の張りの痛み、胎動やガスとの区別、病院受診のタイミング、その結果などの体験談を教えてもらいました。先輩ママは口をそろえて「お腹に張りや異常を感じたら、休憩し早めに病院を受診することが大切!」と、妊婦さんに呼びかけていますよ。赤ちゃんにも悪影響がありますので、油断せず早めに病院を受診しましょう。

Q 妊婦の時のお腹の張りについて詳しく教えて!

受診が遅れたことで早産になり、赤ちゃんの障害に繋がってしまったママも…。赤ちゃんを守れるのはママだけです。自分への厳しさはお腹の中の幼い命への過酷さに繋がってしまいますので、悔しないように油断禁物で体を労わりましょうね。

妊娠中の女性のイラスト

ママはママ
30歳後半

A受診することで安心できました。

妊娠中期にお腹の張りをよく感じました。胎動やガスとは全く違い、下腹部辺りがこんなにカチカチになるのかというぐらいの初めての固さで、お腹もいつも以上に重く感じ、妊娠時期の体の変化を痛感しました。妊娠初期は動けない時期が多かったため、動けるようになった中期に休憩を考えずに活動していたためよく張ったようです。

さすがに2,3日張りが続くと自分が不安になったので、検診ではない日でしたが診察してもらいました。特に問題はなかったのですが、「動くことは悪いことではないが、安静にすることや体を冷やさないことも必要だ」と言われました。

妊娠時期は短いようで長いものでもあります。今妊婦さんで参加できるものがたくさんありますが、1人1人本当に体調は異なります。自分と自分の赤ちゃんを一番に考え、不安なことはお医者さんにすぐ診てもらうことが大事だと思います。そして体を冷やさないこと、普段よりも休憩することも妊婦さんには大切なことだと思います。

まっぴー
35歳

A早く病院に行けばよかった

お腹の張りを感じた時期は妊娠中期でした。初めての妊娠でお腹の張りを感じたのですが、主人の月給だけでは生活が困難で私もフルタイムで働いており、夫の実家へのストレスも大きかったので、ストレスのせいで張っているだけだから、横になって安静にすれば大丈夫と思っていました。

けれど、横になっていると主人に「早く病院に行けば」と言われ、「あなたがしっかりないから、私のストレスが大きいの!お願いだからこれ以上騒がないで静かに休ませて」と思い、横になって様子を見ていましたが、1時間待ってもお腹の張りは収まらず、トイレに行くと出血していたので、急いでかかりつけ医を受診しました。

高齢出産であるにもかかわらず、個人病院をかかりつけ医にしていたのも災いし、総合病院に移されましたが、処置が遅れ気味になっていたこともあり最終的には早産となってしまい、しかも妊娠中期だったため、子供は小児麻痺になってしまいました。

妊婦のお腹の張りを侮ってはいけません。妊婦の皆さん、どうかお腹に張りを感じたら、面倒でも早めに病院を受診してくださいね。また、リスクの高い出産の妊婦さんは、万が一のトラブルも考えて、総合病院にした方がいいですよ。

さくらんぼ
26歳

A妊娠6ヶ月で切迫気味

妊娠初期の6週頃から、子宮のあたりがギューッとなる瞬間が度々ありました。非妊娠時には感じたことのない、痛みとはまた違い、子宮を直で撫でられているような感覚。それでも、他に気になるトラブルもなければ、異常が定期健診で指摘されることも無く順調に進んでいました。

そんな中、安定期に入った16週頃、急にお腹が大きくなったことに気がつきました。気がつくと深呼吸ができないほどお腹に空気がパンパンに入っていて、息苦しくなりました。胎児の成長や、食後の胃の膨れ程度に思っていました。痛みやギューッとなる感覚もなく気にしていなかった矢先、20週の健診で頻繁な張りが原因で「妊娠継続が難しい状態」と診断されました。20週で子宮頸管3㎝と短くなっていたのです。

自宅安静と張り止めの処方でとどまりましたが、もう少し進んでいれば入院になるところでした。現在も経過観察中です。張りを張りと認識できずに、気づいたら切迫気味になっている妊婦は多いようです。少しでもお腹の変化に気づいたら医師に相談し、動きすぎたと思う時には横になって休むことを意識して欲しいと思います。

また、便秘が続くとお腹が張る原因になりかねないとのことなので、食生活や水分補給、適度な運動にも意識を向けてほしいと思います。

病院の診察室

rara
37歳

A上の子の抱っこは禁止されました

お腹の張りを感じ始めたのは、妊娠中期の7カ月ごろでした。お腹がぎゅっと締め付けられるような痛みで、立っているのが苦しい状態でした。胎動やガスとは区別はつきませんでした。お腹が張り始めたのは上の子が幼稚園に入園したばかりで、初めの頃は半日保育などが続き慌ただしくしていたからだと思います。

ある時、ぎゅっと締め付けられる張りが治まらずしばらくソファーで横になっていたのですが、いつもよりお腹の張りがだんだんと強くなっていたので、近くに住む母親に病院へ連れて行ってもらいました。張りに気づいてから1時間ほどでした。

診察の結果、赤ちゃんも私も無事でしたが、張り止めの薬を処方され、「上の子を抱っこしない」「家にいる時は重いものは持たずにできるだけ横になって」と言われました。

妊娠されているお母さん、妊娠は病気ではないと言われますが、やはり体に負担がかかるので普段通りには行きません。異常を感じたら自分を過信せず、できるだけ早く病院を受診することをお勧めします。

3児ママ
28歳

Aやっぱり実家にお世話になるべきでした。

5年振りの妊娠、3人目妊娠中の時に一番張りを感じました。妊娠5カ月頃から頻繁に張るようになりましたが、ゆっくりする暇もなかったのでゆっくり休んでは家事に育児を繰り返していました。

妊娠後期に入るとますます張るようになり、キューっと締め付けられるような痛みをよく感じていました。胎動とガスの違いについてですが、胎動をよく感じられるようになると、ポンポンとお腹を叩けばポンポンと胎動が返ってきます。もちろんガスは返ってこないので、この方法で胎動とガスを見極めていました。

お腹が張ったきっかけは自宅が4階でエレベーターなしの階段が一番きつく、荷物を持っての階段の往復が張りのきっかけです。キューっと締め付けられるような痛みを感じだし、病院に行って相談しました。診察の結果は切迫早産。「入院もしくは実家帰省」を勧められましたが、長男の学校、長女の保育園、主人の帰宅時間が不定期なため、入院や実家帰省もできず、自宅安静で様子見になりました。

結果、予定日より2週間早く出産となってしまいました。今となって、あの時、実家に帰省していれば早産にならなかったのかなと思う時もあります。今回の妊娠で少しの変化でも病院に行き相談することは大切だと思いました。相談し何もなければ、それだけでも気持ち楽になると思います。これぐらいの張りなら大丈夫と自分で判断せず、病院に相談することをオススメします。

さら
30歳

A多忙で24週に入院

私は24週のときに、下痢のような痛みが朝から続き、昼過ぎに病院へ行きNSTでお腹の張りが続いていることがわかり、そのまま入院することになりました。その時が突然だったかというとそうではなく、以前から仕事中なんとなくお腹がパツパツになる感覚があったり、夜は子宮にボールのような固さを感じたりしていました。でもこれが張りという認識がなかったです。

それと入院の1週間ほど前には、通勤途中にキューっというお腹の痛みで、電車から降りられなくなったりしていましたが、単なる便秘の症状の一つなのかと思っていました。この痛みを重くしたのが入院時の痛みでした。やはり安静が一番です。

私は最初の痛みの時に受診したものの「大丈夫そう」といわれてクスリをもらいましたが、そんなに大事と受け止めずに、多忙期の仕事を残業もしながらこなしていました。きっと赤ちゃんがお腹の中で、「ママ無理しないで、わたしの居心地が悪いのよ~」と教えてくれているんだと思います。赤ちゃんのことを思い浮かべながら、ゆっくりのんびり過ごすのが良いのだと思います。

黒板の前に立つ女性のイラスト

まあま
31歳

A第2子以降、無理は禁物!

妊娠8ヶ月まで多忙なスケジュールで教員として働いていました。毎日の授業で大きな声を出し、朝から夕方最低6時まで、ほとんど休憩もとれないまま仕事をこなし、娘の保育園のお迎え、買い物して3階にあるマンションの部屋まで3歳の娘を連れて買い物と仕事の荷物を持ちながら昇る、を繰り返していました。

8ヶ月で産休に入った途端に気持ちがホッとしたのか、検診に行くと張りが酷く、即入院になりました。自分では全く張りの自覚はありませんでした。つまり、ずっと張っている状態で気付かなかったのです。小さな個人病院のため、お医者さんはしょっちゅう確認にきて、「おかしい、おかしい」を連発し、最終的には入院したその日に救急車で総合病院に搬送され、そのまま1ヶ月入院しました。

切迫早産で陣痛が始まり、投薬でおさえていました。二人目妊娠だとお母さん方は日常で無理しないことが不可能な生活を送っていますよね。私は赤ちゃんが元気に産まれましたが、気づかないと早産で赤ちゃんに負担をかける場合もあるので、体調には充分気をつけてください。

富美子
20代後半

A落ち着いてから産婦人科受診し張り止めをいただきました

私がお腹の張りを頻繁に感じたのは、妊娠後期に入ってからのことです。お腹の張りはお腹部分のみが網状に広がって固くなっていく感じなので、痛みはありませんが違和感があり、明らかに胎動やガスとの違いを感じられるものです。

大抵お腹が張るきっかけになるのは、無理な体勢(手を上に伸ばす等)や、重いものを持ってお腹に負荷がかかった時に起こります。そのため、お腹が張るとその場で作業をやめて休憩し、張りが収まるのを待つようにして過ごしていました。

しかしながら、その張りが一日数回だったのが10回を超えるようになってから、さすがに不安に感じた私は病院へ。張りが頻繁になった翌日のことです。結局妊娠後期によくある健全な張りとの診断で、張り止めを処方されました。張りはお腹の中の赤ちゃんにとっても、窮屈で居心地の良い状態ではないので、張りが気になったら早めに病院を受診すべきです。張り止めを処方されると、妊娠生活も楽に過ごせますよ。

るなママ
20代後半

A仕事をしながら大変でした

初めての妊娠でした。つわりもある中、朝と夕方の通勤ラッシュの電車に揺られながらも、出産後も仕事を続けるべく頑張っていました。つわりがある度にお腹に違和感がありました。職場内は既婚男性と未婚女性が多く、男性は体調が悪くなると休憩を入れつつ働く私に、優しく接してくれましたが、女性は結婚をせずにお局様になられた方が多く、冷たい視線を感じていました。

その視線を感じる度、お腹に違和感がありました。病院に定期健診に行った際、お腹の張りの有無を聞かれましたが、張っているという状態が良くわからず胎動があると伝えていました。6ヶ月に入った時、高熱がでました。背中の痛みと少しの出血も伴っており、入院になりました。

いろいろな検査をしましたが、結局「原因不明のストレス」といった診断でした。先生には「無理は禁物!」と注意をうけました。自分を大事にすることは、赤ちゃんを大事にすることだと改めて強く感じ、ストレスの原因である仕事を辞める決断をしました。

現在は子供も小学生になり、私も新しい職場で以前のようなストレスを感じることなく暮らしています。初めての妊娠で不安な事は、自己判断せずお医者様に相談することが大切だなと思いました。

生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこするおじいさん

ケンタ
30代

A動くのもほどほどに…。

妊娠の後期に「よく動いていれば出産が楽になる」と雑誌で見ました。それは嬉しいと思ってウォーキングをし、それ以前よりも意識的に動くようにしました。そうすると、生理痛のようなズーンとした痛みが起こるようになりました。はっきりとした痛みで、お腹が重く張っている感じがしました。その度に休憩して落ち着かせるようにしました。

落ち着いたのですぐに病院には行きませんでしたが、その後のすぐの検診の時に、医師から「お腹が張っているから安静にするように」と指示されました。やはりそうだったのかと思い、安静にするよう心がけました。結局、出産まで安静にしていることが多かったです。

無事に出産して安心しましたが、人によって合う情報と合わない情報があります。情報に振り回されず、医師ともよく相談した上で生活態度を決めていくことが大事だと感じました。

ゆうぽん
34歳

A里帰りの時期、赤ちゃんのことを第一に考えるべきでした

3人目の出産で、上の子が幼稚園に通っていたため、臨月に入ってからギリギリで里帰りをして出産準備に入る予定でした。次の日に里帰りをしようと思っていた晩、子宮がギューギューと収縮するのを感じました。最初は時々あることなので気にしていなかったのですが、周期的におなかの張りを感じるようになりました。

1人目の出産は破水で始まり、2人目は陣痛を便秘と勘違いして直前に病院に駆け込んだ経緯があったので、陣痛が始まったのではないかと不安になりました。その後も間隔は15分から20分程度だったのですが、お腹の張りが続いたため主人に連絡をして仕事を早くきりあげてもらい、とりあえず1日早く実家に帰ることにしました。

車の中でお腹の張りは落ち着いたので、その日は安静にして次の日に受診したところ、特に問題はなく前駆陣痛だったようです。家から病院までは車で1時間半はかかるので、臨月に入る前に里帰りをしておけばこんなに焦らず出産に望めたので、自分の体や赤ちゃんのことを第一に考えて動いておけばよかったと思います。

くりママ
33歳

A私の場合は大丈夫でした。

妊娠後期、夜お腹が張って眠れませんでした。痛みはあまりなくて、胎動やガスが原因でもなく、ただとにかくお腹の張りが苦しかったです。初産のため病院に行くほどではないのか、いったほうがいいのかわからず、相談できる人も周りにはいなかったので、不安を抱えながらもしばらくは我慢していました。/p>

検診の時に先生に話したら、静かな別室で横になり、お腹に測定器をつけて、赤ちゃんの様子を3時間くらい測定しました。昼間でお腹の張りがないときだったので、異常なしと言われましたが、気分が晴れてほっとしました。気になる人は早めに相談したほうがいいと思います。不安に感じることは早く解消して、気分の安定した状態で出産に臨んでほしいです

掃除機のイラスト

アヤミ
22歳

Aお腹の張りから出血へ

お腹が張るという感覚がイマイチよくわかっていなかった頃、妊娠後期に入ってからの検診で子宮頚管が短くなっていたことから検査を行い、お腹の張りが頻繁に出ていることを告げられましたが、赤ちゃんの胎動が激しく、お腹の中でグニュグニュと動く感覚と子宮が収縮する感覚の区別がついていませんでした。それでもお腹を触ってみるとパンッと硬くなっているのは理解していました。

先生には「動きすぎで張っている」と言われましたが、当時は仕事もしていなく家事をこなしながら日中はのんびりしていたので、生活リズムは変えず張り止めの薬を処方してもらいました。「張りが続くようならすぐに病院に来るように」と言われていたある日、トイレに行くと少しの出血が。その日は診察がお休みだったのですが、すぐに電話をしてみてもらうことに。入院の準備をして来るようにと言われ30分で病院に行きました。

案の定、お腹の張りが強く検査のためそのまま入院。24時間張り止めの点滴を打ちようすを見ましたが、その後出血もなかったため、5日の入院を経て退院。お腹の張りの感覚がイマイチ分からなくて、張っていても動き続けてしまったための出血だったそうです。妊婦さんは張りの感覚がイマイチ分からなくても、何分に1回は体を横にして休むなど自分で決めて、赤ちゃんに負担のないようにマタニティーライフを過ごしてください。

りーまま
40代前半

A仕事よりも子供が大事

妊娠中も事務の仕事を続けていましたが、妊娠後期に机に向かっていると、お腹がチクチクするのと同時に今までにないくらいの張りを感じました。しばらく休憩室で横になっていましたが、張りが収まらなかったのでその日のうちに病院を受診しました。診断は、もう少しで切迫早産になってしまうということで、3日ほど会社を休むように言われました。

産休を取る予定だったので、引継ぎなどもありずっと同じ姿勢で机に向かっているのが良くなかったみたいです。会社には申し訳ありませんでしたが、大事を取って3日間休み、なるべく寝ているようにしました。休み明けも1時間ごとに休憩を取り、適度に社内を歩いたりしていました。働いている妊婦さんも多いかと思いますが、お腹の張りを感じたら早めの休息を取ることが大事だと思いますよ。

ののか
24歳

A切迫早産と診断されて

お腹の張りを感じるようになったのは、妊娠後期に入ってすぐです。下腹部がつっているような感覚で、便秘の時とは比べ物にならないほどお腹がカチコチになりました。スーパーで買い物から帰ってきたときをきっかけに、お腹の張りを感じるようになり、洗い物をしているときや夜寝る前等にも頻繁に起こりました。

お腹の張りは少し休めばおさまるのですぐには病院には行きませんでしたが、5日くらい経つと張りがおさまりにくくなったので、心配で病院に行きました。エコーで赤ちゃんを見てもらうと、周期よりも早く降りてしまっているとのことで、切迫早産と診断されました。そして「早産にならないために出来るだけ家事は控えて大人しくしているように」と言われました。

もう少し悪化していたら入院にもなっていたので、早めに行って良かったです。お腹の張りは胎児からのサインだと思って、注意深く気にしていた方がいいですよ

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪