妊婦さんにおすすめの座り方に関する記事

妊婦さんの理想的な座り方~腰痛等の元凶となる座位とは?

妊婦さんの理想的な座り方~腰痛等の元凶となる座位とは?

妊婦さんの腰痛等の妊娠トラブルは座り方が原因で起こることがあります。体を休めるために座っているはずか、時には赤ちゃんにまで負担をかけることも。妊婦さんにおすすめの座り方とやってはいけない座り方を知っておきましょう。

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦さんの理想的な座り方~腰痛等の元凶となる座位とは?

妊婦の正しい座り方~便秘や腰痛などトラブルを起こす座位とは?

ひざ手を乗せて座っている女性

妊娠が進むにつれてお腹が大きくなってくと、今まで何気なくしていた座り方でもすぐに疲れたり辛くなったりします。そのため「この座り方は体に負担をかけない?」「妊娠中はどんな座り方がいいのかな?」と、これまで気にしてこなかった妊婦の正しい座り方について気になり出します。

そこで今回は、妊婦さんの座り方で起こるトラブルおすすめの座り方NGな座り方座る時の注意点、おすすめグッズなどを紹介します。理想的な座り方を意識することで、少しでも体を楽にして快適なマタニティライフが過ごせるようにしていきましょう。

妊婦さんに起こる座り方によるトラブル

妊婦さんが間違った座り方を続けることによって、妊娠中に次のようなトラブルをもたらすことがあります。座って体の負担を楽にするはずが、トラブルが起きては本末転倒。思い当たる場合は普段何気なくしている座り方を確認してみましょう。

腰痛

お腹が大きくなると普段と姿勢が変わってやや反り気味になったり、腹筋が弱くなったりすることから、腰痛に悩まされる妊婦さんが増え始めます。もはや腰痛は妊娠中の生理現象のようなものですが、座り方が悪いことでさらに腰に負担をかけ、腰痛に拍車をかけてしまうのです。

骨盤の歪み

妊娠すると身体が出産に備えるために骨盤がゆるくなります。そのため間違った座り方が日常化していると、骨盤は歪んでしまいます。骨盤が歪むと血行不良や便秘など身体に不調をもたらしてしまいますし、出産後も正常に戻りにくくなってしまうため、妊娠中の骨盤の歪みには注意しなくてはなりません。

お腹の圧迫

大きくなった子宮によって座るだけでお腹が圧迫されることもあります。お腹が圧迫されると息苦しさお腹の痛み張りを感じることもあるため注意が必要です。少し身体を動かしたり、横になったりするなどして、長時間座ったままでいることはやめましょう。

仰臥位低血圧症候群

仰臥位低血圧症候群とは、妊婦さんが仰向けなどの姿勢になった時、急激に血圧が下がって母体や赤ちゃんにさまざまな症状が現れることを言います。これは心臓から全身に送り出された血液が心臓に戻る時に通る下大静脈を、大きくなった子宮によって圧迫されることで起こります。

下大静脈は背中の右側にあるので仰向けの姿勢をとることで大きな子宮に圧迫されやすいのですが、座っていても姿勢によっては仰臥位低血圧症候群になることがあります。下大静脈がある背中や腰に負担のかかるような座り方には注意しましょう。

妊婦さんにおすすめの座り方とは?

日常生活の中で座り方を意識するのは難しいことですが、身体に負担をかけない楽な座り方は、一度マスターしてしまえばやみつきになることも。次のような座り方が妊婦さんにはおすすめなので、参考にしてみてください。また、楽だと思う座り方は人によって違うので、いろいろ試してみて自分の好みを見つけましょう

妊婦さんにおすすめの座り方~椅子編

『妊婦さんにおすすめの座り方』イメージ

デスクワークや電車やバスを利用するなど外で仕事をしている妊婦さんは、椅子に座る機会も多いので次のような座り方を心がけるといいでしょう。また柔らかいソファなどは座るとお尻が沈んでお腹を圧迫してしまいます。選べる場合は固めの椅子に座るようにしましょう。

椅子に深く腰掛ける

背骨を背もたれに預けて座る時に浅く座った状態でもたれてしまうと腰痛の原因になるので注意しましょう。背骨を伸ばして座ることはいいことですので、腰に負担がかからないように椅子に深く腰掛けてから背もたれに持たれるように座ります。

骨盤を立てて座る

骨盤が後ろに傾いた状態(後傾)や前に傾いた状態(前傾)を続けると、骨盤の歪みにつながります。骨盤が一度歪んでしまうと正しい姿勢をとることが難しくなってしまうので、骨盤が歪まないように意識して立てて座ることを心がけましょう。

脚はやや閉じて

脚はやや閉じて地面にしっかりつけることで、身体を支えやすくなって腰への負担が軽減できます。お腹が大きいとどうしてもふんぞり返って脚を開いた方が楽に感じますが、椅子に座る時は無理のない範囲で足をやや閉じることを意識してみるとよいでしょう。

背筋を伸ばす

椅子に座ってスマホやパソコンなどの仕事を長時間していると、どうしても前かがみの姿勢になってしまいます。前かがみになるとお腹を圧迫してしまいますので、椅子に座る時は背筋をきちんと伸ばし、お腹を圧迫しないように意識して座りましょう。

妊婦さんにおすすめの座り方~床編

妊婦さんが床に座る時は、次のような座り方をおすすめします。床に直接座る場合はお尻を冷やさないために必ず座布団やマットなどを敷いた上に座るようにしましょう。さらに床に座る際には背もたれなどもないので、意識して背筋を伸ばすことを心がけてください。

あぐら
あぐらで座ってエコー写真を見てる妊婦さん

あぐらをかくと骨盤が広がって股関節が柔らかくなり、出産のときに赤ちゃんが出やすくなるため、妊婦さんが床に座る際におすすめの座り方です。またお腹を圧迫しない座り方ですので、大きなお腹でも楽に座れます。

ただしあぐらをかくと背中が丸まりやすくなるため、背筋を伸ばして座るように気をつけましょう。お尻の下に半分に折りたたんだ座布団やひざ掛けを敷くと楽に座れます。仕事で椅子に長時間座る妊婦さんも、椅子の上にひざ掛けを敷くとかなり楽に座れるようになるでしょう。

正座
正座でお腹を触っている妊婦さん

正座をすることで自然に骨盤や背骨が正しい位置にくるので、身体への負担が軽減されます。ただし足に直接体重がかかるので足がしびれますので、無理をして長時間するのは控えましょう。筒形に丸めたひざ掛けやバスタオルを両足の間に挟んでから座ると、足がしびれにくくなって座りやすいです。

座ることで体の負担を楽にすることが大切な目的。座っている最中に体の不調を感じたら、体勢を変えて無理をしないことが大切です。

妊婦さんが避けるべきNGな座位

自分では楽だと思ってしている座り方が、実は腰痛などのトラブルの原因となるNGな座位だという場合もあります。「座って休憩しているのに疲れがとれない」「体調が余計に悪くなった」という時は、次のような座り方をしているせいかもしれませんので、普段何気なくしている座り方をこの機会に見直してみましょう。

仙骨座り(せんこつずわり)

水入ったカップと青りんごを持ってる妊婦さん

仙骨座りは椅子に浅く腰かけて骨盤を後ろに倒し、背もたれや壁などにも寄りかかる座り方です。仙骨とは骨盤の中央にある骨で、身体の土台になる部分に位置していますが、この座り方は仙骨に負担がかかるためおすすめできません。
仙骨は靭帯によって子宮とつながっているので、仙骨に負担をかけて歪めてしまうと妊娠トラブルの原因になるのです。(注1)

ペタンコ座り

ペタンコ座りをする女性

ペタンコ座りとは正座の姿勢から両足を外側に出してお尻をつける座り方のことです。女性によくみられる座り方ですが、骨盤や股関節の歪みを引き起こしてしまい、腰痛や股関節の横が飛び出す横尻の原因にもなりますので、妊婦さんにはおすすめできません。

お姉さん座り

お姉さん座りしている妊婦さん

お姉さん座りは正座を片側に崩した座り方で、別名横座りとも言います。正座のように足がしびれにくく上品に見える座り方なので、妊娠前からお姉さん座りが習慣化している女性も多いのですが、この座り方は左右どちらかのみに体重をのせるので、骨盤がずれたり背骨が曲がったりしてしまいます。

妊婦さんの座り方の注意点

上述したようなおすすめの座り方を実践していても、次のようなことに気をつけなければ、妊娠中は身体に負担をかけてしまいます。妊婦さんの座り方の注意点をみていきましょう。

長時間座らない

妊娠に関係なく長時間同じ姿勢を続けていると足の静脈にできた血栓が肺の動脈に詰まる肺塞栓症(エコノミークラス症候群)を起こしやすいため注意しなければなりませんが、妊娠中や産後は特に注意が必要です。(注2)
1時間のうち5分程度は立つようにしたり、まめに姿勢を変えたりして長時間同じ姿勢で座ることはやめましょう。

脚を組まない

妊娠前から脚を組む癖があって「脚を組んだ方が楽だ」と言う人も多いのですが、脚を組むと骨盤が左右のどちらか、あるいは前に傾いた状態になりします。そのため骨盤が歪んだりズレが生じてしまったりすることがあるので、妊娠中は脚を組まないように気をつけましょう。(注3)

背筋を伸ばして座る

背筋を伸ばすと自然に骨盤が立つので、座る時には背筋を意識しましょう。椅子に座る時は背もたれに背骨を沿わせるように座り、辛い時や足が届かない時はクッションや座布団などを背もたれと背中の間に使用すると、楽に背筋を伸ばしやすくなります。

妊娠中にあると便利なリラックスグッズ

妊婦さんの理想的な座り方をサポートしてくれる便利なリラックスグッズもあります。上手に取り入れて、座って一息つくリラックスタイムを楽しみましょう。

あぐら用クッション

あぐら用クッション

トコちゃんベルトの青葉

4,200円 + 税

中に入っているポリエチレン製のビーズは量の調節が可能ですので、座面角度を調節することができます。あぐらをかく時や椅子に座る時などは座面角度をやや前に傾けることで、自然に骨盤を立たせて背筋を伸ばすことができます。出産後に授乳クッションとしても使えるのも嬉しいです。

http://tocochan.jp/

ママソファ

ママソファ

株式会社MOGU

7,800円 + 税

パウダービーズのふんわりとしたやわらかな感触に癒される補助ソファです。姿勢によって中のビーズが移動して体を支えてくれるので楽に座れます。生地には天然系よもぎ成分を配合していて肌にやさしく、ママだけでなく小さなお子さんにも安心して使えます。

http://www.mogulax.jp/

pint

株式会社ピーエーエスのpinto

株式会社ピーエーエス

12,500円 + 税

作業療法士が開発した、骨の位置と筋肉の働きを考えて正しい姿勢を習慣化するためのクッションです。背筋をピンと伸ばしていても疲れないのは、このクッションが5000人以上のデータを元にして作られていて、ほとんどの体に沿ってフィットするようになっているからです。

http://pin-to.net/

心配し過ぎが腰痛の元になることもあり!

昨今では心配のない腰痛を引き起こす重要な要因として「ストレス」「腰痛への恐怖心」「心配し過ぎ」といった心や考え方が挙げられています(注4)。妊婦さんが極端に座り方を意識することでストレスを感じ、それが原因で腰痛を引き起こしては本末転倒。

何ごとも前向きに捉え、「あ!今背中を丸めて座っていたけど、背筋を伸ばした方が赤ちゃんもノビノビできるかも」「産後にお腹ぽっこり体型にならないように、妊娠中から椅子の奥まで座って背もたれに寄りかかろう」と気楽に座り方を正していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク