高齢妊娠のリスクと注意点に関する記事

高齢妊娠の注意点~知っておくべき40代の高齢出産のリスク

高齢妊娠の注意点~知っておくべき40代の高齢出産のリスク

高齢妊娠によっておこるリスクとは?考えると不安になりますが、少し知識があると安心して乗り越えられますね。40代の妊娠が珍しくないことから高齢妊娠で気を付けたいこと、高まる8つのリスクについてまとめましたので参考にしてください。

マーミーTOP  >  出産  >  高齢妊娠の注意点~知っておくべき40代の高齢出産のリスク

高齢妊娠したい!40代で妊娠する際の注意点とは

公園を散歩している妊婦さん

初産の平均年齢が30歳を超えている日本では、高齢妊娠は珍しくありません。女性が大学を卒業して社会で働くことは、もはや当たり前のことです。時には、男性との過酷な出世街道にも負けることなく、実績を積み上げ、ステップアップをしてきたという女性も少なくないのです。

その中には、自分が結婚し、妊娠をして、仕事を中断するということを想像もしなかったという人もいるのではないでしょうか。そんな女性が一息つけるときが、ちょうど40代に差し掛かる時で、そのタイミングで妊娠して子供を持つこともいいかも…と思うようになるのです。

高齢妊娠になると自然妊娠率は低下しますが、妊娠をしたとしても40代妊娠はリスクも上がってしまうのです。そんな40歳で妊娠をする際の注意点をご紹介します。

高齢妊娠っていくつから?

一般的に35歳以上の妊娠を高齢妊娠といいます。高齢妊娠の場合でも経産婦の場合には、それほど問題にはなりません。しかし、特に、高齢初産が35歳以上の場合は、身体的リスクが高まる年代になるので、妊婦健診でも注意深く観察をしていくことになります。

40代の自然妊娠の確率は?

20代から30代前半の女性の妊娠する確率が25~30%なのに対して、40歳の女性の場合は5%と減少します。更に45歳以降は自然妊娠が難しくなります。

高齢妊娠でリスクが高まる8つの症状

子供に体調をチェックしてもらう妊婦さん

年齢が上がると、自然と老化現象が起こってきます。40代でもう老化?と思うかもしれません。見た目はそれほど身体機能や体力などの衰えを感じていなくても、実は、体内のいろいろなところで機能が落ちてくることがあるのです。そして、高齢妊娠をした時にもリスクが発生するのですね。

1早産

切迫早産とは、早産しやすい状態になることで、早産とは22~36週で出産することをいいます。年齢が増すと子宮筋腫や子宮内膜症が起こりやすくなり、早産のリスクも高くなるのです。症状は、おなかの張り、痛み、出血や破水などが見られます。

2妊娠高血圧症候群

年齢とともに卵巣の機能が低下し、血管も老化するために妊娠高血圧症候群になりやすくなります。症状は、高血圧、蛋白尿です。自覚症状がなく、妊婦健診でわかることが多いです。

3妊娠糖尿病

年齢とともにインスリンの分泌能力も下がるので、高齢出産では高血糖で妊娠糖尿病になるリスクが高まります。妊娠糖尿病になるとのどが渇きやすい、トイレが近いなどの症状もありますが、自覚症状がない場合もあります。巨大児や新生児低血糖のリスクが高くなります。

4子宮頚管無力症

エコー検査を受けている妊婦さん

加齢による筋力の低下や長い妊娠期間で子宮口が重さに耐えられなくなり、子宮頚管が開きやすくなり、子宮頚管無力症になってしまうことがあります。自覚症状はありませんが、エコー検査により診断されたら、安静が必要になります。

5前置胎盤

前置胎盤は、加齢に伴い増加傾向にあります。子宮が大きくなるにつれ、子宮と胎盤のずれが生じるとその部分から出血を起こすことがあります。胎盤が子宮口をふさいでしまっているので、帝王切開が原則になります。

6常位胎盤早期剥離

年齢が増すとともに血管内皮細胞が傷つき、それにより常位胎盤早期剥離が起こりやすくなります。急な下腹部痛とカチカチに張ったおなか、そして胎動の減少が症状です。

7難産

血圧をチェックする妊婦さん

高齢になると、産道も血管も硬くなります。産道が硬くなると、赤ちゃんが生まれてくるまでに時間がかかります。また、子宮頚管が柔らかくならない「軟産道強靭」や、出産に効果的な陣痛が起こらない「微弱陣痛」などにより、お産が長引く傾向にあります。お産が長引くと、体力がなくなってしまいますね。血管が硬いと高血圧にもなりやすいのでママへのリスクが伴います。そのため、帝王切開の可能性が高くなります

8会陰裂傷

会陰とは、膣と肛門の間の約3㎝の部分をいいます。伸縮性があり、出産のときには赤ちゃんの頭が出てくるのに合わせて引き伸ばされるのですが、高齢出産の場合、会陰や膣壁が伸びにくくなります。そのためいきんだ時に会陰裂傷が起きやすいのです。

知っておきたい赤ちゃんの染色体異常のリスク

加齢にともない、お腹の赤ちゃんが染色体異常を発症する割合が高くなります。その理由は、卵子の老化によって細胞分裂が上手くいかないことで、染色体異常が起こると考えられています。

染色体異常とは

私たちの体には、染色体というものがあります。46本ある染色体のうち、通常は44本が2本ずつのペアになっているのです。しかし、2本ペアになるはずの染色体の数が、多かったり少なかったりすることがあり、それを染色体異常と呼びます。

また、正常な2本ペアを「ダイソミー」と呼ぶのに対して、3本の場合は「トリソミー」と呼ばれています。例えば、染色体異常によって発症することで知られているダウン症は、21番目の染色体が3本ある「21トリソミー」です。

お腹の赤ちゃんの染色体検査の方法

赤ちゃんが生まれる前に、赤ちゃんに病気がないかどうか前もって検査をするママもいます。お腹の赤ちゃんの染色体を検査する主な方法を4つ紹介します。

新型出生前診断(NIPT)
DNAの模型

新型出生前診断(NIPT)は、非侵襲的出生前遺伝学的検査とも呼ばれています。妊娠10~21週までの妊婦さんの血液を採取して行う検査で、従来の検査よりも安全性が高いのが特徴です。また、その費用は15~20万円前後と高額です。現在は、臨床研究の一環として行われており、35歳以上の高齢妊娠など、検査対象者に制限があります。

血液中のDNAの断片を調べることにより、21トリソミーのほか、18トリソミー、13トリソミーの染色体異常について検査できますが、リスクを調べるための検査であり、確定診断ではありません。

母体血清マーカーテスト
血液顕微鏡

この検査は、別名クワトロテストとも呼ばれています。妊婦さんの血液のタンパク質の濃度から、胎児の染色体異常の確率を算出する方法ですが、染色体に異常があるかどうか、正確な診断ができないのが特徴です。費用は15,000~25,000円前後です。対象となる妊婦さんは妊娠15週から21週で21トリソミーや18トリソミー、開放性神経管奇形について検査を行います。

羊水検査

先に述べた二つの検査でリスクが高いと判定が出た場合に、確定診断として羊水検査を行います。妊婦さんのお腹に直接注射針をさして、抜き取った羊水の細胞を検査します。検査結果の精度が高い反面、母体に与える負担が大きいというデメリットがあります。妊娠15週以降に検査が可能であり、検査には約16万円かかります。

絨毛検査

胎盤と子宮をつなぐ絨毛(じゅうもう)を採取して、染色体異常を調べる検査で、これも血液検査でリスクが高いと判定が出た場合に確定診断の一つとして行います。子宮頚部からカテーテルを入れるか、お腹に針を指す必要があるため、羊水検査と同様に母体への負担が大きく、費用も約20万円と高額です。妊娠10週以降に検査が可能となります。

高齢妊娠の際の病院選び

ナースステーション

妊婦の年齢を考慮して、個人クリニックでは、あらかじめ設備の整った総合病院や大学病院を紹介するというところもあります。ただし、個人クリニックでも大きな病院と連携が取れている場合には、すぐに搬送できるネットワークがあるので、出産可能というところも。もしもの時にすぐに対応ができる、周産期センターなどの設備が整った総合病院がおすすめです。

高齢妊娠で注意すべきこと

高齢妊娠は、自然とリスクが高まりますが、自分自身で気を付けることも出来ます。そのため、どんなことに注意をしたらよいかということをご紹介します。

食生活に気を付ける

体重管理を行うこと

高齢妊娠の場合、高血圧や糖尿病になりやすいことから、糖分の摂りすぎはもちろんのこと、塩分量の多い食事に注意する必要があります。また、カロリーの摂りすぎによって体重がふえすぎてしまうと、産道にも脂肪がついて、赤ちゃんが出産のときに出にくくなってしまい、難産につながることもあります。そのために、体重管理にも注意が必要です。理想的な体重増加は、もともとの体重やBMIによっても異なりますが、医師の指導によって体重管理を行うことが大切です。

無理をしない

無理をしないこと

年齢が増すと、子宮を支える筋力が自然と低下していきます。そのために重い物を持ったり、無理に動いたりすると子宮頚管が短くなることがあり、早産のリスクが高くなるのです。妊婦健診では、子宮頚管の長さを測ってチェックしますよね。子宮頚管の長さが短縮傾向にある場合は、主治医と相談しながら安静に過ごすことも大切です。

体力作りを心がける

運動をする女性

出産は体力勝負のため、妊娠中に体力を付けておく必要がありますね。体力は急につけることはできませんから、妊活中から、妊娠する可能性を考えて体力は維持しておくのがいいですね。また、妊娠中は、ウォーキングやスクワットなどを無理のない範囲で行って、出産の耐えるための体力をつけておくことがお勧めです。

体力をつけるために運動するということは、血流を良くして血管を丈夫にするという効果もあります。年齢が増すと血管が硬くなったり、血流が悪くなることもあります。血流の悪さは冷えを起こし、必要なところに十分血液が届かないという状況を引き起こします。赤ちゃんが出来たら、ママは赤ちゃんの成長のために血液を送らなくてはいけません。そのために、運動をして血液の循環を良くする、そして血管の柔軟性を保つことが大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク