陣痛促進剤にかかる費用に関する記事

陣痛促進剤の費用は保険適用?内服/点滴の相場と体験談

陣痛促進剤の費用は保険適用?内服/点滴の相場と体験談

気になる陣痛促進剤の費用は?保険適用ができるケースを解説しながら、実際に陣痛促進剤を使った先輩ママの体験談を紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  陣痛促進剤の費用は保険適用?内服/点滴の相場と体験談

陣痛促進剤の費用は保険適用になる?点滴や錠剤の効果と相場/体験談

女性にとっての出産は人生の一大イベント!安産は、ママ自身だけでなくパパや周りの家族の一番の願いです。
それでもお産は、予想がつかないことが起きることも多く、病院側から陣痛促進剤をすすめられることも、決して珍しいことではありません

もちろん、出産がつつがなくすむことが一番ではありますが、万が一の際にあわてないためにも、陣痛促進剤の使用についてあらかじめしっかり理解をしておきましょう。
今回は陣痛促進剤の効果や使用基準気になる保険適用や費用などについて詳しく解説していきます。

そもそも陣痛促進剤とは?

生まれたての新生児に顔を付けるお母さん

自然分娩で赤ちゃんを子宮から出すためには、赤ちゃんを押し出すほど子宮を収縮させる必要があり、この収縮に伴う痛みが陣痛です。陣痛促進剤とはこの陣痛を促進したり、増強したりする効果のある薬剤です

陣痛促進剤は何のためにわれ使るの?

ごく一般的な出産の経過では、予定日付近になりお腹の中の赤ちゃんの準備が整うと、自然に陣痛が起きて出産が始まります。ところが、何らかの原因で分娩が進まずに母体と赤ちゃんに危険が及ぶ場合があります。その場合に人工的に陣痛を起し、スムーズなお産になるよう進行をコントロールするのが、陣痛促進剤の目的です。

<陣痛促進剤を使う目的>

  • 陣痛を誘発する
  • 分娩を促進させる

陣痛促進剤を使うことにより、陣痛がほとんどない時に人工的に陣痛を起こさせることもできますし、陣痛が弱い場合に強い陣痛を誘発することもできるため、産科では比較的メジャーな薬剤として取り扱われています。

陣痛促進剤は注射薬と内服薬の2種類

点滴

陣痛促進剤には、内服薬点滴に入れて使う注射液の2種類があります。
一般的に内服薬は1時間おきに1錠ずつ、一日で6錠まで摂取できる薬です。内服薬は子宮頚管を柔らかくしてお産を進めてくれますが、効き目が穏やかで点滴に比べて作用は弱いです。ただし、一定量を一度に体内に取り込む内服薬は、摂取量のコントロールが難しいため、お産が進むと量をコントロールしやすい点滴に変えることが多いです。

一方、注射薬を入れる点滴は、効き目が早いので、最初は少ない量から点滴に注入して投与を始め、経過を見ながら少しずつその量を増やして使います。

陣痛促進剤は、少しずつ薬量を増やしながら陣痛を促していくため、すぐに効果がみられないのが一般的ですが、効き目には個人差があり、投与後すぐに強い陣痛が起こる人もいます。特に、陣痛が進んでから微弱陣痛になってしまった産婦さんの場合は、効き目が早い傾向があります。

陣痛促進剤を使うのはどんなケース?

陣痛促進剤は自然分娩を進め、無駄な帝王切開を避けるために使用されます。ですが、陣痛促進剤によるトラブルが起こることもありますので、投与を開始する量や、投与量を増やしていく時間最大投与量はきちんと決められていて、個人的な都合での使用しないのが大原則となっています。

分娩予定日を2週間以上過ぎた場合

エコー診断で胎児画像を見る

赤ちゃんはママの体で10ヶ月と10日過ごすといわれていますが、超音波診断で確認された分娩予定日から2週間以内、41週6日までは正期産の範囲とされています。
この範囲であれば焦らずに自然に陣痛が起こるのを待ちますが、超過すると赤ちゃんが大きく育ちすぎて産道を通りにくくなり、お産が難しくなる可能性があるため陣痛促進剤の使用が検討されます。

また、予定日を超過すると次第に胎盤の機能が低下していきますので、長くママの身体にとどまることで、赤ちゃんに危険が及ぶ可能性もあります。
そのため医師は超音波検査、分娩監視装置などで赤ちゃんの健康状態を確認し、早めに胎外に出した方が安全と判断し場合には、ママと赤ちゃんの様子に応じて陣痛促進剤の使用が進められていきます。

微弱陣痛の場合

出産予定日近くになり自然陣痛が起こっても、陣痛が続かなくなってしまったり、陣痛が弱まってお産が長引いたりすることがあります。このような微弱陣痛の場合、ママの疲労が激しくなってしまうなど、お産を早く進めた方が安全であると医師が判断した場合、陣痛促進剤の使用が検討されます。

定期的に陣痛が来ているのに有効な強さにならない微弱陣痛の場合は、最終的に帝王切開になってしまうケースもありますが、陣痛促進剤を投与してお産を進めることにより帝王切開を避けられるケースも多く、医師が母体や赤ちゃんの心拍などを確認しながらお産を進めていきます。

ママの身体にトラブルがある場合

医師の診断を受ける女性

妊娠高血圧症候群とは、妊娠にともないママが高血圧になる症状をいいますが、症状が悪化するとママの身体に重大なダメージを残しますし、胎盤の機能が低下して赤ちゃんにも危険が及ぶ可能性があります。
他にも心臓病などの持病がママにあって妊娠の継続が難しく、早めに赤ちゃんを胎外に出した方が安全だと医師が判断する場合には、陣痛促進剤の使用が検討されます。

ママの身体にトラブルがある場合でも、基本的には生産期に入るまではママの健康状態を観察しながら、赤ちゃんが十分に大きく成長するのを待ちます。
血液検査や超音波検査などでママや赤ちゃんの健康状態が悪化していることが分かった場合には、自然な陣痛を待たずに陣痛促進剤を使用して、お産を進めていく対策がとられることが多いです。

破水後に陣痛が始まらない場合

破水とは、子宮内の卵膜が破れて羊水がママの身体から排出される状態です。通常であれば自然に陣痛がおきて出産が間近に破水しますが、妊婦さんによっては突然破水してしまうこともあります。
生産期である37週0日以降に破水が起きた場合には、ほとんどのケースで24時間以内に自然に陣痛が起きてお産へと進行していきますが、強い陣痛が起きない場合には陣痛促進剤の使用が検討されることがあります。

破水した状態でお産が始まらないと、赤ちゃんへの子宮内感染のリスクが高まり大変危険です。ママは洗浄処置を受け、抗生物質を服用しながら自然な陣痛の始まりを待ちますが、羊水が減ることで赤ちゃんは子宮内の居場所がなくなっていくわけですから、赤ちゃんのためにも陣痛促進剤を使ってお産を進めた方がよい場合も多いのです。

陣痛促進剤の費用/保険は適用される?

日本では産院で赤ちゃんを産むのが主流なのですが、出産はいわゆる「病気」ではない正常な人の営みなので、妊娠中に産院で受ける検査は基本的に健康保険の対象になりません。
となれば、陣痛促進剤を使うことはどのような扱いになって、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか?

基本的には自己負担

病院窓口

お産に欠かせない陣痛促進剤ですが、あくまでも正常なお産を助けるために使われる薬剤であって、病気の治療のために使われる薬剤ではありませんので、保険の適用を受けることはできません。陣痛促進剤を使う費用は、基本的に自己負担になると理解しておきましょう。

病院によって金額差がありますが、実際に陣痛促進剤にかかる費用は1〜5万円前後が相場です。
この費用は出産費用に加算されて退院時に請求されますが、薬の種類や量はケースバイケースですので、実際には出産後に病院から請求されないとわからないというのが実情です。

保険が適用されるケースもあります

基本的には自己負担となる陣痛促進剤ですが、微弱陣痛の場合は保険適用の対象になります。一旦始まった陣痛が弱まってお産が思うように進まないと、その分ママも疲弊してしまいますし、赤ちゃんにも過剰な負担がかかり危険なので、ママや赤ちゃんの命を守るために陣痛促進剤を使う必要があるからです。

ただし、あくまでも保険適用の対象となるのは、陣痛促進剤の薬代、治療費に対してのみです。陣痛促進剤を使った分娩代が保険の対象となるわけではありませんで、しっかり理解をしておきましょう。

人によっては費用がかさむケースも…

陣痛促進剤の効果は個人差が大きく、少ない量でお産が進む人もいますし、何日も断続的に陣痛促進剤を使って薬量が増えてしまうママもいます。量を使えばそれだけ費用がかさんでいきますので、人によっては請求金額が大きくなってしまう人もいます。なかには「分娩費用に20万円以上もプラスされた」という、請求金額に目を疑ったママもいるそうですよ。

陣痛促進剤を使った場合の費用はどれくらい?ママの体験談

実際にお産で陣痛促進剤を使用した場合には、どれぐらいの費用がかかっているのでしょうか?先輩ママ達の体験談をご紹介します。

しのぶ
24歳

A陣痛促進剤だけで5万円前後

2歳になる男の子のママです。初産は時間がかかると聞いていましたが、私の場合は予定日を2週間過ぎてしまい、陣痛促進剤を勧められて出産しました。
内服薬を飲んで陣痛は始まったのですが、なかなか強い陣痛にならなくて、1日点滴で陣痛促進剤を入れてダメで、1日休んで…を繰り返し、4日目にようやく赤ちゃんと対面できました。その分薬を使ったので、陣痛促進剤だけで5万円前後かかったと思います。

ミサ
34歳

A1万円かかりませんでしたよ

私が2人目を出産した病院は、陣痛促進剤を使う場合には事前説明をして承諾書にサインを求められるのですが、私の場合はお産の途中で陣痛が止まってしまい、赤ちゃんの心肺機能が低下しているということで、急きょ陣痛促進剤を使うことになり、分娩台の上で承諾書にサインをしました。
その時は私も繰り返す痛みで朦朧としていて「早く終わらせて~」という感じだったので、点滴を入れ始めて陣痛が強くなってきた時には、「もうこれで産まなくちゃ!」と俄然頑張る気になりました。経産婦の余裕ですね。
微弱陣痛の扱いだったので陣痛促進剤の分は保険適用になりましたが、それほど薬量を使わなくても順調に陣痛がついたので、一万円もかからなかったと記憶しています。

ゴンママ
31歳

A3000円くらいでした

私は3人目の出産で陣痛促進剤を使いました。前期破水で産院に入院したのですがなかなか陣痛が強くならないので、お医者さんから勧められて点滴で陣痛促進剤を使ったのですが、あっという間に陣痛が強くなって、投与を始めてから3時間で無事出産に至りました。
ママ友達から「陣痛促進剤は自己負担で高いわよ」と聞かされていたので請求書を見るのもビクビクでしたが、普通の分娩費用に3000円位プラスされていただけでした。
看護師さんに聞いたら陣痛促進剤は点滴で一本数千円程度なのだそうで、そんなに高い薬ではないと知ってびっくりしました。

微弱陣痛の場合は高額療養費補助も活用しましょう

微弱陣痛で陣痛促進剤を使った際、薬量がかさみ高額な費用がかかった場合には、高額療養費の補助を受けることもできます。陣痛促進剤はそれほど高いお薬ではないようですが、人によっては高額な費用が掛かるケースもありますので、必要に応じて公的な制度もフル活用しましょう。

民間の生命保険の場合は、会社や商品によって陣痛促進剤の使用が保険金支払いの対象になるものとならないものがあります。生命保険で請求できる場合は、医師の診断書などの書面が必要になりますので、出産前に自分の入っている民間の生命保険の内容や保険金の請求方法をチェックしておくと安心です。

医師とよく相談をして陣痛促進剤を使いましょう

リスクも費用も気になってしまう陣痛促進剤ですが、極端に不安に思う必要はありません。陣痛促進剤はあくまでもお産をサポートするために使うもので、ママや赤ちゃんを助けるための薬です。不安がある場合には医師に積極的に相談をして、自分にとって良いお産をするイメージをしてきましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ