妊婦の鼻づまりの原因と対策に関する記事

妊婦が鼻づまりになる風邪など原因と鼻薬などの解消法

妊婦が鼻づまりになる風邪など原因と鼻薬などの解消法

妊婦さんは、なぜ鼻づまりをしやすいのか。妊娠中の鼻づまりを起こしてしまう、風邪や妊娠性鼻炎などの原因、鼻づまりが影響しておこる頭痛などの症状、耳鼻科で鼻薬を処方してもらう時のポイントや、蒸しタオルを利用するなど、お家でもできる対処法を紹介。

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦が鼻づまりになる風邪など原因と鼻薬などの解消法

妊婦が鼻づまりしやすい原因と頭痛や息苦しさなどの症状と解消法などについて!

洟をかむ妊婦さんのイラスト

妊娠すると、ママの体は赤ちゃんの命を育んでいく体つきに変わっていくため、今までとはホルモンバランスが一気に変わってしまいます。ホルモンバランスの変化に伴って、鼻の粘膜にも影響がでてしまい、妊娠すると鼻づまりの症状がおこってしまったり、アレルギー性鼻炎を患ってしまう妊婦さんもいらっしゃったりします。妊娠中の鼻炎は、妊娠性鼻炎と区別されているほど、妊娠期間中には多くの妊婦さんは鼻炎にかかりやすい時期でもあります。

なぜ、妊娠期間中には、鼻づまりが起こすくて、頭痛や息苦しさなど、その症状の解消法についても触れていきたいと思います。

鼻づまりとは、どういう鼻トラブル?

女性の口元と鼻

鼻づまりとは、妊娠する以前にも体感した事がある方がほとんどですよね。鼻づまりは、読んで字のごとく、鼻がいつもの状態よりも詰り気味となり、鼻呼吸をしづらくなってしまったり、鼻呼吸する時に変な音が鳴ってしまったり、息苦しさもするあの感じですよね。

鼻をつまらせる原因にはいくつかあって、風邪をひいてしまったり、アレルギー物質の影響を受けるなどして、鼻の粘膜が腫れてしまうことで、普段よりも、鼻の穴が狭まってしまうことで起こります。

また、鼻の粘膜が腫れること以外にも、鼻水が沢山たまっていたり、鼻くそが鼻の中に残ってしまっていたり、ポリープなどの出来ものができてしまったり、異物がつまってしまったりすることや、鼻の骨や軟骨が変形しまうことも鼻づまりを起こしてしまう原因です。

鼻づまりになると、うまく鼻呼吸できなくなってしまって、口呼吸への依存度が高まります。試しに、鼻をつまんで、口呼吸だけをしてみると、すぐに喉がカラカラに乾いてしまいますよね。それに比べて鼻呼吸もできる場合には、苦しくはなくなるし、鼻の粘膜や鼻から体の奥の方につながっていくトンネルを通っていく過程で、細菌などが退治されていきます。

鼻づまりが起こってしまつて、口呼吸のウェートが高まっていくと、口の方から細菌が侵入しやすくなってしまい、喉や気管を痛めやすくなり、風邪の原因となってしまいます。

また、鼻呼吸が制限されてしまうと、体の中に取り入れられる酸素の量が制限されてしまって、頭がボーっとしたり、集中力の低下、睡眠の質が低下するなど様々なトラブルが続出してしまいます。鼻づまりになると、起きていても、眠たくなるのは、呼吸が制限されていることで、睡眠の質が低下してしまっている事が関わっております。

妊婦さんが鼻づまりをよく起こしてしまう原因は?

妊婦さんが鼻づまりを起こしてしまう原因は?

妊娠すると、今までの暮らしが一変します。つわりが始まったり、風邪をひきやすくなったり。鼻づまりも起こったりしてしまいます。

妊娠前には、鼻づまりをほとんど起こした事のない女性でも、妊娠をすると鼻づまりを頻繁に起こしてしまうこともあります。

鼻風邪

妊娠期間中には、ストレスを受けやすくて、自律神経が乱れてしまったり、ホルモンバランスが乱れたりして、免疫機能が低下してしまいます。そのため、普段から気を付けておかないと、風邪のウィルスにやられやすくなってしまいます。風邪を引いてしまうと、鼻の粘膜が腫れてしまったり、症状として、鼻水がたくさん出てしまうと、余計に鼻がつまりやすくなってしまいます。

鼻づまりの原因として一番多い理由は風邪です。最初は鼻水も透明ですが、やがて侵入してきたウィルスや細菌を撃退しようとすると、黄色い鼻水に変わります。これが風邪かどうか見極める手段にもなります。

女性ホルモンの影響を受けて

妊娠をすると、エストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が急激に増えていきます。
エストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれます。また、プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、エストロゲンと同様に、妊娠の継続に必要なホルモンです。

この二つのホルモンは、妊婦さんだけでなく、女性にはなくてはならない大切なホルモンです。どちらのホルモンも、妊娠以前には、バランスをとりながら調整されていますが、妊娠をきっかけとして黄体ホルモンが分泌され続けると、バランスが崩れてきます。このことをいわゆる、女性ホルモンが乱れるということになります。

エストロゲンは、お腹に中にいる赤ちゃんを出産するまで増加し続け、子宮を大きくして膨らませる事に関わっていたり、これから産まれてくる赤ちゃんのために、母乳を生成することにも関わっております。このエストロゲンの役割は、決して嬉しいことばかりではなくて、血管が収縮していこうとするメカニズムを抑えてしまいます。血管の収縮が制限されてしまと、血管がふくらんだままの状態ですよね。鼻の中の血管が膨らんでいると、いつもよりも鼻の穴が狭まっているため、詰りやすくなってしまいます

一方のプロゲステロンは、ママの子宮に胎盤が形成するときに作用したり、子宮の状態を赤ちゃんが過ごしやすい環境にする役目も担っております。このホルモンには、体の中に水分を余計にためておこうという信号も含まれているため、ホルモンがたまることで、体の中の水分量が増えてしまいます。すると、妊婦さんの体の血液量も増えてしまいます。その結果、鼻の粘膜などの毛細血管を流れる血液の量も増えていき、血管が膨らんでしまって、鼻の穴が狭まってしまい鼻づまりが起きやすくなってしまいます

妊娠性鼻炎

妊娠性鼻炎はホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れによって起きるといわれていますが、これだという原因は明確にはわかっていません。

自律神経の乱れによって、鼻粘膜が刺激に対して敏感に反応しやすくなってしまうことが、主な原因だと言われております。その原因物質の可能性が高いのが、ハウスダスト、タバコの煙などです。? 妊娠する前から鼻炎をお持ちだった女性は、鼻炎の症状が重くなることが指摘されているため、より注意が必要です!

妊娠性鼻炎は、個人差がともないますが、早い人だと妊娠してすぐ鼻炎の症状が出始めます。症状の強弱は、一定ではなく、波があります。治ったと思ったらまた症状が出たりと一進一退を繰り返すようです。

鼻づまりがなかなか治まらないと…

息苦しい状態が続いてしまう

大人になると、これから生まれてくる赤ちゃんほどには、鼻呼吸には依然はしておりませんが、試しに鼻を数秒間軽くつまんでみると、息苦しくなってしまいますよね。また、有酸素運動など経験のある方はご存知かと思いますが、鼻呼吸って大事ですよね。そのため、鼻づまりが起こっていて、鼻呼吸が制限させてしまうと、口呼吸に無理に頼ってしまおうとして、呼吸のバランスが乱れてしまったり、淡がからんだりして、息苦しくなってしまいます。

頭痛をかかえてしまうことも

鼻がつまって、鼻呼吸によって酸素を体に取り入れる量が減ってしまうと、脳に供給される酸素の量も制限されてしまって、頭痛を抱えてしまうこともあります。
また、つまり気味の鼻で無理をして呼吸をしようとすることが、頭痛につながってしまうこともあります。
鼻づまりの違和感が、ストレスとなり、それが原因で頭痛までも引き起こす人もおります。

睡眠の質が悪くなってしまうことも

ベッドで寝る女性

呼吸が乱れてしまうと、リラックスが出来ずに、なかなか眠りにつくことができなかったり、寝ている時にも、目が覚めてしまうので、睡眠のリズムも乱れてしまい、睡眠の質が悪くなってしまいます。就寝中も鼻づまりが原因で、イビキをかくようになったり、また自分のイビキで起きてしまったりと、深い眠りに入れないなどの睡眠障害も起こってしまいます。

妊婦の鼻づまりはいつまで続きやすいの?

鼻づまりの原因が、妊娠性鼻炎であれば、鼻炎の症状がおさまる時期が、鼻づまりもおさまっていく時期でもあります。
妊娠性鼻炎が終わるのは、出産を終えたころと言われています。これも個人差がありますが、産後すぐに症状がなくなる方もいれば、出産してから数週間たって、やっと落ち着いてきたという人もいます。多くの人は、出産後2週間ぐらいで落ち着いていく傾向が見受けられます。

鼻づまりをスッキリさせる解消法や対策

ティッシュ

妊娠性鼻炎は、妊娠中のみに起こる症状のため、出産してしばらくすると、ほとんどの女性の症状はおさまっていきます。ですが、期間中に症状がつらいときは、常にティッシュを片手に、頭もボーっとするので、何をするにも面倒になりがちです。せっかくの妊婦生活を鼻つまりのせいで台無しにしたくはありませんよね

妊娠中なので、自己判断で市販の鼻炎薬を飲むわけにもいきません。薬に頼らない、鼻づまりの対処法を紹介します!
ご自分に合った対処法を見つけて、症状が少しでも楽にしていきましょう。

妊娠してから診断を受けて処方された点鼻薬を利用する

お腹の子への影響を考えて、薬は極力避けたいと思うのが、母親の考え方だと思いますが、産婦人科でちゃんと診断を受けて、処方された点鼻薬は安心して利用していきましょう!医師の診察を受けると、母体にも、おなかの赤ちゃんにもしっかりと安全を確保されたお薬が処方されていますよ。

もしも、治療を受けるために、耳鼻科を受診する際は、妊娠中であることをしっかり伝えましょう。この場合は、ちゃんと主治医の先生の指示に従うようにしましょう!

鼻拡張テープを利用する

鼻の粘膜が腫れてしまって、鼻の穴が狭まってしまった事も、鼻づまりの原因であるため、鼻拡張テープを用いて、鼻を外側に引っ張って、穴の面積を広げることで、鼻づまりが解消されます。

外部から力を加えて使うので、鼻以外は特に影響はありません。妊婦さんでも安心して使用できます。

ブリーズライト クリア

ブリーズライト クリア(鼻拡張テープ)

グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社

オープンプライス

つまり気味のお鼻をスッキリとさせてくれと妊婦さんに評判なブリーズライトの商品です。その中でも使っている時には、最も目立ちにくいため、妊娠期間中でも、見た目を気にする妊婦さんにも人気の高い商品です。薬剤をつかっていないため、肌トラブルにもなりにくい事も人気の秘訣です。

http://wwwgds.breatheright.jp

鼻を蒸しタオルで温める

木製の表面に蒸しタオル

タオルに水を含ませ、多すぎてもいけないので、余分な水はタオルをしぼって、排水溝の中へ、水をある程度しぼったタオルを、電子レンジなどを利用して蒸しタオルにしましょう。

ほどよい温度になった蒸しタオルを、鼻の付け根あたりにあててあげると、鼻の血流を良くなっていき、鼻どおりがよくなっていきます。蒸しタオルがなければ、カイロでも代用できますよ。利用する際には、低温やけどには気を付けてくださいね!

鼻通などのツボを刺激する

また、お仕事中や、通勤中などに周りの人がいて、鼻づまりの症状が気になる時には、即効性を期待して、鼻の周りにあるツボを押してみると、鼻の通りがスッキリとすることもありますよ。

  • 睛明

目頭と鼻の付け根のところにあるツボ

  • 鼻通

鼻の両側の少しくぼんだころ、小鼻からそのまま上に向かって鼻の真ん中あたりにあるツボ

  • 迎香

鼻の両脇、法令線が始まるところにあるツボ

普段から加湿には気を付ける

秋から冬の季節は、乾燥しやすいシーズンでもあります。乾燥しやすい季節には、鼻づまりを防ぐために、加湿器で十分に加湿するようにしましょう。すると鼻づまりだけではなくて、風邪などのウィルスも撃退できるので、風邪の予防まで出来てしまいます。

お部屋をこまめに掃除してアレルギーの原因を退治する

掃除をする女の人の手

鼻づまりの原因でもあるアレルギー性鼻炎を、引き起しているアレルギー物質は特定できなくても、主な原因とされるほこりやダニやハウスダストなどは、お部屋の中をこまめに掃除しておくと、それら物質の増殖が抑えられ、鼻炎の悪影響を少なくすることができます。

ご自身の鼻づまりをスッキリさせるためにも、お部屋はスッキリさせましょう。掃除の際には、アレルギーの原因物質を吸いこんでしまう可能性が高まってしまうため、マスクを着用するようにしましょう。

手洗いがうがいなどをして、ウィルスと接触する機会を少なくする

手洗いをする女性の手

アレルゲンは、空気中から口や鼻を通して入ってくるだけでなく、手や服などについたアレルゲンが目や、鼻を触ることで間接的に体内に入ってしまうこともあります。鼻炎など、アレルギー系の症状を防ぐためには、うがいだけでなく、手洗いもしっかりしましょう。また、ご自身だけでなく、ご家族の方にも協力してもらいましょう。

免疫力を高める習慣を心がける

家族で食事の風景

妊娠中は、体質も変わります。今までは風邪をひかなかったのに、風邪をひきやすくなったりするのも免疫力が低下していることが原因です。

妊婦さんは、動くのも大変ですが、できる範囲で運動するように心がけましょう。また、季節の変わり目は特に体調を崩しやすいため、しっかりと栄養のあるものを食べたり、横になって休んだりといつも以上に気を付けるようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク