過期産の原因や出産トラブルに関する記事

過期産の原因とは?過産期に入っても産まれない時の対策は

過期産の原因とは?過産期に入っても産まれない時の対策は

出産予定日を過ぎても出産の兆候が見られない場合、さまざまなリスクを伴う「過期産」になる恐れがあります。過期産とはいつからなのか?また、過期産を予防するためにはどうすればいいのでしょう?赤ちゃんを出産予定日に産みたいという妊婦さんは必見です。

マーミーTOP  >  出産  >  過期産の原因とは?過産期に入っても産まれない時の対策は

過期産はいつから?知っておきたい過期産の原因と予防法

赤ちゃんは出産予定日に生まれて当たり前!とお考えの妊婦さんは、意外と多いのではないでしょうか?実は、予定日に生まれる赤ちゃんの方が少ないのですが、やはり予定日になっても生まれる兆候がないと不安になるものです。

特に、過産期に入ってからの出産する「過期産」には、さまざまなリスクを伴うことから要注意。予定日が過ぎても出産の兆しが現れないという妊婦さんは、過期産になる原因や注意点について知っておくことが大切です。

ここでは、日常生活で簡単にできる過期産の予防方法も紹介しますので、妊娠中のママはぜひ参考にしてくださいね。

過期産とは?

過期産の妊娠週数関係グラフ

最も出産に適している、妊娠37週から41週までの正産期のお産のことを「正期産(せいきさん)」というのに対して、42週以降の過産期に出産することを「過期産(かきさん)」といいます。

出産予定日が過ぎても赤ちゃんが産まれる兆しがないと、不安を感じる妊婦さんは多いのですが、実は出産予定日から2週間は正産期のため、それほど心配する必要はないのです。

さらに、一般的に出産予定日は、最終の生理がはじまった日を0として計算することから、生理が終わった後で排卵が遅れた場合や、通常よりも生理の周期が長い人は、計算上の出産予定日よりも出産が後になる可能性があります。

そのため、出産予定日から2週間たっているからといって、必ずしも問題があるとは限りません。

過期産になる原因

過期産になるはっきりした原因は分かっていませんが、子宮頚管の熟化の遅れや、ホルモンバランスの乱れなどが考えられます。

出産前は子宮頚管が柔らかくなる熟化が起こり、赤ちゃんが外に出やすくなります。しかし、子宮頚管の熟化が遅れている場合は産道が硬いままなので、赤ちゃんが下りてくることができないほか、子宮口が開かないのです。

また、出産の際に分泌されるホルモンのバランスが悪く、子宮の収縮が起きないと陣痛が始まらないことから、いくつかの要因が重なることによって、出産のタイミングがずれると過期産になってしまいます。

過期産で起こりやすいトラブル

何らかの原因で過期産になった場合、ママの体だけでなくお腹の赤ちゃんにも影響を及ぼす恐れがあります。過期産になると、次のようなトラブルが起こりやすくなります。

巨大児

生まれたての赤ちゃん

巨大児とは、出産時の体重が4000グラム以上の大きな赤ちゃんのことをいいます。出産が遅れることによって、お腹の中で赤ちゃんが大きくなりすぎてしまって、出産時に巨大児になる可能性があるのです。

赤ちゃんが巨大児になること自体それほど問題はないのですが、赤ちゃんが大きすぎて産道を通過できないと判断された場合は、自然分娩が難しくなります。

そのため、正産期のママの骨盤を通り抜けることができるほどの大きさのうちに、赤ちゃんを産んでしまった方がいいのです。

胎盤機能の低下

ママから赤ちゃんに酸素や栄養を供給するつなぐ胎盤は、出産予定日を超過すると寿命が近くなるため、徐々に機能が低下していきます。

胎盤機能が低下すると、十分に酸素や栄養素が供給されなくなるため、お腹の赤ちゃんが低酸素状態になって危険な状態に陥る、胎盤機能不全症候群を発症する可能性があるため注意が必要なのです。

胎盤機能の低下によって胎盤機能不全症候群を発症した赤ちゃんは、未熟児の反対を意味する「過熟児」と呼ばれます。

羊水減少

お腹を触る妊婦さんの手

子宮の中を満たしている羊水は、お腹の赤ちゃんが羊水を飲んでおしっこをすることによって、その量が保たれています。

ところが、予定日を超過すると、赤ちゃんがおしっこをする機能が低下してしまうため、羊水に量が少なくなってしまうのです。羊水の量が減ると子宮内が狭くなるため、赤ちゃんがへその緒を圧迫してしまうことがあります。

そうすると、へその緒の流れが止まって、赤ちゃんに栄養や酸素が行き届かなくなる恐れがあるため、心拍数などで胎児の状態を確認する必要があります。

羊水汚濁

過産期に入り胎盤機能が低下すると、お腹の赤ちゃんが苦しくなってうんちをしてしまうことで、羊水が濁る「羊水汚濁」が起こることがあります。

羊水汚濁の状態で羊水が赤ちゃんの口の中に入ると、出産直後に呼吸を始めたとき、胎便が肺の中まで入ってしまう胎便吸引症候群(MAS)を引き起こすことがあるため、注意が必要なのです。

MASになると呼吸困難や肺炎などの症状を引き起こすことが多いため、出産後に呼吸ができずにチアノーゼとなって、酸素吸入や気管の洗浄などの処置が必要なる可能性が高くなります。

過期妊娠に行われる3つの処置

これまで、ママのお腹の中で順調に成長していた赤ちゃんでも、生まれる時期が遅れることで母子共に危険な状態になる場合があります。そのような過期産に起こるリスクを回避するためには、次のような処置が行われます。

1卵膜剥離で陣痛を促す

内診の際、子宮口を指で円を描くようにグリグリして、赤ちゃんを包んでいる卵膜を剥がすことを卵膜剥離といいます。いわゆる「内診グリグリ」と呼ばれる処置ですね。

卵膜剥離で刺激を与えることによって陣痛が促進されるのですが、直接刺激を与えるので、激しい痛みを感じる妊婦さんもいるようです。ただし、痛みの感じ方には個人差があり、かなり痛い人とそれほど痛くない人がいます。

卵膜剥離には、陣痛促進剤などの薬剤を使わず陣痛を促すことができるというメリットがあります。

2子宮頚管熟化剤・陣痛誘発剤の投与

病院で検査する妊婦さん

出産の兆候が見られず、正産期を過ぎてしまう可能性がある場合、子宮頸管熟化剤や陣痛誘発剤を使って、お産を促すのが一般的です。

子宮頚管熟化剤とは子宮頚管の熟化を進める薬で、子宮頸管を柔らかくすることで陣痛を促す効果が期待できます。また、陣痛誘発剤は、出産に効果がある陣痛を誘発する効果がある薬です。

3バルーンやラミナリアで子宮口を開く

子宮口が開いていない場合に、物理的に子宮口を開くために用いられるのが、バルーンやラミナリアなどの医療器具です。これらの医療器具を使用する際は、陣痛促進剤などとセットで使われるのが一般的です。

バルーンとは、風船のような器具を子宮口に挿入し、ぬるま湯を注入してバルーンを膨らませることによって子宮口を開く方法です。子宮口がある程度開くと、バルーンは自然と抜け落ちる仕組みになっています。

また、ラミナリアはコンブから作られた医療器具で、水分を吸うと膨張する特性を利用して、子宮口の挿入することで徐々に子宮口を開いていきます。基本的には、子宮口に挿入してから24時間以内に取り除きます。

過期産を予防する方法は?

過期産になるとお産のリスクが高まってしまうため、できるだけ正産期のうちに産みたいですよね。出産時期の遅れを防ぐには、日常生活に気を付けることも大事です。ここでは、過期産を予防する方法を3つご紹介します。

適度に運動する

子宮口が開いていない場合や、お腹の赤ちゃんがなかなか下りてこない場合、適度に体を動かすことがお産を進めることにつながります。

そのため、普段から体調の良いときは、体を動かす習慣をつけておきましょう。特に、臨月は体重が増えやすくなる時期にため、太りすぎの予防にもつながります。

妊娠中でもできる運動はいろいろありますが、臨月にウォーキングをするとお腹が下がるといわれています。そのほかに、空いた時間を利用してスクワットをしたり、あぐらをかいたりするだけでも効果は期待できますよ。

適切な体重管理

体重計と血圧計

臨月は、赤ちゃんが下がってきて胃のあたりがすっきりするため、食欲が出やすい時期です。今まで体重に気を付けていた人でも、臨月に入って急に増えてしまうことがあるので注意しましょう。

体重が増えすぎると妊娠高血圧症候群を引き起こしたり、産道に贅肉がついて難産となったりするなど、お産の進みが遅れる可能性もあるため注意が必要です。

栄養のバランスがとれた食事を心がけ、適度に運動しながら過ごし、赤ちゃんが安産で生まれてくることを目指しましょう。

ストレスをためない

ストレスがたまると、自律神経やホルモンバランスが乱れ、出産時期にも影響を与えてしまう恐れがあります。妊娠中のストレスはこまめに発散し、ためこまないように心がけましょう。

プライベートな悩みは家族や友人などの信頼できる人に相談し、出産の不安は助産師さんに聞いてみるなどして、できるだけ一人で抱え込まないことが大切です。

普段からストレスを解消するトレーニングをしておくと、いざという時に上手にコントロールできるようになりますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク