産後ダイエットはいつから?に関する記事

産後ダイエットいつから始める?痩せやすい時期と注意点

産後ダイエットいつから始める?痩せやすい時期と注意点

産後ダイエットはいつからできる?痩せやすい時期ってある?妊娠中に増えてしまった体重をなんとかしたいママに役立つ情報です。

マーミーTOP  >  出産  >  産後ダイエットいつから始める?痩せやすい時期と注意点

産後ダイエットはいつから始めたら良い?少なくとも1ヶ月は無理厳禁

体重を量る女性

産後ダイエットを一日でも早く始めたいと思っているママもいるでしょうが、少なくとも1ヵ月は疲れた体を癒すことを第一に考えましょう。赤ちゃんのお世話もありますから、無理は禁物です。
体が戻るのにも個人差がありますので、いつからというのは人によって異なりますが、体調が安定した産後1ヶ月~1ヵ月半ぐらいから開始している女性が多いようです。

産後は痩せやすいって本当!?ダイエット効果の高い時期とは?

産後6か月までが痩せやすい時期と言われています。中には、何もしなくても授乳しているだけでするすると体重が減っていく…なんて人も少なくないのだとか。
とはいっても、体調のこともあります。それ以降でもストレッチなどで痩せることはできますので、「6か月を過ぎるまでに絶対に痩せなきゃ!」と躍起にならず、無理のない範囲で進めていきましょう。

産後ダイエットのための運動はいつからできる?

産後は体の戻りなどを考慮して、体を動かすのを控える方も多くいますが、適度な運動は身体の回復をサポートしてくれる効果があるとも言われています。では、具体的にいつ頃から運動して良いのでしょうか。

産後1ヶ月を過ぎたら徐々に

偏食の子供には怒らず理解を!自ら食べたくなる対応の仕方 歩く運動する女性

個人差はありますが、産後1ヶ月は体を休めます。産後2~3ヶ月目くらいに始める人が多いですが、体の戻りには個人差もあります。自分の身体と相談しながら進めていきましょう。授乳中の激しい運動はもちろんNG。産後早いうちから簡単にできる産褥体操(さんじょくたいそう)から始めるとよいでしょう。

徐々に体を慣らして、ウォーキングやストレッチ・ヨガやピラティスなど自分のペースでできる無理のない範囲で運動を始めましょう。
いつから運動してよいのか、心配な場合は検診などで医師に相談してから始めると安心ですね。

産褥体操は産後いつから始められる?産後すぐにできる

産褥体操とは、産後すぐから始められるちょっとした軽い運動のことをいいます。血行を良くして産後の疲労回復や、子宮回復、母乳の分泌をよくするなどの嬉しい効果がたくさんあります。

目的はダイエットではなく、体の中を回復させていきケアをするための体操です。後の産後ダイエットにつながっていきますので、無理のないように進めていきましょう。

筋トレが産後ダイエットの近道

腹筋運動する女性

「産後、体重は自然に落ちたのに、体型はなんだか妊娠中と変わらない…」と悩む人が実は多いのです!そういう場合、体脂肪が妊娠前よりも増えているという傾向があるのです。妊娠によって筋肉が落ちたまま、たるんでしまっている状態。
脂肪は筋肉よりも軽いので、体重は減っていても見た目が変わらないのはこういう理由があるからです。

体重を落とすことよりも、腹筋を鍛えたり、筋トレで筋力アップをしたりして基礎代謝を上げることを目標にするのが、太りにくい体を手に入れることの近道となります。

産後ダイエットのためにも骨盤を戻そう

体型を戻す第一歩は骨盤を戻すこと。出産によって骨盤が開いているので、産後の下半身はずっしりとしています。しっかり骨盤を引き締めていきましょう。

骨盤は3~4か月で自然と元に戻ってきますが、その時期に簡単なエクササイズや骨盤スクワット、ニッパーやガードルを利用して、きちんと元の位置に戻るように気を付けていきましょう。中には産後すぐから使用できる、骨盤ベルトなども多く販売されていますよ。

ワコールマタニティ産後骨盤ベルト

ワコールマタニティ産後骨盤ベルト

ワコール

産後に開いてしまった骨盤をガードしてくれます。幅広のストレッチゴムでしっかりサポート。しめ具合も調節できます。体調が落ち着けば、早くから使用できますので、安静にしつつ骨盤をしめていくことができます。

骨盤矯正で産前よりもスタイルがよくなるかも?!

骨盤がもとの位置に戻ると、内臓も正しく機能し、血流もよくなることで代謝も上がり、痩せやすい体になるなどよいこと尽くめ!「足を組むのをやめる」「正座をする」など、ちょっとした姿勢や普段の行動を意識するだけでも違ってきます

産後ダイエットのための食事制限は母乳に悪影響!極端に減らすのはNG

ジュースと野菜の食事をとる女性

厚生労働省が出している「日本人の食事摂取基準」によれば、授乳中は総摂取カロリーが通常よりも高く、普段よりもエネルギーが必要な状態であるということです。母乳を飲ませる分、妊娠中よりも多くの栄養が必要になるのですね。

赤ちゃんにとっておいしいおっぱいを作り出すためには、脂っこいものを避けて三食きちんと食べるなど、基本的なことが大切になります。食べたものは全部おっぱいへ流れるとイメージしてみて下さい。

授乳中はおなかが空きやすいので、我慢した反動で太ってしまうケースも少なくないのだとか。そのため、極度の食事制限は母乳に悪影響が出る場合もあるので、赤ちゃんのためにも避けることをおすすめします。

和食中心のバランスのとれた食事にすることで、カロリーは抑えることができます。母乳に良いとされる豆腐や納豆などの豆類、海藻類も積極的に食べるようにしましょう。

帝王切開の場合の産後ダイエットはいつから?少なくとも2ヶ月は安静に

帝王切開で出産をした場合は、傷口がしばらく痛みます。産後すぐに歩くように言われても、なかなか動くことが難しかったりもします。動くことで子宮の戻りが早くなる効果もありますが、ダイエット目的の運動はしばらく避けましょう。

「普通分娩で1か月は安静に」とお伝えしましたが、まずは傷の回復をすることを優先し、帝王切開の場合は2か月は安静にするようにしましょう。
傷の回復には個人差もありますので、ダイエットの時期については医師に相談してから始めるのが望ましいでしょう。

産後はダイエットより無理をしないことが優先

妊娠・出産を終えた身体には、赤ちゃんを守るためについた脂肪が残っています。特に、大きくなっていたおなかはポッコリとしていると感じる人も多いです。骨盤は開いているので下半身もがっちり…。妊娠中は動きもゆっくりで、筋肉も衰えていて基礎代謝量も低くなっています。

また、肌あれや抜け毛・便秘など、妊娠前にはなかったトラブルを経験する人も。産後の身体はとっても疲れています。早く元の体型に戻りたい!と思う気持ちになりますが、まずは、無理をしないように疲れたら休むことが大切です。
基礎代謝が低い時に無理なダイエットをすることは、逆に太りやすい体質になりかねないので気を付けてくださいね。

産後ダイエットの方法を教えて!ママ達の成功体験16

出産後、赤ちゃんが産まれたのに凹まないお腹、そのうち凹むかなと思っていてもなかなか凹まず、気づけば太ももやお尻にもたっぷりの脂肪がついていたというママに、先輩ママ16人が自分はどのようにして痩せることができたのか、その方法を教えてくれました。

母乳育児のママだけでなく、激しい運動が傷に響く帝王切開のママや、痩せにくいミルク育児のママも、食事やエクササイズなどで体に負担なく、ストレスを溜めず、お金は減らさずしっかりと痩せたという実体験を教えてくれましたので、ぜひ参考にこれからのダイエットに役立てて下さいね。

二児の母
20代後半

A産後の散歩でマイナス5キロ

私は産後7キロ増えました。赤ちゃんが外に出れる1カ月目からベビーカーに乗せてお散歩を始めました。体重のために運動!もありましたがそれよりも赤ちゃんの夜泣きが酷く、昼間に外出して疲れたら夜寝てくれると教えていただいたので、その実践のようなものです。

ただダイエットだったらなかなか続きませんが、夜寝れるため、赤ちゃんのためと思うと続けられました。母乳ということもあったかもしれませんが、みるみる体重が落ち2カ月ぐらいで5キロは減りました。これからも続けていくつもりです。

あみーご
20代後半

A食事を気をつけて3ヶ月で4キロ減

ずばりカロリー控えめダイエットです。あまり食事に頼るダイエットも良くないかもしれませんが、私の場合お金も手間もかからず、かつ栄養面もちゃんと考慮しているのでオススメできます。まずしらたきや海藻やこんにゃくを毎食前にたくさん取ります。

そうするとミネラル、食物繊維、カルシウムが豊富に取れます。そのあとは普通の食事をしますが、結構もうお腹いっぱいなので量が減りました。これを3ヶ月続けて4キロも体重が落ちました。

さくら
28歳

A育児の中で取り入れたエクササイズで1ヵ月でマイナス3キロ

私も産後母乳もなかなか出ず、思うように体重が減らず、ダイエットを試みました。赤ちゃんがいるため、自分だけ出かけてジムに通うことなんて無理だったので、育児をしながらのダイエットでした。

抱っこをしながらスクワットしたり、抱っこをしながら骨盤を回す骨盤体操のようにして、なるべく赤ちゃんにとっても丁度いい動きを取り入れました。ただやってると飽きてくるので、好きな音楽をかけたり、好きなアーティストのDVDを見ながらやると、結構長い時間でもあっという間に感じました。

軽い運動と言ったものでしたが、1ヵ月で3キロ落ちました。だんだんと子供の体重も増えて負荷も増えるため、2か月目もやっていましたが、やはり効果はあります。自分の気分転換にもなるし、自宅にいながら育児をしながらやれる範囲なので、無理なく出来て良かったと思います。

あか色
29歳

A母乳育児とエクササイズで6ヶ月7kg減

私の産後ダイエットは母乳育児とエクササイズです!母乳育児はとにかくダイエット効果バツグンです。体重だけはスルスル落ちます。ただし、間食をしなければ…。そこで適度な間食をしつつ、エクササイズを取り入れました。

産後1ヶ月で家事をするようになってからは、つま先立ちで調理をしたり、洗濯物を干す、食器をしまうなどの動作をキビキビ行ったりといったレベルでした。

また、首が座ってからは抱っこしながらフラフープの動きをしたり、子供がおすわりできるようになってからは子供を開脚した足の間に座らせ、私は寝ころび「いないないばあ」と言って腹筋で起き上がったりと、子供と遊びながら触れ合いながらのエクササイズをしました。

さらに骨盤引締めガードルを着用し、寝る前は必ず骨盤体操を行いました。お蔭で一日3回間食をしていたのに、半年で7kg体重が減りました。

いいいろ
34歳

Aインスパイラルエクササイズで7kg減

出産までに体重増加は7kgでした。出産後すぐに産褥ベルトで骨盤を締め、悪露が終わってからは産後ガードルを使いました。プラス母乳育児や当時流行っていたインスパイラルエクササイズ(骨盤を締めるエクササイズ)で1~2ヶ月ほどで体重は元に戻りました。

インスパイラルエクササイズは無理な体勢やキツイ運動ではなかったので、飽きっぽい私にも続けやすかったです。あと母乳育児は、食べても食べても体重が減ったのでビックリしました。出産後はすぐ締める事と軽いエクササイズがオススメです。

しゅうこ
30代前半

A母乳とダンベル体操で半年8kg減りました。

減量できた一番の理由は、母乳で育てたことだと思います。とても母乳を飲む子なので、胸が物凄く張っていても一回の授乳ですぐに解消するくらいでした。それに夜泣きもあったので、睡眠不足も減量につながったと思います。

帝王切開だったので、お腹のキズに負担をかけないような、エクササイズやダンベル体操で無理せず運動していきました。また、子供が歩き始めると自分も一緒に動きまわることになるので、育児だけでも体重が落ちていくように思います。

ダンベルを両手に持つっ女性

ゆみあ
32歳

A母乳育児とおんぶで半年で3㎏

母乳だけで育てていたので、とにかくお腹が空いていました。食事だけでなく間食もしっかり食べていたので、母乳だけだったのに体重の減りはゆっくりだったと思います。子供のクビが座ってからは、とにかくずっとおんぶで家事をしていました。

4ヶ月くらいでクビはしっかりするのですが、その時には体重は5キロを超えているので、いい重たさになっています。子供もおんぶだと機嫌がいいので、おんぶで全ての家事を頑張りました。洗濯物を干す時の階段の上り下りは足にかなりきますが、ひきしまりました。半年で3キロと少なめですが、無理なく落とせたと思っています。

さらさ
40代

A酵素ダイエットで産後2年で17kg減

私は妊娠中が完全に食べつわりだったことにより、出産までに23kgほど太りました。自分でもびっくり、周りもあまりもの食欲にびっくりでした。産んでしまえば痩せるくらいに思っていたのですが、出産後すぐ産婦人科で図った体重は70kg・・もうどうしようという感じでした。

63kgくらいまではカロリーコントロールで自然に痩せていきました。私はミルクも完全ミルクでした。しかしそれから痩せないため友人がやってた酵素ダイエットで2年後位にはもとに戻せました。

ダイエット中は2週間くらいの酵素ダイエットでうち2~4日を感覚をあけて昼のみ軽食、あとは8杯の酵素を起きてから寝るまでに2時間おきに飲むというファスティングをします。そして後の日は3食軽食で酵素は4杯のみます。

これを無理せずにゆっくり、体重が全くおちてこないなと感じた時に、すこし意識してダイエットを頑張れば戻ると思います。

みり
30代後半

Aラジオ体操で、3か月で2キロ減

育児中は、なかなか思うように時間が取れません。私は、毎朝テレビで放送しているラジオ体操を行うようにしました。ラジオ体操なら、新しく覚えなくても、音楽を聴くだけで自然と体が動きました。朝、子どもが起きる前に小さな音でテレビを付けて、きびきび体操すると、気分も上がりました。

ラジオ体操は、メリハリをつけてしっかり行うと、かなりのカロリーを消費することができるそうです。朝、どうしても時間が取れないときには、子どもが昼寝をしたときなどに、インターネットの動画でラジオ体操を見ながら、行ったりもしましたよ。コツコツ続けてみたところ、3か月で、2キロ体重が落ちました。

aoi
20代前半

Aゲームソフトにて1年間で8kg減。

産後しばらくして落ち着いた頃、家でも手軽に出来る運動はないかなと主人に零したところ、ゲーム好きな主人が何を思ったのか「Wii Fit U」というゲームソフトを買ってきました。

任天堂から発売されているWiiUというゲーム機専用のソフトで、体重計のような付属の機械を使ってヨガやエクササイズ、筋トレやちょっとした体を動かすミニゲームを楽しめるというものです。ゲーム内では消費したカロリーなども管理でき割と便利です。

まぁ暇つぶしには調度いいかな…と、思いながら一年ほどちまちまと続けていたのですが、気が付いたら8kgも減っていてとても驚きました。継続は力なりとは言いますが、楽しく続けられて体重も減らせ得した気分です。

きなこ
30代前半

A母乳育児と家でスクワット&バナナダイエットで8ヶ月で5キロ減

出産した病院が完全母乳育児だったため3キロは自然に体重が戻りました。とにかく母乳を欲しがったら間隔があいてなくても上げるようにしていたところ、意識してなくても落ちましたね。そして朝はバナナとヨーグルトのみを食べていました。

あとは家事をしながらスクワットをしました。例えば歯磨きしながら屈伸運動、ウエストは体をひねる運動が効果ありました。あとは子供が寝てる。あとは時間などに階段の登り降りもしました。時間はかかりましたが出産後8ヶ月で8キロ減り、ほぼ妊娠前の体重に戻りました。

ももちゃん
30歳

A混合育児だけど子供と楽しく遊んで1年で13kg減

私は母乳があまりよく出なかったのでミルクと混合であげていました。帝王切開だったので、産後3ヶ月はダイエットよりも傷を治すほうが優先だったので安静にしていたのですが、落ち着いてきてからは子供と遊びながらのダイエットを始めました。

まだねんねの時期は子供は寝かせたまま屈伸運動をして子供の顔に近づいたり、離れたりしてみたり、抱っこして音楽に合わせて踊ったりしました。

寝返りができるようになったら一緒に寝転んでゴロゴロ転がってきてバア!をしたり遠くからほふく前進して子供に近づいて行ってみたり。子供が笑ってくれるので私もストレスなく1年間で13kgのダイエットができました。

あにゃ
30歳

A母乳とスクワットで7ヶ月で5キロ減

私の産後ダイエットは母乳とスクワットです。母乳育児をしていれば昼夜とわず子供にエネルギーを吸いとられるので、よほど食べ過ぎない限り体重は自然に落ちます。しかしある程度までいくと、そこから先は中々落ちず。子供の離乳食が進めば母乳の比率も下がるからさらに停滞。

そこでさらに追加で取り入れたのがスクワット運動。といっても特に運動しようと決めたわけではなく、子供を寝かしつけるときに縦揺れにしないと寝なかったので、毎日自然とスクワットしていました。

首がすわって少し頑丈になってからは寝かしつけだけでなく遊ぶときにも。腰をひねって回転しながらなど追加要素をいれていきました。上下左右に揺れると子供は大喜び。

私も筋肉がつくし体重も落ちていって一石二鳥でした。今までダイエットは何度も挫折してきましたが子供に助けられて7ヶ月で5キロ減、無事もとの体型に戻りました。

両手を挙げて体操する女性

楓ママ
31歳

A母乳育児と和食で1ヶ月に20kg減。

私の場合は妊娠中にあまり気をつけなかったせいで、体重が20kg近く増えてしまいました。ですが妊娠中に栄養を取り過ぎた反動のためか、母乳が溢れて止まらず母乳パッドも手に負えない程でした。それでもせめて悪い母乳にはならないように、赤ちゃんのために油ものは避け、米と味噌汁の様な質素な和食を食べていました。

質素と言っても米は大盛りでした。その溢れすぎる母乳のお陰で体重はみるみる落ちて行き、気付けば産後から20kg減っていました。それは妊娠前よりも痩せていたんです。

私の場合は母乳で太った分が全部出てしまったのだと思いますが、産後食べても食べてもお腹が空いて仕方がないあの時に、和食を主としていたことも良かったのではないかと思っています。脂肪分は母乳を詰まらせてしまうらしいですので。なので産後はしばらく和食をオススメします。

よしの
35歳

A食事の見直しで8か月で5kg減

母乳育児だと、自然に体重が減るとは聞いていたものの、思ったよりも減りませんでした。それもそのはず、すぐにおなかが減るので間食の量がすごかったです。もともとパンが好きなので、普通の食事をした後に菓子パン2個とか普通に食べてました。

ご飯もカロリーが気になるところですが、母乳になるとのことだったので、思い切ってパンをやめてご飯に変えてみました。初めは母乳もあんまりでてなかったので、あんまり好きではなかった味噌汁とご飯という和食中心にしました。

すると、子どもが3カ月ぐらいになったころから母乳もたくさんでてくるようになりました。体重もその頃には3kgぐらい減ってました。

まきまき
30代後半

Aおにぎりダイエットとヒンズースクワットで2か月5kg減

お金も無い、産後間もなく頼る実家・義実家も無く、夫は超多忙な仕事。生まれた子供は人一倍良く泣く子で、ストレスフル。ダイエットを決意した際はとにかく余りストレスにならない事に重点を置いて開始しました。

やり方は簡単です。子供が小さくて料理するのもストレスなので、週1日、夫が休みの間に子供の子守を頼み、小さめおにぎりを大量作成、冷凍保存します。毎日小さめのおにぎりをレンジでチンして食べます。そして良く泣く我が子を抱きながらヒンズースクワットをします。

不思議とスクワットすると泣き止むのが早いので、お互いストレスが減るし、気付くと2か月で5kgもスルスルっと痩せてました。やはりポイントはストレスが少ない事です。

この記事を書いたライター
小森ひなた

小森ひなた

子育てと仕事に頑張る共働き主婦です!ルンバ貯金始めました♪