胎動カウントのやり方に関する記事

胎動カウントいつから?平均時間とやり方・簡単無料アプリ

胎動カウントいつから?平均時間とやり方・簡単無料アプリ

妊娠中の胎動カウントで、お腹の赤ちゃんの元気をチェックしましょう。胎動カウントの方法と便利な無料アプリをご紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  胎動カウントいつから?平均時間とやり方・簡単無料アプリ

【胎動カウントのやり方】いつから/平均時間/おすすめアプリ

お腹に赤ちゃんを宿して、胎動を感じることができるようになったら、赤ちゃんに会えるまであとわずかです。胎動はただの生理現象ではなく、赤ちゃんの健康や元気をはかるバロメーターとなりますので、赤ちゃんが元気か確認するために、胎動カウントを始めましょう。

胎動はママに幸せを感じさせ、ママの自覚をもたらしてくれる、妊娠中しか味わえない宝物のような現象です。ですが、いつでも感じることができるワケでななく、時に感じにくくなってしまうのが困りものですね。今回は胎動カウントの始める時期や方法だけでなく、胎動カウントをサポートしてくれる便利な無料アプリなどについてご紹介します。

胎動カウントとは?いつから始めるの?

お腹に手をあてて赤ちゃんの胎動を感じているママのイラスト

胎動カウントとは、お腹の中で赤ちゃんが10回動くまでにかかった時間を図り、毎日記録をとって赤ちゃんの健康状態を調べる観察方法です。
超音波検査やNSTなど、ママのお腹の赤ちゃんの様子を観察する方法はいくつかありますが、診察の時しかできません。その点、胎動カウントはママ一人でも簡単にでき、コストをかけずに確実に赤ちゃんの元気を調べることができるので、多くの産院で取り入れられています。

ママが初めて胎動を感じるようになるのは妊娠5ヶ月目頃からですが、胎動カウントは妊娠8~9ヶ月目頃(妊娠28週目)から始めます。家事や仕事の手を休めて、できるだけ同じ時間帯に毎日胎動カウントをとり、記録をつけていきましょう。1週間ほどもすれば赤ちゃんの動きのパターンが読めてきて、ちょっとした変化にも気が付くようになってきます。

赤ちゃんの身に問題が起こったときや、起こりそうな時には、胎動は減少することがあります。胎動カウントによって赤ちゃんの胎動パターンに慣れておくことで、ママが赤ちゃんの危険を敏感に察知でき、その後の対応もスムーズになり、赤ちゃんの大事な命を守ることができるのです。

胎動10カウント法のやり方

胎動カウントには特別な道具も、専門的な知識も必要ありません。ママがリラックスして、赤ちゃんの動きをトレースするだけでいいのです。それでは、一般的な胎動10カウント法のやり方を解説していきましょう。

ママの楽な姿勢をとりましょう

椅子に座って胎動カウントしているママのイラスト

胎動10カウント法を始める時に葉、ママがリラックスできる、楽な姿勢をとりましょう。ソファに座ってもいいし、横になっても構いません。胎動はママの身体が動いていない、静かな時に感じやすいので、ママが立ち働いている時に赤ちゃんが動き始めたら、ちょっと手をとめて休憩をとって、胎動カウントを始めましょう。

数え初めの時間を記録しましょう

胎動10カウント法は赤ちゃんが10回動くまでにかかった時間を図る観察方法です。まず、数え始めの時間を記録しましょう。胎動カウントの時間を記録するチャート紙は、通っている産院でもらえます。

開始時間と終了時間を記録して、10カウントにかかった時間をグラフ化できる専用のチャート紙の方が後で分析がしやすいのですが、特に決まりがあるわけではないので、手持ちのノートを使っても大丈夫です。
例)
・3/8  9:30 – 9:48 18分
・3/9  9:33 – 9:45 12分
・3/10 9:25 – 9:51 26分

胎動を10回数えましょう

胎動10カウント法でカウントする胎動は、次のような、赤ちゃんの自発的な動きです。

  • 足で蹴る動き
  • 手を突き出す動き
  • 身体をよじる動き
  • ぐるりと回転する動き

一定のリズムでピクピクと感じる、赤ちゃんのしゃっくりのような生理現象に近い動きは胎動にカウントしないので、気を付けて下さいね。

終了時間を記録してグラフ化しましょう

胎動カウントの時間をメモする妊婦さん

赤ちゃんの10回の胎動を数え終えたら、終了時間を記録しましょう。妊娠8ヶ月以降であれば概ね15~30分位でカウントができることが多いのですが、40分以上かかることもあります。開始から終了までにかかった分数で棒グラフかグラフで作ってみて、毎日同じ程度の時間でカウントができていれば、赤ちゃんが健康であることを確認することができます。

胎動10カウント法にかかる時間は、臨月に近付くにつれてやや長くなる傾向があります。胎動カウントは赤ちゃんが生まれるまで毎日続けて記録し、定期検診の時は母子手帳と一緒に産院に持参して、お医者さんに確認をしてもらうと成長度合いなどを相談できるのでおすすめです。

胎動カウントを行うベストなタイミングは?

胎動が少なくて首をかしげるママのイラスト

当たり前のことですが、胎動は赤ちゃんが起きている時にしか感じることはできません。胎動カウントは赤ちゃんが活発に活動する時間帯を選んで行うといいのですが、就寝前や食後など、ベストなタイミングは人によってそれぞれ違います

赤ちゃんはママのお腹の中で寝たり、起きたりを繰り返して成長していきますから、全く胎動を感じることができない時は、状態が悪いわけでなく、ただ単に眠っているだけかもしれません。突然胎動が止まってしまった時は不安にならずに様子をみて、赤ちゃんが動き出したタイミングを見計らって胎動カウントを始めるようにしましょう。

赤ちゃんが寝ている時に無理に起こしてまで胎動カウントをする必要はありませんが、赤ちゃんの睡眠時間は大人とは違って短く、長くても1時間以内で、ちょっとした刺激で起きてくれます。ママが少し動き回ったり、おやつを食べたり冷たい飲み物を飲むと、赤ちゃんが起きて活動を始めるので、自然な胎動を促しカウントするようにしましょう。

こん太
34歳

うちの娘は宵っ張り!?

通っている産院のお医者さんに自宅で毎日やるように言われて、妊娠8ヵ月頃から出産するまで胎動カウント法をしていました。初めての妊娠だったので、初めのうちは胎動が全く感じられないまま何時間も待ったり、10回動いてくれなくて「胎動が少ない…」と不安になっていたのですが、しばらくやっているとなんとなく赤ちゃんの動き、というか「起きている時間帯」がつかめてきました。
ちなみにうちの娘は私に似ず宵っ張りのようで、私がグッスリ眠っている深夜2~3時ころになって動き出してました。妊娠9ヵ月頃は私が日中の胎動カウントを忘れてしまっても、朝方「ドン!ドン!!」とお腹を蹴って起こしてくれたので、布団の中で胎動カウントをしてましたよ。
そのせいか生まれた後も夜泣きがひどくて、泣かされましたが、お腹の赤ちゃんと二人でお布団の中でぬくぬくと過ごした日々は私の宝物です。

胎動カウントの平均時間はそれぞれです

胎動カウントはとても効果的な赤ちゃんの観察方法ですが、胎動を10回カウントするのにかかる平均時間には個人差があり、胎動の感じやすさもママによって違いがあります。胎動カウントが苦手なママもいますが、定期検診の超音波検査などで赤ちゃんが順調に育っていることが確認できていれば、胎動カウントがきちんととれていなくても問題はありません

ママが胎動をあまり感じなくても無事に生まれてくる赤ちゃんは多く、その後の赤ちゃんの成長にとっても何の支障はありませんから、心配せずにお医者さんの指導を受けていきましょう。ただし普段の動きと違う胎動が長く続いたり、全く胎動を感じることができなくなった場合には注意が必要です。

赤ちゃんの身に何らかの危険が迫っているサインかもしれませんので、迷わずにかかりつけの産院を受診して、赤ちゃんの安全を確認しましょう。

早めに受診した方が良いケース

  • 何度やっても1時間以内に10回カウントできないぐらい胎動が少ない
  • 胎動が日に日に弱まっていく場合
  • 突然胎動が全く途絶えてしまった場合
  • 胎動が極端に激しくなったり、逆に急激に弱まった場合 など

スマホで胎動カウントを行うママも!無料おすすめアプリ5選

胎動カウントは1日1回を目安に記録をとっていきますが、わずかな手間でも毎日のことだとちょっと負担に感じることも多いようです。上に子供がいればゆっくり記録をする間もなく子供の世話に駆り出されてしまうので、そんな時には携帯などで簡単に記録ができるアプリを利用しましょう。

最近は開始時間などの記録だけでなく、平均的な時間を割り出して分析までしてくれる、無料アプリが続々ラインナップしています。時間に余裕を持ちたいママにおススメの無料アプリを5つ、ご紹介しておきましょう。

たまひよの胎動・陣痛カウンター【たまカウンタ】

たまカウンタの画面キャプチャ

【たまカウンタ】は妊娠中期以降にあったら嬉しい胎動カウンターと陣痛カウンターの2つの機能があるアプリです。お馴染みの可愛いキャラクター「たまちゃん」が、胎動カウントを手伝ってくれますし、リラックスミュージックも3曲入っていますので、辛い陣痛の時にも活用できるアプリです。

胎動10カウンターⅡ

胎動10カウンターⅡの画面キャプチャ

ママのお腹の中の赤ちゃんの元気さの指標となる、胎動10回カウントをサポートするためのアプリで、胎動の始まりと胎動するたびにタップすることで、胎動10回目の時間が記録されるので、簡単に赤ちゃんの健康チェックができます。毎日の記録は棒グラフで分かりやすく確認することもでき、共有機能でメールや他のアプリに結果を渡すことができるので、幅広く活用できます。

【簡単!胎動カウント】胎動Plus

胎動Plusの画面キャプチャ

ママが簡単に胎動カウントをできるように開発されたアプリで、胎動10カウント時間と一緒にメモも記録できるのが便利です。構成はシンプルでかつ使いやすく、女性らしいデザインです。バックグラウンドで測定できますので、測定中に他のアプリを起動しても、胎動ボタンが表示されているので、時間を有効活用できます。

10回胎動カウントを計測

10回胎動カウントを計測の画面キャプチャ

妊娠第34週を目安に出産日まで毎日胎動カウントができるように作られたアプリで、赤ちゃんが1回目に動いた時間とテンカウントにかかった時間を記録することで、赤ちゃんの健康状態を判断することができます。手書きで表を作らなくても自動で分析ができるので、忙しいママにピッタリです。バックグラウンドで動作するので、計測中に他のアプリを使ったりしても大丈夫です。

胎動10回計測機

胎動10回計測機の画面キャプチャ

胎動を10回感じるまでにかかる時間と、1日に複数回図った場合は平均を割り出して記録してくれる便利なアプリ。測定はボタン一つを押すだけでOKですし、画面もシンプルに「測定画面」「過去の記録一覧画面」「日にち別記録詳細画面」だけなので、アプリの操作が苦手な女性でも簡単に活用できます。

頼子
36歳

無料アプリ便利ですよ

3歳の長女と生後6ヶ月長男のママです。
実は私はとんでもない面倒くさがりで、長女の時にお医者さんから胎動10カウントをやるようにチャート紙をもらったのにほとんどやらず、怒られてばかりでした。
そうしたら長男の時はパパが胎動カウントできる無料のアプリを探してくれて、早速使ってみました。自分で記録したり、グラフを作ったりの手間がないので、とっても便利でしたよ。
いくつかのアプリを試しましたが、陣痛カウンターや出産日までの予定メールがついているよりも、シンプルに胎動カウントだけできるもの方が動きが良くて、私にはあってたみたいです。途中で電話が来たりするとリセットされてしまうアプリもあるので、他の人のレビューを見て、評判のいいものを選ぶといいみたいです。

アプリで楽しく胎動カウントをして赤ちゃんを待ちましょう

一言に胎動カウントのアプリといっても、陣痛の間隔をカウントできたり、妊娠週数に応じたスケジュール管理ができる機能があったり、色々あります。アプリにのめり込みすぎるのは良くないのですが、楽しく胎動カウントができる便利な道具ですので、上手に活用して楽しい妊娠期間を過ごしましょう。

胎動カウントは赤ちゃんの様子を知るためにとても有効な方法ですが、100%赤ちゃんの事故や病気を防ぐことが出来るわけではありません。必ずお医者さんの定期検診を受けて安全を確認しながら、赤ちゃんの誕生を待つよう心掛けて下さいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ