助産院での出産のリスクは?に関する記事

助産院での出産のメリットとデメリット/産婦人科との違い

助産院での出産のメリットとデメリット/産婦人科との違い

助産院での出産におけるメリットとデメリットってどんなこと?助産院で出産できる条件や費用は?産婦人科との違いも解説します!

マーミーTOP  >  出産  >  助産院での出産のメリットとデメリット/産婦人科との違い

助産院での出産のメリットとデメリット/産婦人科との違いは?

近年、できるだけ自然な形での出産を望むママが増え、設備の整った産婦人科ではなく、あえて助産院での出産を希望する妊婦さんが増えているようです。

気になるのは助産院での出産と産婦人科での出産の違い。万が一のとき、助産院ではどう対応しているのかなどもチェックしておきたいところです。

赤ちゃんと自身のために助産院での出産を選択したママは、どのような点に注目したのでしょうか。
今回は、助産院での出産におけるメリットとデメリットについて解説していきます。助産院での出産を考えている方は参考にしてみてくださいね。

助産院ってどんなところ?

妊婦の腰に手を置く助産師

助産院とは助産師が開業している入院・分娩ができる施設のことで、正式には「助産所」と呼ばれます。
助産師の自宅を助産院としている施設が多く、開業の条件は管理者が助産師資格を持ち、ベッド数が9床以下であることなどが挙げられます。

助産師が出産の補助や妊婦や新生児の保健指導を行い、尿糖や尿たんぱく、腹囲、子宮底長、血圧やむくみの検査などの妊婦健診も行います。

助産院での出産だけでなく、自宅出産を希望される方のために、助産師が妊婦さんの自宅へ出張することもあり、産婦人科とは違ったアットホームな雰囲気の中、リラックスした状態で出産に挑めることも、助産院での出産が注目されている理由のひとつでしょう。

助産院と産婦人科の大きな違いは?

エコー検査される妊婦

助産院と産婦人科との大きな違いは、産科医が常駐していないために医療行為が一切できないという点です。
出産時でいえば帝王切開や会陰切開ができません。検診時に検査や医療行為が必要と判断した場合は、提携している医療機関(産婦人科・診療所・病院)で行われたり、転院したりすることが可能となります。

ちなみに、「助産院には超音波のエコー検査はないのかな?」と考える方も多いのですが、最近の助産院ではエコー検診を導入しているところが増えており、産婦人科と同様に赤ちゃんの様子をチェックすることも可能とされています。

助産院出産の条件

助産院での出産が可能な条件は、正常な妊娠経過であり、自然分娩に支障がない妊婦さんに限られています。しかし、出産時は何が起こるかわかりません。
帝王切開が必要なケースや、万が一のときには、提携している病院によるケアが適宜行われることになっています。

助産院で出産できる条件

・4人以上の出産経験がない
・胎児や羊水に異常がない
・逆子(骨盤位)ではない
・双子や三つ子など多胎ではない
・帝王切開をしたことがない
・子宮に異常がなく、既往歴もない
・喘息などの合併症や持病がない
・感染症がない
・前置胎盤など、胎盤の位置に異常がない
・ママの血液型がRH(-)ではない
・妊娠経過に問題がない 等

これらの条件は、医師が携わらない助産院での出産において、安全に十分な配慮をする上で必要な条件です。

深刻化する産科医不足の解決策として、助産院の存在は不可欠ですから、全ての出産に産科医が携わるのではなく、助産院との連携が重視されています。この連携があるからこそ、助産院での出産も安心して挑めるのでしょうね。

助産院出産の費用

病院に限らず、助産院での出産は各施設によって費用に差があります。
設備やサービスが整った病院では費用が高額なところもありますが、助産院での出産費用は約35~51万円と言われています。

  • 妊婦健診…5,000円程度
  • 分娩費用…35~51万円程度

基本的に出産した日を含めて3泊4日で退院する人がほとんどですが、中には当日や翌日に帰宅する方もいるため、分娩費用に関しては入院日数によって大きく左右されます。予後が良い方に限りますが、その場合は費用も安くなります。

助産院での出産のメリットやデメリットは?

助産院での出産を検討するプレママがチェックしておきたい3つの特徴について、メリットとデメリットを含めて解説していきます。

家庭的で相談しやすい雰囲気

助産師と懇談する妊婦

病院では出産に携わるのは医師、産後の母乳ケアは看護師さん、食事の提供や部屋の清掃は各担当の人が行うことが多いのですが、助産院では、出産を始め全てのケアを助産師さんが行ってくれます。

出産時は母のように、産後は母乳マッサージや育児相談に乗ってもらうなど、不安でいっぱいなママも安心できる助産師さん。アットホームな雰囲気が、ママのメンタルにも良い効果をもたらしてくれるでしょう。

自分に合ったスタイルで出産が可能

胡坐をかく妊婦

どのように出産することが一番良いのかは、妊婦さんによって違いますよね。妊婦さんが助産院での出産を選ぶ理由として多いのは、妊婦さんが希望するスタイルでの自然出産が可能だということでしょう。

産婦人科では分娩台に乗らなければなりませんが、助産院での出産の場合は布団の上やたたみの上でお産することがほとんどで、寝たまま/立ち膝/立位など、ママが一番スムーズにいきめるスタイルで産むことができ、中には海外では多い水中出産が可能な施設もあるそうです。

また、家族の立ち会いが可能な施設が多く、安心して出産に望むことができます。

医療行為は行えない

助産院のデメリットといえば、やはり医療行為が行えないことでしょう。

妊娠経過に問題がなかったとしても、出産にはあらゆるトラブルが発生するもの。助産院は、緊急時に迅速な対応ができる態勢を取っている必要があります。

何かあったときには提携の病院でお願いすることになるため、その助産院がどこの病院と提携しているのかを事前に確認することが重要です。
助産院では提携先の病院名を院内に掲示する義務があるので、必ずチェックしてくださいね。

助産院での出産体験談

実際に助産院で出産したことのあるママに、助産院での出産エピソードを伺いました。出産場所を検討中のプレママは、リアルな感想を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ゴマ
34歳

A満足でした!

子供を3人出産しましたが、3番目の助産院での出産が一番の満足感を得られました。
1人目と2人目を総合病院と個人病院で出産したのですが、出産の際もなんだか事務的で、正直「良かった」と思えるものではありませんでした。
3人目を妊娠した頃、ちょうど友人から助産院の出産を勧められました。不安があったものの、助産院のアットホームな雰囲気に惹かれ、助産院での出産を決意しましや。
出産の際は、陣痛の痛みをしのぐときも、出産のときも自由な態勢を取ることができ、病院とは違う居心地の良さがありました。
また、へその緒を夫に切ってもらったのですが、3人目にして忘れられない体験ができたようです。

おっとせい
30歳

A助産院選びが大切

助産院を選んだ理由は、1人目の出産を産婦人科でしたのですが、医師と看護師さんに対してちょっと納得いかない部分もあり、「助産院ってどうなんだろう?」という興味から入りました。
助産院での出産は失敗だったという意見もありますが、大半の人が満足しているとのこと。助産院といっても、どこでもいいわけではなく、自分に合った信頼できる助産師さんがいるところを探すことが大事だと思いました。
私がお世話になった助産師さんは夜中に産気づいた私にずっと寄り添い、つきっきりで看てくれていました。
暖かい実家のような雰囲気と、心強さは病院出産では得られないものだと思いました。
助産師さんや助産院にも様々なタイプがあります。助産院選びはとても大事ですよ。

院内に設置されている「院内助産院」にも注目が!

病院内で医師に診察を受ける妊婦

出産の新しいシステムとして、院内助産院にも注目が高まっています。
オーストラリアやヨーロッパなどで医師不足を解消するシステムが確立され、そのシステムを参考に、日本でも2008年から助産師外来や院内助産所を開設する病院が増えてきたのです。

院内助産院のメリットは、正常な妊娠・出産のケアは助産師が、医療行為が必要な可能性のあるお産は産科医が行うということにあります。
助産師と産科医の連携により、妊婦さん1人1人に向き合う時間が多く取れ、心と体のケアに対して十分に対応でき同じ病院内に助産院と産婦人科があることで、緊急時の対応が即座にできるという点は、ママにとっても安心できる大きなポイントですよね。

助産院での出産は事前のリサーチが不可欠

家庭的な雰囲気で出産スタイルを自由に選ぶことができる助産院か、緊急時の対応が安心な産婦人科か、どちらで出産するにしても、双方の特徴をきちんと理解しておくことが大切です。
出産を行う施設のひとつとして助産院をご紹介しましたが、メリットもデメリットも踏まえた上で、自身の出産で何を重視したいかを考えてみてくださいね。

また、助産院での出産を選択される場合は、事前のリサーチも重要なポイントです。
助産師さんや助産院の雰囲気、提携先の病院が明確にされているか、評判はどうなのかなど、信頼できる助産師さんと一緒に、満足のいく出産ができるように準備を整えておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク