妊娠中に不安を感じる理由に関する記事

妊娠中の不安の原因とは?妊婦の出産の不安を解消する方法

妊娠中の不安の原因とは?妊婦の出産の不安を解消する方法

妊娠すると不安になるのはマタニティブルーのせいかも!マタニティブルーの原因や症状、不安を解消する方法などを解説します。

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠中の不安の原因とは?妊婦の出産の不安を解消する方法

妊娠すると不安を感じやすい?妊婦が知っておくべき不安解消法

妊婦さんのお腹にクリームで描かれたニコニコマーク

妊娠・出産は、女性にとって人生の一大イベントなので、楽しい事ばかりではなく、不安を感じてしまうのは当たり前です。しかし、何故だか妊娠すると、周囲の人が驚くくらい、些細な事でも不安を感じてしまうようです。それは、実は妊娠中のホルモンバランスの変化によるものだと言われていて、自分ではどうしようもないことなのです。

ここでは、妊婦さんが不安を感じやすい理由や、特にどんなことに不安を感じるのか、不安を解消する方法などについて詳しく解説していきます。あまりに不安が強いとストレスが増え、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまいます。あらかじめ心構えをしておくことで、不安を上手に乗り越えていきましょう。

妊娠後に感じる不安の原因はマタニティブルー?

妊娠すると不安を感じるのは、妊娠してからホルモンバランスが変化することによって起こる、マタニティブルーなのかもしれません。そこで、マタニティブルーとはどのようなものなのか、マタニティブルーが起こる原因や主な症状について、詳しくみていきましょう。

マタニティブルーとは

マタニティブルーとは、妊娠した人誰にでも起こりうる、情緒不安定な状態のことです。つわりの症状がひどい妊娠前期や、お腹が大きくなる妊娠後期に起こりやすく、気分が落ち込んだりイライラしたりと、自分が自分ではないみたいに感情のコントロールが難しくなり、うつの状態に似ています。

マタニティブルーが起こる原因

月経前にイライラしたり落ち込んだりと、精神的に不安定になったことがある人もいるでしょう。それは、月経前に黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増えるからです。

妊娠すると、月経前と同じようにこの黄体ホルモンの分泌量が増えるため、イライラや落ち込みが激しくなるのです。ホルモンが原因なので、本人の性格とは一切関係ないのですよ。

マタニティブルーの症状

では、マタニティブルーには、どのような症状があるのでしょうか?妊娠・出産によって幸せでいっぱいな気持ちになるはずが、イライラしたり落ち込んだりするなんて信じられない話ですが、いつ自分の身に起こるか分かりません。症状を詳しく知って心構えをしておきましょう。

不安を感じる
ベンチに一人で座る妊婦さん

妊娠すると、「お腹の赤ちゃんは元気に育っているのだろうか」「私が親になってもお腹の赤ちゃんは幸せなのだろうか」など、大袈裟なくらい不安を感じてしまいます。

なんでそんなことに不安を感じるのか、ママ自身でさえ分かっていないことがあるので、旦那さんはママの気持ちに寄り添って、不安な気持ちを理解してあげましょう。

イライラする

妊娠すると、1人でいても、旦那さんや実母に対しても、とにかくイライラしてしまいます。大雑把な性格のママでも、妊娠した途端、「髪の毛が落ちている」「引き出しが空きっぱなし」など、ちょっとした部屋の乱れが気になってしまい、イライラするようになるのです。

興味や意欲がなくなる

妊娠前は、精力的に活動していたママでも、趣味などの自分の好きなことでさえ興味がなくなったり、外出が面倒だったり、メイクやおしゃれなど身なりを気にしなくなったりと、何をするにもやる気がなくなってしまいます。ボーっとしていて、何もしないうちに一日が経ってしまうなんてことも!

感情の起伏が激しくなる

妊娠すると、感情の起伏が激しくなり、妊娠した喜びを噛みしめていたかと思いきや、突然訳もなく泣きたくなったり、不安になったり…。

他人が聞くと些細な事でも、それに対していちいち一喜一憂してしまい、自分で自分の感情がコントロールできないようになっているのです。

食欲の低下または過食になる
チョコを食べている妊婦さん

妊娠すると、精神的に不安定になるため、食欲がなくなったり、逆に過食気味になったりすることがあります。ただでさえ、妊娠中のつわりの時期は、食の好みが変わったり食欲が低下したりしてしまい、正しい食生活ができなくなってしまいます。お腹の赤ちゃんのためにも、症状がひどい場合にはかかりつけ医に相談してみましょう。

妊婦さんが感じやすい6つの不安

妊娠中はいろいろと不安があるものですが、特に妊婦さんが不安を感じやすいのは、どのようなことなのでしょう。不安の程度はさまざまでしょうが、妊娠すると、皆一度は次のような不安を感じた事があるものです。「こんなことに不安を感じるのは自分だけ」と、落ち込まないようにしましょうね。

1つわりなどの体調不良

つわりなどで具合が悪くて十分な食事が取れないと、体調も悪くなるし、お腹の赤ちゃんに栄養が行き渡らずに悪影響を及ぼさないか、不安になることもあります。

自分のことよりも、お腹の赤ちゃんのことを思う気持ちが不安を感じさせているのであり、母になる心構えが十分にできているのだと思います。

2お腹の赤ちゃんの成長に対する不安

妊娠しても、お腹の赤ちゃんの状態を、見たり知ったりすることはできません。そのため、順調に育っているのか、妊娠週数に見合った成長なのかと不安になってしまうものです。

お腹が大きくなって、赤ちゃんの存在を実感すればするほど、胎動や赤ちゃんの発達が気になって仕方なくなるのです。

3出産に対する不安

妊娠すると、出産時の陣痛や会陰切開などの経験ない痛みに対して、自分で集めた情報からさまざまな憶測や想像をしてしまい、不安を感じてしまいます。

さらに、元気な赤ちゃんを産まなければいけないというプレッシャーから、無事出産できるのかどうか不安が募ってしまうのです。

4育児に対する不安

妊娠すると、自分が親になっても大丈夫なのか、赤ちゃんをちゃんと育てられるのかと育児に対する不安が募ることもあります。

初めての出産なら尚更、育児なんて未知の世界であり、どんな生活になるのかイメージもできません。子供をきちんと育てたいと思うからこそ、不安を強く感じてしまうのです。

5妊娠による環境の変化

鏡で自分のお腹を見る妊婦さん

妊娠すると、自分一人の身体ではないので、これまでのように無理ができないし、何かをやろうとすると周囲の人に止められるなど、生活環境が大きく変わります。

急な環境の変化に不安を感じる人は多く、周囲の人に迷惑をかけることを気にして、ネガティブな思考になってしまうのです。

6収入の減少

家計を支えている働くママにとっては、出産前後は仕事ができないので、収入が減ってしまうことで不安になることも。さらに、妊婦検診、出産費用、ベビー用品の購入など出費ばかりがかさんでしまい、ますます経済面の不安に拍車をかけてしまうこともあります。

妊娠中の不安を解消するには

妊娠中に不安を感じることは、ある程度仕方のないことです。でも、不安な気持ちが強くなりすぎて、ママの精神状態やお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまわないように、少しでも不安を和らげるように、対処しなければなりません。次のようなことを心がけ、少しでも不安を解消していきましょう。

旦那さんに協力してもらう

旦那さんに家事をしてもらうなど協力してもらうことで、休息や好きなことができる時間を確保できるだけでなく、旦那さんが自分のために家事をしてくれているのを見て、自分を大事に思ってくれているという安心感が得られます。

さらに、旦那さんに不安なことを聞いてもらい、夫婦で不安を共有することで不安が和らぐのです。

ストレスをためない

不安を感じることでストレスもたまってしまうのですが、それでなくても禁煙・禁酒や行動制限、食事制限など、妊娠前まで普通にしてきたことが、妊娠中はNGになることもあり、妊娠中はストレスがたまる一方。マタニティヨガやウォーキングなど適度に体を動かしたり、好きなことをする時間をつくったりして、ストレスをためないようにしましょう。

妊娠・出産について正しい知識を身につける

誰でも得体のしれないことは怖いし、不安に感じてしまいます。まして、出産は強い痛みを伴うものなので、不安も倍増ですよね。

経験がない分、妊娠や出産について正しい知識を身につけることで、妊娠中の状態やお産の時をイメージしやすくなり、不安も解消できるのです。

のんびり休息をとる

ソファでのんびりする妊婦さん

親になるプレッシャーや、「私がお腹の赤ちゃんを守らなくては!」と、妊娠中は知らず知らずのうちに気を張って、緊張感いっぱいの状態で生活しています。

それに、妊娠中はつわりや胎動などの影響で、睡眠不足になりがちです。たまにはのんびり休息をとることで、緊張を解きほぐし、心も身体もリラックスしましょう。

きちんと妊婦検診を受ける

お腹の赤ちゃんは目に見えない分、ちゃんと育っているのか不安に感じることが多いのですが、きちんと妊婦検診を受けることで、実際に超音波映像でお腹の赤ちゃんを見て、順調に育っているのか確認できますよ。

不安なことや気になることがあれば、相談して解決することもできます。

保険の給付金の申請を行う

出産の前後の収入減や出産費用のことを考えると、経済的に不安を感じているママもいると思います。そこで、出産で保険から支給される、出産育児一時金・出産手当金・育児休業給付金の3つの保険給付金について知り、申請することで家計も助けられるので、経済的な不安も解消されますよ。

出産育児一時金

健康保険に加入していると、出産時に子供1人につき42万円が支給される制度。

出産手当金

健康保険に加入している働くママが、産前産後の休暇中に支払われなかった給料を支給する制度。

育児休業給付金

働くママが育児休業の期間中に、月給の5~6割の金額を支給してくれる制度

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ