座骨神経痛に妊婦が原因は?に関する記事

座骨神経痛に妊婦が原因やツボ押し・ストレッチでの治し方

座骨神経痛に妊婦が原因やツボ押し・ストレッチでの治し方

坐骨神経痛に妊婦さんがなりやすい原因とは?そうなってしまったときの血行を良くする、ツボを刺激するなどの対処法や普段から骨盤ベルトをはめたり、ストレッチを行うなど座骨神経痛になりにくい生活習慣も紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  座骨神経痛に妊婦が原因やツボ押し・ストレッチでの治し方

座骨神経痛に妊婦さんががなって歩けない…ツボを押したりストレッチでの治し方

妊娠中に、お腹にいる赤ちゃんがどんどんと成長してくると、特に起こりやすくなってしまうのが坐骨神経痛です。症状が悪化してひどくなると、痛みで歩けなくなってしまうという妊婦さんもいらっしゃるそうです。

そうならないためには、坐骨神経痛の起こってしまうメカニズムや対処法をしっかり覚えておきましょう。すると、座骨神経痛になりにくいマタニティライフを過ごしていく事が出来ますし、今感じていらっしゃる痛みを抑える事もできるかもしれませんよ!妊婦さんだけでなく、腰痛持ちの方にも役立つ情報が満載です。

坐骨ってどこにあるの?

坐骨のイラスト

『坐骨』という名前は一度くらいは聞いたことがあっても、正確な位置を知らない人も多いことでしょう。
坐骨とはズバリ、骨盤の一番下にある骨で、太ももの付け根付近に左右に一つずつあります。椅子に座り、お尻の下に手を入れると、簡単に触ることができますよ。

坐骨神経痛とは、この坐骨から下半身に向かって伸びている『坐骨神経』が、様々な原因で圧迫されて、痛みなどがともなっている症状のことを言います。

腰痛の痛みから → 坐骨神経痛に妊婦さんによくあるパターン

妊娠すると、おなかの赤ちゃんがスクスク成長して喜びを感じる反面、どんどん大きくなるお腹を支えるために、骨盤が下がってきたり、姿勢が悪くなったりして、腰痛を抱えてしまう妊婦さんが増えていきます。

妊娠期間中の腰痛はよくあることだと思っていてそのままにしていると、その痛みが下の方へも移動してしまって、今までとは少し違う種類の痛みや、しびれを感じるようになったら、それは坐骨神経痛かもしれませんよ。

坐骨神経痛になってしまうと、症状としてお尻から太ももの裏側・ふくらはぎまで、足全体にまひやしびれ・痛みがあらわれてしまいます。ただ、座骨神経痛とは正式な病名ではなく、坐骨から足の方へと延びている坐骨神経が圧迫されることで起こっている痛みなどをまとめるための表現です。

妊婦さんが座骨神経痛になってしまうと、ただでさえ大きなおなかで大変なのに、何気ない動作をする時にも痛みやしびれに邪魔をされてしまうこともあります。個人差はありますが、症状が悪化するとあまりの痛みで歩けなくなってしまう女性もいらっしゃるそうです。そうなってしまうと、病院での治療が長引いてしまうかもしれません。

妊婦さんが座骨神経痛になってしまう原因とは?

女性ホルモンの影響で靭帯がゆるくなってしまった

妊娠をしているお母さんのイラスト

妊娠中は出産に向けてリラキシンという女性ホルモンの分泌量が増えます。このリラキシンには、関節や靭帯を緩める働きもあります。妊娠期間中にリラキシンが分泌される量が増えていくと、出産する際に骨盤が開きやすくなって、出産をスムーズに行う事ができる反面、骨盤全体を支える力が弱くなってしまった影響を受けて、骨盤周辺の筋肉に負担がかかり、腰痛を感じやすくなってしまいます。

お腹の赤ちゃんが大きくなって骨盤が歪んでしまったから

お腹が大きい妊婦さん

妊娠中はリラキシンの働きにより関節が緩み、骨盤周辺の筋肉に負荷がかかってしまうため腰痛を感じやすくなります。それに加え、妊娠後期にはおなかの赤ちゃんの重みや、ママ自身の体重増加が影響してしまって、体の重心がズレる事もあります。

すると、骨格全体がより不安定な状態になります。その結果、骨や筋肉が神経とぶつかりやすくなり、しまいには坐骨神経痛を引き起こしてしまいます。また、妊娠後期はお腹が大きくなることで背骨が反った姿勢になりやすい時期です。背骨付近に負担がのしかかってしまうことも姿勢の悪さも影響するため、妊婦さんは坐骨神経痛になりやすいと言われております。

出産に向けての体づくりのため骨盤が開いてしまうから

妊娠中から分泌されるリラキシンは、分娩時にその役割を大いに発揮します。リラキシンの作用により骨盤・関節・靭帯を緩めることで赤ちゃんがスムーズに産道を通ることが出来るのです。リラキシンは、妊娠3ヶ月ごろから多く分泌されるようになります。この時期から、腰痛を意識される妊婦さんが増え始めて、腰痛への対応を怠ってしまうと、座骨神経痛につながりやすくなってしまいます。

下半身の血の流れが悪くなってしまったから

血行のイラスト

坐骨神経痛の引き金である腰痛になってしまうと、痛みを気にして無理な姿勢をとってしまうことがあります。すると、その付近の血管が外から圧迫されてしまって、血の流れが悪くなってしまいます。血行が悪くなってしまうと、筋肉は固まりやすくなってしまいます。固まってしまった筋肉は、緊張状態にあるため、その状態で動いたりしてしまうと、伸縮性を失っているため、筋肉の繊維が動く度にこすれあったりして痛みが生じてしまいます。

妊娠期間中にはストレスがたまってしまいやすいから

妊娠中には些細なことでストレスを感じやすくなってしまいます。人はストレスを感じると自律神経が乱れ始め、血液の循環がうまくいかなくなっていきます。そのため、体の各器官などに酸素が十分に回らずに、筋肉も酸欠状態になってしまいます。そんな状態が続いていくと、疲労物質だけでなく老廃物もたまりやすくなり、結果として肩こりや腰痛座骨神経痛などの患部の痛みを感じやくなってしまいます。

座骨神経痛のストレッチをするツボを押すなどの痛みへの対処法

座骨神経痛の妊婦さん

妊娠中の坐骨神経痛は仕方ないといっても、ずっと痛みを感じる状態は苦痛以外の何物でもありませんよね。
妊娠する以前だったらマッサージや、整体に行ってほぐしてもらっていたという女性は多いはずです。けれども、妊娠中には控えるべきとの意見もあります。そんな、慎重な意見にも耳を傾けて、妊娠中でも安心て行えるようなストレッチ法や、ツボ押し法を紹介します。

その他の対処法についても紹介しますので、ご自身の体調とも相談しながら無理のない範囲で取り組んでみてはいかがですか?

ストレッチをためしてみよう!

妊娠期間中であっても、座骨神経痛を和らげることが期待できるストレッチ法を紹介します。

固くなった腰回りの筋肉をほぐすストレッチ

筋肉が固まってしまうと、患部を動かす時に痛みが発生しやすくなってしまいます。腰回りの筋肉をほぐしてくれるストレッチ法を紹介します。

  1. 仰向けに寝た姿勢で膝を立てていく
  2. 膝を立てたままの姿勢で、体を左向きや、左向きに倒していき、どちらの方の痛みが強いかを確認する
  3. 痛みの少ない方を、床につけて横向きになるよう寝返りをします。
  4. 横向きになったら、膝を曲げてみたり、伸ばしてみたりする動作を、3回ほど繰り返してください。
  5. その状態から膝を伸ばしていって、仰向けの姿勢に戻ってください。
  6. 今度は、さっき痛みが強かった方を、床につけて横向きになって下さい
  7. その姿勢で膝を曲げてみたり、伸ばしてみる動作を、3回ほど繰り返してください。

以上の動作を、ワンセットだと思って、数セットを定期的に繰り返していくことで、腰回りの筋肉はほぐれていきます。

足の周りの筋肉をほぐすストレッチ

座骨神経痛の症状は、広い範囲にも伝わってしまうこともあって、足の裏などにも痛みなどを抱えてしまうこともあります。太ももの裏側などに痛みを感じた時に、筋肉をほぐして痛みやしびれを和らげることが期待できるストレッチ法を紹介します。

  1. 正座の姿勢から膝立ちになり、そのままどちらか片方の膝を前に立てます。
  2. お腹を下から両手で支え、ゆっくり前に体重を移動させます。
  3. 股関節の付け根が伸びていることを意識しながら10~15秒程度その姿勢を維持しましょう。
  4. ゆっくりと、元の姿勢に戻っていきましょう

これの流れをワンセットとして、2~3回繰り返します。終わったら前に出す足を変えて反対側も同様に行います。妊娠期間中であるという事を意識して、あまり無理をせずに行っていきましょう!

ツボを刺激してみる

笑顔の妊婦さん

坐骨神経痛の痛みを和らげるにはツボ押しは効果的だそうです!
妊娠中には、刺激を与えない方が望ましいツボは確かにございますが、刺激を与えても問題のないツボもございます。確認のために、不安の残る方は鍼灸院で治療してもらった後に、座骨神経痛に利くツボの正確な位置を教えてもらいましょう。

それでは、座骨神経痛に効果があると言われているツボを紹介します!

  • 委中(いちゅう)…膝の裏にあるツボ ~ 足全体の痛みやしびれの解消を期待できます
  • 承扶(しょうふ)…お尻と足の境界部分にあるツボ ~ 腰やお尻周りの痛みやしびれの改善に効果的
  • 坐骨点(ざこつてん)…お尻のふくらみ部分より指1本分くらい下 ~ 即効性が期待できます
  • 殷門(いんもん)…裏太ももの中間くらいの位置 ~ 足の疲れやしびれやだるさに効果的

患部を温めて血行をよくする

妊娠中に限らず、血行不良は腰痛をはじめとする体の痛みが続いてしまう原因ともなってしまいます。とどこおりがちであった、血の流れがよくなっていくと、座骨の周辺にたまつていた、疲労物質や老廃物が血液循環によって、スムーズに運ばれて痛みが弱まっていきますよ。

痛みを感じている患部などを温めてあげるためには、ぬるめのお湯にいつもよりも長い時間つかって、身体を芯から暖めましょう!

仰向けに寝ている妊婦さんは横向きに寝てみる

坐骨神経痛の場合、仰向きで寝ていると余計に腰回りの神経を圧迫してしまって、症状が悪化してしまうことがあります。仰向けに寝ていて痛みがなかなかひかない時には、出来るだけ横向きで寝るようにしてみましょう。体の左側を下にして眠ると、胃の構造的に内容物が逆流することを防ぐことできるため、寝ている時の気持ち悪さを感じにくくなります。横向きに寝る時には、抱き枕やバスタオルなどのグッズを使って、自分で楽な姿勢・高さを見つけられるといい
ですね。

座り方などには気をつける

座っている妊婦さん

妊娠期間中には、お腹の中に赤ちゃんがスクスクと成長していることや、ご自身も運動不足になってしまっていて、太りやすい時期でもあります。妊娠する以前よりも、体重が増えている分、以前のような勢いで、椅子やソファーに座ってしまえば、座骨などに加わってしまう衝撃力が増してしまいます。その力が加わることが、痛みが長引いてしまう原因の一つかもしれないので、座る時には勢いを弱めたり、クッションを利用するなどして、対処するようにしましょう。

出産する前でも骨盤矯正ベルトを利用してみる

産後に使用するというイメージの強い骨盤ベルトですが、実は出産前でも大活躍!
特に坐骨神経痛の場合、骨盤のゆがみを抑えることで痛みを緩和出来ることも多いのです。
中でもトコちゃんベルトは、特にお勧めしたい骨盤ベルトです。慣れるまでは装着に時間がかかるようですが、慣れてしまえば坐骨神経痛の緩和だけでなく、切迫流産や切迫早産の予防にも効果的ですよ。症状が出る前から使うことで、
骨盤の緩みによって引き起こされるトラブルを予防できる優れモノです。

痛みがヒドかったり・なかなか治まらない場合には整形外科を受診する

整形外科

坐骨神経痛による痛みやしびれが長期的に続く場合には、かかりつけの産婦人科や整形外科を受診するようにしましょう。妊婦さんには痛み止めなどの薬は処方されにくいかもしれませんが、時期によっては飲める薬もあるかもしれません。直接口の中には入れない湿布も、肌から薬剤が浸透していって体を回るので、市販のものは避けたほうが無難です。また、整形外科や整骨院では日常生活における姿勢改善やストレッチなどのアドバイスが受けられるかもしれません。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ