妊婦さんの海事情と楽しみ方に関する記事

妊婦が海で泳ぐのはダメな理由!安全に楽しむ服装・方法

妊婦が海で泳ぐのはダメな理由!安全に楽しむ服装・方法

妊婦さんは海で泳ぐなら注意が必要!妊娠している時の海水浴がおすすめできないのは、溺れたり、衝突の危険があるからだけじゃないって知ってました?妊娠中の海水浴がダメな理由と、海で安全に楽しむ方法や服装をご紹介。泳ぐだけが海の楽しみ方じゃない!

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦が海で泳ぐのはダメな理由!安全に楽しむ服装・方法

妊婦の時期には、海で泳ぐのは大丈夫なの?!おすすめコーデやバーベキューなどの楽しみ方☆

妊娠中は、何かと制限がかかります。運動、食事、その他生活面でも、「できない!」が多いですよね。
夏場にマタニティ生活まっただ中の場合は、夏のお楽しみがなかなか満喫できなくて、チョット残念な気分…。

海での海水浴も、ためらったり、迷ったりしてしまう事の一つです。妊婦さんは海に入ってはいけないの?その理由は?妊娠中でも楽しめる方法はある?
そんな、いくつかの疑問に回答し、妊娠期間中であっても、海でのひと時を楽しむ秘訣を紹介しちゃいます。

できないことよりも、できることを充実させて、マタニティだからこそできる楽しみ方を満喫しちゃいましょう!

妊婦の時期に海で泳いだりするのに注意が必要な理由

海外の海水浴場

海外では、お腹の大きな妊婦さんでも、砂浜での海水浴を楽しむ姿を見ることができます。海外事情では妊婦さんが海を楽しむことは、何も珍しい光景ではありません。

しかし、日本では、ほとんどそのような光景は見られませんよね。産婦人科のお医者さんの意見も賛否両論ですが、積極的にGOサインを出すことはほとんどないのでは?と感じるほどです。

なぜ、妊娠中、海で泳ぐことに否定的な意見が多いのでしょうか?

感染症の心配があるから

ご存知の通り、妊娠中は免疫力がガクッと落ちた状態です。そして、お腹の赤ちゃんへの影響を考えると、薬もなかなか飲めなかったりするため、風邪程度なら大丈夫だとは思わずに、感染症には十分注意しなければなりません。海でのレジャーに否定的なのも、感染症が心配されるからです。

海水

最近は、マタニティスイミングの広まりとともに、プールでのエクササイズや水泳を、推奨する産院や楽しむプレママたちが増えてきました。そう考えると、同じ「水泳」なのだから、海も大丈夫なのでは?と多くの方が思うでしょう。
しかし、海の水はプールの水と比べると、衛生面で大きな違いがあります。プールの水は、常に衛生管理がされており、消毒され、温度が管理されています。一方で、海の水は自然のものですので、やはり雑菌は、プールよりも多い可能性が高くなります。いつもならば大丈夫でも、免疫力の下がった妊娠中は、海でウイルスや細菌に感染する可能性が高くなります。海と同様に淡水の川でも、感染症の危険性があるので、注意が必要です。

投薬治療が制限されているため、プレママはできるだけ、病気にならない努力をする必要があります。ちなみに、プールは絶対安全かといえば、そうともいいきれません。もちろん、プールも完全な無菌状態ではありませんし、広く一般に開放されているプールは、それだけ人の出入りも多くなります。妊娠中にプールに入る場合も、マタニティスイミングのクラスで入る方が無難です。妊婦さんが入ることを前提とした水質管理をしているプールで入りたいですね。

体が冷えてしまって、お腹が張った状態になってしまう

夕方の海水浴場

いくら灼熱の太陽の下でも、水に入れば涼しく過ごすことができます。逆に、夕方少し暑さが引いてきた時の水遊びは、意外にも肌寒く感じることがありますよね。水は周りの環境の変化に反応しやすくて、すぐに冷たくなったりしてしまいます。

冷えが大敵の妊婦さんにとっては、この意味でも、海水浴はあまり良いこととは言えません。体が冷えると、血行が悪くなり、子宮への血流も悪くなるので、お腹が張ります。臨月に入るまでは、お腹の張りが出るようなことは、なるべく避けなければなりません。

日焼けしてしまうことで、体にダメージを蓄積しやすい

公益社団法人日本皮膚科学会のQ&A「日焼けはどうして起こるのですか?」によると、日焼けは、太陽光に含まれる紫外線によって、刺激を受けてしまった肌のやけどと、その後のメラニン色素増加によって起こるとされています。

皮膚が焼けると、赤くなったり、皮がめくれたりしますが、これは火傷をした状態と同じことです。このやけどの後、メラニン色素をつくる色素細胞が刺激を受け、メラニンを大量に作りだし、肌を黒くします。
体は、そう度々やけどの状態を作らないために、肌の色を黒くすることで紫外線から身を守ろうとします。メラニン色素を肌に沈着させることは、ある種の体の防御反応といえるのです。

引用元:公益社団法人日本皮膚科学会

妊娠中は、黄体ホルモンが活発に分泌されています。この黄体ホルモン、実は、紫外線をより多く吸収させるという特徴があります。つまり、妊娠中は日焼けしやすい状況が整えられていると言えますよね。そのため、妊婦さんは炎天下の海では、普通の人以上に、日焼けしやすいということを自覚していなければなりません。

日焼けしている妊婦さんの肌

特に、日焼けして赤く炎症を起こしやすい体質の方は注意です!また、もともと肌の色がブルーベースで白めの人は、日焼けによるダメージを受けやすいとも言われており、妊娠中であればよりダメージを受けやすくなってしまいます。

また、日光浴は、意外と体力を消耗します。ハイキングなどで、体自体の疲労分以上に、だるさや疲れを感じたことはありませんか?日光に当たること自体は健康に良いのですが、浴びすぎるととても疲れます。妊娠中は、ただでさえ疲れやすいので、長時間外にいると、体力をより多く消耗してしまいます。

周りの人と衝突してしまう恐れがあるから

夏のレジャーは、多くの人が楽しみにしています。夏休みともなると、カップルや子ども連れなどで、どこもごったがえしていますね。
テンションの上がった子どもが走ってきて、お腹にぶつかってしまった…砂浜に足を取られて転んでしまった…酔っ払ったお兄さんがぶつかってきた…人が多いところでは、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

妊婦になっても海は楽しみたい!楽しむための秘訣

夏の海には楽しみいっぱい。青春時代には、同級生と花火をしたり、ナンパされたり、ビーチバレーをしたり、キラキラした楽しい思い出がたくさんあって、海が大好きなプレママも多いはず…。恐らくは、この記事を読み進めておられるのは、妊娠期間中であっても「どうしても海で楽しみたい!」という思いを抱いている方々ですよね。

妊婦さんでも、海は楽しめるのでしょうか?
答えは、イエス!何も、海でガッツリ海水浴をするだけが、海での遊び方ではありません。妊婦さんが海を満喫できるコツや楽しみ方などをご紹介しましょう。

医師に相談してみる

お医者さんと相談する妊婦さんのイラスト

まず一番大切なことは、お医者さんに事前に相談してみることです。妊娠経過が思わしくなければ、止められるでしょうし、順調ならば、程よく楽しんでよいなどのアドバイスをもらえるはずです。
妊娠中の生活面に関しては、実はお医者さんによって、考え方はまちまち。絶対ダメ!と考える人、気をつけさえすればよいという人、自己責任で…という人など、それぞれです。

否定されなかったとしても、「自分が妊婦である」ことは、決して忘れてはいけません。OKが出たとしても、それは「妊婦さんとしての許容量をわきまえて楽しんでくださいね。」という意味だということを頭に入れておきましょうね。

パパに支えてもらって、足だけつかってみる

波打ち際で足だけ海に入る妊婦さん

足だけ浸かって水遊びするのが、妊娠中はオススメです。一人では、砂や波に足を取られて危ないので、パパに支えてもらってくださいね。
子どもが産まれて次に海に来る時には、ママもパパも子どものお世話に手いっぱい。二人で手をつないでゆっくりのんびり…なんて、当分はお預けです。二人でロマンティックな雰囲気でレジャーを楽しめるのも、あとわずかです。
夕暮れのひととき、ドライブ途中に海へ寄って、海辺に二人で座りながら、ちょっと足だけ出して、チャポチャポ遊ぶのもいいですね。

日焼け対策コーデをしたり、暑くて紫外線の強い時間帯はさける

環境省が公表している「紫外線環境保健マニュアル 2015」によると、日常生活の中で取り入れやすい効果的な紫外線対策は、①紫外線量の強い時間帯の外出を避ける。②日陰を利用する。③日傘を使ったり、帽子をかぶったりする。④襟付き、そでのついた服で肌を覆う。⑤サングラスを着用する。⑥日焼け止めを上手に利用する。以上の6点が挙げられています。

引用元:環境省

妊娠中は、ホルモンバランスの影響で、メラニン色素が働きやすくなることでも日焼けしやすくなっています。
そのため、日焼け対策はいつも以上に入念に行いましょう!日焼けで真っ黒にならないためももちろんですが、大切なお腹を守る意味でも、水着の上には、ラッシュガードやパーカーなどを羽織っておきましょう

水着の上にリゾートワンピをさらっと着て遊ぶのも、オススメのコーディネートです。お腹も過度に目立ちませんし、むしろ緩やかなAラインは、お腹が出ているマタママの方が似合いますよね。
マタニティ水着のワンピタイプなら、お腹も守れて、コーディネートを考えずとも可愛くなれちゃいます。

パラソルなどを使って、日陰の涼しい場所を確保するのも忘れずに!とにかく暑いので、日焼けと同時に、熱中症にも注意が必要です。トイレが近くなるからと、妊娠中の水分補給をためらう方もいらっしゃいますが、絶対NGですよ!
ということは、日光が強くて気温も高い、正午から午後2時ごろは避けたほうが無難かもしれません。午前中や夕方近くになると、人混みも少しマシでしょう。

日焼け、熱中症、人混みによるアクシデントを避けて、安全に楽しく海で遊びましょう。

妊婦さんでも海を楽しむ秘訣

日焼け止めを塗っている妊婦さん
  • 日焼け止めを塗る
  • 暑すぎる時間は避ける
  • お腹の冷えを防ぐために、上から何か着る
  • 人混みでは、あえてお腹のふくらみを残して、妊婦だということをわかってもらう。
  • 日焼けと熱中症対策に、日陰の確保はマスト!
  • 水分補給はためらわない

浜辺でバーベキューや花火を楽しみましょう!

バーベキューコンロ

水着を着て海に入るだけが、海の楽しみ方ではありません。バーベキューや花火も、夏らしい楽しみ方ですよね。
体調に無理のない程度に、満喫してはいかがでしょうか?

大人数でワイワイできるのも、赤ちゃんが産まれればなかなかできなくなります。パパとお互いの友人を含めて、または、両親や兄弟を含めてなど、大人数が楽しいですよね。後片付けが重労働ならば、バーベキュー施設で、簡単な片付けのみでよいところを探して行くという方法もありですよ。

夜の花火は、体が冷えないように何か羽織るものを用意しておきましょう。
パパと二人で線香花火…ゆっくり語らいながら…というのも、夏らしい素敵な思い出の一つになりますよ♪

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ