授乳中のカレーの食べ方は?に関する記事

授乳中にカレーはダメ?母乳と赤ちゃんへの影響/注意点

授乳中にカレーはダメ?母乳と赤ちゃんへの影響/注意点

授乳中にカレーの食べすぎは母乳育児に悪影響が!?カレーが母乳に及ぼす影響と授乳期間中の食生活について解説します。

マーミーTOP  >  出産  >  授乳中にカレーはダメ?母乳と赤ちゃんへの影響/注意点

授乳中のカレーは大丈夫?母乳の味の変化や乳腺炎との関係

授乳中は赤ちゃんのために食べ物にも気を使いたいものですが、味の好みは千差万別。甘いものが好きな人もいれば、辛い物が好きな人もいるのが実情ですよね。
実際、授乳期に香辛料を多く摂ることは、母乳や赤ちゃんにどのような影響を与えるのでしょうか。

今回は日本人が大好きなカレーに焦点を当てて、授乳中にカレーを食べることで考えられる赤ちゃんへの影響や、安全な食べ方について考えていきたいと思います。

授乳中のカレーにより母乳の味は変わる?

カレーの母乳への影響を考える母親

お子さんのいるご家庭にとってカレーは、食卓にのぼる頻度も高い人気メニュー。授乳中のママとしても、家族と一緒にカレーを食べたいですよね。ところがその反面、日本人にとってカレーはとても刺激的で味の濃い食べ物であるため、「授乳中は食べない方がいい?」「ママがカレーを食べると、赤ちゃんが母乳を飲まない…」など、不安を抱くママも少なくありません。

一般的にママが食べた食品成分の0.06~1.5%程度は母乳に移行すると言われています。中でもカレーに使われるニンニクやカレー粉は移行率が高い傾向があり、カレー粉には唐辛子やウコンなど様々なスパイスが含まれているため、母乳の味が全く変わらないとは言えません。授乳中のウコンやクミンなどのスパイスの安全性には確かな情報がありません。また、唐辛子を食べたママの母乳を飲んだ子が、皮膚炎を起したケースもあるのです。

更に心配なのが、ルーに含まれる塩分や油脂の多さです。塩分は血液に直接吸収されますし、油脂はグルコースに分解されて血液に混じり血液の成分構成を変えてしまうので、血液から作られる母乳の味が変わり、慣れない味に戸惑った赤ちゃんが母乳を飲まなくなることもあるのです。

カレーが及ぼすと考えられる赤ちゃんへの影響

赤ちゃんへの影響を考えながら子育てする母親

影響の度合いの個人差はありますが、授乳中にカレーを食べることで赤ちゃんに変化が出るケースも少なくありません。

母乳不足になる可能性がある

味の変化があっても何事もなく母乳を飲む赤ちゃんもいるのですが、カレーを大量に食べたことで母乳の味が変わったことを嫌がる赤ちゃんは母乳を飲まなくなり、母乳不足から赤ちゃんの機嫌が悪くなることがあります。
敏感な赤ちゃんは、母乳を一口飲んだだけで手足をバタバタと動かして抗議することもあるようです。

個人差はあるものの、一般的に私たちの体に入った食べ物が消化されるまでの時間は約1日で、カレーによる母乳の変化はそれほど長い時間続きません。
赤ちゃんの母乳の飲みの悪さも時間が経つにつれ改善しますが、興奮して寝つきが悪くなる、夜泣きをする赤ちゃんもいますので、気を付けてくださいね。

赤ちゃんの体調が悪くなる場合がある

辛い香辛料は胃腸への刺激が強いので、体質によっては大人でもカレーを食べると下痢をしてしまうこともありますが、カレーの影響のある母乳を飲んだ赤ちゃんが消化不良をおこし、下痢をすることもあるようです。

中には内臓に負担がかかって消化ができず、湿疹などが現れる赤ちゃんもいるようなので、香辛料でおなかを壊すような家族がいる場合には、特に気を付けて赤ちゃんの様子を確認するようにしましょう。

授乳中のカレーと乳腺炎の関係

カレーを乳腺炎の関係に納得した母親

糖分や油分の多いクリームをたっぷりと使ったケーキなどの洋菓子にも同じことが言えるのですが、とろみのある日本のカレーライスには多くの小麦粉や油が使われています。これらは体内で糖分に分解・吸収され、母乳が濃くなることで乳腺が詰まるリスクが高くなる傾向にあります。

母乳の味が変わることで、赤ちゃんが母乳を飲み残すことも乳腺炎のリスクを高める要因ですね。
飲み残した母乳が乳房や乳腺にたまって、しこりができてしまうこともあるので、カレーを食べた後に赤ちゃんが十分母乳を飲んでくれなかった場合には軽く搾乳をしておくと安心です。

カレー以外の乳腺炎を引き起こしやすい食べ物

・油や脂肪分の多い揚げ物やフライ
・ステーキやすき焼きなど脂肪分の多い肉料理
・チョコレート、ケーキなどの洋菓子
・アイスなどの氷菓子
・玉子や魚卵などのコレステロールの高い料理

カレー大国インドのママはどうしているの?

インドの育児について思案中の女性

インドのように暑い国の民族は香辛料を多くとる傾向にありますが、これは体を冷やすための昔からの知恵であって、長い年月をかけて辛味に体が順応しています。
また、赤ちゃんもママのお腹にいるときから、羊水を通して辛いものに対する抵抗力がついていると言われています。

一方、日本では日常的に辛い唐辛子や香辛料を食べる習慣がないので、たとえ「美味しい」カレーであっても内臓に負担がかかってしまいがちです
日本人の身体と香辛料を多く摂取する民族の身体は大きな違いがあります。くれぐれも他の国や民族の真似をして、赤ちゃんや自分の身体への影響を考えずに、むやみやたらと授乳期間中に辛い食べ物を食べ過ぎることがないよう注意しましょう。

授乳中にどうしてもカレーが食べたい時は?

赤ちゃんにカレーを食べて良いか聞く母親

カレーは日本人の食生活に深く浸透していて、授乳中であっても無性に「カレーが食べたい!」と思うことがありますね。
確かに、母乳育児中に激辛のカレーを毎食続けて食べるのは赤ちゃんへの影響が心配になりますが、辛味を控えて量や頻度を少な目にするなど、食べ方に工夫をすればリスクを抑えることは可能です。

成分表示を見ると、市販のルウは約40%が油でできており、コクを出すために体内で分解のしにくい牛脂などの動物性の脂や化学調味料、保存性を向上させるための添加物がたっぷりと含まれています。授乳中にカレーを食べる場合は、油分や辛さ控えめの手作りカレールーがおススメです。

中でもお薦めは手作りシーフードカレー!シーフードの香りと旨みが強いため、少量のカレー粉や小麦粉で意外と簡単に美味しく作れますし、塩分や油分も控えることができます。香辛料が気になる場合は、普段食べている辛口や中辛のカレーを甘口に変えてみるのもよいでしょう。

食のストレスを抱え込まずに母乳育児を楽しみましょう

美味しいカレーですが、授乳中にカレーを食べすぎるとママの母乳を通して赤ちゃんへ影響が出てしまう可能性は否定できません。一度カレーを食べて赤ちゃんに何も異常がないようであれば問題はありませんが、確実に影響が出ないという保証はないため、授乳中はできるだけカレーなどの香辛料や刺激物は控えることをおすすめします。

ただ、母乳育児中は注意した方が良い食事があったり、何かと制約も多い時期でもありますので、「食べられないストレス」を抱え込まずに、上手に工夫して発散することも大切です。辛味や量を控えめにしてカレーを食べるのもいいですが、カレーの代替になる別の好物を探すのもよいでしょう。同様に甘いものも授乳中は控えたほうが良いので確認しておきましょう。
美味しいもの、好きな食べ物は気分を明るくしてくれますし、授乳期は多くの栄養が必要になる時期でもあります。様々な食材やメニューを食卓に取り入れて、赤ちゃんのために美味しい母乳を作ってあげましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ