妊娠中のマッサージのやり方に関する記事

妊娠中のマッサージはリンパや胸!腰痛・むくみ・便秘を解消

妊娠中のマッサージはリンパや胸!腰痛・むくみ・便秘を解消

妊娠中のマッサージに危険はないの?妊婦さんの腰痛・むくみ・便秘解消にオススメのマッサージの方法と注意点。

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠中のマッサージはリンパや胸!腰痛・むくみ・便秘を解消

妊娠中のマッサージ

妊娠中に「マッサージをしてほしいな〜」と考えたことがある方はいらっしゃいますか?妊娠中はホルモンバランスが乱れてしまい、肩こりや腰痛、便秘などに悩まされがちです。お腹が大きくなるとさらに体に負担がかかってしまい、どんな体勢でも痛いと感じてしまいます。また新陳代謝が悪くなるので、下半身や顔のむくみが気になり、リンパマッサージをしたいと考えることもあるかもしれません。

妊娠前であれば、体の不調は整体やリラクゼーションマッサージなどでほぐすことが可能です。しかし、妊娠中も同じマッサージを受けて良いものなのでしょうか?

実は、妊娠中のマッサージには賛否両論があります。正確には、「できるマッサージ」と「できないマッサージ」とに分けられています。お店によっては「妊婦さんお断り」と明記されているところもあり、施術を受けられない場合もあったりします。では体の不調を感じていて、マッサージを受けたいと考えていらっしゃる妊婦さんは、どうすれば良いのでしょうか?

妊娠期間中でも、体へのリスクを避ければマッサージを行うことが可能です。マッサージをしない方が良い時期、妊婦に向かないアロマなどの知識をしっかり得ることで、早産などのリスクマネージメントになります。もしもの時には、かかりつけの産婦人科医に相談をするのも良いでしょう。

マッサージを受ける前には、必ずかかりつけ医に相談する

医師と相談をしている妊婦さんのイラスト

妊娠中に自己判断でマッサージに行くのは危険です。妊娠の状態は、人それぞれですから、妊婦さんによっては医者からマッサージを禁止される人もいます。まずは、かかりつけの産婦人科医にきちんと相談しましょう。事前に相談することで「今マッサージを受けても良い時期なのか」「どの部位の施術ならば問題ないのか」「妊婦さんには危険なマッサージではないのか」などを聞くことができます。

事前にネットなどで妊婦にも「可能か?」または「口コミ」を調べてみる。

お店を調べる際には、インターネットなどで「妊婦でも施術可能か」どうかを調べてみると良いでしょう。中には積極的に妊婦を受け入れたり、経験豊富なスタッフが対応してくれたりするお店もあります。「妊婦さん向けのマッサージ」に特化したサービスを持つお店もありますし、専門店も存在します。きちんと配慮してくれているお店ならば、安心してマッサージを受けることができますよね。また、もし以前から通っているお店がある場合には、妊娠中にも施術が可能なのかを問い合わせてみると良いでしょう。

妊娠中でもおすすめのマッサージの種類

妊娠中でもできるマッサージとは、妊婦さんやお腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼさないマッサージのことです。また、妊婦さんにとって良い効果をもたらすマッサージ法も存在します。そこで妊婦さんにオススメのマッサージを、いくつかご紹介いたします。

足のむくみをとるリンパマッサージ

足つぼをしている妊婦さん

足のむくみをとるリンパマッサージならば、妊婦さんに悪い影響を及ぼすことはありません。妊娠中は血行が悪くなり体がむくみがちです。ただし足のツボには陣痛を誘発してしまうものもありますので、安定期を過ぎてから行うようにしましょう。

アロママッサージ ~ 香りでも癒されましょう

香りの効果でリラックスできるマッサージも効果的です。しかしアロマの中には、子宮収縮を促す副作用を持つものもあります。ラベンダーやローズマリーなどのハーブは使用しないように注意しましょう。お店ならば妊娠中である旨をきちんと伝えて、妊娠中でも問題ないアロマを使用してもらうようにしましょう。

マタニティ指圧 ~ 妊婦さんに特化しています

骨盤周りのマッサージをしてもらう妊婦さん

「マタニティ指圧」と呼ばれる施術法は、その名の通り妊婦さんのためのマッサージ指圧です。安定期前の妊婦さんでも受けることができ、時期に合わせた施術を行ってくれるのが特長です。骨盤周りを柔らかくしてお産を楽にしてくれたり、ストレスを軽減して妊婦さんにも赤ちゃんにも良い影響が期待できます。

おっぱいマッサージ ~ 授乳のことも考えて行う女性も

出産が近づき母乳が出始める時期には、おっぱいマッサージを行うのも効果的です。出産後に乳房を刺激し、母乳が出やすいようにしてもらうのです。すでに母乳が出始めている方は、固まってしまった母乳のカスを取り除いて授乳に備えます。出産後も続けることで、乳腺炎の予防になりますし、バストアップやバストが垂れることを予防することもできます。

妊娠線予防マッサージ ~ 気になる線をお腹に残さないために

体用オイル

妊娠中のママさんが1番気になるのは、やはり「妊娠線ができないか」ということではないでしょうか。大きくなったお腹の皮膚が伸びて亀裂のような線が入ってしまうと、出産後もその線が残ったままになってしまうことがあったりします。そんな気になる妊娠線を予防するためのマッサージ法を試してみましょう。

妊娠線予防のクリームやオイルは市販でも発売されているので、毎日マッサージをすることで妊娠線ができにくく、跡も残りにくくなりますよ。

妊娠線を予防しつつ便秘予防にも効果的な「のの字マッサージ」

オイルを使って妊娠線予防のマッサージを行うと同時に、妊娠後期から臨月期に多くなる便秘を予防しましょう。臍を中心に、手のひらで優しく「のの字」を描くように、お腹をマッサージします。腸の働きを促す効果があるので、便秘解消が期待できます。
人間の大腸は、意外と外側にあるので、シッカリと大腸をなぞるように、大きな「のの字」を描くようにマッサージするようにしましょう。

妊婦マッサージについて

妊婦マッサージとは、自宅でも簡単に行えるリラックス効果のあるマッサージのことです。そんな妊婦マッサージのやり方やご自宅で行う際の注意点などをご紹介いたします。

妊婦マッサージで注意すること

妊婦マッサージをご自身で試してみたり、旦那様にしてもらう時には注意しなければならないポイントがあります。

足の裏やくるぶしの周りは刺激しない

足つぼの太衝と三陰交の位置のイラスト

足の親指と人差し指の骨の付け根には「太衝(たいしょう)」と呼ばれるツボがあり、そのツボを刺激してしまうと陣痛を誘発してしまう働きがあります。また足の内側、くるぶしから指4本分くらい上にある「三陰交(さんいんこう)」と呼ばれるツボも、太衝と同様に陣痛を早める作用があります。

正産期に入った妊婦さんには、陣痛を早め安産にも非常に効果的ですが、安定期に入る前に刺激すると母体及び赤ちゃんに危険があるので注意しましょう。妊婦さん向けのお灸マッサージでは、三陰交を温めることもありますよ。時期に注意すれば安産効果が期待できます。

効果の高い体が温まっている時におこなう

マッサージは、体が温まっている時に行うのが効果的です。そこでお風呂上りのマッサージを習慣化するのがオススメです。血行がさらに促進されて、リラックス効果も高まります。マッサージもダイエットと同じで、継続することで効果が目に見えてきますよ!

食事をした後には時間を空ける

食事をしている妊婦さん

食事をした直後にマッサージをするのではなく、時間を空けるということにも注意してください。食べた直後は食物を消化することにエネルギーを費やしています。マッサージをしてしまうと、そのエネルギーが分散されて消化吸収の妨げになってしまうのです。最低でも1時間は時間を空けてゆったり過ごすようにしましょう。可能であれば、食後2時間ぐらいは空けるようにした方が良いと、マッサージ店などでも推奨されています。自宅でマッサージするのと同じように、マッサージ店に行く場合も、食後すぐいは行かないようにしましょう。

妊婦の時期にはよく凝ってしまう部位別マッサージ法

妊娠している時期に、妊婦さんの体がよく凝りやすい、体の部位のマッサージ方法を紹介してします。

腰痛

妊娠後期はお腹が大きくなり、重さを支えるために腰に負担がかかります。そのため腰痛に悩まされる妊婦さんも少なくありません。また骨盤も緩くなっているので、少しの衝撃でずれてしまったり、痛みを感じてしまうこともあります。

腰痛を和らげるマッサージの方法としては、まずは妊婦さんが楽な姿勢で横になります。心臓のある左側を下にすると負担が少ないですよ。その状態で、旦那さんなどに背筋にあたる部分を、小刻みにマッサージしてもらいましょう。

肩や首のコリ

肩と首凝りの妊婦さんのイラスト

妊娠すると、腰や肩のコリも深刻です。頭痛の原因にもなりますので、早めの対処が肝心ですよ。まず座った姿勢で腕をまっすぐ前から上に伸ばします。旦那さんなどいる場合は、手を持って動かしてもらうと良いでしょう。首も座ったままゆっくり前後左右、回すように動かしてください。

足のむくみ

足のむくみには、膝裏からふくらはぎにかけてある膝窩リンパ節のマッサージがオススメです。膝の裏の中心から、ふくらはぎの最も盛り上がっている部分を結ぶ線上にある、リンパ節をマッサージすることで浮腫の解消が期待できます。

なお、足のむくみには足裏マッサージも効果的です。足の裏の中央より少し上にあるくぼみを押すことで、代謝が良くなりむくみが解消されます。ただし、正産期前には陣痛を促すツボを押さないように注意しましょう。優しく親指で押してあげるのがコツです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ