妊娠中のインフルエンザ対策に関する記事

妊娠中にインフルエンザ予防接種は受けてもOK?対策は?

妊娠中にインフルエンザ予防接種は受けてもOK?対策は?

妊娠中はインフルエンザの重症化リスクが高くなるってホント!?大事な命を守る、感染予防のポイントについて解説します。

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠中にインフルエンザ予防接種は受けてもOK?対策は?

【妊娠中のインフルエンザ】妊婦も予防接種は可能?タミフルは?

妊娠中は運動不足になりがちで、思うように食事がとれないこともあり、体力が低下しやすい傾向があります。
気温が下がり乾燥する冬の時期は、ウイルスが繁殖しやすく、毎年インフルエンザの流行が見られますので、この時期の妊婦さんはインフルエンザの感染が一番心配ですね。

インフルエンザの予防や治療のためにはワクチンの予防接種や投薬治療が有効ですが、お腹の中に赤ちゃんがいると、どうしても赤ちゃんへの影響を考えずにはいられません。
今回は妊娠中のインフルエンザの予防接種の必要性や、ワクチンやタミフルなどの抗インフルエンザ剤が赤ちゃんに与える影響などについて解説していきます。

妊娠中はインフルエンザが重症化しやすい!

世界保健機構(WHO)では「妊娠 28 週以降の妊婦は特にインフルエンザの重症化の危険が高い」との声明を発表していて、妊娠週数が進むにつれ、より重症化しやすいことに注意喚起をしています。
妊娠中であることに対し過度に神経質になり、「予防接種はできない」「薬は飲めない」と思い込んでしまい、効果のある治療や予防策を受けないことも、妊婦のインフルエンザリスクを高めている一因となっているのかもしれません。

インフルエンザの重症例

インフルエンザに感染すると、ウイルスは気管支や肺で爆発的に増殖し、呼吸機能がダメージを受けます。
インフルエンザの重症化を引き起こすのは、感染によるさまざまな合併症で、心肺機能が低下する妊婦は特に急性肺炎や重症肺炎を発症しやすく、重篤な症状に陥りやすい傾向にあります。

重症化を引き起こす合併症には、インフルエンザウイルスによる一次性のものと細菌感染による二次性のもの、または混合感染がありますが、一番恐ろしいのは意識障害などを引き起こすインフルエンザ脳症です。
インフルエンザ脳症は後遺症が残る可能性が高いので、高熱や関節のひどい痛みなどの初期症状がみられる場合には、迷わず病院を受診するように心がけましょう。

<気管支炎・肺炎>
気管支炎や肺炎は最も発生頻度の高い合併症です。インフルエンザによる肺炎は4~5日を過ぎても高熱や咳が続き、呼吸困難、チアノーゼなどの重篤な症状が見られ、一度熱が下がっても再び発熱したり、症状が悪化したりするケースもあります。

<インフルエンザ脳症>
インフルエンザ脳症は、インフルエンザに感染することで発症する免疫異常です。インフルエンザ脳症を発症するのは5歳以下の幼児に多く、成人が発症するケースは珍しいとされていますが、重篤な症状が急激に進行しますので、インフルエンザに感染した場合には患者の様子や言動に注意をする必要があります。

妊娠中のインフルエンザのワクチン接種

妊婦さんがインフルエンザの予防接種を受けることに関する疑問点をまとめました。

妊娠中のインフルエンザ予防接種が推奨されている理由

注射する医者の手

インフルエンザの予防接種は、毒性をなくした病原体を体に接種し、病気に打ち勝つ抗体を作り感染症をブロックすることが基本的な考え方ですが、残念ながら現在使われているインフルエンザウイルスは感染を完全に防止するためではなく、感染時の症状の緩和や重症化を抑止することに効果を発揮します。

胎児への影響や母体への負担をかけないために抗インフルエンザ剤の投与をためらうと、辛い症状が長引く可能性があります。
インフルエンザの予防接種は、万が一インフルエンザに感染した時の重症化を防ぎ、速やかな回復に向かわせる効果が高いので、リスクの高い妊婦にこそ予防接種を受ける必要性があるのです。

妊娠中のインフルエンザワクチンの安全性

現在使われているインフルエンザのワクチンは鶏卵由来の素材から作られるため、本人や家族などに卵アレルギーがある場合には接種の判断を検討する必要があるのですが、国立成育医療センターが行った妊娠8週から32週までの妊婦へ新型インフルエンザウイルスを投与する臨床結果からは、母体や胎児に関する重大な副反応は見られず、ワクチンが悪影響を与えることはないと言われています。

ワクチンには病原性を弱めた生ワクチンと、病原性を失くした不活性化ワクチンがありますが、インフルエンザワクチンには不活性化ワクチンを使用します。
不活化ワクチンは、インフルエンザウイルスの毒性をなくし、免疫をつけるのに必要な成分だけを抽出して作られるため、接種しても体内でウイルスが増えることは全くなく、胎児には全く影響を与えないのです。

それどころか妊娠中の母体が予防接種をすることで、胎児の体内にも抗体が作られてインフルエンザへの体制がついたという報告例もあるそうなので、妊婦さんも安心して、また自信を持って妊娠中のインフルエンザ予防接種に望むことができると言えます。

妊娠中に受ける予防接種の時期と回数は?

笑顔の妊婦

妊娠中に薬や注射と聞くと「お腹の赤ちゃんに影響するかも…?」と不安に思ってしまいがちですが、不活性化ワクチンを使ったインフルエンザワクチンは胎児には影響を与えません
現在、妊娠初期にインフルエンザワクチンを投与しても、胎児に悪影響を及ぼすといった報告はなく、在胎週数にかかわらず妊娠中いつでも予防接種を受けることが可能です。

妊娠中はインフルエンザに感染した時の重症化が一番心配なので、予防接種はできるだけ早めに受けておきましょう。
妊娠28週を越えて週数が進むにつれて重症化リスクが高くなるという研究報告がありますので、遅くとも26週に入る前には予防接種を受けておくと安心です。

通常の場合は4週間前後の間隔を空けて2回インフルエンザワクチンを接種しますが、妊娠中は1回のみの接種となります。
接種したワクチンが体内で効果を発揮するまで2週間程かかりますので、予防接種は流行し始めたら検討するのではなく、例年流行の始まる12月中旬頃を目安に、計画的に受けておきましょう。

妊娠中にインフルエンザ予防接種を受ける時の注意点

妊娠中にインフルエンザワクチンを接種してもデメリットはありませんが、妊娠中は体力が低下して病気への抵抗力が落ちた状態ですので、接種にはお医者さんと連携して、万全を期す必要があります。
妊娠中や妊娠の可能性のある場合は、予防接種を受ける前に必ずお医者さんに相談をして、必要な指示に従ってくださいね。

どんな予防接種であっても、接種前には必ず医師の問診があります。発熱している場合など、明らかに他の感染症にかかっている時に無理をしてインフルエンザの予防接種を受けると、病状を悪化させてしまう可能性が高いので、予防接種を受ける前は体調を整えておきましょう。

インフルエンザの予防接種を受ける時の判断基準

・37.5℃を超える明らかな発熱がない
・服薬が必要な重篤な急性疾患や、他の感染症にかかっていない
・自分もしくは家族に卵アレルギーがある
・過去にインフルエンザワクチンによって発汗・顔が急に腫れる・全身にひどい蕁麻疹出現・吐き気・嘔吐・呼吸困難などのアナフィラキシーショックを起こしたことがない
・医師から接種を止められていない

妊娠中の抗インフルエンザ治療薬の服薬

一般的にインフルエンザを治療する薬剤としては抗インフルエンザ剤のタミフルとリレンザが使われますが、これらの薬剤は増殖したウイルスが他の細胞に移ることを防いで、ウイルスの増殖を抑えて速やかに回復させる効果があります。

タミフル

タミフル薬剤カプセル

妊娠中、インフルエンザに罹患した患者へのタミフル使用について調査した臨床研究では、胎児の先天異常の発症率が通常と変わらないことが報告されていますので、妊娠中でも安心してタミフルを服用することができます
タミフルは発症後48時間以内に服用を開始することで効果を発揮しますので、早めに受診することが大切です。
タミフルはカプセル錠かドライシロップタイプの経口薬で、腹痛や下痢、嘔気などの消化器に関する副作用が出やすい傾向があります。

リレンザ

リレンザはタミフルとちがって、吸入で使用する抗インフルエンザ剤です。インフルエンザウイルスが増殖する呼吸器に直接投与できるので、ウイルスの増殖を抑える効果が高く、局所で作用して血中に成分がほとんど移行しませんので、胎児に影響を及ぼす可能性は極めて少ないと考えられています。
タミフル同様、リレンザも発症後48時間以内の投与によって効果を発揮しますが、吸入薬のため気管支喘息や肺疾患などの呼吸器系の既往症を持つ人が服用すると、気道が過剰に刺激され、既往症を悪化させる副作用が認められています。

妊娠中にインフルエンザ様症状が出たら?

タミフルにしてもリレンザにしても、抗インフルエンザ剤は感染してから48時間以内に投与することで効果を発揮しますので、もし妊娠中に38℃以上の突然の高熱やひどい関節の痛みなどのインフルエンザの初期症状が出た場合には、すぐに病院を受診しましょう。

妊娠中に病気にかかると「まずは産婦人科の主治医に相談してから」と考えてしまいがちですが、多くの妊産婦や新生児の集まる産婦人科では二次感染を引き起こしてしまうリスクが高まります。
そのため、インフルエンザのような感染症の場合には、しっかりマスクをするなどの予防対策をして、近くの内科総合病院を受診しましょう。自分が妊娠していることをきちんと説明すれば、一般病院でも適切な専門治療を受けることが可能です。

リスクの高い妊娠中は、特に早期の治療を受けることが肝心です。少しでも疑わしい症状が見られた場合には、速やかに病院に電話で相談をして、適切な処置を受けるようにしましょう。

インフルエンザの初期症状

・38℃以上の高熱
・咳や鼻水、くしゃみなどの一般的な風の症状
・寒気や悪寒
・ひどい頭痛や関節痛
・極度の倦怠感
・喉の痛みや呼吸困難
・下痢を伴う腹痛などの胃腸症状

ワクチン以外の予防対策も忘れずに

マスクをした女性

妊娠をしていても生活のために外出は必要ですから、仕事を続けていれば不特定多数の人とも接触が多くなり、感染者と接触する可能性も否定できません。
インフルエンザは集団生活をする子供の間で爆発的に流行していく傾向がありますから、上の子供がいる妊娠中のママなどは、日々感染の危険にさらされていると言っても過言ではないのです。

インフルエンザ予防接種確かに感染や重症化を防ぐ効果は高いのですが、接種をしてから2週間ほどたたないと効果を発揮しませんから、この期間にインフルエンザに感染すれば辛い思いをすることは免れません。
妊娠中はリスクを避けるために「感染しないこと」を第一に考えて、予防接種を受けるだけではなく、マスクやうがいなどの日常でできる予防対策もしっかり続けていきましょう。

日常でできるインフルエンザの予防対策

・外出の際にはマスクをしましょう
・外出先から帰ったら、手洗いとうがいをしましょう
・加湿器などを使い、室内の空気の乾燥を防ぎましょう
・できるだけ人込みを避け、電車やバスなどの公共交通機関は込む時間帯は避けて利用しましょう
・ドアノブなどの人の手にふれる部分はこまめに拭き掃除をして、除菌しましょう

妊娠中は予防接種を必ず受けましょう

妊娠中はお腹の中で赤ちゃんが育っていく喜びを実感できる期間ですが、インフルエンザなどの怖い感染症のリスクが常につきまといます。

母体となっているママが病気で疲労したり、重篤な症状で命の危険にさらされたりすれば、赤ちゃんもママと同じ危険にさらされてしまうこととなります。妊娠中は積極的にインフルエンザ予防接種を受けることを検討して、大事な命を守りましょう。

母親になることは赤ちゃんを含めて家族全体の健康を守り、生活を支える役割を持つことでもあります。どんなに丈夫な子供でも、子育てには子供の怪我や病気の看病がつきものですから、ママになる妊娠中にインフルエンザなどの感染症や予防接種などの正しい知識を身につけて、生活に役立ててくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事と関連性の高い記事