臨月とはどのような時期?に関する記事

臨月とはいつからいつまで?妊娠36週以降の妊婦の過ごし方

臨月とはいつからいつまで?妊娠36週以降の妊婦の過ごし方

臨月とは、出産に向けてママの体が変化していく時期です。お産に対して不安を感じているママもいるのではないでしょうか?ここでは臨月のママに起こる体の変化を中心に、臨月の過ごし方やお産までの準備など、もうすぐ臨月のママに役立つ情報をお伝えします。

マーミーTOP  >  出産  >  臨月とはいつからいつまで?妊娠36週以降の妊婦の過ごし方

臨月とはどんな時期?臨月の身体の変化から過ごし方まで

臨月といえば、もうすぐ赤ちゃんが生まれてくる時期ですよね。楽しみな反面、出産までの過ごし方や陣痛の痛みなどに対して、不安に思うママもいるのではないでしょうか。

特に、臨月に入るとママの体に変化が起こることから、出産までの過ごし方を知ることが大切なのです。また、いつまでのどのような準備をしておけば良いのかも気になりますよね。

ここでは、これから臨月を迎えるというママのために、臨月とはどのような時期なのか、また、具体的な体の変化や過ごし方などについて分かりやすく解説します。

臨月はいつからいつまで?

臨月期間表

臨月とは、妊娠36週から39週までのことで、最後の生理の初日を0として数えた10ヶ月目のことを指します。臨月の「臨」には、「その時に直面する」という意味があるので、まさに出産が間近に迫っていることを示しているのです。

ただし、出産に適しているとされる「正産期」は妊娠37週から41週までのため、臨月に入ってすぐの妊娠36週に出産した場合は早産という扱いとなります。

また、出産予定日は、40週0日目のことをいいますが、臨月を過ぎた40~41週の2週間も正産期にあたるため、予定日に生まれなかったからといって焦る必要はありません。

臨月になると起こる体の変化

臨月に入ると、ママの体が出産に向けて準備を始めるため、今までとは違った体調の変化を感じることがあります。その時になって戸惑わないよう、次のような臨月のママの体に起こる変化について知っておきましょう。

胎動が弱くなる

臨月に入ると、お腹の赤ちゃんの体重は2500グラム前後、身長は45センチ以上となるため、子宮の中に余分なスペースが少なくなって、赤ちゃんの動きが少なくなり、胎動を感じにくくなるのです。

ただし、必ずしも胎動がなくなるわけではないので、赤ちゃんの胎動の感じ方には個人差があるため、出産直前まで活発に動いていたというケースもあります。

お風呂に入っている時や寝ている時など、ママがリラックスしている時には、お腹の赤ちゃんの動きを感じやすいので、赤ちゃんの動きをチェックしてみてください。

もし、いつもより極端に胎動を感じないときは、10カウント法なので胎動を確認し、気になる場合はかかりつけ医に相談しましょう。

赤ちゃんが下がってくる

臨月の妊婦さん

出産が近くなると赤ちゃんが外に出やすいように、産道が柔らかくなる「頸管熟化」が始まって、子宮頚管が柔らかくなると、赤ちゃんの重みで徐々に下りてきます。

臨月に入ると、赤ちゃんが下がってきて、お腹のでっぱりにも変化が見られるのは、お産に向けてママの体の中で出産の準備が始まった合図だといえます。

また、赤ちゃんが下りることで、子宮によって圧迫されていた胃のあたりがすっきりして、食欲が出てくるので、スイーツや食事の量が増えてしまうこともあります。

子宮口が開く

頸管熟化が進み、赤ちゃんが下りてくると、それまで閉じていた子宮の出口にあたる子宮口が徐々に開きはじめます。

内診の際、子宮口の開きや子宮頚管の硬さなどを確認し、「ビショップスコア」という指標に当てはめて分娩の進み具合を診断が行われます。

出産が近くなっても子宮口が開かない場合は、指で子宮口を刺激する「内診グリグリ」と呼ばれる処置が行われることも…。陣痛を促す処置とはいえ、「かなり痛かった」と言う先輩ママが多いことから、心構えはしておきましょう。

お腹の張り・前駆陣痛が起こる

頸管熟化がはじまると、子宮が収縮することで、お腹の張りや前駆陣痛と呼ばれる不定期の陣痛が起こるようになります。

前駆陣痛と本陣痛は、痛みが起こる間隔が不定期か定期的かどうかで見分けることができることから、「陣痛かな?」と思ったら、痛みが起こってから次の痛みが起こるまでの間隔を調べてみましょう。

万が一、激しい痛みや大量の出血が見られる場合は、かかりつけ医を受診する必要があります。

恥骨や足の付け根が痛む

足の付け根が痛む妊婦さん

妊娠すると赤ちゃんを外に出やすくするために、リラキシンという物質が分泌されて、関節を柔らかくなります。それにより、関節が緩むことによって、腰や足の付け根が痛むようになります。

お産が近づくにつれ、腰回りに痛みを感じるのは、このホルモンバランスの変化によって起こるのです。

特に、骨盤の関節が緩むと、恥骨結合と呼ばれる部分に負担がかかるため、恥骨の痛みがひどくなることがあります。あまり痛みが激しいときは、骨盤ベルトの装着や横になるなどして、恥骨結合の負担を軽減しましょう。

臨月の過ごし方

これまでお腹の赤ちゃんのために、いろいろと気をつけて生活してきたママは多いことでしょう。出産間近となり、元気な赤ちゃんを出産するためには、残りの妊娠期間の過ごし方が重要です。

臨月の過ごし方について、次のようなポイントには十分にお気をつけください。

体重管理を心がけましょう

赤ちゃんが下がることによって、胃の圧迫がなくなり食欲が出てきます。それまで食欲がなかった妊婦さんの中には、食べ過ぎによって体重が増えてしまう場合もあります。

臨月だからと気を緩めて体重が急激に増えてしまうと、今までの体重コントロールが無駄になるだけでなく、難産につながる恐れがあります。出産までの間はバランスのとれた食事を心がけましょう。

適度に運動をしましょう

公園で散歩する妊婦さん

臨月に入るとお腹が大きくなって動くのが億劫になるほか、腰痛などが原因で運動不足になりがち。無理のない程度に、ウォーキングやスクワット等を行って、体を動かすことが大切です。

体を動かすことで赤ちゃんが下がって、子宮口が開きやすくなるという効果も期待できますよ。

ストレスをためないようにしましょう

妊娠中にママが過度のストレスを感じてしまうと、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えてしまう恐れがあるため、出産までの間は、ストレスを感じないようゆったりとした気持ちで過ごすことを心がけましょう。

出産について不安に感じることがあれば、助産師さんや家族、先輩ママに相談してみるとよいですね。

出産までしておきたい準備

臨月に入って正産期を迎えると、いつお産が進んでもおかしくない状態です。急な破水や陣痛の痛みでパニックにならないよう、事前に準備をしておくことが大事です。

ここでは、出産までにしておきたい準備について、具体的に解説していきます。

破水や陣痛が起こった時のシミュレーションをする

破水や陣痛が始まって「いざ出産!」となった時の、緊急の連絡先や病院までの移動方法などについて話し合っておきましょう。昼間と夜間では対処が異なるので、時間帯ごとに具体的に話し合うと安心です。

病院や陣痛タクシー、家族の連絡先は必ずスマホに携帯電話に登録しておくことも忘れずに。

イメージトレーニングをする

赤ちゃんをイメージするママのイラスト

イメージトレーニングをしておくことで、出産本番で冷静に対処することができます。「陣痛が10分間隔になったらどうするのか?」「陣痛がmaxになったらどのようにいきむのか?」など、具体的にイメトレをしておくとよいですね。

また、出産に対して必要以上に不安を感じないようにするために、「赤ちゃんの産声はどんなかな?」「赤ちゃんと対面した時に何て言葉をかけよう?」とイメージすることで、出産が楽しみになりますよ。

また、夫婦で両親学級(パパママ教室)に参加すると、お互い具体的なイメージがしやすくなるでしょう。

呼吸法を確認する

分娩の進み具合に合わせた呼吸を身につけると、お産が楽になります。本番では助産師さんがリードしてくれるので、あらかじめ練習しておくとスムーズに行うことができます。

陣痛の痛みを逃す場合は、鼻から吸って口から吐く深呼吸が重要です。息を吐く際は、ローソクの火を吹き消すように細く長く吐き出すのがポイント。

さらに、赤ちゃんの頭が見える「発露」の状態になったら、「ハッハッハ」という短促呼吸に切り替える必要があります。

臨月は出産までの準備期間です

臨月になれば、長かったマタニティライフもそろそろ終わりです。出産の際に必要な呼吸法を身につけて、出産のための入院準備をきちんと行って、あとは赤ちゃんが外に出てくるのを待つのみ。

出産まではあと少しなので、赤ちゃんと対面することを楽しみにして、残りの期間を乗りきりましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク