無痛分娩とは?内容や方法などまとめに関する記事

無痛分娩とは?自然分娩との違い/メリットとデメリット

無痛分娩とは?自然分娩との違い/メリットとデメリット

無痛分娩とは具体的にどんな分娩方法なのか?メリットとデメリット、無痛分娩に向いている人などのまとめをご紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  無痛分娩とは?自然分娩との違い/メリットとデメリット

無痛分娩とは?メリットとデメリット/どんな人に向いているの?

「赤ちゃんには早く会いたいけれど、陣痛は恐い…」大半の女性がそう思うのではないでしょうか。陣痛という不安を取り除き安心してお産に臨むために、無痛分娩という選択肢も視野に入れたいですよね。

その一方で、「無痛分娩とは具体的にどんな分娩方法なのか?」といった疑問を持つ方も多いはず。今回は、無痛分娩の内容や方法、メリット・デメリットなどを詳しくまとめました。

無痛分娩ってどんな分娩方法なの?

無痛分娩について考える女性

そもそも自然分娩とは一般的に、「自然に陣痛がつき、自力で経膣分娩すること」を指すようです。「全く何の道具や薬も使わずに」ということではなく、母子の安全を確保するために点滴や赤ちゃんの心拍を計るモニターをつけたり、鉗子分娩や誘引分娩を行ったりする分娩も、広い意味で自然分娩に含まれます。

無痛分娩とは、麻酔を使って陣痛を和らげた状態で出産する分娩方法です。局所麻酔を使うため意識ははっきりしており、分娩時はいきむことが必要で、赤ちゃんが産道を通る感覚も分かります。
無痛分娩という名前から、痛みが全くないというイメージがあるかもしれませんが、個人差はあるものの、実際には陣痛が軽くなるだけで、全く痛みがないというわけではないとされています。子宮口が全開になるのを待ち、いきんで赤ちゃんを出産するという流れも、自然分娩と変わりません。

どうやって痛みを和らげるの?

無痛分娩を真剣に検討する女性

無痛分娩には、大きく分けて2種類の方法があります。

硬膜外鎮痛

陣痛は、産道を開くために子宮や子宮の出入り口が収縮する痛み、膣や会陰(えいん)が伸びる痛みです。これらの痛みを伝える神経は、背骨の中の脊髄に集まっています。そこで、背骨の中の硬膜外腔という場所に麻酔が入った注射をし、硬膜外腔周辺の神経に伝わる痛みをブロックします。

陣痛が始まって子宮口が3~5センチ開くまでに始めることが多く、妊婦さんや赤ちゃんの様子を見ながら医師が判断します。
背中を丸めてベッドに横向きに寝た状態で背中に針を刺すのですが、事前に皮膚の痛み止めをするので、針の痛みを心配する必要はありません。針を通して硬膜外腔に管が入り、薬を注入すると20~30分で麻酔が効き始めます。

麻酔が効いてくると陣痛が分かりづらくなるので、お腹の張りや赤ちゃんの心拍を確認するモニターをつけます。子宮口が全開になったら、モニターに合わせていきみます。強い鎮痛効果が得られることや、赤ちゃんにはほとんど麻酔の影響はないことから、多くの国では硬膜外鎮痛による無痛分娩が選択されています。

点滴による鎮痛

点滴をして静脈から麻酔薬を投与し、陣痛を和らげる方法です。硬膜外腔に直接針を通す方法よりも手軽に処置をすることができますが、硬膜外鎮痛に比べて鎮痛効果は弱めです。また、ママや赤ちゃんが麻酔の効果で眠くなることがあります。

国内で無痛分娩を選択する女性の割合

日本国内の無痛分娩の割合を聞いて更に考える女性

欧米では無痛分娩が主流になっていると言われていますが、実際に日本国内で無痛分娩を選ぶ女性は、増えてはいるものの多くはありません。平成20年度の厚生労働省の調査データによると、日本国内全体の硬膜外無痛分娩率は2.6%となっています。

そもそも、日本では麻酔科医が少ないことなどが原因で、無痛分娩を実施している病院や診療所が全体の3割程度であることや、「生みの苦しみを味わうことが重要である」という昔ながらの考え方が根付いている背景から、なかなか無痛分娩が浸透しないという実態があるようです。

無痛分娩のメリット

自分に適した分娩方法を知って喜ぶ女性

無痛分娩を行うことで、母体や赤ちゃんにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

痛みを軽減できる

やはり無痛分娩のメリットといえば、陣痛を軽くし、痛みを和らげることができるという点が大きいでしょう。痛みの感じ方には個人差がありますが、麻酔が効きにくい体質の人であっても、圧倒的に陣痛が楽になります。

痛みに弱い体質の人は、陣痛でパニックになってしまったり、妊娠中から陣痛が怖くて仕方がない、陣痛が怖いから妊娠をためらってしまったりという方もいます。妊婦さんの不安を和らげ、精神的な安定をはかるという面でも無痛分娩という選択肢があることは重要です。

計画的な分娩が可能

日本で無痛分娩を行う場合、麻酔科医が日中勤務の場合が多いため、計画分娩になることがほとんどです。あらかじめ日程を決め、陣痛誘発剤で陣痛を起こして分娩を行います。
自然に陣痛が起きるのを待っていると、いつお産が始まるか分からず落ち着かない毎日になりますが、日程が決まっていると、上の子を預けたり、パパの仕事の都合など予定が立てやすかったりというメリットがあります。病院の日程に余裕があれば、赤ちゃんの誕生日を選ぶことができる場合もあります。

赤ちゃんへの酸素供給量を維持しやすい

お産はリラックスしていた方が早く進むのですが、陣痛の最中に自然にリラックスできる人は少ないでしょう。自然分娩の場合、子宮口が全開になるまでゆっくり息を吐いて陣痛を逃がす必要があります。

激しい陣痛でママが苦しい状態だと、体の中ではカテコラミンという物質が増え、血管を細くしてしまうので、赤ちゃんに届く血液が少なくなります。また、ママの呼吸が乱れて酸素濃度が減ると、赤ちゃんに届く酸素量も減ってしまうので赤ちゃんが苦しくなってしまうのです。

無痛分娩の場合、子宮口全開までリラックスして過ごすことができるので、赤ちゃんへの酸素供給量を安定して保つことができ、赤ちゃんにとってもメリットになります。

産後の疲労回復が早まりやすい

出産にかかる時間は人それぞれで、特に初産では丸3日も陣痛が続いて出産後はグッタリ…なんてケースも珍しくありません。無痛分娩では陣痛誘発剤で陣痛の強度を管理しますし、激しい痛みに何日も耐え続けるということがないので、産後の回復も早くなります。

また、うまくいきみ逃しができずに会陰が裂け、産後もしばらく会陰の痛みが続くということもあるのですが、無痛分娩では子宮口が全開になるのを待っていきむので、会陰が裂ける心配も少なくなります。

無痛分娩のデメリット

デメリットを聞いて落ち込む女性

分娩方法にはそれぞれ一長一短あるものです。メリットに続き、無痛分娩を行うことによるデメリットもチェックしていきましょう。

無痛分娩を行っていない産院もある

日本では、無痛分娩を行っている病院は全体の3割程度です。どこの産婦人科でも無痛分娩が選択できるというわけではなく、自分が気に入った病院で無痛分娩ができないという可能性があります。
中には無痛分娩ができる産院を選んで行ってみたら、人気のために何ヶ月も予約が入っており、分娩予約自体が受け付けてもらえないということもあります。無痛分娩をしたい場合は、早めに無痛分娩を行っている信頼できる病院を探す必要がありますね。

費用が高い

日本では無痛分娩は保険適用ではないため、自然分娩に比べて費用が高くなることもデメリットとして挙げられます。
病院によって差がありますが、個人クリニックで数万円程度、大学病院では十数万円程度、通常の分娩費用に上乗せした費用が必要になります。
赤ちゃんが生まれると出費が増えるものです。メリットも多い無痛分娩ですが、出費が増えるとなると考えてしまいますよね。

麻酔による副作用が出る場合がある

無痛分娩を行う場合のデメリットのひとつとして、女性が気になるのはこの副作用ではないでしょうか。
硬膜外鎮痛でも点滴鎮痛でも赤ちゃんには麻酔による副作用は出にくいと言われていますが、中にはママの血圧が低下したり、体温が上昇したり、皮膚にかゆみが出たり、頭痛や吐き気が起きる場合があるようです。

また、点滴による鎮痛の場合は、ママや赤ちゃんが眠くなったり、呼吸が弱くなったりする場合があります。副作用の可能性を理解した上で、信頼できる病院選びが重要になります。

吸引分娩・鉗子分娩になる確率が高くなる

自然分娩では、子宮口が全開になったら陣痛の波に合わせ、いきむことで赤ちゃんが降りてきます。無痛分娩によって陣痛を感じなくなると、子宮口全開になっても波が分からず、いきみにくいということがあるようです。
ママが陣痛に合わせていきまないと赤ちゃんが降りてこないため、吸引分娩や鉗子分娩で赤ちゃんを引っ張り出す必要が出てきます。

吸引分娩や鉗子分娩は、自然分娩でも赤ちゃんがなかなか降りてこない場合に行われる処置ですが、まれに赤ちゃんの顔を傷つけてしまうなどのリスクがあることがあります。

無痛分娩はこんな人におすすめ

パソコンで自分に合った分娩方法を探している女性

無痛分娩は、基本的にはママの希望で行われますが、妊娠の経過によって医師が必要だと判断した場合は医師から無痛分娩をすすめられる場合もあります。
無痛分娩であっても自然分娩であっても、命がけでお産することに変わりはありません。医師と相談し、自分で納得できる分娩方法を選択してくださいね。

無痛分娩に向いている人

  • 痛みに弱い体質で、陣痛に対して恐怖心や不安感が強い方
  • ストレスを感じやすい、ストレスが体に影響するなど陣痛による負担が大きいと事前に医師が判断した場合
  • 分娩の進行具合がよくなく、母子の負担が大きい場合
  • 妊娠高血圧症候群の方

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ