帝王切開の痛みはいつまで?に関する記事

帝王切開の痛みはいつまで?麻酔や術後の痛みの体験談15選

帝王切開の痛みはいつまで?麻酔や術後の痛みの体験談15選

帝王切開の痛みはいつまで続くの?麻酔や手術は痛いの?など、帝王切開の痛みについての体験談をまとめました。

マーミーTOP  >  出産  >  帝王切開の痛みはいつまで?麻酔や術後の痛みの体験談15選

帝王切開の痛みはいつまで続くの?麻酔や傷の痛みの体験談15

帝王切開の手術では、麻酔や術後の痛みは避けて通ることができません。特に、局所麻酔の場合、背骨から注射やカテーテルを使って麻酔薬を投与するため、激痛を伴うことも。ところが、反対に思っていたよりも痛くなかったという人がいることから、痛みというのは個人差があって、どれを参考にしたらいいのか分からなくなってしまいますよね。

ここでは、「麻酔は痛くなかった?」「手術は痛いの?」「術後の傷口や後陣痛の痛みはいつまで続くの?」など、帝王切開の「痛み」について、15人のママの体験談をまとめてみました。すっごく痛かったママやそれほどでもなかったママなど、さまざまな意見を参考にして、帝王切開の痛みについて知っておきましょう。

ケース1.局所麻酔はそれほど痛くなかった

あいさん
20代前半

Aはじめての帝王切開

逆子のため帝王切開を経験しました。腰椎麻酔だったので、海老のように丸くなるのですが、お腹の大きな私には思うように上手な姿勢がとれず、看護師さんにおさえられたのを覚えています。いざ、麻酔を打ったのですが、打たれたのか分からないくらい何も感じませんでした。水分を含ませた綿を肩と太ももに当てられ「冷たい?」と聞かれて、その後すぐに切開しました。赤ちゃんが出るまでは何も感じなかったのですが、胎盤を取って子宮内を洗浄しているあたりから、おへそのあたりがなんだか痛いような…という感じでした。縫われている時も縫われてる感がすごく伝わり、思い込みかもしれませんが少し痛みも感じました。

術後、病室に戻る頃には後陣痛が既に始まっていました。術中に痛み止めを入れていたというのですが、痛みは増すばかりで疲労感と眠気はありましたが、あまりの痛さで一睡も出来ませんでした。傷口は燃えるように痛く、思わず声が漏れるほどでした。産後2日間はベッドの上で過ごしましたのですが、特にガスが腸を通るときが激痛です。あと、笑う時とくしゃみをする時は悶絶必至!腹筋を切っているので、当たり前ですよね。痛みは日に日に減っていき、退院する頃にはやっと日常生活が出来るようになりました。とにかく術後しばらくは、人目なんて考えられないような状態でした。

あずちん
34歳

A逆子で帝王切開

一人目は自然分娩でしたが、二人目は逆子が治らずに予定帝王切開で出産しました。麻酔は局部麻酔で、麻酔を注射する時、背中か腰の辺りに痛みはありましたが一瞬でした。手術中は、主人や麻酔科の先生と普通に話をしながらかなり手際良く進んでいきました。感覚がないので、痛みなどは全く感じませんでした。印象的だったのは、麻酔科の先生に「今かなり痛いことされてますけど大丈夫ですか?」と聞かれたことです。もちろん全く痛くないですが、何となく笑ってしまいました。

生まれたての新生児

手術後は、麻酔が切れてから腰の辺りがジンジンと痛くて、動かすのがほぼ不可能でした。それでもだんだんと慣れてきて、今度は痛みよりも喉の渇きの方が辛くなりました。でも、水などは飲ませてもらえず、夜中に何とか氷を一つもらっただけでした。後陣痛はほとんどなく、腰回りの痛みは術後二日ほどであまり気にならなくなりました。

ゆみゆみ
31歳

A2人目の帝王切開、吐き気止まらず

子供は2人とも帝王切開でした。1人目は緊急帝王切開だったので全身麻酔、2人目は予定帝王切開のため局所麻酔でした。全身麻酔の時は生まれた後に意識が戻ったので、特に手術中の痛みはなく、局所麻酔の時も背中から麻酔をしましたが、痛みは全く感じませんでした。麻酔をしてしばらくしたら、下半身の感覚の有無を確認されて即手術になりました。

手術中は切られているという痛みこそなかったですが、お腹の中を触られている感触や子宮から押し出す感覚のせいで吐き気が止まりませんでした。そのことを麻酔科の先生に言うと、感覚を鈍くする麻酔をさらに追加されましたが、全く効果はありませんでした。手術後、病室に移動する前に回復スペースで過ごしていた際、震えが止まらず高熱が出たのですが、これは手術後にはよく見られる症状だそうです。

2人目だったからなのか後陣痛がひどく、子宮の収縮が痛くて痛くて、そばにいた夫に「お願いだから帰って」と言ったほどでした。重い痛みが続き、眠れないほどだったので、痛みを軽くする薬をさらに追加してもらいましたが、これも全く効かず!手術当日はずっ~と続いていた痛みも、翌日からはだいぶよくなり、歩くこともできるようになりました。

みいた
40歳

A初産プラス帝王切開

40歳高齢ながらも、帝王切開にて無事出産しました。麻酔は腰から下の部分麻酔で、事前にネットで調べたら麻酔の注射が痛いなど載っていることが多く、少し覚悟していましたが、実際にはそこまで痛くもなく、余計な心配しなくて良かったじゃん、と思いました。麻酔が効いているし、カーテンで隠れていて、今どの段階かまったく分からず、まだかまだかとハラハラしながら寝そべってました。

術中は、何か引っ張られてる感じは少しありましたが、痛みは全く感じなかったです。その晩は、たいした痛みも無く、疲れたのか普通に眠りました。次の日には、さすがに麻酔も効いてないため痛みはありましたが、生理痛が少しキツイ程度で、思っていた程ではありませんでした。これが後陣痛らしいです。動けるならなるべく動いて下さいとの事で、動こうとしましたが下腹部が痛く、力が入らず、起き上がる時が最も辛かった気がします。術後2日目には、点滴しながらも、ゆっくり歩けるようにもなり、授乳もさせてもらいました。

ちゅうたん
35歳

A上の子も下の子も帝王切開でした

上の子が逆子だったため帝王切開で出産をしました。1人目の時は、昔からある個人の産婦人科だったため設備も少し古く、帝王切開の手術も術後もかなりつらかったため、次の子を決意するまで8年もかかりました。上の子が帝王切開だったため、下の子も帝王切開での出産になりました。

手術室で麻酔を操作

麻酔は始めが局部麻酔で、赤ちゃんに対面した後に全身麻酔をかけてもらいました。麻酔は専門の先生が脈や心拍数などを確認しながら声をかけてもらい、脊髄に管をつけてそこから麻酔液を流すといった感じでした。手術中は全く痛みもなく、全身麻酔をかけてからは記憶もありません。術後も、麻酔液を少しずつ流しながらだんだんと量を減らしていくということだったので、痛みも全くなかったのですが、起き上がる時はさすがに痛かったです。

体を起こす時や笑う時など腹筋を使う時が痛くて、2日位は苦しみました。後陣痛などは全くなく、とにかく腹筋が回復するまでが痛くて起き上がるのも大変でした。ただ、医療が日々進歩しているからなのか、上の子の時は術後がものすごく痛かったのですが、下の子の時はそれ程でもありませんでした。

ケース2.局所麻酔は超痛かった!

Maki
36歳

A逆子で帝王切開でした

赤ちゃんを取り出すまでが局部麻酔で、取り出ししてからは全身麻酔でした。最初から全身麻酔かけちゃうと、赤ちゃんも眠ってしまうので危険なのだそうです。はじめにかけた下半身の局部麻酔の方は、背骨の所に打つので激痛でした。手術中に痛みを感じることはありませんが、赤ちゃんを引っ張り出される感が少しあります。

そして、手術後に麻酔が切れたら、さらに激痛との闘いです!特に、お腹の傷のあたりの痛みがひどく、布団を握ったり、痛すぎて涙が出たり…。手術は午後の1時からだったのですが、痛み止めは夜中12時までは使えないということだったので、痛みと闘う時間が過ぎるのがものすごく長かったです。

翌日の最初の難関は起き上がることです。とにかく痛いんです。すぐに歩く練習があったけど歩くのも痛いし、くしゃみもできない状態でした。結局、術後の痛みは5日か6日くらい続きました。そのせいか、後陣痛があったのかどうかも不明です。陣痛の痛みを経験していないので、どれも手術の痛みに感じました

みるみん
30代後半

A緊急帝王切開

予定日超過してもなかなか出て来なかったのんびり屋の我が子。破水したので促進剤を投与するも、子宮口があまり開かず帝王切開になりました。局所麻酔の効き始めに気分が悪くなって嘔吐をしてしまいましたが、その後はポーッとした状態でウトウトしてしまいました。術中は痛みもなく、そのうちもうすぐ生まれますよ!という声で現実に戻り、我が子との感動の対面。部屋に戻ってしばらく眠ると、なんとも言えない痛みが…。促進剤での陣痛の痛みなどでも疲れていたので、その日は痛み止めを処方してもらいました。

胎児のエコー画像

後陣痛と子宮の収縮を確かめるためにお腹を押されるのがとても痛く、術後の3日間くらいは足を数センチ動かすのもトイレに行くのもつらかったです。帝王切開はホントつらかったです。産後1ヶ月ほどはナーバスになったりもしましたが、我が子が無事に産まれてきてくれるなら、帝王切開でも自然分娩でも同じだと思います。いっぱい痛い思いをしたけど、子供はもう6歳に!まだまだかわいくて仕方ありません。

双子ママ
20代後半

A帝王切開での双子出産

初めての妊娠で双子を授かり、局部麻酔で予定帝王切開にて出産しました。事前の説明では、背中に麻酔を入れるときに少しチクッと痛むくらいと聞いていましたが、普段の採血や点滴も痛くて泣きそうになる私は、すごく痛く感じました。麻酔の際には背中を丸めないといけないのですが、お腹も大きくなっているので体勢がかなりしんどかったです。次第に麻酔が効き感覚がなくなってきたので、もう痛みはないだろうと安心していたのですが、中から赤ちゃんを出すときに引っ張られるような感覚があり常に鈍痛がありました。

無事に赤ちゃんを取り出した後も、子宮内の胎盤などを取り出しているのかぐいぐいと引っ張られる感覚や、お腹をぐっと押している感覚があり最後まで鈍痛との闘いでした。手術終了後は、まだ麻酔が効いているため傷口の痛みはありませんでしたが、子宮の収縮する痛みが酷くつらかったです。背中の麻酔チューブを2日目に外したのですが、そこからは傷口も痛みだして歩くのはもちろん、笑うことすらしんどかったです。

術後4日目あたりにはようやく痛みも治まってきて、痛み止めの薬を使用しなくても我慢できるようになりました。授乳後や助産師さんによるおっぱいマッサージの後は子宮収縮が活発になるため、後陣痛のピークがやってきて、冷汗がにじむほどの腹痛があり非常に辛かったです。

みこたこ
41歳

A37歳のときに帝王切開で出産しました

帝王切開の手術での局部麻酔を受けました。なかなか麻酔が効かなくてとても怖かったのですが、胎児に影響がないギリギリの最大量の麻酔を入れてもらって手術をしました。麻酔のときに背中に注射を打つ際は、痛みもありましたし、背中に異物を感じる感覚など、外科手術が未経験だったためとにかく恐怖でした。

出産した赤ちゃんを胸に抱く母親

手術中に痛みは感じませんでしたが、お腹の中で引っ張ったり動かされている感覚がしたり、今まで感じたことが無い奇妙な感覚は感じました。手術の跡はとてもひどい痛みで眠れなかったどころか寝返りも打てず、力も入らずで本当につらかったです。翌日に歩行訓練がありましたが、全然眠れなかったのでめまいと腹部の痛みでやっとの思いで歩きました。

しかし、3日後には腹部の痛みは徐々に薄れてきました。手術後による切開部分の痛みが消えない状態での後陣痛は、下腹部あたりが非常にジンジンと重い痛みを感じました。

ケース3.陣痛で麻酔の痛みどころじゃなかった

ままごん
40歳

A陣痛2日、そして緊急帝王切開!

局所麻酔の帝王切開でした。麻酔は多少痛かった程度。と言うのも、実は妊娠高血圧症候群のため促進剤を使って2日間陣痛に耐えた後の緊急オペだったので、陣痛に比べればなんてことない!「早く出してー」と思っていました。なので陣痛でマヒして、麻酔の痛みは感じなかったのかもしれません。

オペ中の痛みは全くありませんでした。最後に子供を出すときだけお腹を押されるので、その時に『うっ』と思った程度です。でも、術後は本当に痛かったです。その痛みが傷のせいなのか後陣痛なのかは区別がつかなかったのですが、痛すぎてお腹に力が全く入れられなくて、翌日は起き上がるのに20分かかりました。それこそ泣きながら起き上がってました。でもドクターに「動かないと治りが遅くなるから動いて」と言われていたため、翌日から歩いていました。

痛みが気にならなくなったのは4日目くらいからです。その日から完全母子同室だったので、気が張っていたからかもしれませんね。陣痛もつらかったけど、帝王切開のオペ後も相当キツイですよ。でも、お腹おさえながら20mくらいの距離を5分かけて歩き、子供の顔を見に行きました。

ロトさん
30代前半

A2人目が緊急帝王切開でした

37週3日の夜、突然1~2分おきの陣痛が来て、病院に行くと原因不明の常位胎盤早期剥離と診断されて、緊急帝王切開となりました。時間に猶予がないと言われたため、何が起こったのか心の整理もつかないまま手術台へ移動し、恐怖感すら起きずに言われるがままにしていました。局部麻酔だったのですが、その時はとにかく陣痛が強かったため、麻酔を打たれた感覚はなく、麻酔が効いてようやく陣痛から解放され、まだ緊迫した状況にもかかわらず、思わず安堵してしまいました。

手術中は緊張と寒さで震えていたのを覚えています。でも、産声が聞こえた時、子どもの命が助かったことに自然と涙が出て、まだ自分の処置がこれからというのに医師や看護師へ感謝の言葉を口にしていました。術後は麻酔薬の副作用でかゆみが出て眠れず、麻酔が切れると今度は傷の痛みで思うように動けず、術後3日はまともに眠れませんでした。

横に切開したため下着のゴムがちょうど傷口にあたって刺激になり、術後2ヶ月近くはマタニティ用の下着で過ごしていました。2人目の方が後陣痛は長引くと聞いていた通り2ヶ月半も続き、その後ようやく産後ダイエットに本腰を入れられるようになりました。

今でも傷口を見ると色々大変だったなぁとしみじみ思いますが、自然分娩でも帝王切開でも、あの産声を聞いた時の感動は同じで、どんな形でも生まれてきてくれたことに感謝しています。

マムママ
40代後半

A高齢での帝王切開です

高齢出産だったので帝王切開で出産しました。予定日に近い日に帝王切開するはずでしたが、陣痛が起こったために病院に行き、急きょ帝王切開になりました。麻酔は、局部麻酔で脊椎の腰のあたりに麻酔しました。麻酔の痛みをさほど感じなかったのは、陣痛の痛みがかなり強烈だったからかもしれません。麻酔をして5分あまり過ぎた頃には、嘘のように陣痛を感じなくなりました。

手術中はまったく痛みは感じませんでしたが、お腹を切開してそこから赤ちゃんを取り出すときに、看護師さんが胃のあたりから切開部分の方に向かって強く押すんですよ。押すと言うか押し出すと言ったほうが正しいかもしれません。その時の看護師さんの力が凄くて、痛かったのを覚えています。

術後は麻酔が切れるとやはり痛くて、鎮痛剤を服用しました。お腹の切った部分が一番痛くて、咳をしても痛いし寝返りもうてませんでした。本当に痛かったのは2日か3日ほどで、歩き始めると徐々に痛みもなくなりました。一週間後には、普通に生活できるぐらい痛みはなくなっていましたが、立ったり座ったりと体勢を変えると傷のところは少し痛みが残っていました。お腹の傷のほうが痛かったので、後陣痛はほとんど感じなかったです。看護師さんに付き添われてトイレに立ったときに、かなりの出血があってびっくりしましたが、かなりの量を出血したのは一回だけでした。

ケース4.全身麻酔で気付いたら手術が終わっていた

のの母
20歳

A妊娠発覚と同時に決まった帝王切開

全身麻酔で帝王切開になりました。分娩室に入り、酸素マスクを当てられ3秒も掛からずに眠ってしまい、入室から13分で出産を終えました。手術中の痛みも全くわかりません。分娩室に入って、次の瞬間にはもう産まれていたのですから!!翌日のお昼になり、一般病棟へ移動することになりました。いつも通り起き上がろうとした時です。お腹の下の方に激痛を覚えました。痛いと言うより熱いのです。皮膚もお肉も全力で車に引っ張られてる感じでした。食事をするために腕を伸ばそうとしても、ジンジンビリビリ傷に響きました。

病院の廊下を歩く看護師

一番辛かったのは、管を抜いた後の初めてのトイレ。看護師さんがついてきてくれるのですが、便座に自力で座っていることが一番の難所でした。顔面蒼白、全身冷や汗。その後は個室にしていただき、トイレのほかにベッドでの寝返りや着替えなど、幾つもの試練がありましたが徐々に痛みが引くのと、体が痛みに慣れたようで、4日目には病院内を歩ける程に回復しました。
もともと生理痛がひどく、生理のたびに吐いていたくらい重度だったので、後陣痛はその1/3程度の痛みでした。出産後の後陣痛は2人目がかなりキツいと聞くので、次は覚悟をして挑みます!!

出産を一通り経験して思ったことは、痛みはほんの一瞬で、我が子と暮らす毎日は永遠だということ。あの痛みも今では愛おしく思います。痛みがあってこそ、今、我が子を抱っこできるのですから!!

りーまま
28歳

A帝王切開での出産

二人目の時に、術前検査の結果から全身麻酔での手術になりました。手術前日に入院。ところが、その日の夜中になんと陣痛が始まってしまい…。陣痛に耐えながら手術準備に臨むという、貴重な体験をしました。全身麻酔だったので、麻酔の痛みや手術中の痛みもなく、手術中の事は一切覚えていません。残念ながら、赤ちゃんが出てきた時の産声も聞けなかったし、顔とかも見れませんでした。

麻酔から覚めると、後陣痛と手術の傷のダブルの痛みが!それでも、赤ちゃんに授乳をしなければと、必死になってベッドから起き上がったのをよく覚えています。傷の痛みの方がやっぱり長く、それでも3日位で歩くにも支障がないくらいに痛みがひきました。(慣れちゃったというのもあるのかも…)1人目の時はとにかく後陣痛が凄まじく、手術した日の夜はずっとうなされてましたが、2人目の時は先に陣痛がきていたからなのか、それとも一人目の時の経験があったからか、比較的耐えられる痛みだったような気がします。

なーりん
20代後半

A2人とも帝王切開にて出産!

9ヶ月に入った頃からどんどん血圧が上昇し、緊急入院となりました。妊娠高血圧と診断され、24時間点滴で血圧を管理していましたが、ついに血圧が180を超えてしまい、翌日の帝王切開が決まりました。妊娠高血圧症の場合、局部麻酔では血圧の増減が稀に起こることがあり、私の身体でその増減を経験することは本当に危険だと言われ、全身麻酔での出産となりました。

自ら手術台に上がり、お腹を消毒されて、先生やスタッフも全ての準備が整い、後はお腹を切るだけという、本当にギリギリのところで麻酔をかけられました。マスクを当てられて1,2,3,4,5,…くらいで意識はなくなり、痛みや不快感もなく、起こされたときは手術が全て終わり手術室を出たところでした。

ずっと寝たきりの生活だったからか、後陣痛の痛みなのか術後の傷跡の痛みなのか、どの痛みなのかは正確にはわかりませんが、腰周りは生理痛の重たい感じのようにひどく痛みました。しかし、その痛みも、痛み止めを投与してもらったため手術当日と翌日の2日間ですっかり治りました。手術3日後の内診で、子宮の戻りが予想以上に早いとお医者産に言われ、子宮の痛みも感じなかったため、後陣痛はなかったのかなと思います。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ