妊婦の歯医者受診は大丈夫?に関する記事

妊婦の歯医者受診時の注意点/レントゲンや麻酔は大丈夫?

妊婦の歯医者受診時の注意点/レントゲンや麻酔は大丈夫?

妊婦の歯医者受診に適しているタイミングはいつ?胎児への影響や妊娠中の虫歯予防法を知り、出産までに歯の状態を整えましょう。

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦の歯医者受診時の注意点/レントゲンや麻酔は大丈夫?

妊婦は歯医者に行ってもOK?受診する際の注意点

妊娠中は虫歯になりやすい状態です。身重の体で歯医者に通うのは大変ですが、虫歯や歯周病が胎児に悪影響を及ぼす可能性もあるため、体調の良い時期を見計らい、早めに治療を済ませておきたいところです。

「歯医者の治療が胎児へ影響を与えることはない?」「麻酔やレントゲンの安全性が定かじゃないと不安…」という妊婦さんのために、妊婦さんが歯医者に行くべきタイミング歯医者での治療が胎児に与える影響についてまとめました。

妊婦は虫歯になりやすいって本当?

お腹と口を押さえる妊婦

妊娠中は、妊娠状態を継続させるためにエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが増えます。口内のよだれの量が減り、口内がアルカリ性から酸性になりやすく、妊娠していない時よりも虫歯や歯周病にかかりやすい状態です。

さらに、妊娠中は食べつわりの影響で一日中何かを口にしていないと気持ち悪くなってしまう妊婦さんや、歯磨きをすると気持ち悪くなってしまい、奥までしっかり歯磨きできない妊婦さんも多く、虫歯になりやすい環境が自然と揃っているのです。

虫歯や歯周病が胎児に及ぼす影響

2003年に鹿児島大学の教授が鹿児島市立病院と行った、歯周病と早産の関連性を調査した研究データによると、歯周病の既往がある妊婦は、そうでない妊婦さんに比べて早産/低体重児出産する確率が7.5倍であるとされています。
これは高齢出産やアルコール・タバコ等よりも高い数値です。

また、虫歯菌や歯周病は胎盤を通してママから赤ちゃんへと感染してしまう可能性があるので、妊娠前・妊娠中からのケアがとても重要と言えるでしょう。

妊婦は歯医者に行っても大丈夫なの?

歯科医と助手が笑顔で迎える

妊娠中は、赤ちゃんに影響が出るような手術治療や薬の服用は避ける必要がありますが、基本的には受診しても問題はありません
治療中に仰向けで寝ている体勢が辛い場合や、吐き気を感じた場合は治療の最中でも我慢せず、医師や歯科衛生士に伝えるようにしましょう。

母子手帳を持っていくと、歯科医にも妊娠の経過が分かりますから、不安や疑問がある場合は歯科医や産婦人科医と相談した上で受診すると安心です。
妊娠中は初期から後期まで様々に体調が変化し、歯医者通いに向いていない時期もあります。妊娠の時期別に注意しておきたい点をまとめましたので、これから歯医者へ通う予定のある方はチェックしておきましょう。

妊娠初期

妊娠初期には胎盤がまだ完成しておらず、体調が安定しない時期です。

つわりにも個人差がありますが、歯科院の独特のにおいや、口内の治療を受けることで気分が悪くなってしまう妊婦さんも多いため、安定期に入るまでは歯医者の受診を見送った方が無難でしょう。
歯や歯茎の痛みがひどい場合は応急処置にとどめておき、安定期に入って体調が落ち着いてから通うようにしましょう。

また、妊娠初期はお腹が目立たないため、妊娠前から通っている歯医者では妊娠中であることに気付かれない場合もあります。妊娠初期に歯医者を受診する場合は、必ず妊娠中であることを事前に伝えるようにしましょう

妊娠中期

治療を受ける女性

安定期に入り、妊娠の経過に問題がない場合は、妊娠中の歯の治療に最適な時期です。お腹の張りや体調の変化に注意して、麻酔や抜歯を含む一般的な歯の治療を行っても問題はありません。

歯医者を受診する場合は事前に妊娠中であることを伝え、計画的に治療を進めていき、不安がある場合は産婦人科の担当医に歯医者を受診することについて相談してみましょう。

妊娠後期

妊娠後期になるとお腹が目立つようになり、仰向けの体勢で長時間治療を受けているのが辛くなってきます。お腹も張りやすくなり、胃が子宮に圧迫されるため、つわりのような症状が出ることもあります。

臨月ギリギリになるといつ破水や陣痛が起こってもおかしくない時期ですので、妊娠後期の妊婦さんの歯医者通いは適していません。妊娠後期が近づいたら、歯科医や産婦人科医と相談しながら早めに治療の計画を立てましょう

痛み止めや抗生物質の影響

お薬手帳と錠剤

特に妊娠初期は赤ちゃんの様々な器官ができる大切な時期ですから、薬の処方や服薬にも慎重になるものです。
そのため、妊娠初期に治療を行った場合、医師の判断で治療後に処方される痛み止めや抗生物質が処方されなかったり、そもそも薬が必要になる治療が行われなかったりする場合があります。

痛み止めであればカロナールなどの薬、抗生物質であればペニシリン系セフェム系の薬など、妊娠中や授乳中に服薬しても安全性の高い薬が処方される可能性が高いでしょう。

処方された薬を自己判断で飲まずにいることで、痛みや化膿がひどくなり、その痛みが胎児に悪影響となる場合もありますので、「飲む・飲まない」を自己判断せず、信頼できる医師とじっくり相談するようにしましょう。

レントゲンや麻酔の影響

妊婦さんで歯医者に行きたいという方の中には、レントゲンによるX線の被爆を心配している方も多いでしょう。
しかし、歯医者のレントゲンは口の中に向けて当てるものであり、さらに鉛のエプロンを首からかけてレントゲンを受けるため、X線の被爆の心配はないと言われています。

さらに、歯の治療時には麻酔を使用するケースもありますが、この麻酔は患部だけに効くように少量で調整された局所麻酔なので、打った部分のみで吸収されてしまい、お腹の中の赤ちゃんに届くことはないと考えられています。

妊婦が歯医者を受診する際に注意したい治療は?

レントゲンや麻酔などを使った歯の治療は、妊婦さんでも安心して受けられるものがほとんどですが、親知らずの抜歯やインプラントなど、妊娠中に急いで行う必要がない処置に関しては注意が必要です。
親知らずの抜歯は、人によっては治療後の腫れや痛みがひどくなり、抗生物質や痛み止めを長期間服用することになる可能性があります。
安全性の高い薬であっても、長期間の服薬となると赤ちゃんへの影響が懸念されますし、親知らずを抜歯する時は痛みや緊張からお腹に力が入ってしまうこともあるため、できれば妊娠前に済ませておくか、産後に行うのがおすすめです。

また、インプラントなどの外科的処置でも、長期間の抗生物質の服用が必要になる場合があるため、緊急に必要ではない処置は、妊娠中は避ける方が安心でしょう。

市によっては妊娠中の歯科検診の助成が受けられるところも!

母子健康手帳

自治体によっては妊娠中に歯科検診1回分が無料となったり助成金が出たりするところもあります。
上限額やチケットの配布方法は地域によって異なり、受診する医療機関が限られている場合もあるため、妊娠が発覚した時点で住民票がある地域の保健所や市役所で確認をとり、上手に活用していきましょう。

また、妊婦歯科検診を受ける際は、配布される妊婦歯科健診受診票母子手帳健康保険証歯ブラシなどを忘れずに持参してくださいね。

普段から地道に虫歯予防することも大切

元々、生まれたばかりの赤ちゃんの口内には虫歯菌(ミュータンス菌)は存在せず、赤ちゃんが虫歯になる原因は、親や身近な人の唾液から虫歯菌が感染することが多いとされています。
「痛みがないから大丈夫」と妊娠中から虫歯菌を放置していると、赤ちゃんをお世話しているときに虫歯菌をうつしてしまいかねません。

つわり中からできる虫歯予防

・歯磨き粉を無臭のものやミントタイプなど使いやすいものに変える
・キシリトール配合のガムや歯磨き用のタブレットを口にする
・お茶やマウスウォッシュでうがいするようにする
・ヘッドが小さめの子供用歯ブラシを使ってみる
・喉の奥に近づけないように、奥歯に当てる時はそっと、小刻みに歯ブラシを動かす
・デンタルフロスや歯間ブラシを使って汚れをとる
・食後に限らず、体調がいい時間帯に磨くようにする(嘔吐後30分は歯磨きを避けた方がベター)
・食べづわりの場合も、糖分の多いものをダラダラ食べたり飲んだりしないようにする

産後、赤ちゃんが生まれて24時間のお世話が始まると、歯医者に通うこともなかなか難しくなります。ママ自身のためにも生まれてくる赤ちゃんのためにも、普段から入念な予防ケアを心がけましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事と関連性の高い記事