妊婦のひじき危険な摂取量に関する記事

妊婦がひじきを食べるのは危険!?貧血予防にも効果なし?

妊婦がひじきを食べるのは危険!?貧血予防にも効果なし?

妊婦だからひじきで鉄分補給!と思ったら、ヒ素が含まれている!?でも、1日の摂取量や調理法に気を付ければ、心配いりません。ひじきに含まれるヒ素や、鉄分などの栄養素をまとめました。妊娠中のひじきは、食べてもいいけど、実はそんなに…?

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦がひじきを食べるのは危険!?貧血予防にも効果なし?

妊婦はひじきで鉄分補給…と思ったら、ヒ素が含まれてる!?~妊娠中は食べない方が良い?

鉄分、カルシウム豊富で、ヘルシー食材としても注目されていた”ひじき”。以前は妊娠中に食べたほうが良い健康食材として重宝されていましたが、最近では「食べてはいけない食材」という意見も出ていることをご存知でしたか?健康食品であったひじきが、真逆の立場になってしまったのはどうしてなのでしょうか?

始まりは、イギリス食品規格庁が、ひじきにヒ素が含まれていると発表したことでした。猛毒のヒ素が含まれているなんて大変な問題ではないか!どうしてくれるんだ!と思われた方、安心してください。微量のヒ素が含まれていることは間違いありませんが、通常の食事量であれば、すぐに母体や胎児に影響が出るわけではありません。

しかし、食べる量や方法には気を付けたいもの。正しい知識を身に付けて、神経質になり過ぎず、適切に摂取していきましょう。ここでは、ひじきの適切な摂取量の目安や、ヒ素を除去する調理方法などをご紹介します。

ひじきが「食べてはいけない」と言われるようになったのはどうして?

びっくりする妊婦さん

ひじきには、鉄分やカルシウムなど、妊娠中に必要な栄養素が含まれており、以前は積極的に食べることを推奨されていた食材でした。しかし、2004年に英国食品規格庁が、ひじきに発がん性のある無機ヒ素が含まれていることを発表。それが日本にも伝わり、瞬く間に健康への影響が懸念されるようになりました。

無機ヒ素は摂取しすぎると中毒になり、がんなどの重大な健康被害を及ぼします。また、無機ヒ素は胎盤を通過してしまうため、胎児に脳の障害などの影響が出る可能性も考えられるのでは?という指摘もあり、ひじきは妊娠中に食べない方が良いという話が伝わったのです。

日本の厚生労働省の見解は…問題なし。1日あたりの安全/危険な摂取量

ひじきの煮物

現在、厚生労働省は、日本人一人当たりの海藻摂取量は14.6gであり、1日あたりのひじきの摂取量は約0.9gなので、体重50kgの人は毎日4.7g以上のひじきを継続的に摂取しない限り、健康に問題はないという見解を発表しています。ひじきの食べ過ぎによって、健康被害が報告されたこともないということです。

小鉢に入ったひじきの煮物を、週に数回食べる程度であれば特に問題はなく、1日の平均摂取量(約0.9g)から考えると、通常食べている5倍以上のひじきを毎日摂取することは、逆に難しいですよね。

しかし、妊婦がひじきを摂取することにより、胎児にどのような影響が出るかは、詳細な調べができていません。ひじきに限らず、妊娠中に食べたものと、胎児の障害との因果関係は解明・証明することは難しいものです。

どんなに体に良い食品でも、過剰に摂取することは禁物。心配な方は、他の食品から必要な栄養を摂るようにしましょう。

水戻し・ゆでることでもヒ素は流れていく

日本の主流は乾燥ひじき。実際にはひじきを水で戻したり、ゆでて食べますよね。その過程で多くの無機ヒ素は除去されます。農林水産省が「より安全に食べるために家庭でできるヒジキの調理法」を公開していますので、詳しくご紹介します。

水戻し

乾燥ひじきは水戻しが必須ですが、どんな調理法にしても、30分以上水で戻すようにしましょう。これだけで無機ヒ素は5割に減少します。

ゆで戻し

水に入れてゆでる「ゆで戻し」は、沸騰後5分間ゆで、ゆでた後は水洗いをしましょう。この工程で8割程度、無機ヒ素を減らすことができます。

ゆでこぼし

水で戻してるひじき

ひじきを30分水に浸し、水戻しをした後で、お湯に入れゆでる「ゆでこぼし」が、最も多くの無機ヒ素を除去する方法です。戻し水を捨て、お湯に入れて沸騰後5分間ゆでます。その後水洗いをすれば9割程度無機ヒ素を減らすことができるのです。心配なのが、ひじきに含まれるカルシウム、食物繊維などの栄養素まで流れてしまうことですが、水戻し、ゆで戻し、ゆでこぼしをしても、それらの栄養素は7割以上が残ります

ひじきに含まれている妊娠中に摂りたい栄養素!

葉酸~妊娠初期には特に必要な栄養素

妊娠初期に葉酸のサプリメントを摂る妊婦さんも多いと思いますが、ひじきに含まれる葉酸は、胎児の脳や脊髄などの神経管を形成する役割を担う、とても重要な栄養素です。不足すると、神経管閉鎖障害などのリスクが高まりますので、特に妊娠初期は、意識して摂りたい栄養素です。

カルシウム~胎児の骨の成長を助け、丈夫な体を作ります

妊婦さんのイラスト

意外にもひじきはカルシウムが豊富。100g当たりの含有量は、なんと牛乳の約12倍!胎児の成長を助け、丈夫な体を作ります。妊娠中は、母体の歯や骨に蓄えられたカルシウムが胎児へ運ばれ、カルシウムが不足します。カルシウム不足は、歯や骨を弱らせるだけでなく、高血圧や肩こり、イライラなどの悪影響を及ぼします。赤ちゃんのためにも、ママのためにも、カルシウムは妊娠中に継続して摂らなくてはいけない栄養素です。

食物繊維~妊娠中の便秘対策に

ひじきには食物繊維も豊富に含まれています。多くの妊婦さんが悩む便秘には、食物繊維が効果的。100g当たりの食物繊維含有量は、なんと、ごぼうの約7倍もあるんです。

ひじきの栄養素に意外な事実が判明!貧血予防には効果なし!?

血液を作るのに重要な役割を担う鉄分、女性は積極的な摂取が必要ですよね。そして、妊娠中に不足する栄養素の一つでもあります。これまでひじきが親しまれてきた理由の一つに、不足しがちな鉄分を補給できるというメリットがあったことは間違いありません。しかし、最近になって、ひじきには期待していたほど鉄分が含まれていないという話も出てきているのです…。

料理用の鉄釜

日本食品成分表の最新版では、ひじきの成分について6種類のデータを公表しています。そこには製造法・調理法ごとの鉄分の含有量が書かれているのですが、なんと、ステンレス釜で乾燥ひじきを製造した場合と、鉄釜で製造した場合に大きな違いがありました。
鉄釜で乾燥ひじきには100g当たり58.2mgの鉄が含まれています。この数値は他の食品と比較してもトップクラスです。しかし、ステンレス釜で調理した乾燥ひじきに含まれる鉄は、6.2mgと、約9分の1。

また、乾燥ひじきは通常は、水戻ししたり、ゆでて食べますが、ステンレス釜でゆでた場合、最終的に残っているのが100gあたり0.3mg、鉄釜でも2.7gです。ちなみにゆでた小松菜100gあたりの鉄分が2.1mg、ひきわり納豆が2.6mg(納豆1パックは約50g)程度です。ひじきの鉄分保有量は期待していたほどではなく、ステンレス釜で製造された乾燥ひじきの場合、ほとんど鉄分を摂れていなかったというのが現実です。

目に見えないものだけに、数値に頼るしかない栄養成分ですが、このようなことから考えても、1つの食材に頼るのではなく、さまざまなものから必要な栄養素を補うことが大切ですね。

妊婦はひじきを食べてもいい!ただし、バランスのよい食生活が基本

元気な赤ちゃん

健康食品であったはずのひじきが、猛毒のヒ素を含むとして「食べてはいけない食材」になってしまった背景が分かりましたか?信じていたものが健康を害するなんて、ショックを受けた方も多いと思います。
しかし、正しい調理法を実践し、食べ過ぎることがなければ、ひじきは危険なものではありません。ひじきによる健康被害や妊婦が摂取することによる胎児への影響も、現時点では報告されていないのです。

ただし、今後の研究によって新しいことが発見される可能性もありますので、ひじきは過剰に摂取しない方が良い食材ではあります。時代によって、実は思ったほど栄養がない、よくない成分が含まれているなど、食材は良い面・悪い面が明らかになるもの。リスク回避のためにも、必要な栄養素は、色々な種類の食材から摂ることが望ましいですね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ