授乳中の生理再開はいつからに関する記事

授乳中の生理再開はいつ?母乳に与える産後の生理の影響

授乳中の生理再開はいつ?母乳に与える産後の生理の影響

授乳中の生理の再開は個人差が大きい!授乳中でも生理は再開することもあるんです。それにはホルモンが大きく関係していますよ。

マーミーTOP  >  出産  >  授乳中の生理再開はいつ?母乳に与える産後の生理の影響

授乳中の生理はいつ再開するの?生理が母乳に与える影響

出産したら、母乳は自然と出てくるものと思ってしまいますが、母乳を出すための準備は妊娠中から始まり、出産を機にホルモンは著しく変化し、母乳の分泌が始まります。

産後、ホルモンが妊娠前に戻るまでには、ある程度時間がかかります。赤ちゃんが母乳を吸い始めると、脳が母乳を作らなければと認識し、ホルモンが分泌されるので、授乳中はずっと生理のない状態が続きます。

しかし、最近は、産後体力、子宮や卵巣の回復が早まっている傾向もあり、授乳中なのに生理が再開したというママもいるのです。そんな産後と生理の関係や、授乳とホルモンの関係などについてご紹介します。

授乳中に母乳が出るしくみ

妊娠中の女性

妊娠中には、ママのおっぱいが大きく張ってきますよね。これは、エストロゲンという母乳を出す準備をするホルモンが増加することによっておこります。エストロゲンはママの乳腺の発達を促し、母乳を作る準備をします。しかし、母乳の分泌を抑える働きも持っているために、妊娠中に母乳は出てこないのです。

出産をすると、エストロゲンが少なくなります。すると、これまで抑制されていた母乳が出るようになってきます。赤ちゃんがその母乳を吸い始めると、代わりにプロラクチンという母乳を作るホルモンが増加し、赤ちゃんが母乳を吸う動作で乳頭を刺激すると、プロラクチンが活性化していきます。

そして、母乳の生成が進むのです。この働きのために、プロラクチンは乳汁分泌ホルモンとも呼ばれています。母乳の生成が始まったら、オキシトシンというホルモンが乳頭まで母乳を運んでくれます

産後に生理がこない理由

産後の母乳が出ている間は、プロラクチンとオキシトシンというホルモンが出ています。この二つのホルモンは、排卵を抑制する働きがあるので、基本的に生理が来ないです。

ママの身体は、赤ちゃんを出産すると、まず、生まれた赤ちゃんを育てることを大切にします。赤ちゃんを妊娠することよりも、生まれた赤ちゃんが丈夫で元気に成長することに一生懸命になるのです。

産後の生理の再開時期

生まれたばかりの赤ちゃん

通常、母乳育児の場合は10~12ヶ月、出産後から完全ミルクの場合は5~6ヶ月で再開することが多いです。

赤ちゃんを出産して間もないころは、授乳の回数が多くなる頻回授乳をする場合が増えます。そのために、常に排卵を抑制するプロラクチンとオキシトシンホルモンが出ています。

しかし、頻回授乳はいつまでも続く訳ではなく、赤ちゃんの遊び飲みや離乳食が始まると、少し授乳間隔があいてしまうことがあります。授乳間隔があくということは、プロラクチンとオキシトシンのホルモンの分泌が少なくなるということ。

そのために、排卵の抑制が出来なくなります。そして、二つのホルモンバランスの崩れから、排卵が促され、生理が始まることがあるのです。

また、生理が始まるという時期は、ママの体調や産後の体力の回復等にも左右されます。ママの身体が育児に慣れて、子宮や体力も回復してきたかなと身体が感じるようになると、それが脳に伝わり、生理を再開させる準備を始めます。

授乳中の生理Q&A

ミルクを飲んでいる赤ちゃん

女性であれば、生理があることは当然です。また、生理があることは妊娠が可能なことを意味しますが、正直にいって、生理がとてもめんどくさいと感じるママもいるのではないでしょうか。そして、できればこの生理のない期間が長く続いてくれるといいなと、感じるママもいるはずです。

反対に、次の赤ちゃんを考えているママにとって、生理のない状態が長く続くと、次の妊娠のタイミングはどのようにしたらいいのか、排卵はきちんと再開するのかといったことが、気になることではないでしょうか。

Q1生理が再開すると母乳が出なくなるの?

A

生理が再開すると、途端に母乳が出なくなるわけではありません。体力の回復が進んだり、更に授乳間隔があいたりすると、プロラクチンホルモンが減って排卵の抑制が出来なくなり生理が再開します。プロラクチンが減るということは、母乳の分泌も減ってきてしまうのですね。

しかし、生理が始まったけれど、赤ちゃんにあわせて授乳回数を維持することが出来ると、母乳の分泌も問題なくできるでしょう。また、生理中は出血をするために、血液から作られる母乳量が一時的に少なくなることがあります。生理が終了すると、母乳の分泌量は戻るため、心配しなくても大丈夫です。

母乳をあげたい人は、生理が来たからといってすぐに諦めずに、一回10分以上の授乳や一日5回以上の哺乳、また、夜間哺乳の回数を減らさないなどして、授乳スタイルを維持することが大切です。授乳してホルモンを刺激すると、母乳はきちんと維持することが出来ます。

Q2生理中は母乳の味が変わるってホント?

嫌がる赤ちゃんのイラスト

A

一般的に、ホルモンバランスの影響で、排卵前後と生理中のおっぱいの味は変わると言われています。実際、おっぱいがおいしいのかまずいのかは、飲んでいる赤ちゃんに聞いてみないとわかりませんが、産後の生理が母乳に影響を与えていることがあるかもしれません。

母乳は血液から作られているので、生理の時には、体外に血液が出て行ってしまうために、母乳が薄くなったり母乳の分泌が少なくなったりします。このことから、赤ちゃんは、「いつものおっぱいと違う!」と微妙な変化を感じとり、おっぱいの食いつきが変わるのかもしれませんね。

また、おっぱいの食いつきが変わる原因として、ママの基礎体温の変化による影響があります。基礎体温を測ってみると、生理周期に合わせ、自分の体温が変化していることがわかります。

特に、排卵前後と生理中は、ママの基礎体温の変化が激しいとき。そのために、母乳の温度も変化し、赤ちゃんが嫌がることがあるのです

Q3出産方法によって再開時期は変わるの?

A

一般的に、自然分娩と帝王切開で、生理の再開時期は変わらないと言われています。自然分娩と帝王切開では、分娩によるママへの身体の負担は大きく異なります。帝王切開では手術の傷等もあるので、出産後は思うように動けず、体力の回復に時間がかかります。このことから、帝王切開をすると、生理の再開が遅くなると考えるママが多いです。

しかし、授乳回数の変化などで、母乳を飲むことが少なくなったり、間隔がずれたりすると、母乳を作り出すプロラクチンやオキシトシンの分泌が抑制され、生理が再開されます。

つまり、生理の再開時期は、プロラクチンがたくさん作られているか作られていないのかによって変わるので、出産方法の違いではなく、ホルモンバランスの影響で変わるということになります。

Q4断乳すればすぐに生理は来るの?

ミルクが入っている哺乳瓶

A

個人差はありますが、一般的に、断乳後の生理再開は、2~3ヶ月ほどかかることが多いです。断乳をすれば、母乳を吸われることがなくなります。

おっぱいが吸われなくなると、ママの脳は母乳を作る必要がないと感じ、母乳を生成するホルモンの分泌が減り、反対に排卵を起こすホルモンの分泌が始まります。その結果、断乳後に生理が始まるのです。

Q5授乳中に妊娠できますか?

A

授乳中でも、排卵があれば妊娠することができます。しかし、自分に排卵があるのかどうかは分かりにくいので、妊娠を望む場合は、基礎体温を測るようにするといいですよ。

授乳中は妊娠しないと思っていても、初回の排卵はいつあるかわかりませんし、生理が再開しても、始めは不規則かもしれません。また、無排卵月経であることも多いです。

帝王切開で出産した場合は、医師から1~2年くらいあけて、妊娠するように言われることも少なくありません。怪我をすると皮膚に傷が残りますが、帝王切開で子宮を切った部分も、当然傷跡が残ります。そして、その部分が一番デリケートな部分になっています。

そのために、早く妊娠してしまうと、その部分の修復が十分でない、また子宮の伸びが悪いなどということもあります。また、妊娠をするとおなかが張りやすい、子宮のトラブルが起こるなど様々な弊害が出ることもあるのです。

医師に指示された期間を置いた方が、ママの身体にとっても赤ちゃんの成長にとってもいいのです。体力がしっかり回復するまでは、妊娠を控えるなどの対策を取っておいた方がいいでしょう。

Q6生理がこない時の受診の目安を教えてください

赤ちゃんと子供を連れて水遊びをしているお母さん

A

生理が来ない時の受診の目安は、産後1年程度、または、断乳や卒乳をしてから3ヶ月程度です。一般的に、産後1年くらいでママの身体は回復します。生理が遅れる原因として考えられるのは、授乳でプロラクチンが作られていることや妊娠していること。

個人差はありますが、ストレスや何かの病気が隠れている可能性もありますよ。産後1年程度、または、断乳や卒乳をしてから3ヶ月程度たっても生理が来ない場合は、かかりつけ医を受診した方がいいですね。

焦らずゆっくりと回復を待ちましょう

出産を経験するということは、ママにとって大仕事です。でも、出産をしたからといって、大仕事が終わるわけではなく、育児という形で、ママは目まぐるしい日々を送らなくてはいけません。

生理が来るということは、ある程度体力が回復し、ホルモンバランスも整いつつあるということですが、まだ妊娠前の状態に戻ったわけではありません。また、その後の生理が順調に来るかどうかもわかりませんね。そのために、無理はせず、赤ちゃんと一緒に生活しながら体調を戻していくことが大切です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ