妊娠性鼻炎とは?に関する記事

妊娠性鼻炎の対処法!原因から分かるいつから・いつまで?

妊娠性鼻炎の対処法!原因から分かるいつから・いつまで?

妊娠性鼻炎は、ホルモンバランスの変化によって妊娠初期から起こる妊婦特有の鼻炎です。鼻炎薬以外の対処法をご紹介!

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠性鼻炎の対処法!原因から分かるいつから・いつまで?

妊娠性鼻炎はいつから症状が出ていつまで続くの? 原因や対処法についても紹介

洟をかむ妊婦さん

妊娠がわかってから、どうも鼻がこそばゆかったり、むずむずして鼻水が止まらなかったりすることはありませんか?
妊婦さんになってから、鼻事情が何だか変わってきて、アレルギーに近い症状もあらわれ始めてきた…その原因はもしかしたら「妊娠性鼻炎」かもしれませんよ。

妊娠性鼻炎の主な原因は、妊娠したことによって、ホルモンバランスが変化し、一時的に身の回りのアレルギーを引き起すような物質に敏感になってしまうことです。もともとアレルギー体質であった女性は、症状が出やすいと言われていて、花粉症を抱えている女性は、その時期でもないのに症状が重くなってしまうこともあります。

一時的とはいえ、鼻水・鼻づまりが続いてしまうと、どうしても妊娠期間中のデリケートな体の状態であれば、コンディションが悪くなってしまいます。妊娠中はうかつには薬も飲めません。マタニティライフ中の鼻の不調にはどうすればよいのでしょうか?

今回は、妊娠性鼻炎にスポットを当て、対処法を学んでいきましょう!

妊娠性鼻炎の症状はいつから始まるの?

喉を手でおさせている妊婦さん

妊娠性鼻炎の症状は、アレルギー性鼻炎と重なる部分が多くあります。例えば、「くしゃみ」「鼻づまり」「さらさらとした鼻水」のような症状が挙げられます。妊娠を機に初めてアレルギー症状が出たプレママさんは、もしかしたら鼻風邪と勘違いしてしまうかもしれません。ですが、風邪とは違うため、発熱や喉の痛みは基本的には伴いません。(アレルギー症状が出る人の中には、たまに熱が出たり喉の調子が悪くなったりする人もおります)

妊娠中に鼻炎の症状が出る時期には、個人差があります。妊娠初期症状の一つとして妊娠性鼻炎が挙げられていますから、妊娠してすぐの妊娠超初期から症状が出てしまう人もおりますし、後期に入ってから急に鼻炎の症状が出てくる人もおります。比較的多い傾向として、後期に差し掛かってからの鼻炎の症状は重くなりがちという特徴があります。これは、妊娠後期になると、大きくなった子宮によって、心臓や肺が圧迫されてしまうことが関わっています。心肺器官が圧迫されてしまうと、息切れや息苦しさを感じやすくなり、結果として鼻水・鼻づまりがさらに辛くなってしまいます。

妊娠性鼻炎の原因は?

煙

妊娠性鼻炎の原因は、明確には分かっていませんが、おそらくホルモンバランスの乱れによるものだろうと考えられています。ホルモンバランスの乱れによって、自律神経の乱れが起こります。自律神経の乱れにより、副交感神経が優位になり過ぎると、体内のリンパ球が増加します。リンパ球はアレルゲンに対して反応する物質であり、普段なら何でも無い刺激に対しても、増えすぎたリンパ球が強く反応し、鼻炎の症状が出てしまうのです。
その為、花粉やホコリ、ダニなどのアレルゲン物質に対して、体が過敏に反応してしまう妊婦さんが多くなります。鼻炎として反応しやすい身近なアレルゲンとしては「タバコの煙」「ペットの毛」「ハウスダスト」などもあるため、部屋の掃除をして、アレルゲンに接触しないようにする工夫が必要です。

妊娠性鼻炎はいつまで続くの?

一旦始まった妊娠性鼻炎はいつまで続くのでしょうか?妊娠中だけの期間限定というものの、妊娠初期から始まったプレママは、これからの7〜8ヶ月の間ずっとこの不調が続くのか…とネガティヴな気持ちを抱えてしまいます。

妊娠性鼻炎の終わりは、おおよそ出産を終えた頃です。産後すぐにすっきりされる方もいれば、出産してから数週間くらいたってホルモンバランスが整っていく中、だんだんと気にならなくなる人まで個人差があります。

症状の強弱は妊娠中ずっと一定ではなく、だいたいは波があるものです。治ったり軽くなったり、かと思えばしばらく重くなったりと、揺らぎながら経過していきます。妊婦さんは鼻炎の症状があらわれ始めたら、しばらくは鼻の不調とおつきあいする覚悟でいましょうね。

鼻炎の症状が気になる時の対処法

加湿器から出る蒸気

とりわけ症状が強く出ている時期には、常にテイッシュとはお友達、鼻づまりのせいで頭がボッーとし、生活の質も落ちてしまいがちで、どうにかしてこの症状を緩和できる方法はないかと考えてしまいますよね。妊娠中ですから、自己判断で市販の鼻炎薬を飲むこともできなく、困ってしまうことも…。
妊娠初期の4ヶ月頃までは、鼻炎薬はもちろん、点鼻薬も控えたほうが良いとされています。

薬なしで、妊娠性鼻炎の症状をやわらげる対処法をいくつか紹介します!鼻炎の症状で悩んでいらっしゃる妊婦さんは、ご自身に合った対処法にトライしてみましょう。

アレルギー物質をできるだけカットするためマスクをする

マスクとティッシュ

基本的な考え方は、花粉症と同じです。何らかのアレルゲン物質に対し、体が反応を起こしているのですから、その元をブロックしてしまえば、症状は軽くなります

妊娠期間中は抵抗力が弱まっているので、風邪をもらいやすくなります。マスクを着用すれば、アレルゲンとの接触を防ぎつつ、風邪の予防にもなりますので、マスク姿の妊婦さんを街中などで多く見かけますよね。鼻炎と風邪を予防でき一石二鳥ですので、鼻炎かなと感じるようになれば、まず試してほしい方法がマスクです。

鼻づまりの時には加湿器を利用する

床の拭き掃除をしている女性

症状がひどく、鼻づまりがひどい時には、部屋の湿度を気にかけてみましょう。夏場はさすがに必要ありませんが、秋~冬の季節には、湿度は常に不足気味です。乾燥していると、空気中に埃やアレルゲンが飛び交いやすくなります。加湿器で湿度を十分に確保し、そういった原因物質に水分の重みを付着させて、鼻から吸い込みにくい床に落としましょう。そのかわり、床のお掃除はさっとでもよいので、こまめにお願いしますね。部屋の乾燥を防ぐことで、鼻や喉の違和感も軽減できます。

蒸しタオルで鼻を温める

お皿に乗ってる蒸しタオル

鼻が詰まって呼吸がしづらくなったら、蒸しタオルを作って鼻の付け根を温めましょう。蒸しタオルは、レンジで濡れタオルを軽く温めるか、熱いお湯で絞って手軽に作ることができます。

鼻を温めることで鼻づまりがスッと解消される仕組みは、「鼻の血流が良くなることで鼻通りが良くなる」だとか「アレルゲンに反応してしまう細胞の反応が鈍る」など言われています。

手軽で副作用の心配もなく、効果の高い方法ですので、ぜひ鼻が詰まって寝つきが悪い夜に試してみてください。蒸気を浴びるという意味で、お風呂の湯船から湯気を吸う方法でも構いません。

鼻づまりに利くツボを押す

蒸しタオルがすぐ作れる状況であれば良いでしょうが、日常生活を送っていると、そんなシーンばかりではありませんよね?!

お仕事中に鼻が詰まってしんどくなったとき、蒸しタオルが作れなくても効果的な方法がありますよ。
それは、ツボを押すこと。騙されたと思って、しっかり押してみてください。嘘のように鼻が、スッと瞬間的にスッキリ通りますよ。

  • 睛明(せいめい)
    目頭と鼻の付け根のところにあるツボです。鼻の付け根に近いところをグーっと力を入れて押してください。
  • 鼻通(びつう)
    その名の通り、鼻の通りを良くするツボです。鼻の両側の少しくぼんだところ、小鼻からそのまま上に向かって、ちょうど鼻のまんなかあたりに位置しています。
  • 迎香(げいこう)
    小鼻の両脇、法令線が始まるあたりにあるツボです。

手洗いを徹底する

手洗いをする女の人の手

アレルゲン物質は、空気中から直接、口や鼻の穴から侵入をしてくるだけではありません。手に付いたアレルゲンが、目を擦ったり鼻を擦ることで、間接的に体内に入ってしまうこともあります。鼻炎などの、アレルギー物質が関わっている病気の症状をガードするには、うがいだけではなく手洗いも一緒に習慣づけましょう。

部屋の掃除を定期的に行う

部屋の掃除をする妊婦さん

妊娠中は、体が重く体調も優れないことが多いため、ついつい掃除は後回しになりがちです。無理は禁物ですから、妊娠中はその手抜きスタンスでOKです。何事も完璧にする必要はありません。

でも、鼻炎の症状が出ているのなら、やはり埃やカビ、ダニなど、その原因物質が部屋の中に溜まってしまわないように心がける必要があります。潔癖なまでに掃除に奮闘することはありませんが、定期的な掃除は大切。毎日の掃除は、クイックルワイパーで手軽に埃を集め、旦那さんがお休みの日には必ず掃除機をかけてもらったり、床拭きをしてもらうと決めておくのがおすすめです。ご自身の負担は軽くしながらも、ある程度の清潔さが保てるようにしていきましょう。妊娠中は、旦那さんの協力が不可欠です!

病院で診察してもらう

看護師

妊娠以前に、もともと鼻炎などの鼻に関する諸症状があった場合には、妊娠性鼻炎もひどくなりがちです。また、初めて鼻炎になったようなプレママさんの中にも、体質的に鼻炎の症状が重くなってしまう方もおり、マタニティライフ期間の慣れない時期に、鼻炎の症状が重なることで辛くなってしまう方もいらっしゃいます。

もしも症状がひどくて、しかも長引くような場合には、健診の時に産科医に相談してみましょう。
赤ちゃんに影響を及ぼす恐れがあるとされる、ステロイド剤は服用できませんが、鼻腔拡張テープや鼻内洗浄などは、安全で有効な方法として認識されています。産科医から耳鼻科を紹介してもらえることもあるので、我慢しないで何事もまずは医師に相談してみることが解決の糸口です。

一時的なものなので、うまくコントロールして鼻づまりとのおつきあいを

思いがけずなってしまった妊娠性鼻炎に、悩まされる妊婦さんは少なくありません。妊娠性鼻炎自体が赤ちゃんに何か影響となることはありませんが、くしゃみや鼻づまりのせいで、ママのコンディションがあまりにも悪くなってしまうのは良いこととは言えません。

妊娠中の不調は、何とかやり過ごしたり、民間療法や簡単な対策を行って、乗り越えたりしなければならない部分もあります。花粉の時期に合致してしまうと、それはもう大変なことになる方も…。安全な方法をいろいろと試してみて、少しでも楽になれる方法を見つけましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク