妊婦のアロマ利用時の注意点に関する記事

妊婦はアロマに注意!禁忌を知って安全なオイルの使い方

妊婦はアロマに注意!禁忌を知って安全なオイルの使い方

妊婦でもアロマが使えるの?答えは使えるものもあれば、禁忌もある…です!ホルモンバランスに影響を及ぼすなど妊婦NGなアロマの種類と注意点、妊婦にいいアロマ&オススメの使い方を、癒し効果を高めるアロマグッズと一緒にご紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦はアロマに注意!禁忌を知って安全なオイルの使い方

妊婦はアロマやオイルって大丈夫?!避けたい種類と妊婦の味方となる使い方も紹介

妊娠したら「アロマは使っちゃダメ!」なんて話を聞いちゃったりして、マタニティライフ期間中に溜まったストレスをどう発散させようかと、イライラしている妊婦さんはいませんか?

妊娠中には使ってはいけないアロマやオイル、使っても大丈夫な種類もご紹介します。何の種類のアロマが悪いのかシッカリ確認し、妊娠期間中でも利用できる種類のアロマを使って、匂いからリラックスしちゃいましょう。

そもそもアロマって何?

アロマオイル

妊娠する前には、仕事の疲れを発散するためにアロマディフィューザーなどのお気に入りのアイテムを使って、そこから醸し出される匂いの癒し効果に包まれていた方々は多くいらっしゃったと思います。

匂いに満たされながら、リラックスできるお気に入りの香りがあったり、気分の落ち込み具合などによって香りの種類を使い分けるなど、アロマを楽しんでいた方も多くいらっしゃったと思います。そもそも、アロマはアロマテラピーの略語で、植物から香りの成分である精油を化学操作によって抽出したエキスの事をいいます。アロマの香りをかぐことで様々な効果があって、美容や健康に関心のある女性の中には趣味にしている人達もおります。

妊娠期間中には禁忌!種類や利用法によっては注意したいアロマ!

アロマは植物が原料のため、体に優しいイメージがありますが、妊娠の時期には体への効能が強く出てしまうこともあります。妊娠する以前には、好きだったアロマの香りも、妊娠後には母子ともに影響を与えてしまうため禁忌とされる種類もあります。実際には、香炉を使ったりお風呂に入れたとしても、すぐ危険な状態になるという作用は無いとされています。それは正しい使用法を行った場合でのみ言えることで、飲用したりすると身体に大きな影響があるのは確かです。
香りの感じ方は、人それぞれなので、少しでも注意したい人のためにも、妊娠期間中には避けた方がよいアロマの種類をご紹介していきます。

ホルモンバランスに影響する

セージとセージの花

数あるアロマの種類の中には、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の分泌を促進させてしまうものもあります。そういった種類のアロマを妊娠期間中にも使用し続けてしまうと、ホルモンバランスを乱してしまう恐れがあるので、妊娠中は控えるべきです。

例えば

  • クラリセージ
  • セージ
  • ニアウリ
  • フェンネル
  • スターアニス
  • アニス
  • サイプレス

などの種類の、アロマの香りが好きであった妊婦さんは、利用する際には注意をしましょう。

通経作用があって、お腹の赤ちゃんを圧迫してしまう恐れがある

通経作用とは、生理を促したり、生理不順を改善する作用があります。そのため、子宮などの生理現象に関わる体の器官が刺激されてしまって子宮収縮がおき、胎盤の中にいる赤ちゃんが押し出される可能性があるため、妊娠初期は特に注意する必要があります。

  • クラリセージ
  • サイプレス
  • シナモン
  • ローズマリー
  • ローマン
  • ローズ

などの、アロマには通経作用があると報告されているため、無事にお子様が生まれるまでには我慢をしましょう!

血圧を上昇させてしまう効果のあるもの

ペパーミント

妊娠中は血圧の管理も大切です。血圧を上げる効能のあるアロマもあり例えば

  • ペパーミント
  • アルベンシスミント

などの香りが、嗅覚刺激として、脳に伝わってしまうと、血圧を高める効果のある脳内物質の分泌に影響を与えてしまうと考えられておりますので、ミントなどの爽やかな香りはご注意ください。短時間で少量の香りならば、血圧はそれほどまでには上昇しないため、リフレッシュを求めて、香りを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

妊婦はアロマオイルなどを使ってもいいの?妊婦にいいアロマの上手な使い方

妊娠期間中のアロマの利用には賛否両論ありますが、使用する時期や方法を守っていけば、アロマを使用してもよいという意見も多いため、その使用法などを紹介します。

医師に相談する

妊娠する以前によく使っていたアロマを、妊娠してからも使用しても大丈夫かどうかを、担当の産科医にまずは聞いて、アドバイスを頂くのが一番かもしれません。お腹の赤ちゃんに影響を与えてしまったら大変なので、お互いで確認しあって、安心するためにも相談してみましょう。

妊娠初期には香りだけを楽しむ

アロマキャンドルを使った芳香浴

アロマの楽しみ方はいろいろあると思います。例えば、アロママッサージなどがありますよね。それらの中でも、一番効力が薄いのは、香りだけをかぐ芳香浴です。

その他のアロマの楽しみ方だと、肌に直接触れたりして、妊娠中の敏感になっている肌がかゆくなってしまうかもしれません。体質がデリケートになりがちな妊娠初期には、芳香浴だけを楽しんだ方が、より安全に快適に楽しめます。

アロマオイルを利用するときには薄めて使う

妊娠後期になれば、アロマオイルのオイルトリートメントも使用可能です。ただし、直接は肌が荒れてしまうので、オイルや水溶性のジェルで薄めてから使ってください。お勧めのオイルは、ホホバオイルやグレープシードオイル、オリーブオイルです。

これらのオイルは、キャリアオイルとも呼ばれ、ミネラルやビタミンなども含まれ、保湿力も高いから、乾燥しがちな妊婦さんの肌に最適です。

長時間の利用はさける

芳香浴なら大丈夫だと思って、妊娠前のように長い時間、一日中焚き続けるようなことは、よくありません。「寝る前の、1時間」や、「リフレッシュしたい時間」だけと決め、短時間の利用を心掛けましょう。

妊娠以前は、効果の大きかったアロマの長時間の使用は、妊娠している時期には少なからず影響を及ぼす可能性があるので注意しましょう。

グレープフルーツ系統のアロマでストレスを発散

アロマの香を楽しんでいる妊婦さん

妊娠期間中は、ストレスが溜ってしまうこともあって、ストレスをうまく解消させるためには、匂いによるリフレッシュ効果の強い、グレープフルーツ系統の香りで癒されることをお勧めします。

グレープフルーツは爽やかで甘ずっぱい香りで、リフレッシュしたいときにはもってこいな香りです。また、食欲を抑える効果もあるので、食べ過ぎを抑えてくれる効果も期待できますよ。

風邪の予防効果のあるアロマを利用する

妊娠期間中には、薬に含まれている成分が胎児に影響を与えてしまう事も考えられるため、妊娠前に飲んでいた風邪薬などの市販薬は控えるべきです。病院から処方された薬も、妊娠してから飲んでも大丈夫か、シッカリと確認してから飲むようにしましょう。妊娠期間中には、免疫力を高める効果のあるローレルなどのアロマの香りを嗅ぐことで、風邪の予防につながります。

その他、鼻水やのどの痛みに効果的なのは、ユーカリラディアタやローズウッドです。妊婦さんはあれ風邪かな?と思ったら、少量程度でも良いので、一度試してみてはいかがですか?

消化作用を促進させて、便秘解消の味方をするアロマを利用する

便秘で困っている妊婦さんのイラスト

お腹の中にいる胎児が成長するにつれ、腸が圧迫されてしまって便秘になりがちです。そんな時には、消化作用を高める作用のあるジンジャーなどのアロマの香りを嗅いで、便秘を解消させましょう。

その他にも、セロリやペッパーも消化促進作用があります。ついでに胃腸の調子も整えてくれるのが嬉しいですね。

妊娠線が残りにくいように気になる部分にアロマ塗ろう

妊娠中や出産後、気になってしまうのが妊娠線です。プチグレンなどの肌の修復効果のあるアロマを薄めて、妊娠線ができやすい部分に塗ることで、オイルによる乾燥を防ぎつつ、妊娠線ができるのを予防することができます。

癒し効果などを高めるためにアロマグッズを使ってみよう!

妊娠期間中には、体質や食生活も変化したり、精神的にも落ち着きが無くなったりイライラしがちになったりで、ストレスが溜まってしまいます。ストレスをうまく発散できずに、どんどんと蓄積してしまうと、体調を崩してしまう原因になってしまいます。心と身体って連動していますよね。体に影響の出にくい使用法を守りながら、アロマグッズも使っていくことで、ストレスを解消することができます。おすすめのアロマグッズをいくつか紹介します!

アロマランプ ~ ランプの間接照明でも癒される

アロマランプと観葉植物

アロマランプは、火ではなく、ランプで加熱して、香りを広げさせる芳香器です。ランプの光は、間接照明として使うことができ、「匂い」と「優しい光り」で、リラックスにはもってこいの空間を演出する事が出来ます。火を使わないアイテムのため、気持ちよくてふと寝てしまった時などの、もしもの時の不安もありません。

ラベンダーなどの神経をリラックスさせ、安眠効果も期待できる種類のアロマを、なかなか寝付けない日に使ってみましょう。

アロマブリーズ ~ 心地よい風と匂いでリフレッシュ

風で香りを広げるタイプの芳香器です。マットなどにアロマを染み込ませ、内蔵されているファンで香りを広げていくタイプのものです。サイズもコンパクトで、持ち運びにも便利だから、寝室やリビングなどお気に入りの場所で使うことができますよ。

アロマディフューザー ~ アロマの細かい微粒子に全身が包まれる

霧が出るタイプの芳香器です。別名、アロマミストやアロマ加湿器とも言われています。超音波式と、エアー式とあります。一般的なのが超音波式で、冷たいミストとともに、香りを広げます。

エアー式は水や熱を使わずに、アロマの分子を微粒子にして外に送り出すタイプです。利用する際にはオイルの消費量は多くなってしまいますが、本来のアロマの香りが楽しめると、多くのアロマ愛好家の女性達から支持を集めているアロマグッズです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク