前駆陣痛から本陣痛への流れに関する記事

前駆陣痛から本陣痛までの間隔~出産の予兆となる症状とは

前駆陣痛から本陣痛までの間隔~出産の予兆となる症状とは

前駆陣痛から本陣痛へ変わる時の特徴がわからない!前駆陣痛を本陣痛と間違えないように、それぞれの痛みの症状など説明します。

マーミーTOP  >  出産  >  前駆陣痛から本陣痛までの間隔~出産の予兆となる症状とは

前駆陣痛から本陣痛までの流れ~知っておきたい痛みや症状の違い

赤ちゃん

陣痛に対する不安を持つママは少なくありません。陣痛は、赤ちゃんが生まれてくるのに必要な痛みですが、実際に痛みが起きると、パニックになってしまうママもいます。その痛みが、前駆陣痛なのか本陣痛なのか区別できなくても大丈夫ですが、少し知識を持っていると、落ち着いてその痛みを観察し、痛みの間隔を測ったりするなど、余裕をもって対処ができるかもしれませんね。今回は、そんなよく間違えやすい前駆陣痛と本陣痛をご紹介します。

出産までに起こる2つの陣痛

出産までに起こる陣痛と名前のついているものは、前駆陣痛と本陣痛があります。

前駆陣痛とは

前駆陣痛は、出産が近づいてきた頃に不規則に起こる、子宮が収縮するときの痛みです。子宮が赤ちゃんを押し出そうとしているのではなく、出産の準備として、子宮の下部や子宮頸管をやわらかくするために起こります。実際に36~40週くらいで感じるママが多いです。

前駆陣痛が起こった際、あーこれが陣痛かなと強い痛みとして感じる人もいますし、下痢の時のおなかの痛みと勘違いしてしまったり、生理痛や腰痛と感じるママもいます。一方、人によっては前駆陣痛の痛みが弱く、気が付かないという人がいます。何かに集中していると、痛みを忘れてしまったり、痛いと思いながら眠ることが出来たり、そして、気が付くと痛みが消えていたりなど、痛みの強弱は個人差があり不安定です。

本陣痛とは

陣痛を感じる妊婦さん

本陣痛は、分娩陣痛と呼ばれる、実際に出産につながる痛みのことです。お腹の赤ちゃんを押し出そうとして、子宮が収縮するときに感じます。痛みが初めて起きた時から、いきなり強い痛みが来るのではないため、前駆陣痛と勘違いする場合があります。本陣痛は、痛みの強さが徐々に増していくので、そのうちだんだんと「これが本陣痛か!」と思い始める人が多いです。

前駆陣痛と本陣痛の症状の違い

前駆陣痛と本陣痛の症状の違いは、痛みの程度と間隔です。それぞれの特徴を一つずつ見ていきましょう。

前駆陣痛の痛みの特徴

子宮が収縮する程度は人それぞれですが、痛みで動けなくなるほどのことがないのが前駆陣痛です。間隔もバラバラで、いつの間にか陣痛が遠のいた!というママ、反対に気がついたら、痛みが10分おきで規則的!と、本陣痛につながる場合もあります。

前駆陣痛の痛みの特徴

  • 痛みの間隔がバラバラ
  • 痛みが弱くなったり、強くなったりする
  • 痛みが次第に消えてしまうことがある
  • 姿勢を変えると痛みが治まることがある

本陣痛の痛みの特徴

本陣痛は、前駆陣痛と両方を経験したママから見ると、全く違うというほど痛みが異なります。

本陣痛の痛みの特徴

  • 痛みが一定の間隔で続く
  • 痛みの間隔が徐々に短くなる
  • 痛みがだんだん強くなっていく
  • 姿勢を変えても何をしても痛みは軽減しない

前駆陣痛から本陣痛までの時間

鍵をかけられた扉

前駆陣痛から本陣痛までの時間は、個人差があります。例えば、前駆陣痛と同時におしるしがあり、その後すぐに本陣痛に移行するということがあります。おしるしから陣痛までの順番は人それぞれなので、おしるしを発見した場合は、いつ陣痛が来てもいいように、準備を始めておくといいでしょう。

ママがアクティブに動いていたので前駆陣痛に全く気が付かず、いきなり本陣痛を迎えたという場合もあります。また、前駆陣痛を経験して、そのたびに病院に行って、結局本陣痛でないという理由から自宅に帰される、そしてその後、本陣痛の発来まで1ヶ月くらいかかったというママもいます。痛みの感じ方は人それぞれ異なります。

本陣痛の兆候

前駆陣痛と本陣痛の見分け方の一つとして、本陣痛は痛みだけではない兆候が見られるということです。出産につながる兆候なので、これを覚えておくと、この痛みは本陣痛だとわかりやすくなります。

1おしるし

出産が近づくと、赤ちゃんの入っている卵膜が子宮の収縮などの動きにより、卵膜の位置が少しずれて子宮の壁に隙間ができます。この時に起こるのが、おしるしという出血なのです。子宮入口にある粘液と、ずれで生じた出血が混じったおりもののようなものが体の外に排出されます。

2破水

破水とは、赤ちゃんが入っている袋である卵膜が破れて、卵膜の中の羊水が流れ出ることをいいます。子宮口の近くの卵膜が破れた低位破水の場合は、パチン、ブチッなどの音が聞こえたというママも多く、大量の羊水が流れます。また、子宮口から一番離れたところが破れる高位破水の場合は、羊水が少しずつ体の外へ流れ出てくるので、尿漏れと迷うことがあります。

3お腹が下がり胎動が減る

出産が近づいてくると、赤ちゃんは少し子宮口の方に降りてきて、ママの骨盤の中に入ってきます。その状態になると、これまで胃の部分まで子宮で圧迫されていたのが、全体的に腹部が下がり、下腹部が出た状態になるので、ママは一気に楽になります。そして、赤ちゃんの頭が骨盤にはまることにより、赤ちゃんの動きが制限され胎動も減ってきます。胎動は減りますが完全に無くなるということではないので、前駆陣痛と胎動の痛みの違いを確認しておきましょう

4お腹の張りや痛み

テーブルに置かれた砂時計

前駆陣痛が始まると、不規則な子宮の収縮が繰り返されるので、これに伴いお腹の張りや痛みを感じます。始めは不規則な陣痛から始まり、そのうち定期的な周期で本陣痛を迎えるママがいる一方、痛みに気がついたらすでに10分おきに収縮して、すぐに本陣痛を迎えたというママもいます。

おなかが張る回数が増える、痛みがおなか全体に広がり痛みの程度も増してくると、いよいよ出産の兆しです。本陣痛の間隔の目安は、10分おき、もしくは1時間に6回以上とされるため、本陣痛かなと思った時には、痛みと痛みの間隔を測ってみましょう。

5下痢または便秘

骨盤に入った赤ちゃんの頭は、ママの直腸を刺激します。また、子宮の周りにある胃や腸も刺激をされ、正常な活動が妨げられるので、下痢や便秘になりやすいのです。出産前は、ホルモンバランスも崩れ、腸内環境が不安定になるのも一つの要因です。

6眠気やめまい

臨月になるとおなかは大きくなり、心肺機能や身体全体の動きも制限されるので、体力を使います。そのため、身体は疲労を感じ、その結果、眠気を感じるのです。また、ホルモンバランスの変化で夜の睡眠が浅くなり、反対に昼間に眠気が襲ってくることも少なくありません。

めまいが起きるという時は、貧血を起こしている可能性があります。赤ちゃんはおなかの中で成長し、胎盤を通して多くの血液を必要とします。ママは、赤ちゃんに送る血液を作らなければいけませんが、鉄分が不足したり、血液の生成が追い付かないと、ヘモグロビンが少なくなり、脳の酸素が不足して貧血という状態になります。その結果、めまいが起きるときがあるのです。

7腰からお尻にかけての痛み

赤ちゃんの頭が骨盤に入るので、ママの腰や恥骨が圧迫されて、寝返りが辛いほどの痛みを感じることがあります。腰がだるい、重いような症状を感じたら、症状が起きる間隔を計ってみましょう。間隔が定期的であれば陣痛かもしれませんね。

本陣痛から出産までの3つのステップ

本陣痛が始まったら、いよいよ出産は目前です。分娩の段階には3段階あり、それぞれの段階で、痛みの強さが異なります。また、分娩の進行によって、赤ちゃんやママの子宮の状態も変化していきます。

分娩第1期

規則的な陣痛である本陣痛が訪れると、子宮頚管は短くなり、子宮口が開き始めます。分娩が開始とされるのは、陣痛の間隔が10分以内で、1時間に6回以上になった時点です。分娩開始から子宮口が10cmに全開するまでを、分娩第1期といいます。

分娩第1期の陣痛は、初産婦のママは、10~12時間、経産婦のママは5~6時間くらい続きます。ここまで破水をしていなかったママは、この分娩1期で破水します。赤ちゃんは、少しずつ身を縮めて骨盤の入口に入り始めます。

準備段階

分娩第1期「準備段階」の特徴

  • 子宮口の開き 0~3cm
  • 陣痛の間隔  5~10分
  • 陣痛の時間  20~30秒
活動段階

分娩第1期「活動段階」の特徴

  • 子宮口の開き 4~10cm
  • 陣痛の間隔  4~7分
  • 陣痛の時間  ~60秒

分娩第2期

座ってる赤ちゃんのイラスト

分娩第2期は、子宮口が全開してから、赤ちゃんが出生してくるまでをいいます。赤ちゃんは子宮頚管を経過し、膣内に移動するために、ママのお尻や腰、恥骨周辺が痛みます。

分娩第2期は、初産婦のママは1~2時間、経産婦のママは30分~1時間くらい続きます。最終段階になると、痛みはマックスに向かいます。赤ちゃんが産道を通過する刺激で、いきみたくなる感覚がありますが、そのいきみを逃すのに苦労するママも少なくありません。赤ちゃんは、ママの産道の中を回転しながら出てきます。

分娩第2期の特徴

  • 子宮口の開き 10cm
  • 陣痛の間隔  1~2分
  • 陣痛の時間  ~90秒

分娩第3期

分娩第3期は、赤ちゃんが出生してから胎盤が出てくるまでをいいます。赤ちゃんが出てくると、今度は子宮が収縮し、後産陣痛が始まります。痛みはありますが、赤ちゃんが出てくるほどの痛みではなく、初産婦は15~30分、経産婦は10~20分で胎盤が出てきます。ママは、疲労と赤ちゃんが生まれた安堵感で包まれ、分娩の終了を迎えます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ