妊婦ができる虫歯の治療・予防に関する記事

妊婦さんは虫歯に注意!麻酔・治療の胎児への影響と予防法

妊婦さんは虫歯に注意!麻酔・治療の胎児への影響と予防法

妊婦は虫歯になりやすい原因と、もし虫歯になったら時の治療法を麻酔や痛み止めによる胎児への影響も含めて解説します。つわりで歯磨きができない方は特に必見!今すぐできる虫歯の予防法を紹介しますので、つわり中のデンタルケアに役立てましょう!

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦さんは虫歯に注意!麻酔・治療の胎児への影響と予防法

妊婦さんが虫歯になりやすい原因と「痛み止め」を使った治療法って出来るの!?

「妊婦は虫歯になりやすい」という話を聞いたことのある方はいらっしゃいますか?実は、さまざまな理由から妊婦さんは虫歯になりやすく、早期の治療が大変重要となります。ではなぜ妊婦さんは虫歯になりやすいのでしょうか?その理由とともに、妊娠期間中でも安心して行える虫歯の治療法や、予防法についても紹介します‼

妊婦さんが虫歯になりやすい原因

虫歯の妊婦さんのイラスト

妊婦さんが虫歯になりやすいことには、さまざまな原因が挙げられます。妊娠する前には虫歯ができにくい体質であったにもかかわらず、妊娠したことをきっかけに虫歯がいくつもできてしまった!という女性も少なくありません。

そこで今回は、妊娠すると虫歯になりやすい原因をいくつかご紹介いたします。

つわりの時期に、歯磨きすることを避けてしまうから

歯ブラシと歯磨き粉

妊娠してつわりの時期がやってくると、口に歯ブラシを入れる行為や、歯磨粉の匂いや味がダメで、その辛さから歯磨きができなくなってしまう人がいます。つわりの時期に歯磨きができないことで、お口の中に虫歯菌がウヨウヨと増殖してしまうと、虫歯になりやすい口内環境が整ってしまいます。

つわりになると匂いに敏感になってしまうので、歯磨き粉の匂いをかぐことで吐き気をもよおしてしまう場合があります。また歯ブラシを口の中に入れることで気持ち悪くなってしまうこともあったりします。このように歯磨きができない状態が続いてしまうと、虫歯や歯周病になってしまいます。子供用の歯ブラシなど、普段より小さい歯ブラシを使ってみたり、歯磨き粉の匂いがダメな場合は、歯磨き粉を付けなくてもよいので、できるだけ歯磨きをするようにしましょう。

食生活が変化し口の中が酸性化しやすい

和朝食

妊娠をきっかけに食事の好みが変化する人が多くなります。偏った食事であったり、一度に少量しか食べることが出来ないために、食事の回数が増える人もいます。特に食事の回数が増えることで、食事の後に歯を修復するための再石灰化が正常に行われず、口の中が酸性化した状態が長くなってしまい、虫歯が増えてしまいます。食事の回数が増えるということは、歯に虫歯菌の餌となる糖がつく回数も増えるということですから、しっかりと歯磨きをしないと、食べ物のカスが口の中に残りやすいのも、虫歯の原因となってしまいます。

女性ホルモンが増えたことで、唾液の性質が変わってしまうから

妊娠すると女性ホルモンが分泌される量が増え、その影響を受けて唾液の性質が変わってしまうことも、妊婦さんが虫歯になりやすい原因の一つです。女性ホルモンが増えると、これまでサラサラしていた唾液がネバネバして、食べカスや雑菌を洗い落としにくくなってしまいます。そのため歯垢が増えて口内環境が悪くなってしまいがちなのです。
また、妊娠による不安やストレスがあると、唾液の量が減ってしまいます。唾液には、口内の汚れを流す他に、食事の後の虫歯ができやすい酸性の状態を、中性に戻す作用があります。唾液が減ることで口内が酸性に偏りがちになってしまい、虫歯になりやすくなってしまいます。

免疫機能が低下し菌に感染しやすくなっているから

妊娠すると、お腹で自分の細胞とは違う赤ちゃんを育てるために、一時的に免疫機能が低下します。免疫機能が低下することで、虫歯菌や歯周病菌の繁殖を防ぎにくい状態になってしまいます。そのため虫歯菌が妊娠以前よりもドンドンと増殖しやすくなってしまうため、虫歯菌に感染しやすい環境が整えられてしまいます。

歯周病によって歯と歯茎の間に隙間ができてしまうと、虫歯菌が歯の根元で増殖しやすくなり、虫歯が悪化しやすくなるので注意が必要です。

食生活が偏りがちになってしまうから

サラダを嫌がっている妊婦さん

妊娠すると、つわりなどによって食べ物の好みが変化したり、食生活が偏りがちになってしまったりします。急激に変わった食生活に、これまで口内環境を整えていてくれた善玉菌がうまく対応することが出来ないことも、虫歯を増やす原因の一つです。

妊娠中であっても歯の治療を行う必要性

国立研究開発法人 予防研究グループの「出産回数と歯の健康の関連について」の調査及び、研究報告によると、出産回数が増えるにしたがって、永久歯の本数が減ってしまうという傾向があるようです。妊娠を機に体質が変わってしまって、口内細菌のバランスが変化したり、一意的にとはいえ免疫力が低下してしまいます。口内環境の変化が、虫歯などの歯のトラブルによって、歯を失ってしまう原因だと考察されております。

アンケートによると、多くの女性は妊娠期間中には、虫歯などの歯のトラブルを当たり前のようにとらえていますが、お腹の子への影響を考えて、歯の治療を避ける傾向にあるとのことでした。
グループによると、歯の治療が胎児に悪影響を及ぼすとの科学的な根拠はないとのことです。

引用元:国立研究開発法人 予防研究グループ

グループの研究報告では、妊婦さんには、歯の治療や予防を適切に行うことの大切さを呼び掛けております。自治体によっては妊婦さんを対象に無料歯科検診の案内を出している所もあります。虫歯はもちろん、妊娠時には歯周病にもなりやすくなってしまい、歯周病をそのまま放っておくと、早産の危険性や、低出産体重児で生まれる可能性が高くなります。お腹のお子さんのことはもちろん、自身の健康のためにも、歯の衛生面に気を付けるようにしましょう。

妊娠中の歯の治療法

妊娠中に虫歯ができてしまい歯の治療が必要になった方は、普段と違って気をつけなければならないことがいくつかあります。そこで妊娠中の歯の治療法について、注意したい点や治療のタイミングなどをご紹介いたします。

治療を行うのにより安心できる時期と避けたい時期

歯科病院の受付

妊娠中は、虫歯の治療を受けるタイミングにも注意する必要があります。つわりがひどい時期の治療は避け、安定期(妊娠5ヶ月から7ヶ月ぐらい)に入ってから積極的に歯医者に通うことをオススメします。赤ちゃんが生まれてからは、ゆっくり歯医者へ行く時間もありません。出来るだけ生まれる前に治療を終わらせておくと良いでしょう。

麻酔をつかってもお腹の胎児には影響がないの?

虫歯の程度によっては麻酔を使わなければならない場合があります。妊娠中に麻酔を使っても胎児に影響は出ないのでしょうか?虫歯治療の際に行われる麻酔は局部麻酔なので、胎児に悪影響を及ぼすことはありません。決してデリケートにはならずに、安心して治療に専念していきましょう!

痛み止めって飲んでも大丈夫なの?

母子手帳を医師に見せる妊婦さん

歯医者に行くと痛み止めを処方されますが、妊婦さんにとって薬は危険になることもあります。しかし妊娠していることを歯科医師にきちんと申告すれば、影響の無い痛み止めに変更してくれます。その際には、母子手帳をもっていくとスムーズに事が運ぶかもしれませんよ。

歯が痛いけど、今すぐ歯医者に行けないという場合、市販の鎮痛剤を飲みたくなりますよね。妊娠中でも飲める鎮痛剤はありますが、妊娠後期に飲むと赤ちゃんに影響が考えられる薬もあるので、やはり自分の判断だけで市販の鎮痛剤を飲むのは控えるようにしましょう。
妊娠中に安心して使える鎮痛剤として、歯に直接塗る薬である「コンジスイQ」がオススメです。妊婦さんも安心して使うことができ、塗り薬なのでお腹の赤ちゃんには影響しないので安心です。もちろん、歯の痛みの原因である虫歯が治る訳ではないので、早めに歯医者に治療に行くようにし、一時的な痛み止めとして使うようにしましょう。

妊娠期間中でも行える虫歯の治療法

妊娠期間中の歯の治療は、お腹の中のお子さんを気にして、積極的に行えないという方も多いのではないでしょうか。そこで、妊娠期間中でも行える虫歯の治療法を幾つかご紹介いたします。意外にいろいろな治療を行えることがお分かり頂けると思います。もし気になる箇所があるという方は、この機会にぜひ治療を始めてみて下さいね。

歯を削って詰めモノを被せる

歯を削って詰め物をかぶせることで、虫歯になりかけの歯の悪化を防ぐことができます。軽い虫歯程度なら、麻酔などを使わずに治療できるので、出来るだけ早いうちに処置をすることが大切ですよ。

神経をとって痛みを緩和させる

神経をとって痛みを緩和させる治療を行うこともできます。歯医者さんに「神経を取らなければいけません」と言われた場合は、虫歯が重度化し神経まで到達していることを意味しています。虫歯が神経まで到達しているということは、常に強い痛みが出ているか、既に神経が死んでしまい痛みを全く感じ無くなっているかの、どちらかです。「痛くなければ治療しなくていいんじゃない?」と思われがちですが、虫歯菌は歯を通り越して、顎の骨や歯茎にまで到達するので、痛みが無くなったとしても、必ず治療しなければいけません。妊娠中は体のあちこちに痛みが伴いストレスとなりますので、余計な歯の痛みを緩和させておくことは大変重要です。

虫歯を抜く
歯を抜くイラスト

虫歯になった歯を抜いてしまうことも可能です。麻酔が必要になることもありますが、基本的に歯科治療で使われる部分麻酔は量も少ないので、胎児に悪影響を及ぼすことはありません。けれど、虫歯を抜いたことで、歯に炎症がおこり、その痛みが回復するまで長引いてしまう事もあり、その度に痛み止めや抗生物質などの薬を体内に入れることで、お腹の中にいるお子さんに悪影響を与えてしまうことを考えて、積極的には行われないケースも多くあります。

妊娠期間中にできる虫歯予防

妊娠することで、虫歯になりやすいことが分かっていただけたと思います。妊娠期間中に関わらず、虫歯予防は大事なことですが、無理なくできる範囲の方法を紹介しますので、今日から虫歯予防に努めましょう。ママが虫歯だらけじゃ、生まれてくる子供に「歯を大事にしなさい!」なんて、言えなくなっちゃいますよ!
また、虫歯菌や歯周病菌は、親から子供にうつるとされています。どんなに気をつけていても、母親の口から子供の口へうつる可能性があるので、元々の菌の数を減らしておくことで、子供への虫歯菌や歯周病菌の感染を防ぐことが大事です。

歯磨きはなるべくする

タオルと歯ブラシ

当たり前のことですが、虫歯予防に最も大切なのは、歯磨きをすることです。特につわりのせいで、普段に比べて歯磨きがちゃんとできない時もありますけど、タイミングを見計らって、できるだけ歯磨きをするようにしましょう。
歯磨き粉の匂いが気になる場合は、歯磨き粉の種類を匂いの無いものに代えてみてはどうでしょうか。ミントの匂いが気になる場合は、子供用の歯磨き粉がオススです。なお、どんな歯磨き粉でもダメな場合は、歯磨き粉をつけないでブラッシングするだけでも、汚れは落とすことができます。歯磨き粉をつけないと、スッキリ感は無いかもしれませんが、逆に泡が邪魔しないために、「普段よりも丁寧に磨ける」という人もいます。

歯ブラシを口の奥まで入れる行為がダメな場合は、小さい歯ブラシに代えてみましょう。歯磨き粉と同様に子供用の歯ブラシはヘッドが小さくてオススメですよ。力を入れずに細かく少しずつ磨くことで、吐き気を抑えつつ、歯や歯茎を傷つけずにシッカリと磨くことができます。

キシリトール配合のガムをよく噛む

虫歯の原因となる、糖を含まないキシリトール配合のガムを噛むことが、虫歯の予防になります。ガムを噛むことで、歯についた食べカスや汚れをある程度落とすことができます。さらにガムを噛むことで唾液の分泌が促され、唾液が増えることで虫歯菌や汚れを流し、歯の再石灰化も促進されます。
食事の後、すぐにガムを噛むことを習慣にするだけでも、虫歯リスクを減らすことができます。

水を口の中に含んで口内洗浄

うがいをしている妊婦さん

歯磨きがどうしてもできないという方は、水を口の中に含んで口内洗浄だけでも行いましょう。毎食後欠かさず行うことで、口内に残った食べカスを洗い流すことができます。口の中に常時いる虫歯菌ですが、食べカスなどに含まれる糖を餌として虫歯を作るので、糖を虫歯菌に与えないことが虫歯予防に繋がります。

妊娠期間中は、虫歯になりやすい条件が整ってしまっているため、そのことを意識して、虫歯を増やさないマタニティライフを送っていきましょう。そうしない、いつの間にか、お口の中の歯が虫歯だらけになってしまうかもしれませんよ…。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ