ソフロロジー出産ってなに?に関する記事

ソフロロジー出産で陣痛が和らぐ?メリット/体験談まとめ

ソフロロジー出産で陣痛が和らぐ?メリット/体験談まとめ

ソフロロジー出産のメリットや習得方法、体験談などのまとめ。陣痛の恐怖心を前向きに受け止めましょう!

マーミーTOP  >  出産  >  ソフロロジー出産で陣痛が和らぐ?メリット/体験談まとめ

ソフロロジー出産ってどんな分娩法?効果/体験談まとめ

初めての妊婦さんでも、経産婦さんでも、陣痛は痛くて怖いイメージが強くありますよね。麻酔などを使わず、陣痛を和らげたり、陣痛に対する恐怖心を前向きに変えたりできる方法があったらいいと思いませんか?

ソフロロジー出産は導入している産院もありますが、自己流で本やCDを使って呼吸法をトレーニングすることで誰でも習得でき、リラックスしながら出産に臨める分娩方法です。
様々な出産スタイルや分娩方法が選べる時代です。ソフロロジー出産について知り、バースプランの選択肢を広げてみましょう。ソフロロジーによるお産を体験したママの率直な感想などもご紹介していきます。

そもそもソフロロジーってなに?

ガッツポーズする妊婦

「ソフロロジー」とは、スペインの精神科医アルフォンソ・カイセド博士によって始まった「安定した精神を手に入れるためにはどうしたらいいか?」を研究した学問のことです。
1972年にパリのジャンヌ・クレフ博士によって、産科にもこのソフロロジーという学問が導入され、それまで分娩法の中心だったラマーズ法を超える分娩方法として広く世界に知られるようになりました。

松永博士によって、日本にこのソフロロジーが伝わったのは1987年のことでした。松永博士はその後もソフロロジー法について研究を重ね、より優れた分娩方法に進化させたため、さらに広く世界に広まりました。

松永博士によって進化したソフロロジー法は、お産に対する恐怖心を克服し、出産は痛くてつらいものというネガティブなイメージを、赤ちゃんに出会うためのエネルギーというポジティブなものに変えます。また、呼吸法とエクササイズでリラックスした状態でお産に臨み、陣痛を和らげる効果を得ることを目的としています。

通常の出産方法と違うポイント

分娩時の体勢

最近では、分娩時の姿勢をママが自由に変えられる「フリースタイル出産」という方法も広まってきていますが、まだ多くの産婦人科では分娩台の上で仰向けになっていきむ方法がスタンダードです。
ソフロロジー出産では、基本の姿勢があぐらの姿勢という特徴があります。あぐらの姿勢でソフロロジー式の呼吸法を用いながら陣痛を逃します。

分娩時は背もたれを好きな角度に調整し、座ったままの体勢で出産します。あおむけに寝た体勢よりも赤ちゃんが下に降りて来やすく、ママがいきみやすい、赤ちゃんが生まれた瞬間をママが見ることができるというメリットがあります。

ソフロロジー式の呼吸法

胡坐をかく妊婦

陣痛時のいきみ逃しをする方法の、呼吸法ではラマーズ法が一般的ですが、ソフロロジー出産にも呼吸法があります。
お産の時だけでなく、妊娠中から赤ちゃんに酸素を届けるイメージで呼吸法のトレーニングを行います。普段から呼吸法を練習して身に付けておくことで、お産の時もリラックスすることができます。

意識して息を吸おうとしなくても、リラックスして陣痛の波に合わせゆっくり呼吸することで、自然に空気が入ってきます。また、お産の時に息をもらしながらいきむという特徴もあります。

出産をポジティブなものと捉える

出産は陣痛という痛みを伴いますが、ソフロロジー出産ではこの陣痛を赤ちゃんに出会うためのエネルギーと考えます。
出産は痛くて辛いというネガティブなイメージから、赤ちゃんとママが出会うための共同作業というポジティブなイメージに変え、前向きにお産に臨むため、出産に対する考え方を前向きに変えるという部分が、通常のお産とは大きく違う点と言えます。

ソフロロジー出産はどうやって習得できる?

女医に相談する妊婦

ソフロロジー出産を取り入れている産婦人科もありますが、かかりつけの産婦人科で取り入れられていなくても、個人でも習得可能です。
ソフロロジー出産について書かれた書籍や、イメージトレーニング用のCDも市販されているので、誰でも自宅で簡単にソフロロジー出産について学ぶことができます。

出産の一連の流れ

出産前に行うトレーニング

出産前に行うトレーニングは、主に呼吸法の習得と生まれてくる赤ちゃんをイメージする出産のイメージトレーニングです。専用のCDなどを聞きながら毎日行うことが望ましいとされています。

ソフロロジー式呼吸法

  1. あぐらの姿勢になって体の力を抜きます。音楽を聴き、リラックスしながら行いましょう。
  2. お腹の上に手をあてて、鼻からゆっくり息を吸い、口から細く長く息を吐きます。
  3. 息を吐く時は、酸素の流れを意識しましょう。右肩から右足、左足から右肩、さらに心臓と酸素が体の中をめぐるイメージで、最後に肺からフーっとゆっくり息を吐ききりましょう。
  4. 同時に、ママの心臓から動脈を通り、子宮、胎盤、へその緒と赤ちゃんに酸素を届けるイメージでゆっくり腹式呼吸をしましょう。

陣痛が始まってからの流れ

リラックスして呼吸を行うと、意識して息を吸わなくても自然に息が入ってきます。陣痛が来ても焦らずにゆっくり呼吸していきます。

  1. 陣痛が始まったら、あぐらなど楽な姿勢をとって体の力を抜きます。
  2. 赤ちゃんに酸素を送ってあげるイメージで、ゆっくり鼻からすって口から吐く呼吸を繰り返します。
  3. 陣痛の波が来たら、鼻で息を吸ってゆっくりと長く息を吐きながら陣痛を逃します。陣痛の波がおさまったら、体の力を抜いてリラックスします。
  4. 陣痛が強くなり子宮口が全開になったら、息を止めずに漏らすように息を吐きながらいきみます。
  5. 赤ちゃんが見えてきたら、いきむのをやめてフー、フーと息を吐くようにします。
ソフロロジー出産のメリット5つ

陣痛や出産に対しての恐怖心がなくなる

笑顔でお腹をさわる妊婦

陣痛に対する恐怖心や、出産への漠然とした不安感から、妊娠中はどうしても精神的に不安定になりがちですが、ソフロロジー出産では、陣痛や出産に対する恐怖心や不安感を前向きに変えることができます。妊婦さんの不安定な心を落ち着け、赤ちゃんに会うこと、赤ちゃんとの生活が楽しみになるとされています。

帝王切開がすでに決まっている人は、陣痛の痛みを和らげる方法を知る必要はないと思われるかもしれませんが、出産について前向きなイメージを持つことは、赤ちゃんへの愛着を強め、育児に対してもポジティブな気持ちを持つことにもつながります。
出産方法に関わらず、ソフロロジー出産を知ることは、変化や戸惑いの多い妊娠中から産後までを、精神的に穏やかにしてくれるでしょう。

会陰が裂けにくくなる

分娩時に会陰部が硬いままだったり、赤ちゃんの頭が大きかったり、いきむタイミングが合わず、赤ちゃんが急に産道を通過したりすると、会陰部が裂ける場合があります。そのため、会陰部が裂けて大きな傷ができる前に会陰切開をする産婦人科は少なくありません。

ソフロロジー出産では、リラックスした状態で筋肉が柔らかくなり、会陰部が開きやすくなること、ゆっくりした呼吸法で赤ちゃんがゆっくり産道を降りてくることから、会陰部が裂ける心配や会陰切開をする可能性が少なくなります。

陣痛が和らぐ

ソフロロジー出産は麻酔などを使っているわけではないため、全く陣痛がなくなるというわけではありません。陣痛を赤ちゃんに出会うためのエネルギーと前向きに考えることで、陣痛をありのままに受け止めることができるのです。
体が不安や緊張で硬くなっていると痛みを強く感じやすくなりますが、ソフロロジー出産でゆっくり呼吸を繰り返しリラックスした状態の方が、痛みを受け流すことができるようです。

赤ちゃんに十分な酸素を届けることができる

陣痛が来てママが苦しくなり、陣痛が激しくなってママの呼吸が乱れると、血中の酸素濃度が減り、赤ちゃんに届く酸素量も減ってしまいます。

ソフロロジー出産で十分な酸素を取り入れながらリラックスしてお産に臨むことで、生まれる瞬間まで赤ちゃんにも十分な酸素が行き届きます。赤ちゃんの圧迫感が減り呼吸も楽になるので、赤ちゃんが元気いっぱいで生まれてくることができるようになるのです。

産後の回復が早くなる

マッサージを受ける女性

全身が緊張して力が入った状態でお産を終えると、出産後に体中が筋肉痛になることがあります。また、呼吸が乱れるとタイミングがずれて何度もいきむことになるため、さらに体力の消費が激しくなります。ソフロロジー出産ではリラックスした状態で出産できるため、圧倒的に体力の消耗が少なく済みます。

さらに、会陰の傷もできにくいことから、産後の体調の回復が早くなります。出産はゴールではなく、産後すぐから24時間赤ちゃんのお世話が始まりますから、産後に体力を残せるというのは大きなメリットですよね。

ソフロロジー出産の体験談!実際の痛みはどうだった?

プリン星人
25歳

A助産師さんに褒められました♪

ソフロロジー出産法というものを最初から意識していたわけではなかったのですが、たまたまかかった産婦人科がソフロロジーを推奨していて、何度か講習に通ったりCDを借りたりして自然にソフロロジー式が身につきました。といってもすごーく何か変わったというわけではなかったのですが、陣痛が来たときもすごく冷静でいられました。

陣痛の波が来たら腹式呼吸!を意識していたので、陣痛が短く感じられました。赤ちゃんが生まれる瞬間まで取り乱すということはなく、痛かったけど、こんなものかな?という感じでした。
初産でしたが、最初から最後までとても落ち着いていられたので、助産師さんに「リラックスしていて良いお産でしたね♪」と褒められたことが嬉しかったです( *´艸`)

葉月
29歳

A陣痛が怖くない&痛くなかった

以前、ソフロロジー式で出産した妊婦さんが、とてもお産の最中とは思えないくらいリラックスして出産している姿をテレビで見て、私も絶対ソフロロジー式で出産したいと思っていました。

近場の産婦人科でソフロロジー式を扱っていないようだったので、少し離れた産婦人科まで通いました。専用のCDを貸してもらって、妊娠初期から毎日のように聞いていたので、まったく陣痛が怖くなく、むしろ赤ちゃんに会えるのが楽しみでした。

陣痛が始まって陣痛室で子宮口が開くのを待っている間も、ずっとソフロロジーの音楽がかかっていて、リラックスできました。子宮口が3~4センチ開いた頃くらいから半分寝ているようなふわふわした状態になってきて、気付いた時には子宮口全開で出産になりました。
陣痛も痛くなかったし、会陰切開もせずに済みました。次の子も絶対同じ病院で産もうと思っています。

がちゃもん
33歳

A生まれてきた赤ちゃんが綺麗だった

二人目を生んだ産婦人科でソフロロジーを実践しました。実はあんまり信じてなくて(笑)
マタニティヨガの教室に通ったり、ソフロロジー出産法の講習を受けたりはしましたが、陣痛が痛くないなんて嘘だと思っていました。

実際のところ、陣痛はやっぱり痛かったです(笑)でもなんというか、一人目の時よりもすごく落ち着いてリラックスした状態でお産にのぞめたような気がします。生んだ瞬間もつるーんというか、爽快感がありました。

一番大きく感じた違いは、生まれてきた赤ちゃんがすごく綺麗なピンク色をしていたことです。上の子の時はいきみ逃しがつらくて、赤ちゃんの頭が紫色になっていたので、旦那と一緒にすぐに違いに気がつきました。赤ちゃんもリラックスして生まれてきたのかなと思います。

6767
34歳

A自力で勉強しました

元々痛みに弱いタイプで、陣痛が怖いから妊娠するのも躊躇していたくらいです。妊娠後にたまごクラブか何かでソフロロジー式の出産で陣痛の痛みが軽くなるという内容を目にして、試してみようと思いました。
すでにかかっていた産婦人科では特にソフロロジー式は取り入れていないと言われたため、ネットでソフロロジーのCDを買って、イメージトレーニングするようにしました。

「赤ちゃんもお腹の中で一生懸命泳いでいますよ」とか「お母さんに会いたくて赤ちゃんも頑張っていますよ」という話を聞くと、「痛い痛いと逃げていられないな」という気になって、あんなに痛みに弱かったのに、すごく陣痛が来るのが楽しみでした。

陣痛が来た時も「怖い」というよりも、「これでやっと赤ちゃんに会える!」という気持ちで、陣痛も確かに痛いんだけど受け止めることができました。赤ちゃんに会える喜びが大きかったんです。

ソフロロジー式は自力でもお手軽にできるし、実践してよかったです。感動的なお産になりました。

Mike
28歳

A正直痛かった…

ソフロロジー式で出産しました。陣痛が軽くなると聞いていたのですが、私があの独特な世界観に入り込めなかったせいか、やっぱり陣痛は痛かったです。
でも、呼吸法とか、出産の流れが分かったのはよかったかなと思います。初めての出産で不安なことも最初は多かったのですが、陣痛が来ることが怖くはなかったです。

産婦人科からソフロロジー式のCDを借りて、主人と一緒に聞いていたのですが、主人の方が感動して、赤ちゃんを心待ちにしていました。
血が苦手な人だったのに、立会い出産をしたいと自分から言い出したり、陣痛の間も必死に支えてくれたりして、子供が生まれる前から主人をイクメンに変えてくれたという点がすごくよかったと思います。

興味がある方は産院で相談を

出産を控えているママであれば、ソフロロジー出産に興味がわいた方も多いのではないでしょうか。ソフロロジー出産を実践してみたい方は、バースプランに記入が必要な場合もありますので、まずかかりつけの産院に相談してみましょう。

陣痛の痛みに個人差はありますが、病院でソフロロジー出産を導入していない場合でも、書店やインターネットなどで専用の書籍やCDが入手でき、誰でも簡単に始められるというのは嬉しいですよね。
妊娠中から出産時、そして産後までを前向きに導いてくれるソフロロジー出産。出産方法の選択肢のひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ