妊婦に甘酒はおすすめに関する記事

妊婦OKの甘酒は米麹!飲めば便秘や疲労回復に効く⁉

妊婦OKの甘酒は米麹!飲めば便秘や疲労回復に効く⁉

妊婦は甘酒を飲んでも大丈夫?確かに種類によってはアルコールが含まれている甘酒もありますが、原材料に注意すれば妊娠中も飲んでOKです。女性にとって甘酒の嬉しい効能やおすすめの市販品、簡単な甘酒の作り方もご紹介。1日の摂取量を守って疲労回復!

マーミーTOP  >  出産  >  妊婦OKの甘酒は米麹!飲めば便秘や疲労回復に効く⁉

妊婦は甘酒を飲んでも大丈夫?

甘酒には、どんなイメージがありますか?
寒い時に飲むと身体が温まる。甘くておいしい。中には、ちょっと味を苦手に思っている方もいるかもしれませんね。

甘酒は「飲む点滴」「飲む美容液」とも言われ、その栄養価が再注目されています。テレビや雑誌でモデルさんが飲んでいるのを見て、興味を持った方もいらっしゃるのでは?しかし、「酒」とついているだけあって、妊娠中はアルコールの関係で、飲めないのか気になっている方もいるでしょう。

甘酒には、どんな栄養価が含まれているのか、妊婦さんでも飲める甘酒の種類やおすすめの市販品、甘酒が苦手な人向けに、甘酒のおいしい飲み方もご紹介しますよ!

甘酒には酒粕と米麹の2種類がある

普段なにげなく手に取っている甘酒には、実は2種類あります。違いは原料。酒粕からできているものと、米麹からできている甘酒があるんです。詳しく違いをご紹介していきますね。是非、参考にしてください。

妊婦さんNG!酒粕の甘酒のアルコールが含まれている

酒粕

甘酒を飲んだ時に、アルコールの香りが残っているのは酒粕からできた甘酒です。酒粕そのもののアルコールはだいたい8%くらいと言われています。酎ハイやビールのアルコールは5%程度なので、なかなか高い数値ですよね。

もちろん、甘酒を作る過程では加熱が必須ですので、アルコール度数は8%よりも下がると思います。しかし、妊婦さんやお子さん、そして運転する人には、酒粕からできた甘酒を飲むのはお勧めできません。沸騰させて、アルコールを飛ばしたとしても、人によっては酔ってしまうかもしれませんし、妊婦さんの飲酒はお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす危険があります。
お店や、お友達のお家、お祭りで、甘酒を頂く機会があったら何でできた甘酒なのか、確認してみましょう。

妊婦さんOK!米麹の甘酒のアルコールは0%

お米に米麹を入れて作られる甘酒は、アルコールは含まれていません。日本伝統の発酵食品であり、外国の方は、ジャパニーズヨーグルトとも呼ぶそうですよ。栄養満点で、妊婦さんはもちろん、子どもでも安心して飲むことが出来ます。
作り方や栄養素に関しては、後述しますが、妊婦さんが甘酒を飲む時は、米麹で作られている甘酒を選ぶと安心です!

お馴染みの缶の甘酒は?

スーパーや自動販売機で売られている缶の甘酒の原料を確認してみると、酒粕と米麹、両方が使われている商品もあります。酒粕が入っていますが、アルコール度数の多くは1%未満でソフトドリンク扱いです。ジュースなどの清涼飲料と同じ売り場に置かれている商品は、知らずに飲んでいた妊婦さんも、そこまで気にしなくて大丈夫です。
ただし、商品の但し書きで、「お酒に弱い方や妊娠・授乳中の方はご注意下さい」と表記があったりします。次からできるだけ米麹100%原料のものを選ぶようにしましょう。

飲む点滴ともいわれる甘酒!妊娠中の嬉しい効果

甘酒は、飲む点滴と言われているくらい栄養満点な食品です。妊娠や授乳中の方にも嬉しい効果があるので、ご紹介します。

栄養補給・疲労回復

甘酒を持つ妊婦さん

つわりの時に、食べることはできなくても、飲み物なら何とか…という方には、栄養補給として、甘酒がおすすめです。たくさんのアミノ酸が含まれているので、疲労回復にも効果があります。甘酒の味が苦手な方は、牛乳や豆乳などに混ぜて飲んでもいいですね。また、甘酒と言えば、温かい飲み物のイメージもありますが、冷蔵庫で冷やして飲むとスッキリした味わいになり、飲みやすくなります。

便秘解消

甘酒には、天然のオリゴ糖と、食物繊維が含まれています。皆さんもよくご存じかもしれませんが、オリゴ糖は、腸内細菌の餌になり、腸内環境を良くし、お腹の調子を整えてくれるのに役立ちます。食物繊維も同様で、便秘に悩みがちな妊婦さんにとっては、嬉しい効果が期待できそうです。

美肌効果

甘酒には、アミノ酸や、ビタミンB群も甘酒には含まれています。ビタミンBは、肌荒れの予防や熱を作る作用があるため、冷えの予防にもなります。血液の循環がよくなると、肌の調子も整ってきます。

アルコールなしでも糖度は高め!1日の摂取量は?

米麹原料の甘酒の甘さは、砂糖ではなく、お米の甘みによるものですが、糖度やカロリーはやや高い食品です。おいしくて栄養満点なので、たくさん飲みたくなりますが、1日に200ml以下、コップ1杯程度を上限にしてください。一度にたくさん飲むより、少量を毎日続けた方が効果的です。

飲みすぎると、体重管理が難しくなったり、妊娠糖尿病などの病気にも関係してくる可能性もあります。妊婦さんは飲みすぎないように特に注意しましょうね。

アルコールゼロ!米麹の甘酒を炊飯器で作ろう

炊飯器を触る笑顔の妊婦さん

米麹原料の甘酒は、材料と炊飯器さえあれば、簡単に作ることができます。市販の糀を購入したら、甘酒などのつくり方が記載されている場合があります。乾燥や、生のものだと、分量が異なってきますので、その、購入された糀にあった作り方で甘酒を作ってみてくださいね。

参考までに、一般的な甘酒の作り方をご紹介します。

材料

  • 糀…200g
  • お米…100g
  • 水…ひたひたになるくらい

水を沸騰させて60℃まで冷ます。糀と米を炊飯器に入れて、冷ましたお湯を入れる。炊飯器の蓋はせずに、ふきんなどをかぶせて、6~8時間程度保温状態にする。できあがった甘酒は熱湯消毒をしたビンなどに保存する。これでOKです!そのままでもおいしいですが、ひと手間かけて、ミキサーにかけると、口当たりがなめらかになります。

同じ作り方で、糀と水だけで作ると、みりん代わりの調味料になったり、甘味が強くなるので、お菓子を作る時の砂糖の代わりになったりします。

また、甘酒が少し苦手という方には、豆乳や牛乳にまぜて飲むのも美味しいですよ。その他にも、バナナと一緒にミキサーにかけたり、パンに塗って、ジャムとして食べたりするのもおススメです。砂糖の代わりと思って食べてみると、違った発見があるかもしれませんね。

今、密かな甘酒ブーム!おすすめの甘酒は?

飲む点滴、美肌効果などでブームになりつつある甘酒。おすすめの市販品をご紹介します。麹菌は生き物なので、酒造さん独自の味を飲み比べてみるのも面白いかもしれませんね。

プラス糀 甘酒豆乳ブレンド

プラス糀甘酒豆乳ブレンド

マルコメ

オープンプライス

米と米麹の甘さだけでできていて、砂糖を一切加えていない甘酒です。豆乳の甘さも加わるのと、豆乳のイソフラボンなどの栄養も一緒にいただけるのが嬉しいですね。豆乳が加わることにより、甘酒が苦手な人も、飲みやすいかもしれませんよ。甘酒と、豆乳のダブルの甘さを試してみませんか?スーパーなどで、手軽にご購入できますので、是非、お試しください。

http://www.marukome.co.jp

麹だけでつくったあまさけ

八海山の麹だけでつくったあまさけ

八海山

オープンプライス

清酒「八海山」の技術を活かして作った甘酒です。国産の麹を使っていて、雑味のないすっきりとした甘さで、夏でも飲みやすい甘酒です。夏バテ予防にもおすすめな一品。1回分と、お徳用の大容量の甘酒と2種類あり、お好みに合わせて、お選びいただけますよ。パッケージもカッコいいので、甘酒だけはもちろん、お酒と一緒に、贈るのも喜ばれること間違いなしですね。

http://www.hakkaisan.co.jp

蔵元が造った 糀甘酒

蔵元が造った糀甘酒

千代むすび酒造

762円+税

国産や地元島根県のものにこだわっている千代むずび酒造さんが作る糀の甘酒です。自然な甘みで、添加物一切なしで、お子様にも安心して飲むことが出来ます。健康や美肌のために、1日少量ずつ、元気になりたい時は少し多めに飲んでみてはいかがでしょうか?

http://www.chiyomusubi.co.jp

白酒とは?白酒=甘酒の誤解

白酒ノットイコール甘酒のイラスト

甘酒と似ている日本のお酒に、ひな祭りなどで振る舞われる白酒があります。白酒=甘酒と思われている方もいますが、白酒は、甘酒とは違います。
白酒とは、みりんや焼酎に、蒸した米や米麹を仕込んで、1か月程度熟成させて、すりつぶした飲み物になります。当然ながら、みりんや焼酎にはアルコールが含まれていますので、白酒はノンアルコールではありません。
ひな祭り=子供の行事というイメージもありますが、白酒は子供の飲み物ではなく、妊婦さんも厳禁です。イベント事などでいただく機会があるかもしれませんので、覚えておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いたライター
木下みずき

木下みずき

ウォーキング始めました!運動と食事で5kg減を目指すダイエッターです!