つわりで歯磨きができないに関する記事

つわりの歯磨きで吐き気!えづくのを抑えすっきりする対策10

つわりの歯磨きで吐き気!えづくのを抑えすっきりする対策10

「つわり中の歯磨きができない!」と、おろそかになりがちですが、妊娠中こそケア必要!つわり時のデンタルケアのコツをご紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  つわりの歯磨きで吐き気!えづくのを抑えすっきりする対策10

つわりの症状がひどくて歯磨きができない時のデンタルテクニック

つわりの時期って、普段何気なくやっているような日常の習慣さえも、しんどくなってしまうことがありますよね。歯磨きもその一つ。つわりが酷かったママたちが、口を揃えて「歯磨きはしんどかった…」とおっしゃっております。

つわりの時は、胃が気持ち悪くなるだけではなく、そこにつながる口も、気持ち悪さを感じやすい場所です。味覚や嗅覚が鋭くなって反応しやすい時期のため、歯磨き粉のあのツーンとした味や匂いを苦手としてしまう女性も多くいます。吐きづわりを起こしてしまっているママは、舌に何かが、少し強く触れるだけでも、オエッとえづいたり、吐き気を覚えることもしばしばです。

歯磨きをする女性

妊娠中は、おなかの赤ちゃんに栄養を送っているので、ママの方は、カルシウム不足になったり、免疫力が低くなっています。また、ホルモンバランスの関係から唾液の分泌量自体が減少し、口内は虫歯になりやすい酸性に傾いています。お口の中がそんな状態では、虫歯菌の思うツボになってしまいます。妊娠中のママは、特に虫歯に気をつけなければなりません。大人の歯である永久歯は一生モノで、「あの時、ああしておけば良かったなぁ…」と後悔してからでは遅いので、早い時期から大切にして、健康な状態を保つ必要がありますよね。妊娠後期になると歯医者に行くのは難しくなりますが、安定期なら妊婦さんでも歯医者に行けますから、虫歯がある人や汚れが気になる人は、体調の良い時を見計らって歯医者さんに行ってみてはいかがでしょうか?

さて、つわりの時期、歯磨きを避けたい時のお口のケアは、どんな方法で行えばよいのでしょうか?もし、気分の悪くならないような歯磨きの方法があれば、それを実践したいですよね。

今回は、つわりの症状が出ている時に役立つ、デンタルテクニックをご紹介いたしましょう!

1歯磨き粉を歯ブラシにつけない

歯磨きには、歯磨き粉が絶対要る!と思いがちですが、実はそうではありません。歯磨き粉はあくまでブラッシングの効果を高めるものです。歯磨き粉そのものよりも、歯ブラシでブラッシングすることの方が大切です。

もしも、つわりがひどくて、味覚が変わってしまってしんどい時には、無理して歯磨き粉を使う必要はありません。ブラッシングで気分が悪くならないようなら、歯磨き粉を使わずに歯ブラシで丁寧に歯を磨くようにしましょう。

2子供用の歯磨き粉などの香料の少ないものを購入する

子供用の歯磨き粉のイラスト

歯磨き粉がないと、どことなく物足りないと感じる方は、刺激の少ないものに変えてみるのも良い方法です。おそらく、歯磨き粉で気分が悪くなってしまう理由は、あの独特の匂いや、メントールのスッと感じる味ではないでしょうか?

そんな場合は、香料や刺激の少ない歯磨き粉に変えてみましょう。自然派の素材の商品を全面に掲げているショップのものは、刺激の少ないものが多いですよね。手軽に変えてみるなら、子ども用の歯磨き粉がオススメです。歯磨き粉特有のスッと感じる味がなく、ぶどうやメロンなどのアメのような味付けのものが多いですので、これなら大丈夫だったという声が妊婦さんから上がっています。

3子供用の歯ブラシなど舌にあたりにくいサイズのものを購入する

つわりが関係ない時でも、歯ブラシが喉の奥に何か当たってしまうと、「うっ」とえづく人が多く、吐きそうになってしまうような感覚になりますよね。つわりのある時期には、その感覚がさらに鋭くなっていますので、舌に何か触れるだけでも気持ち悪くなって嘔吐してしまうこともあります。

吐き気の予防には、ヘッドの小さな歯ブラシが活躍します。大人用の小さめヘッドの歯ブラシでも、もちろん良いですし、思いきって子ども用の歯ブラシに変えてしまうのもアリです。

指にはめて使う指歯ブラシは、自分で力加減や口に入れる深さなどを微調整できますけど、歯ブラシよりも奥歯を磨きにくく、えづきやすくなりますから注意しましょう。

4体調のよい時間を選んで歯磨きをする

食後の皿と食器

吐いてしまったからと言って、すぐに無理をして歯磨きをする必要はありませんし、逆に「すぐに歯磨きすることが悪い」という訳でもありません。胃液により口内が酸性に傾くと思われがちですが、吐いた直後に水で口の中をゆすぐことで、口内のpH値は通常と同様に戻ると歯医者さんもおっしゃっております。吐き気が治まってから、また歯磨きをするようにしましょう。

つわり中の歯磨きは、食後にこだわらずに、できそうな時にするのが一番ですよ。朝は気分が悪いけれど、昼間なら大丈夫というママさん、夜寝る前ならパパもいるから精神的にも落ち着いているというママさん、歯磨きをする前の精神状態は様々かと思います。

自分の体調と相談したり、自分のリズムに合わせて、楽な時を選んで歯磨きをしましょう。リラックスできるバスタイムにサッと済ませるのでも良いかもしれません。

5奥から前へ普段より力を込めずにブラッシング

口の奥や舌は、刺激を与えると吐き気を催しやすい部分です。普段の歯磨きの際には、何も気にすることもなく、歯ブラシを前や奥に動かしていると思いますが、つわりがひどい時には、ちょっとブラッシングのやり方を変えてみましょう。口の奥から前に向けてブラッシングをすると、嗚咽を感じることが少なくなります。普段よりも、弱めの力で歯磨きをすることもポイントです。

6吐き気を抑えるために顔を下に向けながら磨く

歯磨きをする妊婦のイラスト

口の奥の方に歯ブラシによる刺激が加わると、吐き気を催しやすいとお伝えしましたが、意外と唾液さえも刺激になってしまうことがあります。

歯磨きをする時には、自然と唾液が多く分泌されますよね。唾液がこぼれないように、上を向き気味で歯磨きすることが多いと思うのですが、吐き気予防には、下を向く方が無難です。唾液を口の中に溜めずに、こまめに出しながら行うのも良いですよ。

7歯磨き粉の成分が含まれているタブレットを購入する

どうしても歯ブラシによる歯磨きができない場合には、口内ケアができるタブレットはいかがでしょうか?キシリトールが多く配合されているものなら、虫歯を予防する効果が期待できます。歯磨き嫌いなお子さんのために、子ども向けのタブレットも、いろんな会社から販売されていますので、そういったものを選べば、歯磨き粉のような後味を気にせず使うことができます。あくまでも、歯磨きの補助であるということを忘れずに、「体調が悪い時はタブレット、体調が良い時を狙って歯磨きをする」ということを忘れないようにしましょう。

ハキラ3袋組 リンゴ味

ハキラ3袋組 リンゴ味

ビーンスターク

1,350 円 + 税

1歳7ヶ月のお子さんから大人まで、家族みんなで使えるタブレットです。虫歯の原因となる、ミュータンス菌を減らす効果があります。シュガーレスで、甘すぎないりんご味なので、妊婦さんにも好評です。他、ブルーベリー、バナナ、オレンジの各種あります。

http://shop.mamecomi.jp/products/

水を口の中に含んでうがいをする

吐き気がひどくて、余計なことは何もできない!そんな時は、うがいでしのぎましょう。水でうがいをすれば、口の中のネバネバが取れると同時に、気分的にも少しすっきりすることができます。
デンタルリンスを使っても気分が悪くならないようであれば、それを使うとなおよし。口臭予防や、妊娠中に起こりやすい歯周病予防にもなりますよ。

9ガムをよく嚙もう

キシリトールガム

妊娠中は、ホルモンの影響で、唾液の分泌量が少なくなっています。「ガムは虫歯などの原因じゃないの?」と、不安になっている女性は、キシリトールが多く配合されたガムはどうでしょうか?キシリトールは、虫歯の原因となる糖が含まれていないので、虫歯予防に最適です。

虫歯菌は、唾液の少ない状態を好みます。夜間に虫歯が進行してしまうのは有名な話ですが、寝ている時は唾液の分泌される量が少ないことが、大きな原因となってしまいます。唾液には、歯についた汚れを落とす効果と、口内が虫歯になりやすい酸性の状態を中性に戻す働きがあり、虫歯予防には唾液の分泌は欠かせません。ガムを噛むことで、唾液が沢山分泌されますよね!そういう意味でも、キシリトール配合のガムを食べることは、虫歯予防にもなります。

その他にも、ガムを噛むことで、げっぷなどのつわりの症状が軽くなったという声もよくあります。つわりでもガムは嚙めるという方は試してみてはいかがでしょうか?

10殺菌効果の高い緑茶でうがいをする

緑茶

緑茶といえば、「殺菌」ですよね。緑茶に含まれるカテキンは、殺菌効果のある成分として色々なところに使われています。緑茶でうがいをすることで、口の中に残った食べカスや糖を洗い流し、カテキンの殺菌成分が、虫歯や歯周病などを予防してくれる効果が多少は期待できます。

ただし、緑茶には、カフェインが多く含まれていますので、飲むのはコーヒーや紅茶同様に控えめに、うがいのついでだからといって、飲みすぎには注意ですよ!

つわりの症状が…先輩ママの歯磨き体験談

つわりがひどい時には、多くの先輩ママも同じように「歯磨きができない!」と悩んでいたようです。

コメコメ
27歳

虫歯にヒヤヒヤしていました。

普段、歯磨きを丁寧にしっかりする方です。白い歯が自慢なほど。でも、吐きづわりの時期には、自分が思うように歯磨きができず、イライラ…。ちょっとずつ食べるから、なんだか常に歯が汚れているように思えて口の中が不快でした。歯磨き粉の匂いがすると、車に酔ったような感覚になってしまうので、すぐに子ども用の甘いやつに変えましたよ。

産後は歯医者に行く暇もないと聞いていたし、赤ちゃんを連れて行ける歯医者も近くになさそうだったので、つわりが終わってからは、とにかくしっかり歯磨きをして、虫歯予防に努めました。産後慌ただしくしている間に虫歯が進行することもあるそうなので、まだ自由のきく妊娠中に、歯医者さんで虫歯をチェックしてもらっていた方がいいですよ!安心できます。

むぎちゃん
37歳

歯周病にも注意!

一本の歯ブラシ

ネットで、「歯周病のママが早産になるリスクは歯周病でない人の7倍くらい!」だという情報があって、びっくりしちゃいました!
歯の治療には前から定期的に通っていて、年齢的にも歯周病がひどくなりやすいと言われていたので、歯周病にかからないように、妊娠中を通して、デンタルウォッシュだけは、かかさず食後にしていましたよ。

つわりがピークの時は、歯磨き粉をやめて、ブラシだけにしていました。一人の時間にやっていると、気分的にも調子が悪くなりやすいので、夫とテレビを見ている時間に、サッと終わらせるようにしていました。おかげで早産もなく、歯周病や虫歯になることもなく過ごせました。

パスタ好き
32歳

うがいはおすすめ。吐き気も取れる

ひどいつわりで、長い間苦しんだので、歯磨きがおろそかになりました。寝込んでいる時期には、うがいしかできなかったです。でも、うがいをすると、口の中がスッキリするので、進んでやりました。さすがに歯垢が溜まっていたので、妊娠中に一度歯科健診に行き、歯垢を取ってもらいましたけどね!

同じくつわりの酷かった友達は、歯磨き粉どころか、水がダメになったようで、うがいも辛いと言っていました。お菓子感覚で構えずにできるからと、タブレットを使って過ごしたそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!