乳首の乾燥のケア方法に関する記事

乳首の乾燥で黒ずみ!カサカサの原因・かゆい時のケア方法

乳首の乾燥で黒ずみ!カサカサの原因・かゆい時のケア方法

乳首の乾燥の原因に応じた正しいケアを行うことで、年齢を重ねても綺麗な乳首を維持することができます。

マーミーTOP  >  出産  >  乳首の乾燥で黒ずみ!カサカサの原因・かゆい時のケア方法

乳首が乾燥する原因とそのままに出来ない事情とケアの仕方

悩む女性のフィギア

妊娠中や授乳期には「乳首が乾燥してたまらない!」なんて人には言えない悩みを密かに抱えていらっしゃる女性は意外と多いのではないでしょうか?

乳首が乾燥してしまうと、バリア機能が低下してしまって、かゆみを引き起こす原因となる、雑菌などの影響を受けやすくなってしまいます。そして、そのまま放置しておくと、黒い色素が沈着してしまったり、乳輪のサイズが大きくなってしまったりと、女性にとっては乳首の乾燥以上に気になってしまう、デリケートな問題までもが発生してしまいます。

悩みを抱えている多くの女性が知りたいと願っている「乳首が乾燥してしまう原因」、「乾燥した乳首のケアの仕方」を紹介していきます!

乳首が乾燥してしまう原因

妊娠などを機会として、乳首が乾燥してしまう原因には、さまざまな要因があります。出産に向けてホルモンバランスが変化してしまったり、体内の水分量が減ってしまったりするなどです。

妊娠を機にホルモンバランスが変化してしまったこと

女性は妊娠を機にホルモンバランスが大きく変化してしまいます。その影響を受けて、新陳代謝が悪くなってしまったたり、肌荒れや乾燥を起こしやすくなってしまいます。乳首に限らず、妊娠をしている時期や授乳している期間は、ママの体の水分量は、子どもを守るためにも使われてしまうため、お肌は乾燥しがちになります。

ホルモンバランスが変化したことで、お肌のバリア機能も低下しがちで、外からの刺激を受けやすくなってしまい、少しの刺激が加わるだけでも、乳首が荒れてしまう可能性が高くなります。

脂肪が増えて水分量が失われてしまったこと

水滴のある木の葉

お肌のバリア機能が低下すると、内側から水分が出ていきやすくなって、肌の水分量を保つことができにくくなります。妊娠期には体質も変化し脂肪の量が増え、溜まった脂肪分が血液の成分にも影響を与えて、血行が悪くなります。血流を良くするために、血液の成分を薄めるために水分量が増え、より体内の水分が失われやすくなっています。妊娠中は意識して水分補給するように心がけることが必要です。

ブラジャーの繊維で擦れたりして膜がそがれてしまったこと

ブラジャーとの相性が悪いのも、乳首を乾燥させたり、傷つけてしまう原因の一つかもしれません。ブラジャーの繊維や素材によっては、相性の悪い女性にとって、ゴワゴワしていたり、肌に刺激を強く感じてしまう種類のものもあります。

下着をつけているときに、もしも「乾燥」や「かゆみ」を感じるようであれば、ブラジャー自体を買い替えるのも一つの選択肢ですよ。少し値段は張ったりするかもしれませんが、肌に優しいきちんとしたシルク素材などのブラジャーがオススメですよ。

妊娠することによる女性ホルモンの増加に伴い、エストロゲンとプロゲステロンが乳腺を増やし活性化することにより、バストがサイズアップする場合が多くなります。サイズアップに伴い、妊娠前につけていたブラジャーが合わなくなり、乳首を刺激してしまうことがあります。
乳首が擦れることによって摩擦が生じ、膜が削がれてしまうことでも、乾燥してしまうこともあります。そのため、マタニティーブラを使ったり、専門知識の豊富なショップの店員に相談したりして、きちんとサイズを合わせ、フィット感のあるブラジャーを選ぶことも大切です。

ストレスなどの影響を受けて新陳代謝の機能が衰えたこと

乳首に限らず、ストレスはお肌の乾燥にとってはあまり良くありません。女性はストレスを受けてしまうと、新陳代謝の機能が衰えてしまって、多くの肌トラブルを抱えやすくなってしまいます。外側の弱っているお肌が、うまく新陳代謝されないことで、外からの刺激も受けやすくなり、潤いも逃げやすくなっていきます。

シャワーの水圧が強すぎること

シャワー

シャワーの水圧が強すぎることで、乳首の潤いを保つバリアが剥がれ落ちてしまうことがあります。乳首を清潔に保つことは必要ですが、あまりにも水圧が強すぎてしまうと、かえって強い刺激となってしまうため十分に注意しましょう。これは乳首にかぎらず、肌全般に言えることでして、「肌荒れの原因がシャワー」ということが十分にあり得ます。

ボディソープの種類が合わない

ボディソープの種類もしっかりチェックしましょう。ボディソープの成分によっては、妊娠中や産後すぐなどのデリケートな時期には、皮脂を余分に落としすぎてしまい、水分を保ちにくい肌になってしまうこともあります。

また使用する量や回数が多いと、反応も強まってしまうため、乾燥しやすくなってしまうこともあります。

乾燥しやすい季節だから

寒い冬の町

乾燥しやすい季節といえば冬ですよね。冬になるとなんだかカサカサしてかゆみを感じるという方は、周りの環境の影響によって、お肌が乾燥しているのかもしれません。部屋の湿度があまりにも低いと、肌から水分が失われやすくなります。肌の乾燥を防ぐためには、部屋の湿度は70%前後に保つのが最適とされています。

なお、寒さの影響を受けてしまい血行が悪くなると、体内の水分の回りも悪くなり、肌が乾燥しやすくなってしまいます。しっかりと暖房をつけつつ、温度と湿度に気をつけて肌を乾燥から守りましょう。

乳首の乾燥をそのままに出来ない事情とは

「乳首の乾燥は気になるけれど、対処するほどでもないのかなぁ~」と、楽観視している方は要注意です。乳首の乾燥をそのままにしておくと、見た目が変わってしまったり、炎症が起こってしまう危険まであります。

外部の刺激に対してのバリア機能が弱まることで、かゆみの原因となる雑菌などに感染しやすくなる危険性が増します。また、色素が沈着して黒ずんでしまったり、炎症を起こして赤く腫れてしまうこともあります。

乳首がかゆくなってしまう

乳首の乾燥は、かゆみを引き起こす原因にもなってしまいます。乾燥でかゆい場合は、寝ている時などに無意識にかきむしってしまって、気付いたら乳首が血だらけ!何てことになってしまいかねません。

授乳期のお母さんは特に、お子さんのためにも、乳首を傷つけないように注意する必要がありますし、かゆみを感じる中での授乳は辛いですよね。

乾燥からのかゆみは、肌への刺激が原因です。熱いお風呂なんかに入ると、皮膚にかゆみを感じることってありますよね。似たような感覚で、乾燥による刺激が強まってしまうと、乳首は「かゆみ」を感じやすくなってしまいます。
乾燥による肌の水分量低下による肌バリアが弱まることで、外部からの刺激から守るために肌の奥底にいるヒスタミンが働きます。ヒスタミンは肌を守る機能がありますが、神経を刺激することで痒みを誘発してしまいますので、乾燥により肌に痒みを感じてしまうようになります。

色素が沈着して黒ずんでしまう

乳首の乾燥を放っておくと、色素が沈着して黒ずみの原因となります。元々日本人は、ピンク色の乳首の女性が多いのですが、同時に色素沈着を起こしやすい人種とも言われております。

乳首の色が周りの部分とは、違う色味を帯びているのは、赤ちゃんがおっぱいを吸うときに色の違いで、判別できるようにするためだと言われていて、乳首は周りの色との違いを鮮明に表すため、刺激が加わってしまうと変色しやすくなっています。

肌のバリア機能が低下し刺激に弱くなってしまと、メラニンが分泌されやすくなってしまい。そのため乾燥による乳首の色素沈着が起こりやすくなります。

炎症をおこして腫れて大きくなってしまう

雑菌のイラスト

乾燥している状態の乳首をかいてしまうと、傷口から雑菌が入ってしまい炎症を起こす原因になります。乳首が炎症を起こすとリンパ液が出たり、腫れてしまうことがあります。

リンパ液には、ミクロな攻防を繰り広げた雑菌が混じりやすいため、炎症がおこした状態と時には、清潔にしていないと、さらに炎症を起こしてしまいます。

乳首の乾燥を防ぐケアの方法

乳首の乾燥を防ぐにはこまめなケアが大切です。中には、すでに乳首が乾燥していて「かゆみ」を感じている女性もいらっしゃると思います。そういった方々は、今よりも乾燥させないようにする事が大切です。今のところは、乳首の乾燥を感じていないという女性は、乾燥を防ぐケアの方法を知ることで、デリケートな問題を抱える心配も少なくなりますよ。

保湿性の高い乳首クリームを塗る

保湿クリーム

保湿性の高い乳首クリームを使用することで、乳首の乾燥を防ぐことができます。乳首専用のクリームも多く販売されていますし、妊娠期や授乳期でも安心の天然成分のオーガニック製品も存在しますよ。潤いがなく乳首がカサカサしている人は、お風呂上がりや寝る前、起きた後など、1日に何度か保湿クリームを塗るようにしましょう。ピジョンのリペアニプルなら、少量なら赤ちゃんの口に入っても問題ないので、授乳中のママさんも安心です。

体を洗う時には乳首の部分はソフトに洗う

体を洗う時にはゴシゴシ洗うのではなく、柔らかい泡を立てて丁寧に洗ってあげると良いでしょう。特に乳首の周りは敏感ですので、ボディタオルよりも手で洗ってあげるのが乾燥を防ぐポイントです。

乳首は意外に汚れが溜まりやすく、妊娠期や授乳期は母乳の残りが固まってしまうこともありますよね。余分な皮脂や母乳の塊を丁寧に落とすことを意識しつつ、刺激を与えないように注意しましょう。

お風呂上りに体をふくときには優しくふく

お風呂上りにゴシゴシとタオルで拭いてしまうのも、皮膚を傷つけて乾燥を促進させる原因となります。お風呂上りはただでさえ肌が乾燥しがちですので、優しくおさえるように水分を拭いて、すぐにボディクリームや乳首用クリームで保湿を行うようにしましょう。

こすれても痛くならない下着にかえる

下着のイラスト

下着が合わないと感じた時には、擦れても痛くならないブラジャーに買い換える必要があります。バストのサイズが変わるということは、乳首の位置も微妙にずれてきます。サイズの合わないブラジャーを使っている場合には、膨らんだ乳房によって乳首はブラに押し付けられてしまいます。柔らかく、低刺激の素材を選ぶようにすると良いでしょう。自分のサイズを把握していない女性が意外と多いため、一度はランジェリーショップの店員にアドバイスを受ける事をお勧めします。マタニティーブラやマタニティーハーフトップなどは妊娠中はもちろん、出産後の授乳期にも大活躍してくれますから、妊娠中に買ってためしてみるのもオススメです!

病院で症状や体質にあったケアの仕方を教わる

自宅でのケアでは、どうにもならないと言った場合には、病院で医師などの専門家からアドバイスを受けるのも有効な手段ですよ。自分で判断するのではなくて、症状と体質に合わせたケアの仕方を教わることで、快復も早まっていきますよ!保湿性が高く血行不良の改善も見込める、ヒルドイドという軟膏を処方してもらうこともできます。ヒルドイドはアトピーの人や、赤ちゃんにも使える薬なので安心です。自宅だけのケアだと、なかなか乾燥が治まらない人は、恥ずかしがらずに早めに病院で診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!