妊婦が刺身を安全に食べる方法に関する記事

妊婦だって刺身が食べたい!水銀と食中毒に注意した食べ方

妊婦だって刺身が食べたい!水銀と食中毒に注意した食べ方

妊婦が刺身を控えた方といわれますが、食中毒や食あたりのリスクだけが理由ではないって知ってました?実は魚には水銀が多く含まれており、胎児への影響が心配されているのです!妊娠中でも安全に刺身を食べる方法、食べても良い種類をご紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦だって刺身が食べたい!水銀と食中毒に注意した食べ方

妊婦が刺身を食べる時には気をつけた方がよい理由と食べる際の注意点について

妊娠期間中には生ものは食べない方がいいってよく聞きますが、なぜ、食べない方がよいのでしょうか?

馬刺しなどの生肉となると、「ほとんど食べない」という人の方が多いと思いますが、お刺身はどうでしょうか?お盆やお正月といった、家族や親せきが集まる機会に日本人が好んで食べる、お刺身とお寿司について、妊婦さんが刺身を食べる時の注意点、妊娠期間中も食べられる種類のお刺身などを紹介します。

妊婦さんが刺身を食べる時には気をつけた方がよい理由

お寿司の盛り合わせ

妊娠していない時なら、何も気にせずに食べても安心な刺身。妊娠することで食べない方が良い理由としては、お腹の中にいる赤ちゃんへの影響と、免疫力が落ちているママの体への影響があります。刺身以外も妊娠期間中は食べるのを控えたほうが良い食材は意外とありますので、一度確認しておいてください。

お刺身が、胎児と母体へ与える影響を確認しておきましょう。

魚に含まれている水銀を摂取しやすくなってしまうから

自然界に存在する「メチル水銀」は、魚を食べることで体の中に取り込まれていきます。大人だと、ある程度の量であれば、うまく排出することができ問題はありません。けれど、妊娠中期間中の女性では、その排出する能力がおとろえてしまって、水銀がお腹などに溜まりやすくなってしまい、どんどん溜まってしまうと、お腹の赤ちゃんに影響が出てしまうことがあります。

厚生労働省が公表しているデータである「これからママになるあなたへ おさかなについて知ってほしいこと」によると、魚は健康によいものですが、海の中での食物連鎖の上位に位置する大型の魚には、エサとして食べた沢山の小魚を通じ、水銀がどんどん蓄積してしまいます。海の食物連鎖の上位にいる魚を、妊婦さんが食べてしまうと、水銀が妊婦さんの体の中にたまりやすくなってしまい、お腹の胎児の発育に影響を与える可能性があります。

妊娠している時に、1週間で食べる量を制限した方がよいとされている魚の種類としては、キダイ、マカジキ、ミナミマグロ、キンメダイ、ツチクジラ、メカジキ、クロマグロ、メバチマグロなどがあります。

(注1)

マグロを解体する職人さん

厚生労働省が注意を呼び掛けているマグロ類は、日本人が大好きな魚ですよね。そのため、お寿司のネタとしても、お刺身のネタとしても、食べる機会が多くあり、お正月の時期など連日食べた場合には、「私って、前の家ではどのくらい食べたんだろう?」という意識を持つことが、お腹にいる赤ちゃんの健康を守るためには必要です。

まぐろ等の注意が必要な魚を、1週間という期間内に沢山食べてしまうと、ママの食べても安心な許容量を超えてしまい、お腹の胎児にまで水銀が影響を与える可能性が高くなるため注意しましょう。

マグロなどを減量に作られるツナ缶は、水銀含有量の調査により、含まれている水銀の量が少ないことが確認されておりますので、安心して食べることができますよ。

食中毒になりやすいから

食中毒の妊婦さんのイラスト

妊婦さんは、お腹で赤ちゃんを育てる為に、普段より免疫力が低いため、病気などになりやすく、同じように食中毒にもなりやすい状態です。食中毒になった場合、妊娠中は胎児への影響を考慮し、薬による治療法を選べなかったりすることもあります。食中毒の症状の一つでもある下痢や嘔吐が続いてしまうと、お腹の赤ちゃんに直接的には影響はありませんが、お腹が張ってしまい強い痛みを伴う場合があるので、水分補給をこまめにして早めに回復するようにしましょう。

イカやサーモンなどを生で食べると、食中毒となってしまう恐れがある

稀なことではありますが、イカやサーモンのお刺身を食べると、アニサキスという寄生虫に感染してしまうこともあります。妊婦さんが感染してしまうと、お腹の赤ちゃんに影響を与えてしまうこともあります。

農林水産省のHPの「寄生虫による食中毒に気をつけましょう」によると、サケやサバやイカなどをお寿司やお刺身を食べてしまうと、寄生虫の一種である「アニサキス」に感染してしまうことがあります。「アニサキス」に感染すると、激しい腹痛や嘔吐などの症状があらわれてしまいます。アニキサスによる食中毒は、年間7000件にも上る発症事例があるので、気をつけましょう。(注2)

妊娠期間中は、免疫力が下がっているため、水銀による影響だけではなくて、イカやサーモンなどの寄生虫が生息している種類の魚を生で食べると、胃壁にへばりつくことにより激しい腹痛に襲われます。妊娠していないにかかわらず、寄生虫による痛みは変わりませんが、強い腹痛を伴うために寄生虫がいるとされる魚の生食は避けたほうが良いでしょう。

妊婦の時期でもお刺身を食べたい! ~ 食べる時の注意点

お刺身の盛り合わせ

お刺身やお寿司を食べるという機会は、お祝いの席という事もあって、断るのが申し訳ないということもありますよね。そんな時には、どんな事に注意をすれば、妊婦さんでもお祝いの席に参加しやすくなるのか、また、日常の食生活でどういう事に注意をすれば、お刺身を食べることができるのかについての注意点を紹介します。

1週間で食べられる分量を把握し制限する

お刺身と言えば、マグロというぐらい、日本人はマグロが大好きですよね。他の食材との兼ね合いを考えて、1週間で摂取する水銀の量が、厚生労働省が決めた分量を超えないようにする必要があります。分量の目安は1週間で、ミナミマグロなら160g、クロマグロやメバチマグロなら80gと、基準が定められています。全く食べてはいけないということではなく、量を制限すれば食べても問題無いので、シッカリと食べた分量を管理しましょう。妊娠中の体重管理にも繋がりますから、何を食べたかメモしたり日記に書くのがオススメですよ!

新鮮なものをその日に食べる

やはり、新鮮なものの方が、安心して食べられます。鮮度が落ちるにしたがって、食中毒などを引き起してしまう菌が繁殖してしまうため注意しましょう!鮮度のよい状態であるお刺身の方が美味しいので、きっと大丈夫ですよね。

一度冷凍保存してから食べる?

厚生労働省が公表している「アニサキスによる食中毒を予防しましょう」によると、アニサキスは、-20度以下で24時間冷凍することにより死滅し、お腹に寄生される心配がなくなるそうです。(注3)

アニサキスは大きさ2cm程の線虫ですから、刺身の表面についている場合には目で確認することができます。必ずしも刺身の表面に出てきていると言うわけではないので、刺身をたべる場合には、冷凍・解凍物の刺身を選ぶと、アニサキスを心配する必要がありません。

買ってきた刺身を自宅の冷凍庫に入れておけば良いのでは?と思われがちですが、家庭用冷凍庫の温度は-18度程度であり、確実にアニサキスを死滅させる保証がないので、業務用冷凍庫で冷凍された刺身を食べるようにしましょう。

ガリなどの抗菌作用のあるものも食べる

お寿司と一緒に食べるガリ

お刺身を食べる際には、一緒に、抗菌効果のるガリや、大葉、わさびなどと一緒に食べるのもお勧めです。好みがあると思いますが、お刺身をより美味しく味わうためのアクセントとなったり、食中毒の予防効果があったりするため、お刺身のお供にしましょう!

少し加熱をしてから食べる

エビやカニ、タコやイカなどの多少の過熱をしても、お刺身としての歯ごたえがあるものは食べることができます。妊娠の時期には、生のものはやはり怖いので、少しの間我慢しましょう。「炙りなら大丈夫かな?」と思われがちですが、表面に焼色を付ける程度の場合は、菌もアニサキスも死にはしないので注意しましょう。

妊娠期間中にも安心して食べられるお刺身の種類

妊娠期間中でも、安心して食べる事が出来るお刺身の種類についてご紹介します。

カツオ

カツオのお刺身

水銀含有量が比較的少ないとされているカツオ。妊娠中は鉄分不足になりがちなので、カツオの鉄分を適量摂取することで、貧血予防になりますね。カツオのたたきに、ショウガの組み合わせには、ついご飯がすすみますよね。

アジ

アジのお刺身

血中コレステロールを下げてくれる不飽和脂肪酸のEPAやDHAが豊富なアジは、海の中の食物連鎖では上位にいないため、水銀量も少ない魚です。生は食中毒の心配がないことはありませんが、新鮮なものや少量程度なら、食べても大丈夫とされています。アジの開きに飽きてしまったら、新鮮な物をお刺身で食べましょう。

エビ

エビのお寿司

お寿司のネタでは定番のエビは、ボイルしてあるものがほとんどです。ボイルしてあれば、食中毒になるリスクが低下し、安全性が増すため、比較的、安心して食べることができます。

ブリ

ぶりのお刺身

ブリも、水銀が多く含まれる魚ではありません。栄養価としては、鉄部や不飽和脂肪酸のEPAやDHAが豊富なので、積極的に体の中に摂り入れたい食材ですよね。それでも食べ過ぎには注意です!濃厚な味わいなので、少しで満足したくなってきたら、妊娠期間中のご褒美として、ブリのお刺身を頂きましょう。

タコ

ボイルタコのお刺身

タコもボイルして食べる食材なので、比較的安全なものです。タコはタウリンやビタミンB2が含まれているので、血圧を下げてくれたり、美肌効果も期待できたりします。タコ焼きの味や、食感に飽きてきたら、タコのお刺身を頂きましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク