仰臥位低血圧症候群の原因に関する記事

仰臥位低血圧症候群とは?妊婦が仰向け寝てはいけない理由

仰臥位低血圧症候群とは?妊婦が仰向け寝てはいけない理由

妊娠後期は、寝方に注意しないと仰臥位低血圧症候群を起こしてしまう恐れもあります。なぜ仰臥位低血圧症候群が起こるのでしょう?ここでは、仰臥位低血圧症候群の症状や予防法のほか、おすすめの寝方をご紹介。これを読めば仰臥位低血圧症候群の疑問が解決。

マーミーTOP  >  出産  >  仰臥位低血圧症候群とは?妊婦が仰向け寝てはいけない理由

仰臥位低血圧症候群~ママと赤ちゃんにとって安全な寝方とは

妊娠中期を過ぎてお腹が大きくなってくると、仰向けに寝ると寝苦しいと感じた経験のある妊婦さんは多いはず。

ホルモンバランスの乱れや大きくなったお腹によって寝返りがしにくいことなど、妊娠中の睡眠トラブルは珍しいことではありませんが、仰臥位低血圧症候群を引き起こすこともあるため、妊婦さんは寝方にも気をつけなければなりません。

ただでさえ、いろいろな制限がある妊婦ライフで、「寝方まで制限されるなんて!」と納得いかない人もいるかもしれません。

しかし、仰臥位低血圧症候群は放っておくと危険な状態に陥ることから、妊婦さんは仰臥位低血圧症候群について正しい知識を持つべきなのです。

そこで、今回は仰臥位低血圧症候群について、その症状や予防できる寝方などを詳しく解説していきます。

特に、予防できる寝方として紹介するシムスの姿勢は、妊婦さんにおすすめの寝方として知られているので、それを参考にしながら、安心して眠れるような寝方をいっしょに考えていきましょう。

仰臥位低血圧症候群(SHS)とは?

仰向きで寝ている妊婦さん

仰臥位低血圧症候群(ぎょうがいていけつあつしょうこうぐん)とは、上を向いて寝ている姿勢をとっている際に、急激に血圧が下がってしまうことにより、さまざまな症状が現れることを言います。

妊娠中期から後期にかけて、子宮が大きくなることで起こりやすく、仰向けに寝ている際や、姿勢によっては座っている状態でも起こることがあります。

また、帝王切開の手術のために麻酔を行った後、仰向けになっている際にも起こりやすいことで知られています。普段は全く健康で、血圧などを気にしない人でも、妊娠中は起こりうることだと心得ておく必要があります。

それではまず、仰臥位低血圧症候群が起こるメカニズムについてみていきましょう。

仰臥位低血圧症候群の原因

子宮と背骨が見える下腹部の断面図のイラスト

仰臥位低血圧症候群の血圧の低下には、子宮のそばにある腹部大動脈と下大静脈が大きく関係しています。

私たちの体内を循環している血液は、ポンプの役割をしている心臓から大動脈を通って流れ出て、動脈を通り身体の末端まで行き渡ります。そして、末端まで行き渡った血液が静脈を通り、大静脈から心臓に戻ってきます。

その際、仰向けの姿勢をとると、お腹の赤ちゃんが大きくなり子宮が重くなるにつれて、背中側にある腹部大動脈と下大静脈を圧迫するようになるのです。

仰臥位低血圧症候群が起こる理由

それでは、なぜ血圧が低下するのでしょうか?実は動脈の方は、心臓から出た血液を勢いよく流すためにゴムのように弾力性が高くなっているので、腹部大動脈が子宮により圧迫されても、血流には特に影響ありません。

しかし、静脈は、筋肉の収縮によって静脈自体を圧縮して心臓に血液を戻すために、動脈に比べて壁が薄くて柔らかいことから、子宮の重みに耐えられずに押しつぶされてしまうのです。

血液が心臓に戻る量が減ることで、新たに心臓から送り出される血液の量も減ることから、ママの身体全体の血液量が減り、急激に血圧が低下して仰臥位低血圧症候群が起こります。

見逃してはいけない仰臥位低血圧症候群の症状

疑問を持つ妊婦さん

血圧が急激に下がると言われても、いったいどんな状態になるのか、いまいちピンとこない人は多いのではないでしょうか。

そこで、血圧が急激に下がることでどのような症状が起こるのか、知っておくことが大切です。もしもの時に、早めに対処することができますよ。

仰臥位低血圧症候群の初期症状

仰臥位低血圧症候群になると、初期の段階では次のような症状が現れます。

  • 顔面蒼白
  • 手足が冷たい
  • 冷や汗
  • めまい
  • 息苦しい
  • 吐き気や嘔吐

この段階では、早急に静脈の圧迫を解くことで、重症化を防ぐことができます。

重篤な仰臥位低血圧症候群の症状

仰臥位低血圧症候群が重症化すると、意識レベルが低下して、さらに次のような症状が現れます。

  • 呼吸困難
  • 脈が弱く速い
  • 意識がもうろうとする・気絶
  • ショック状態
  • けいれん

このような状態になってしまうとセルフケアでは改善しません。すぐに、かかりつけ医を受診する必要があります。

仰臥位低血圧症候群が与える胎児への影響

寝ている赤ちゃん

お腹の赤ちゃんは羊水に浮かんでいる状態のため、ママの姿勢の影響を受けることはありません。

しかし、仰臥位低血圧症候群によりママの血圧が急激に低下することによって、胎盤を通してお腹の赤ちゃんに送られる酸素や栄養が十分に行き届かなくなることで、胎児の心拍数が低下し始めます。

さらに、ママの低血圧状態が長く続いてしまうと、胎児の低酸素症を引き起こす恐れがあります。

そうなると、「胎児の健康状態に問題がある」あるいは「将来問題が起こるかもしれない」という胎児機能不全の状態に陥る可能性が高くなるのですります。

仰臥位低血圧症候群を防ぐ寝方

仰臥位低血圧症候群を防ぐ寝方のイラスト

子宮による下大静脈の圧迫を防ぐためには、横になる際に、体の右側にクッションなどを置いて、体を30度ほど左に傾けた状態になる必要があります。

大動脈に多少負担がかかっても血流に影響しないことから、スムーズに血液が循環することができるのです。特に、体の左側を下にしたシムスの姿勢をとると楽に眠ることができますよ。

シムスの姿勢とは

シムスの姿勢は、アメリカの医師のシムス博士が考案した「シムス位」や「シムス体位」とも呼ばれる姿勢のことです。

抱き枕などを使って、左側を下にした状態で横になることで、リラックスした状態で眠ることができると言われています。正しくシムス体位をとるときは、次のような手順で行っていきましょう。

シムスの姿勢のやり方

  1. 左側を下にして横になる
  2. その際、左足はまっすぐ伸ばす
  3. 右足を前に出して、膝を軽く曲げる
  4. 右膝を支点にして、覆いかぶさるようにうつ伏せ気味になる
  5. 左手は背中側、右手は体の前の方に自然に伸ばす

シムスの姿勢は、もともとは昏睡状態の患者の気道確保や直腸検査などでリラックスしてもらうための姿勢。仰臥位低血圧症候群の予防以外にも、呼吸が楽になったり、むくみが改善される効果もあり、妊婦さんにおすすめの寝方です。

妊婦が仰向けで寝られるのはいつまで?

抱き枕

寝方の好みは人それぞれ。「シムスの姿勢が苦手」「仰向けで眠る方が楽」という妊婦さんもいることでしょう。

睡眠の際は、ママがリラックスできることが最も大切なため、楽だと感じる姿勢で眠りたいのは山々ですが、やはり、お腹が大きくなると、眠る際にも仰臥位低血圧症候群のリスクを十分に考慮する必要があるのです。

そのため、お腹の赤ちゃんの安全を考えて、妊娠中期から後期にかけての時期には、左側臥位に切り替えた方がいいでしょう。抱き枕やクッションなどを取り入れて工夫しながら、楽に眠れる姿勢を模索してみましょう。

仰臥位低血圧症候群はどんな時に起こった?

日頃から仰向けにならないように気をつけていても、思わぬ場面で仰臥位低血圧症候群を引き起こしてしまうことがあります。仰臥位低血圧症候群を発症した経験のあるママたちは、どのような状況の時だったのでしょうか。

ママたちの体験談を参考にして、日常生活で気をつけていきたいですね。

みずっきー
34歳

美容院でのシャンプー中に

美容院でのシャンプー中の妊婦さんのイラスト

妊娠7ヶ月くらいに、美容院でシャンプーをしてもらっているときに、急に冷や汗が止まらなくなって、息苦しさを感じました。

シャンプーが終わって、顔面蒼白になっている私を見て、美容師さんもびっくり!どうやら、シャンプー台で仰向けに寝ていたのがいけなかったみたいです。

休憩室のソファで横向きで休ませていただいて、しばらくすると症状は落ち着きました。その後、妊娠9ヶ月にも美容院に行きましたが、さすがにシャンプーは遠慮しました。

シャンプー、気持ちよくて大好きなのに(泣)。

まほりん
32歳

まさかの出産前に!

仰臥位低血圧症候群のことは出産前から聞いたことがあったけど、妊娠前から仰向けで寝る習慣がなかった私は、他人事のように思っていました。

でも、いざ陣痛が始まり、分娩前の待機中に分娩監視装置を付けている状態で仰向けに寝ていると、なんだか気分が悪くなってきて…。

目の前もチカチカしてきたので「これはヤバい!」と思い、すぐにナースコールを押しました。

装置が付いているせいで自由に身動きできなくなったのも、仰臥位低血圧症候群に拍車をかけたのかもしれません。

まさか、これから出産という時に、あんなことになるとは思ってもみませんでした。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ