妊婦が痔になる原因に関する記事

妊婦の痔の原因は?妊娠中のいぼ痔/切れ痔の症状に要注意!

妊婦の痔の原因は?妊娠中のいぼ痔/切れ痔の症状に要注意!

妊婦さんが痔になりやすいのはなぜ?痔の種類や症状、原因、治療や予防法について知り、安心して妊婦ライフを過ごしましょう。

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦の痔の原因は?妊娠中のいぼ痔/切れ痔の症状に要注意!

妊婦さんは痔に注意!出産で悪化させないための痔の予防法

つわりのある妊婦さん

妊娠中は、つわりや腰痛、歯周病など、さまざまなマイナートラブルがありますが、その中でも痔は、「恥ずかしい」という気持ちが先行してしまい、悩んでいても誰にも相談できず、適切な処置ができないこともあります。しかし、痔の症状は、出産の際のいきみによってさらに悪化する恐れもあるため、妊娠中にケアすることが大切なのです。

そこで、痔の種類や原因など、痔についての知識を深めて、治療法や予防法も合わせて知ることで、妊娠中に痔になったときに、適切な対処ができるようにしておきたいですね。一人で悩むことのないように、ここで書かれていることを参考にして、妊娠中の痔に関する不安を少しでも解消していきましょう。

Q痔とはどんな病気なの?

痔とは、痔疾(じしつ)と呼ばれる肛門の周辺で起こる病気であり、3人に1人が抱える国民病といわれています。痔は、次の3つの種類に分類され、女性は、いぼ痔・切れ痔・あな痔の順になりやすく、妊婦さんは特に注意しなければなりません。それぞれの症状や特徴についてみていきましょう。

Aいぼ痔(痔核:じかく)

いぼ痔とは、肛門にイボのような腫れもの(静脈瘤)ができることで、肛門の内側にできる場合を内痔核、肛門の外側にできる場合を外痔核と言います。いきみ等によって肛門に負担がかかると、静脈が網の目のように集まっている、「静脈叢(じょうみゃくそう」という部分が、うっ血して腫れ上がってしまうことで起こります。

内痔核が起こる肛門の内側には、知覚神経が通っていないため、ほとんど痛みを感じることはないのですが、外痔核は炎症を起こすと痛みがひどくなります。しかし、内痔核の場合でも、悪化すると排便の際に大量に出血するほか、外にいぼが出てしまう脱肛(だっこう)が起こるので、痛みが生じることもあります。

A切れ痔(裂肛:れっこう)

切れ痔は、裂け痔とも呼ばれ、肛門が切れることで起こります。便秘による硬い便や、下痢の際の便が出る勢いによって、肛門のあたりが傷ついたり、直腸肛門部の血流が悪化したりすることが原因となっています。激しい痛みが特徴で、出血は多くはなく、トイレットペーパーに血がにじむ程度になります。

妊娠中は、特に便秘になりやすいのですが、その便秘によって切れ痔になると、強い痛みで排便が苦痛になり、排便を我慢することでさらに便秘が悪化するという、悪循環に陥ることになってしまいます。このような負のサイクルでは、切れ痔が治りにくくなり慢性化してしまうこともあるので、注意が必要なのです。

Aあな痔(痔瘻:じろう)

あな痔とは、肛門腺と呼ばれる管に膿が溜まることで、肛門の内側と外側をつなぐ、トンネルのような穴ができることを言います。肛門周辺に傷があったり抵抗力が落ちていたりする場合に、下痢などによって肛門腺に細菌が入り込んで感染すると、化膿して膿瘍となります。この膿瘍が進行したものが、あな痔というわけです。

肛門周囲に膿瘍ができた時点で、ズキズキした痛みや腫れ、膿が出るほか、38度以上の発熱などの症状がみられます。この肛門周囲の膿瘍やそれが進行したあな痔は、市販の坐剤や軟膏では治らないため、症状が現れたら、なるべく早く専門医を受診するようにしましょう。

妊婦さんが痔になりやすい理由

妊娠すると、さまざまな身体の変化がありますが、それらが原因で、痔になりやすくなってしまうこともあるのです。そこで、妊婦さんが痔になりやすい理由について、妊娠時独特の身体の変化と合わせて詳しく知り、痔にならないように注意するようにしましょう。

便秘

妊娠すると、それまでスムーズに排便できていた人でも、便秘がちになることがあります。それは、妊娠を維持する働きをする黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増えると、胎児のために水分を溜め込もうと作用するため、腸に水分が行き渡らなくなるから、便秘になりやすくなってしまうのです。

さらに、大きくなった子宮が腸を圧迫することで、腸の働きが鈍くなったり便の通りが悪くなったりすることも、便秘の原因となっています。便秘になると、排便の際に強くいきむことや、硬い便を排出することで肛門に圧力がかかり、いぼ痔や切れ痔になりやすいのです。

子宮の重みによるうっ血

妊娠週数が進み、お腹の赤ちゃんが大きくなると、その子宮の重みが肛門につながる静脈にかかってうっ血が起こるため、血管の一部がしこりとなり、いぼ痔や切れ痔が起こりやすい状態になります。さらに、大きなお腹で身体を動かすことに不安を感じ、運動不足になることで、肛門付近の血行が悪くなってうっ血してしまい、痔になりやすいのです。

妊婦さんの痔の治療

痛みや出血などの痔の症状が見られる場合は、まずはかかりつけの産婦人科に相談して、必要に応じて肛門科を紹介してもらうとよいでしょう。基本的に、妊娠中は、坐剤や軟膏などの薬で治療する、保存的治療が行われます。症状の悪化によって、どうしても手術が必要になった場合は、妊娠5ヶ月から8ヶ月の安定期に行うとよいと言われています。

妊娠中の痔を予防する6つの方法

妊娠中は痔になりやすいし、一旦痔になると悪化もしやすく治りにくいので、予防が肝心!痔を予防することは、便秘の解消や血流を良くすることでもあるので、妊娠中のさまざまな不快症状も改善できるのです。痔の予防法を生活の中に取り入れて、生活習慣の見直しにつなげていけるといいですね。

1水分を多めに摂る

妊娠中は、便秘をしやすいため、普段よりも多めに水分を摂る必要があります。カフェインや糖分を含む飲み物は、利尿作用が強いため、逆に水分が失われてしまうので、白湯や麦茶などが望ましいです。暑い時期に冷たい飲み物をガブガブ飲むことも、身体を冷やしてしまい、逆効果なので気を付けましょうね。

2バランスの摂れた食事を心がける

かぼちゃ

妊娠中は、食事に気を遣う人も多いでしょう。好き嫌いをせず、バランスの摂れた食事を心がけることが大切ですが、特に元々便秘がちな人は、食物繊維をたくさん摂るようにするのがおすすめ。食物繊維の多いサツマイモや豆、きのこをまとめてスープにすると、水分も沢山摂れて一石二鳥です。

腸のほうきとも言われるコンニャクも、ニンジンやゴボウなどの根菜といっしょに煮物にして食べるといいですね。野菜が苦手、食欲がないという人でも、ヨーグルトなどの乳製品なら食べられるのでは?ヨーグルトにオリゴ糖やハチミツを入れると、さらに便秘解消の効果がアップしますよ。

3シムスの姿勢で横になる

横になる妊婦さん

シムスの姿勢とは、左側を下にして、身体半分をうつ伏せにしたような状態で右足を曲げた姿勢のことであり、元々は直腸検査や気道確保など医療行為を行う時に、患者にリラックスしてもらうための姿勢だったと言われています。寝苦しい妊娠中でも、シムスの姿勢になると楽になるのです。

それだけでなく、シムスの姿勢をとると、子宮によって心臓につながる下大動脈が圧迫されないため、肛門の周辺のうっ血を防ぐことができます。妊娠中は、疲れやすかったり眠くなりやすかったりするので、このシムスの姿勢で横になると、痔の予防だけでなく体調管理もできますね。

4ウォーキングなどの軽い運動をする

ジムで下半身のトレーニングをしている妊婦さん

妊娠中は、身体を動かすのも億劫ですが、身体を動かすことで、腸の蠕動運動が促進されるほか、下半身の血流もアップするので、無理のない程度に身体を動かすといいですね。元々運動が苦手な人でも、ウォーキングなら気軽に続けられますよ。スマホの万歩計アプリなどで、どれくらい歩いたかが数字で表れるとモチベーションも上がります!

5下半身を温める

妊婦さんは普段から、お腹の重みで下半身の血行が悪くなりがちなので、お風呂に入って温めたり、腹巻などで冷やさないようにしたりして、下半身を温めることを心がけましょう。特に、お風呂で身体を温めることにはリラックス効果もあり、心身共に疲れのたまりやすい妊娠中にはおすすめですよ。

6下剤を処方してもらう

産婦人科と相談する妊婦さん

便秘を解消するような生活習慣を心がけているのに、頑固すぎる便秘に手を焼く人も。薬は、お腹の赤ちゃんに悪いからといって、控えたい気持ちも分かりますが、便秘がひどい場合は、我慢せずにかかりつけの産婦人科で下剤を処方してもらうとよいですよ。ただし、市販薬の服用はなるべくやめましょうね

出産時に注意すべきこと

出産前に痔になっていなかった人でも、出産による痔には注意が必要です。出産の際に強くいきむことによって、いぼ痔になることもあるくらいなので、出産前にいぼ痔があると、さらに悪化させてしまう可能性もあるのです。

いぼ痔がある人や痔になりやすい人は、お産の時にいきみやすくするために、肛門を押さえる脱肛保護という処置をしてもらうとよいでしょう。

出産が近くなったら、痔の症状があることや痔のためにいきみにくいことを、かかりつけ医や助産師さんに伝えておくとよいですよ。気恥ずかしさもあってなかなか伝えにくいことですが、安心して出産、産後を迎えられるように、ベストな方法でお産に臨むことが一番なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク