産後の生理不順の原因や改善策に関する記事

産後の生理不順はいつ落ち着く?原因/対策/体験談まとめ

産後の生理不順はいつ落ち着く?原因/対策/体験談まとめ

産後に生理不順で悩む女性は珍しくありません。原因と改善する方法、ママたちの体験談などをご紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  産後の生理不順はいつ落ち着く?原因/対策/体験談まとめ

産後の生理不順どうにかしたい!原因と改善方法は?

産後、ホルモンバランスの乱れなどが原因でイライラしやすくなったり、生理不順になったりしてしまう女性は少なくありません。
産後は慣れない育児に追われ、なかなかママ自身の身体をいたわる時間がなくなるものです。産後の生理不順の改善をキッカケに、毎日の生活も見直していきましょう。

産後の生理再開の平均目安は?

毛布に包まれた生まれたての新生児

産後の生理の再開は個人差が大きく、産後1ヶ月で生理が再開する人がいれば、産後1年経っても生理が来ない人もいます。
授乳中は母乳をつくるための「プロラクチン」というホルモンが出ており、このホルモンは排卵を抑制する働きがあります。そのため、母乳育児をしていると生理の再開が遅れることが多いようです

授乳の回数が減ると「プロラクチン」の分泌も減るため、不安定な周期で生理が始まることがあります。中には「授乳中でも生理が来た!」というママもいますが、授乳が終わると通常通り生理が再開するケースが多いようです。

産後の生理不順で考えられる原因5つ

母親が大好きで見つめる新生児

産後の生理不順の原因は、産後の環境の変化はもちろん、女性の身体の機能によるものが大きいようです。

授乳の影響

産後の生理不順の最も多い原因は「授乳中である」ということです。前述の通り、授乳中は赤ちゃんが母乳を飲む乳首の刺激によってプロラクチンというホルモンが分泌されています。このホルモンは排卵を抑制するため、「生理が止まる」「不規則になる」など生理不順を起こしがちになるのです。
一般的には、授乳をやめて1~3ヶ月くらいは生理の周期が不安定になることが多いようです。

過度のストレス

赤ちゃんのいる生活は大変です。自分の体も産後すぐには回復していないのに、昼夜問わずの頻回授乳で睡眠不足になり、慣れない赤ちゃんのお世話でママは心身ともにヘトヘトです。ストレスを発散する時間もないため、産後過度のストレスが溜まった状態になる女性は少なくありません。

こうしたストレスにより、生理をコントロールする視床下部や脳下垂体が影響を受け、生理が起こるために必要なエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロテスゲン(黄体ホルモン)の分泌に悪影響を及ぼし、生理不順になることがあるようです。

食生活の乱れ

授乳中は母乳を作るために、非妊娠非授乳時よりも多くカロリーを摂取した方がよいと言われています。
育児の疲れから自分のご飯が後回しになっていたり、産後のダイエットのために乱れた食生活をしていたりすると、生理不順を起こしやすくなりがちです。

産後の体は、回復するだけでもたくさんのエネルギーを必要としている状態。食事を抜く、偏った食生活は栄養失調になり、生理不順になる原因につながります。産後は体型維持に過敏になりがちですが、過度なダイエットやカップラーメンやお菓子ばかりといった偏った食生活は控えましょう。

体の冷え

女性は妊娠中から産後まで運動不足になりがちです。さらに、授乳中は貧血になったり、入浴を控えなければならなかったり、赤ちゃんのお世話のために寝不足になったりと、血行不良になりやすい状態になっています。
血行不良になると体が冷えやすくなり、自律神経やホルモンバランスが乱れ、生理不順につながります。産後リフォームインナーや骨盤ベルトの誤った着用方法によっても、体を締め付け、血行不良になることもあるため注意が必要です。

子宮の回復の度合いに左右されることも

子宮は産後、およそ6ヶ月かけて少しずつ収縮し、だんだんと元の状態に戻っていきます。
子宮の動きは脳内でコントロールしており、慣れない赤ちゃんのお世話や赤ちゃん中心の生活で、過度のストレスを感じて脳が疲れたりしていると、子宮の動きが鈍り回復が遅くなります。子宮の状態が整っていないと、生理も規則的な間隔に戻らないようです。

さらに、出産時に胎盤や卵膜がはがれたりして、産後に不正出血が続いている場合があります。産後の体調の回復が遅れている場合、生理不順になることがあります。不正出血はトラブルのサインなので、長期間続くようであれば産科の先生に相談しましょう。

産後の生理不順を改善する方法は?

子育てで疲れて眠る母親

ご紹介した産後の生理不順の原因に心当たりはありましたか?それぞれの原因に対応した適切なケアを行っていきましょう。

睡眠時間を確保する

赤ちゃんのお世話は昼夜関係なく行うもの。特に2~3時間おきの頻回授乳をしている間は、ママは常に睡眠不足に悩まされることになります。
睡眠不足は心身のバランスを崩し、生理不順の原因になります。頻回授乳をしている間に長時間まとめて眠ることは難しいですが、赤ちゃんのお世話が落ち着いたときにママも一緒に眠るようにしましょう

短時間では眠れなくても、部屋を暗くして20~30分目を閉じているだけでも脳がリラックスして、生理のリズムが戻りやすくなりますよ。

バランスのよい食生活をする

赤ちゃんのお世話で疲れていると、ママも自分のことは二の次になりがちですが、バランスのよい食生活は体の回復を助け、おいしい母乳の素になります。
赤ちゃんのお世話で、手の込んだご飯を作る時間やゆっくり食事を摂る時間がなく大変ですが、なるべく3食バランスのよい食生活になるように心がけましょう

特に、レバーや小松菜など鉄分の多く含まれるもの納豆や豆乳など女性ホルモンの分泌を促進する大豆製品などを積極的に摂るのがおすすめです。

3リフレッシュする時間を持つ

リフレッシュのためにランチをする女性

赤ちゃんが生まれると、なかなかママ1人でゆっくりする時間は持てませんね。
慣れない育児中は、戸惑いと不安で気の休まらない毎日。ストレスを発散することで、心に余裕を持って赤ちゃんと接することができますし、気持ちが落ち着いて生理不順が落ち着いてくるかもしれません。

赤ちゃんの月齢が低いうちはなかなか難しいかもしれませんが、授乳の間の数時間からでも旦那さんや祖父母に赤ちゃんを預けて、ママがリフレッシュする時間を設けましょう。

適度な運動/体を温める

床上げが終わったら、少しずつ体を動かすようにしましょう。外気浴をかねて、近場から赤ちゃんのお散歩を始めてもいいですね。

赤ちゃんのお世話をしていると前傾姿勢になることが多く、抱っこする機会も多いため、肩こりや腰痛を引き起こしやすくなります。肩や肩甲骨を動かす、腰をまわすストレッチなどもおすすめです。

また、体の冷えは生理不順につながります。きつい下着や体を冷やす格好は避け、半身浴や温かい飲み物で体を温めるようにしましょう。

産婦人科を受診する

一人で不安な気持ちを抱えているよりも、専門家に調べてもらった方が安心できますよね。
長く悪露が続くなど不正出血が続く場合や、授乳をやめて3ヶ月以上経っても生理が再開しない場合は一度産婦人科で相談してみましょう。

生理が来ていないと思っていても排卵しているケースや、生理不順だと思っていたら実は次の子を妊娠していたという場合も珍しくないようです。授乳をやめてもなかなか生理が再開しない時は、まず妊娠検査薬を試してみるのもいいかもしれません。

産後の生理体験談!生理周期は変化した?

産後の生理不順の悩みを相談しあう母親

産後の生理についてのママの体験談を伺いました。ママによってはなかなか生理周期が落ち着かないという方も多いようですよ。

あき
20代後半

A月に2回生理が来ることも

産後、生理不順になりました。妊娠前まで28日周期できっちり生理が来ていたのに、子供を生んでから生理周期がばらばらになりました。生理は産後4ヶ月目から再開して、40日くらい来ないときがあるかと思ったら、月に2回来るときもあります。

もうすぐ産後8ヶ月になりますが、いつになったら落ち着くんだろう…。レジャーの予定が立てにくくて困ってます。息子がおっぱい星人で、離乳食がなかなかすすまないことも関係しているかもしれません。

目黒
30代前半

A断乳後しばらくはまちまちでした

仕事に復帰するため、7ヶ月頃から断乳を始めました。それまでずっと完母でやってきたので哺乳瓶拒否で大変でしたが、母乳がなくなって自分も身軽になりました。しばらくは母乳をやめても生理が安定しなかったのですが、2ヶ月目くらいで周期が落ち着いてきました。

私の周りの友達も、授乳をやめたら生理が再開したっていう子が多いです。出産してから生理痛がひどくなった気がします…。

りっきー
20代前半

A産後すぐ再開…でも周期にばらつきが。

産後3ヶ月で生理再開しました。私は結構悪露が長く続いて、2ヶ月くらいだらだら出血がありました。
産後1ヶ月くらいで一度出血がおさまって「治ったかな?」と思ったら、また一週間くらい出血があって、止まったと思ったら少し出血して…の繰り返しでした。

産婦人科に行っても、子宮の状態は回復しているから様子をみようと言われ、不安でしたが、気付いたらおさまっていました。だから厳密には1ヶ月で生理再開していたのかも?生理の再開は早かったけど、産後1年くらいは周期がバラバラでした。

ロシア
40代前半

A二人目は2年くらい生理がなかった

上の子と下の子で生理の戻りに差がありました。上の子の時は生後半年くらいで生理が再開しましたが、2ヶ月に1回だったり、生理が安定していませんでしたし、下の子の時は2歳くらいまで生理が戻りませんでした。うちは、結構長いこと授乳していたのも関係あるかもしれません。

上の子の時は1歳くらいで下の子を妊娠したので、断乳になりましたが、下の子の時は授乳が最後になるのが寂しくて、2歳手前で自然卒乳するまで授乳していたので、そのせいかもしれませんね。

ゆう
20代後半

A産後半年くらいで再開

私は、産後半年くらいで生理が再開しました。久しぶりだったので全然準備ができていなくて、友人にナプキンをいただくことになってしまいました。

再開してからは29日周期で規則正しくずっと来ています。妊娠前はむしろ周期が安定していなくて生理不順体質だったので、二人目妊娠に向けて排卵日の予想がつけやすくて助かっています。
出血量も多いほうでしたが、貧血になるほどの血は出なくなったし、生理痛で寝込むこともなくなりました。

産後の身体を休める大切な時期と受け止めましょう

赤ちゃんのお世話で、ただでさえ心身ともに疲れている時期。生理不順で体が安定していないと、ますます不安な気持ちが強くなってしまうのではないでしょうか。
しかし、産後に生理不順になっている時期は、まだ体は休息を求めている証拠とも言えます。
生理の周期が安定するまでの時期には個人差があります。あまり気にしすぎず自分自身の体をいたわり、休めるための期間と考えてくださいね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事と関連性の高い記事