妊婦はヨーグルトで便秘解消に関する記事

妊婦さんにヨーグルトはおすすめ?妊娠中の上手な食べ方

妊婦さんにヨーグルトはおすすめ?妊娠中の上手な食べ方

妊婦はヨーグルトを控えた方がいい?赤ちゃんのアレルギーと関連するという噂もあり、ヨーグルトは摂取が少し心配な食材。でも、ヨーグルトには、便秘解消やカルシウム補給などの嬉しい効果もありますよ。妊娠中のヨーグルトの選び方や効率的な食べ方とは?

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦さんにヨーグルトはおすすめ?妊娠中の上手な食べ方

妊婦はヨーグルトを毎日食べてもいい?食べ過ぎないで便秘を防ごう!

妊娠前はヨーグルトを毎日食べていた。けれど、妊娠中は、あんまり食べない方がいいってホント?

いえいえ、妊婦さんでもヨーグルトは食べて問題ありません!ヨーグルトには、妊娠期間中の便秘解消効果も期待できますし、赤ちゃんの成長に必要な栄養素だってたくさん含まれています。でも、妊娠期間中には注意したい点があるのはホント。

妊娠中のヨーグルトの上手な食べ方、妊婦さんにおすすめのヨーグルトを紹介します!

妊婦の便秘は深刻…。便秘解消のためにヨーグルトを食べよう!

妊娠後期の妊婦さん

妊娠初期~妊娠後期まで、多くの妊婦さんが抱えるマイナートラブルの一つに便秘があります。
そもそも、どうして妊婦さんは便秘になってしまうのでしょうか?

実は、妊娠すると、妊娠を継続する役割のある黄体ホルモン(プレゲステロン)の分泌量が飛躍的に上昇するのですが、黄体ホルモンには、腸の働きを抑制する作用があります。一方で、妊娠週数が進み、お腹の赤ちゃんが大きくなってくると、子宮が腸を圧迫し、腸の動きがにぶくなることで、どうしても便秘がちになってしまいます。

便秘になったからといって、お腹の赤ちゃんに悪い影響はありません。ただ、下剤等のお薬も簡単には使えないので、妊娠期間中ずっと、重い便秘が続くのは、妊婦さんにとっては非常に辛いもの。ヨーグルトには腸内環境を活性化させる効果がありますので、定期的にヨーグルトを摂取し、お腹の調子を整えて、便秘知らずな妊婦生活を送りましょう!

ヨーグルトは、赤ちゃんと自分の骨を守るためにも効果あり!

ヨーグルト

ヨーグルトといえば乳酸菌、というイメージが強いですが、実は骨を作ってくれるカルシウムも多く含まれています。妊娠期間中は、お腹の中でスクスクと成長している赤ちゃんのためにも、普段よりも多くのカルシウムを体に取り入れる必要があります。

1日3度の食事だけでは、十分にカルシウムを摂取できないこともあり得ますので、カルシウム補給のためにも、ヨーグルトを食べましょう。食事につけてもいいですし、おやつとして間食にしてもOKです。

食べ過ぎには思わぬリスクも!低糖分・低脂肪タイプがおすすめ!

リンゴが入っているヨーグルト

ヨーグルトは、商品によっては、糖分も豊富に含まれています。「便秘解消のため」「赤ちゃんの成長のため」と、ヨーグルトを食べ過ぎると、妊娠高血圧症候群や体重増加を引き起こしかねません。

妊娠期間中は、糖分の少ないものや、低脂肪のヨーグルトを選ぶように心がけましょう。また、ヨーグルトの中に、粒状のりんごなどが入っているタイプもありますが、果糖も摂り過ぎてしまうと、肥満の原因になってしまいます。食べ過ぎには気を付けましょう。

また、確定された事実ではないものの、妊娠期間中にヨーグルトを含む乳製品を多量に摂取すると、生まれてくるお子さんがアレルギー体質になってしまうとの指摘もあります。真偽は不明ですが、妊娠中に限らず、特定の食品ばかりを大量摂取することにはリスクが伴います。

プレーンヨーグルト+グラノーラは健康的?

プレーンヨーグルトに、グラノーラを合わせて食べるのが好きな方もいらっしゃいますよね。ドライフルーツやナッツが含まれたグラノーラは栄養価が高く、お通じにも効果的ですが、反面、カロリーが高いという問題があります。美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいがちな組み合わせですので、1日○グラムと量を計って食べることをおすすめします。

また、フルーツやナッツに、アレルギーをお持ちの方もいるでしょう。成分表をチェックして、何が入っているのかを確認してから、食べると安心です!

ヨーグルトを購入する際には、出来るだけ同じ商品のモノにする

各種類のヨーグルトのイラスト

ヨーグルトの種類は、スーパーの陳列コーナーをご覧頂くとわかるとおもいますが、飲むヨーグルト、カスピ海、R1配合など、実に種類が豊富です。ヨーグルトと一括りにされていますが、中身に含まれている乳酸菌の種類も異なっています。

色々なメーカーの味を試したくなったり、新商品が発売されたりすれば、つい、味見をしてみたくなりますが、これは便秘解消の観点からは、あまりおすすめできません。ヨーグルトの種類をコロコロと変えてしまえば、そこに含まれる乳酸菌の種類も変わってしまいます。前回摂取した乳酸菌と、新たに摂取した乳酸菌の相性悪いと、便秘解消の効果が薄らいでしまいます。

ヨーグルトのパワーを効率的に発揮させるには、できるだけ、同じメーカーの、同じ商品を継続して食べるようにしましょう。ご自分の体質に合った乳酸菌を見つけられれば、整腸効果がぐっと高まるはずです。

妊娠期間中、ヨーグルトは毎日食べた方がいいの?

ドライフルーツが入っているヨーグルト

整腸効果を期待するのなら、ヨーグルトは継続して食べた方が良いのは確かです。ヨーグルトは薬ではないので、1つ食べたからと言って、劇的に便秘が解消されるものではありません。腸内環境が整うためには、1週間~10日間は時間が必要ともいわれています。

ただし、継続が大事だからといって、無理をしてまで毎日ヨーグルトを食べるのは良くありません。ヨーグルト以外にも、便秘解消に良い食物繊維を含んだ食材は数多くあります。「最近、飽きてきた」「気分じゃない」という時は、そういった食べ物・飲み物を積極的に摂取し、便秘解消に役立ててはいかがでしょうか?

妊婦さんにもおススメしたいヨーグルト

妊婦さんにもおススメなヨーグルトをご紹介します。食べてみて、ご自分の体と相談して、自分に合ったヨーグルトを見つけてくださいね。

カスピ海ヨーグルト 脂肪ゼロ

カスピ海ヨーグルト脂肪ゼロ

フジッコ

オープンプライス

独特な粘りが特徴のカスピ海ヨーグルト、一時期手作りブームが巻き起こりましたが、持続するのはなかなか難しいもの。でも、これならカスピ海ヨーグルトが手軽に食べられます。フジッコのカスピ海ヨーグルトは、酸味が少ない乳酸菌を選んで作っていて、とっても食べやすくおいしいですよ。

http://www.caspia.jp

プロビオヨーグルト R1 ドリンクタイプ 低糖・低カロリー

プロビオヨーグルトR1ドリンクタイプ低糖低カロリー

明治

オープンプライス

様々な健康効果を期待されている乳酸菌1073R-1。毎日の健康習慣として、継続して摂取しているひとも多いR1ヨーグルは、ドリンクタイプなら、毎日の摂取が簡単です。低糖、低カロリーで、子供でも飲みやすいすっきりとした後味です。

http://www.meiji.co.jp

ナチュレ 恵 megumi 400g

ヨーグルトナチュレ恵megumi

雪印メグミルク

オープンプライス

ガゼリ菌とビフィズス菌、2種類の乳酸菌が腸内環境を整えてくれる、お馴染みのヨーグルト。1日の摂取目安量は100gなので、手軽に買えて、とっても経済的です。 トッピングも自由にできる無糖タイプなのもうれしいですね。特定保健用食品。

http://www.meg-snow.com

ソフール元気ヨーグルト

ソフール元気ヨーグルト

Yakult

オープンプライス

ヤクルトのロングセラーであるソフール。日本人に不足しがちな栄養素、カルシウムと鉄分を強化したヨーグルトです。もちろん、乳酸菌シロタ株がお腹の調子も整えてくれます。低脂肪で、毎日食べても脂質が気になりませんね。

http://www.yakult.co.jp

ビヒダス のむヨーグルト 750g

ビヒダスのむヨーグルト

森永乳業

オープンプライス

ビフィズス菌が腸内の環境を整えてくれます。家族みんなで、毎日飲める飲むヨーグルトです。酸味はやや強めですが、とろっと濃厚な味わいです。おいしさのあまり、飲み過ぎには注意しましょう!

http://bifidus.jp

朝食BifiXヨーグルト脂肪ゼロ 375g

朝食BifiXヨーグルト脂肪ゼロ

glico

オープンプライス

グリコ独自のビフィズス菌がお腹の調子を整えてくれます。パッケージにも、「お通じの改善に役立つ」という大きく印字されていて、便秘気味の人は試してみたいですね。カロリーも低く、脂肪分もゼロ。ダイエット中にも安心して食べられます。

http://www.bifix.jp

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ