授乳中の頭痛薬は大丈夫?に関する記事

【授乳中の頭痛薬】カロナール/バファリンの服薬はOK?

【授乳中の頭痛薬】カロナール/バファリンの服薬はOK?

授乳中でも使える頭痛薬と使えない頭痛薬は?母乳育児中の産後ママが市販薬を使う際の注意点について、詳しく解説していきます。

マーミーTOP  >  出産  >  【授乳中の頭痛薬】カロナール/バファリンの服薬はOK?

授乳中でも飲める頭痛薬は?バファリン、カロナールはOK?

授乳中の辛いところは、ママが体調を崩しても飲める薬が限られているということですよね。
母乳や赤ちゃんへの影響を考えると、できる限り薬の服用は避けたいところですが、頭が痛いと家事も育児もままならないものです。あまりに辛い場合には病院を受診するか、授乳中でも飲める頭痛薬を思い切って服薬して、頭痛を抑えてしまった方がママも赤ちゃんも快適に過ごせそうです。

ここでは授乳中でも服薬できる頭痛薬と、授乳中は避けた方がいい頭痛薬についてご紹介していきます。頭痛薬の効果や副作用には個人差があるため、安易な服薬はおすすめできませんが、辛い頭痛に悩んでいる授乳中のママはぜひ一度目を通してみてくださいね。

授乳中の頭痛はなぜ起こるの?

額に手をやって痛そうな女性

実は産後、頭痛に悩むママは多く、妊娠前にあまり頭痛を経験したことがない人でも、産後の特に授乳期に頭痛がひどくなることがあります。
慣れない育児によるストレスや昼夜を問わずの頻回授乳による睡眠不足、赤ちゃんを長時間抱っこする、授乳による無理な体勢で肩こりになることなどが大きな原因です。

ストレスや睡眠不足が続いて心身ともに疲労したママは、血行不良になったり自律神経のバランスを崩したりして、頭痛が起こりやすい状態となっています。
また、肩こりが酷くなると筋肉が緊張し、頭痛も悪化するので、まさに授乳中は頭痛がひどくなる要因が自然と揃ってしまっている時期とも言えますね。

その他の授乳期に頭痛がひどくなる原因

・ホルモンバランスの変化
・骨盤の歪みによる体全体の血行不良
・授乳によるママの体内の水分不足と鉄分不足
・授乳による体の冷え、湯船にゆっくり浸かれないなど血行不良によるもの
・運動不足

授乳中でも飲める頭痛薬

カロナール

カプセル薬

カロナールは「アセトアミノフェン」を主成分とする解熱鎮痛剤です。発熱や痛みの症状がある時に医療機関で処方されることが多く、錠の中のアセトアミノフェンの量によってカロナール錠200・300・500の種類があります。

アセトアミノフェンは他の鎮痛剤に比べて副作用が少なく、場合によっては乳児でも処方されることがあり、授乳中でも安心して服用できる成分と言われています。
ただし、アセトアミノフェンは長期間の大量服用により肝障害や腎障害になる可能性があり、治療目的や病状によって服用の仕方が異なるため、服用の際には必ず用法用量を守るようにし、異常を感じた場合にはすぐに医師へ相談しましょう。

タイレノール

カロナールと同じく、「アセトアミノフェン」を主成分とするタイレノールは、胃を保護している体内の「プロスタグランジン」という物質に影響を与えず、空腹時でも服用可能なほど胃に優しく効き目がゆるやかな頭痛薬です。1回1錠、4時間以上の間隔を開けて1日3回まで服用することができます。

市販薬なので処方箋がなくても購入することができますが、カロナールと同様、長期間大量の服用で体に悪影響が出たり、腎臓病・肝臓病・高血圧などの持病がある人が服用すると病気が悪化したりする可能性があるので、服用の際には薬剤師や登録販売者に相談してから購入するようにしましょう。

授乳中の服薬には注意が必要な頭痛薬

イブA錠

イブA錠パッケージ

エスエス製薬から販売されているイブA錠は、痛みや熱の元を抑える「イブプロフェン」を主成分とした解熱鎮痛剤です。
頭痛だけでなく、生理痛や歯の痛みなど幅広い痛みに効果があります。イブプロフェンが、痛みの発生源であるプロスタグランジンの発生を抑えるので、痛みや腫れを抑える高い効果が期待されます。

また、胃への影響が少ないという特徴もあります。15歳以上の方は1回2錠、4時間以上の間隔を開けて服用しましょう。5~6回使用しても効果を感じない場合は、服用をやめて医療機関を受診することが推奨されています。
製薬元は、授乳時は服用前に医師や薬剤師、登録販売者に相談することを推奨しているので、自己判断での服用は避けた方が無難でしょう。

イブクイック

イブA錠と同じシリーズの製品であり、基本的にはイブA錠と同じ「イブプロフェン」、「無水カフェイン」などの成分が入っているイブクイックですが、イブクイックには更に、イブプロフェンの吸収を助けるための酸化マグネシウムが配合されています。これによりイブA錠よりも早い効き目、胃腸の保護が期待できます。

イブA錠と同様に、製造元は授乳中の使用に関して医師、薬剤師、登録販売者に相談してから服用するよう注意喚起しています。そのため、自己判断で服用するのではなく、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

授乳中の服用は避けるべき頭痛薬

バファリン

バファリンパッケージ

ライオン株式会社から販売されているバファリンは、「アセチルサリチル酸(アスピリン)」や「イブプロフェン」などが配合されている解熱鎮痛剤です。15歳未満の服用の安全性は確立されていないので、15歳未満の子供の服用は避けるべきとされています。

シリーズによっては、授乳中でも安心して使用できるとされるアセトアミノフェンやイブプロフェンが主成分になっているものもありますが、販売元はバファリンシリーズ全て授乳中の使用は控えるように推奨しています。

ロキソニンS

第一三共ヘルスケアから販売されているロキソニンSは、「ロキソプロフェンナトリウム水和物」を主成分とする解熱鎮痛剤です。病院で処方されるロキソニンと同量の成分、添加物が入っていますが用法用量が異なる場合があります。

医療用として用いられていることからも分かるように、比較的、鎮痛効果の高い薬です。授乳中の投与に関する安全性が確認されていないことから、メーカーは授乳中の服用を避けるように注意しています。

心配な場合は母乳を一時中断しましょう

子供を膝において考える母親

頭痛がひどく、授乳中でも大丈夫な市販の頭痛薬や医師に処方された頭痛薬を服薬したものの、「やはり母乳を通して赤ちゃんに影響が出ないか心配…」という場合は、母乳を一時的に中断するという方法もあります。
服薬後6~8時間は直接母乳をあげるのをやめて、ミルクか服薬前に搾乳しておいた母乳で代用し、その後は通常通り授乳するとよいでしょう。

母乳が溜まったままにしておくと、薬の成分が抜けきらない可能性がありますし、乳腺がつまって胸が張ったり、母乳の出が悪くなったりする可能性があるので、服薬後6~8時間の間に作られた母乳は絞って捨てる必要があります。
もったいないですが、赤ちゃんに授乳するのと同じ間隔で搾乳して捨てるようにしましょう。

服薬前には必ず担当医に相談を

市販薬は待ち時間なく手軽に購入することができるので便利ですが、用法用量を守って正しく服薬しても、副作用の度合いにも個人差があります。
処方箋が必要な薬に比べて効き目が穏やかなことが多く、主成分以外にもママや赤ちゃんの体質に合わない成分が入っていたり、長期間の服用で悪影響が出たりするケースがあります。

赤ちゃんのお世話の中で受診する時間を作るのは大変ですが、やはり安心できるのはかかりつけ医が処方してくれた薬を飲むことです。
頭痛がひどい場合は、まずはできるだけかかりつけ医を受診するようにし、産婦人科以外を受診する場合は、以前から掛かっている病院でも、授乳中であることを忘れずに伝えましょう。

体を治すための薬でママや赤ちゃんに何か影響があってはいけませんから、市販薬を購入する場合も、自己判断ではなく薬剤師や登録販売者に授乳中であることを相談するようにしてくださいね。
また、妊娠前に処方された薬を飲んでしまう方も多いのですが、自己判断で服用するのは絶対にやめましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪