妊娠中の蕁麻疹の原因に関する記事

妊娠中の蕁麻疹の原因~激しい痒みで妊婦を悩ます皮膚疾患

妊娠中の蕁麻疹の原因~激しい痒みで妊婦を悩ます皮膚疾患

妊娠中に蕁麻疹がでてきた!こんなこと今までなかったのに…と不安に感じますよね。妊娠中は、肌トラブルも起きやすい状態にあります。妊娠初期・中期・後期におきやすい蕁麻疹の原因となる病気を解説。対処法は、先輩ママから学びましょう!

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠中の蕁麻疹の原因~激しい痒みで妊婦を悩ます皮膚疾患

妊娠中に蕁麻疹…原因は?薬は使用してOK?妊娠中によくある皮膚疾患

便秘、腰痛、食欲不振など、妊娠中にはたくさんのマイナートラブルが起こります。そんなマイナートラブルの中に、蕁麻疹があるってご存知ですか?
少し赤いポツポツが出たくらいなら虫に刺されたのかな?と思い、妊婦さんも別段気にかけないでしょう。しかし、急に全身に激しく広がり、激しい痒みを伴う場合、「何これ!赤ちゃんは大丈夫!?」と心配になりますよね。妊娠中はホルモンのバランスが崩れ、免疫力も低下します。そのため、妊娠前はなんともなかった食品や物質にも、体が過敏に反応してし待った結果としておこりうるようです。

蕁麻疹が出た時の対処法や薬の使用、妊娠中の皮膚疾患について詳しく解説します。でも、妊娠中のお肌のトラブルは、出産後にはもとに戻ることがほとんどです。今現在悩んでいる妊婦さんは、安心して読み進めてくださいね。

蕁麻疹とは?

蕁麻疹の妊婦さん

蕁麻疹は、一般的には、直径2~3ミリ程度の赤いプツプツが腕や足などの特定の部位にできるものですが、症状が重いと、お腹や背中など、全身に広がり、時には、大きな発疹がまるで地図のように、肌にまだらに広がることもあります。

蕁麻疹は、強い痒みがあることが多く、時には焼けるような痛みを感じるものもあります。数分~数時間で何事もなかったかのように治まり、一晩経つと治まることがほとんどです。ただし、消えたかなと思うと、また出てきたり、長く続く慢性蕁麻疹もあります。

蕁麻疹の原因は、アレルギー性のものと、非アレルギー性のものに分けられます。
アレルギー性蕁麻疹は、食べ物や食品添加物、植物、薬の成分によるものが挙げられます。非アレルギー性のものだと、発汗や衣類による摩擦が代表格です。

妊娠初期の蕁麻疹の原因

妊娠初期に出やすい蕁麻疹の原因は、普通の蕁麻疹の原因と基本的には同じです。
ただし、今まで反応していなかったアレルゲンに、妊娠中だけ過敏に反応する可能性があります。

食べ物などのアレルゲンに反応

アレルギーを起こしやすい食べ物のイラスト

妊娠初期症状として、蕁麻疹がでる人もいます。食べ物などのアレルゲンに反応した場合は、すぐに消えることがほとんどですので心配はいりません。ただし、妊娠初期は、今までとはホルモンバランス大きく変わることで、体質にも様々な変化がありますし、免疫力も下がってしまいます。普段は大丈夫な食べ物でも、アレルギー反応を起こす可能性があることは、覚えておきましょう。中には、妊娠を自覚する前に、蕁麻疹が出て、「なんだか体調がおかしい」と妊娠を察する人もいるようです。
薬に頼らず痒みを抑えるためには、第一に冷やすことです。保冷材をタオルで巻いて、患部に当てると効果的です。

アレルギーを起こしやすい食品としては、魚介類(エビ・蟹などの甲殻類やサバ)、乳製品、小麦やソバ、卵、ピーナッツなどが有名です。

妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)

腕がかゆい妊婦さん

妊娠すると、妊娠線痒疹という皮膚疾患に悩まされる妊婦さんもいます。明確な原因は不明ですが、一般的には、ホルモンバランスが大きく変化するため、と説明されることが多い病気です。

手足やお腹、体のいたるところに、発疹ができ、強い痒みで眠れない人もいます。激しい痒みで、血が出るほどお腹や手足を掻き毟り、暑い季節には、手足を出すのをためらうほど、皮膚がただれてしまったりします。

通常、アレルギー性の蕁麻疹なら、一晩程度で治まりますし、虫刺されでもここまでひどくなることは稀です。発疹が数日続くようなら、早めに産科医に相談し、症状に改善が見られないようなら、皮膚科を受診した方がよいでしょう。
人によっては、「もう手足を出せない」と思い悩むほどひどくなる妊娠性痒疹ですが、不思議なことに出産後、急速に回復していきます。

妊娠中期~後期の蕁麻疹の原因・妊娠中の皮膚疾患

妊娠中期~後期にかけて、普段ではみられない皮膚の変化が起こる人がいます。妊娠線のケアとともに、妊娠中は、全身の保湿に気を付け、無添加の石鹸を使用したり、肌に直接ふれる下着やタオルなどは柔らかいものを選ぶなど、なるべく肌に刺激を与えない生活に心がけて下さい。

妊娠性掻痒(にんしんせいそうよう)

医師と相談する妊婦さんのイラスト

妊娠中期~後期にかけて、全身にむずむず、チクチクするような痒みが広がります。原因は不明ですが、経産婦さんの方が発症しやすいと言われています。
妊娠性痒疹と名前が似ているので間違えやすいのですが、妊娠性掻痒は、発疹が現れないのが大きな特徴です。ですが、患部を掻いてしまったことで、発疹が現れることもあります。妊娠性掻痒の場合、「発疹が原因で痒い」のではなく、「皮膚を掻き壊した結果、発疹ができた」だけですので、皮膚のかゆみを抑える対処療法をとることになります。

痒みは、肌が乾燥している時や、皮膚に摩擦が起こるときに増幅します。保湿を心がけ、マタニティブラなどを着用し、締め付けが少ない服装をしましょう。出産後、24時間以内に症状が治まるケースが多数報告されています。お医者さんに相談し、塗り薬を塗るなどして、乗り切りましょう。

妊娠性疱疹(にんしんせいほうしん)

最初は蕁麻疹とよく似た痒みを伴う発疹がでてくるのですが、かゆみが伴いしばらくすると紅斑の上に水泡ができます。一度発症すると、妊娠するたびに発症してしまうケースもあるようです。

自分の判断で薬を塗ることはせず、お医者様に相談し、塗り薬を処方してもらいましょう。出産後、やはり数日で治まります。

PUPPP

妊婦さんのお腹の妊娠線

現在、日本語訳がないためPUPPP(Pruritic urticarial papules and plaques of pregnancy)と呼んでいる、妊娠後期に発症する皮膚疾患のことです。蕁麻疹によく似た強い痒みを伴う発疹ができるのですが、発疹の大きさや形状は、人によって大きく異なります。経産婦より初産婦に症状が出やすく、妊娠線ができたあたりから、全身に広がることが多いようです。

PUPPPも出産後、回復に向かいますが、産後4~6週間とやや完治には時間がかかるようです。

胎児への影響は?

妊娠中のママの蕁麻疹や皮膚の変化は、原因そのものが不明なのですが、おそらくはホルモンバランスによる体質の変化が原因だろうと考えられています。そのため、蕁麻疹による胎児への影響は、ほとんど指摘されていません。

ただし、お薬の使用に関しては、十分に注意をして下さい。強い痒みに襲われると、「とにかくこの痒みをなんとかしたい!」と家においてある市販薬に手を伸ばしたくなりますが、基本的には、1度、産科や皮膚科で確認をとりましょう。
また、妊娠中の発疹は、ほとんどが心配のいらないものではありますが、母体の異常によって、免疫力が極端に下がっているために起こっている可能性もあります。妊婦検診の時は、些細なことでも、医師に相談すると安心です。

妊娠中の蕁麻疹・発疹、薬の使用はOK?

薬剤師

自分で判断するのではなく、まずは産婦人科のお医者様に相談してみましょう。皮膚科へ紹介状を書いてくれることもあります。基本的には、お医者様から処方されたお薬を使うようにしましょう。また、どうしても我慢ができないときは、薬局で市販の薬を購入する前に、薬剤師に妊娠中であることを伝えてから、商品を選んでもらいましょう

抗ヒスタミン剤やステロイドが処方されることもあります。「ステロイドは、赤ちゃんへの影響が心配」と思う方もいらっしゃいますが、使用量や使用方法を守れば問題ありません。ステロイドが処方されたということは、症状が重い場合も多いので、悪化する前に、炎症を抑えた方が、今後の妊娠生活にとってプラスになるはずです。

妊娠中の蕁麻疹への対処法~先輩ママの体験談~

えりりん
29才

貝だけやめました!!!

妊娠初期のころ、夫と定食屋さんへ行ったのですが、帰宅したら太ももにしましまの盛り上がった模様のような蕁麻疹が出ました。夫に「なにかのアレルギーじゃないの?」と言われ、定食屋さんであさりの味噌汁を飲んだことを思い出しました。数時間後には消えていたので、本当に軽い蕁麻疹でしたが、こんなこと今までなかったので、ビックリでした!

本当にあさりのせいかはわかりませんが、それ以来、妊娠中は貝類は食べないことにして、お刺身などもあまり積極的には食べないようにしました。出産後の今は、あさりのお味噌汁も平気で飲んでいます。妊娠中はやっぱり身体が敏感に反応するのかな?と不思議です。

アンシャン
30才

もう半袖は着れないと悲観してた妊娠中

生まれたばかりの赤ちゃん

妊娠3か月頃から急に足がかゆくなり、そのあと手から肩がかゆくなり、ネットで調べて妊娠性痒疹だと思いました。産婦人科で相談したところ、塗り薬をもらいましたが、正直、あまり効果はなく、どんどん掻き毟って手足がぐちゃぐちゃになり、安定期に入ってすぐ、知り合いに教えてもらった評判の皮膚科に行きました。

皮膚科の薬には、ステロイドが含まれていたのですが、先生に「使用量を守れば大丈夫だし、これ以上ひどくなるともっと生活に影響が出るよ」と言われ、使用していました。産科でもらった薬よりは間違いなく痒みは和らぎ、やっぱり専門医を頼った方がいいなと思いました。ただ、完璧にかゆみがなくなることはなく、妊娠後期も猛烈な痒みがやってくることがありました。

それが!なんと出産が終わると、全然痒くないんですよ。あの痒みは何だったの!?というくらい、この数カ月が痒みが嘘のように消えてなくなりました。だいぶ掻き毟ってしまったので、皮膚が元通りになるには、数か月かかりましたが、今では元通りです!一時は「もう半袖は着れない」と精神的にもかなり参っていたのですが、本当によかったです。

まーこ
34才

よもぎは本当にきいた!

天然素材のよもぎ

妊娠中期に、お腹に蕁麻疹ができ、夏だからむれたのかな?と思ったら、次に腕がかゆくなりました。日に当たったり、熱がこもるのが悪いのかな?と思い、外出時の格好に気を付けましたが、効果なし。蕁麻疹は数日でどんどん広がり、皮膚科で薬をもらいましたが効果なし。

とにかく氷枕で冷やしたり、シャワーを何回も浴びたりしてかゆみを抑えていました。それでも掻き毟ってしまい、肌から血が出る始末。そんな時、ネットで「よもぎがきく」と見つけました。さっそくよもぎローションを試してみることに。ちょっと臭いは独特で、肌は傷ついた状態だったので、刺激がありました。正直、よもぎ=天然素材で、もっと肌に優しい感じを想像していた私にとっては、失敗したかも?という気持ちもありました。
でも、使い続けるうちに、症状が治まるように!悩んでいる方は、1度試してみることをおすすめします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク