妊娠中のチョコレートは大丈夫?に関する記事

妊娠中のチョコレート/ココアはOK?カフェインの影響

妊娠中のチョコレート/ココアはOK?カフェインの影響

妊娠中のチョコレートが赤ちゃんに及ぼす影響は?チョコやココアのカフェイン含有量、チョコレートが妊婦に与えるメリットも!

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠中のチョコレート/ココアはOK?カフェインの影響

妊娠中のチョコレート…カフェインの影響は大丈夫?ココアは?

妊娠中や授乳中にカフェインを摂ることは、できるだけ避けた方がよいとされています。
カフェインといえばコーヒーや紅茶などのお茶類に含まれる成分ですが、中には「じゃあ、妊娠中はチョコレートもダメなの?」と心配になる方も多いのではないでしょうか。
同時に、健康に良いとされるココアやミロも、妊娠中の女性は控えた方がよいのかどうか気になりますよね。

お腹を触る妊婦

今回はチョコレートのカフェイン含有量に触れながら、妊娠中のチョコレート/ココア/ミロによる母体や赤ちゃんへの影響について解説します。
また、カフェインの影響は気になりますが、妊娠中のチョコレートにはメリットも期待できるという説もあるようですので、こちらも合わせてご紹介していきましょう。

チョコレートのカフェイン含有量

妊娠中はノンカフェインのコーヒーやお茶を飲むように心がけるプレママが多いですが、そもそもカフェインはどのぐらいの量を摂ると母体や赤ちゃんに影響が出るものなのでしょうか。

カフェインが妊婦に及ぼす影響

カフェインの影響としては、利尿作用や興奮作用があるためトイレが近くなることが多く、その際、カフェインの作用により尿とともにカルシウムが排出されてしまうので、骨粗しょう症になりやすいという危険があります。
その他、鉄分の吸収を邪魔する作用も指摘されており、カフェインを摂取し過ぎると貧血にもつながりかねません。

また、カフェインはそのまま胎盤へ移行するため、赤ちゃんにもカフェインを送ることになってしまいます。
妊婦さんのカフェイン摂取が胎児にどこまで影響するのかはまだ明確にはなっていませんが、国立成育医療研究センターによると生まれてくる赤ちゃんが低出生体重児となる可能性もあるという報告されているため、カフェインの過剰摂取にはくれぐれも注意が必要です。

チョコレートのカフェインはどれくらい?

カカオ豆と粉末

チョコレートのカフェイン含有量は具体的にどのくらいなのか気になるところですが、カカオの含有量によってカフェイン含有量は異なります。

通常のチョコレートには平均で100gに約61mgのカフェインが含まれているとされています。
国民生活センターのテスト結果によると、高カカオチョコレートの場合、通常のチョコレートと比べるとカフェイン量は2.3~4.0倍含まれており、これはコーヒー100gに含まれる量と同量~2倍程度だそうです。

WHO(世界保健機構)によると、妊娠中のカフェイン摂取量はコーヒーを1日3~4杯までとされていますが、妊娠中のカフェインの安全摂取量は国によって定める数値が異なるため、原材料にカカオマスと記載されているものには、少量であってもカフェインが含まれているということを常に意識し、食べ過ぎないように気を付けましょう。

妊娠中のココアやミロは?

チョコレートと同様にカカオが含まれているココアやミロですが、これらのカフェイン含有量はどれくらいなのでしょうか。妊娠中にココアやミロを飲む際の注意点などにも触れていきます。

ココアのカフェイン含有量

ミルクが浮かぶココア

ココアを飲むとホッと落ち着きますし、美容や便秘に効果があるといわれ、メディアでもたびたび取り上げられていますよね。
妊娠中にもコーヒーの代わりにココアを飲む人も多いものですが、そんなココアにもカフェインが含まれています。

ココアのカフェイン含有量は100gに約8~10mgとされていますが、カフェインは少量であっても、ココアによっては糖分や乳脂肪分が入っているものがあり、1日に何杯も飲むと体重増加の原因やカフェインの摂り過ぎとなる可能性があるため、飲み過ぎないように気を付けましょう。

ミロにもカフェインが含まれています

ネスレ社の栄養補助食品であるミロは、昔から愛飲者の多い人気商品で、麦芽にココアパウダーを加え、ビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄分が豊富に含まれています。成長期の子供をメインに飲まれていますが、妊婦さんにとっても嬉しい栄養補助食品ではないでしょうか。

しかし、ミロにも少量のカフェインが含まれており、製造元は1日1杯程度なら問題はないとしていますが、不安な場合はかかりつけ医に相談するようにも喚起しているため、少しでも気になることがある場合には、飲む前に担当の先生に相談しておくと安心です。

妊娠中にチョコレートを食べるメリットもある!

チョコレートのカフェインについてはデメリットな部分が目立ちますが、実は妊娠中にチョコレートを食べることでメリットが期待できるという説もあります。

妊娠高血圧症候群の予防になる

割れた板チョコレート

アメリカのエール大学の研究チームが、妊婦を対象に1996~2000年に行った調査によると、「ビターチョコレートが妊娠高血圧症候群のリスクを69%低減した」という結果が出たそうです。

これは、チョコレートに含有されているテオブロミンの血管拡張作用や胎盤への血流増加によるものだそうです。
また、その他のチョコレートに含まれるマグネシムやフラボノイドなどの成分も、健康に良いとされる成分が含まれていると言います。

赤ちゃんがよく笑うようになる

フィンランドのヘルシンキ大学が、妊娠中の女性300人にチョコレートを食べる量とストレスレベルを記録してもらう実験を行ったところ、「妊娠中にチョコレートを食べることで、よく笑う赤ちゃんが生まれる」という実験結果を報告しています。

「チョコレートを食べていたママから生まれた赤ちゃんはよく笑い、どんな場所でもあまり恐怖心を持たず積極的に適応しやすい」という結果が出たそうです。これはチョコレートがママのストレスを軽減し、フェニルエチルアミンという気分が高まる物質が胎児に届けられたからであると考えられています。

満腹中枢を刺激する

チョコレートの一口サイズスイーツ

妊娠中期から後期は食欲が湧いてくるので食べ過ぎてしまうことが多いのですが、チョコレートを食前に少し食べると、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを抑えるメリットがあると言われています。
チョコレートには血糖値をゆっくりと上げる効果があるので、食前に食べると既にお腹が満たされているような状態になり、食べ過ぎを防ぐことができるのだそうです。

妊娠中のチョコレートは適量にとどめましょう

カフェインや糖分、脂肪分の多いチョコレートを始め、甘いものの食べ過ぎは控えなければなりませんが、妊娠中のチョコレートは適量を食べることでチョコレートの持つメリットを得ることにもつながり、ゆっくり味わうことで心も満たされます。

極端に食べ過ぎたり、減らし過ぎたりすることは、体調にも精神的にも良い影響があるとは言えません。
妊娠中だからといって、チョコレートを敬遠する必要はありませんが、バランスの良い食事を基本にして、チョコレートは適量を考えて食べることが大切だと心得て、美味しく健康的に味わうようにしてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ