妊娠中の脇の黒ずみ対処法に関する記事

妊娠中の脇の黒ずみは産後に消える?ケアする際の注意点

妊娠中の脇の黒ずみは産後に消える?ケアする際の注意点

妊娠中の脇の黒ずみ対処法は?黒ずみのケア方法や、いつ頃から黒ずみが消えるのかなど、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠中の脇の黒ずみは産後に消える?ケアする際の注意点

妊娠中の脇の黒ずみが気になる…黒ずむ原因と対処法

妊娠中は様々な変化が体に表れます。脇の黒ずみもそのひとつで、妊婦さん特有の原因があるようです。
「もう外でノースリーブは着られない…」と体の変化に自信をなくしてしまいそうですが、妊娠中の体の変化の大半は産後に元に戻ることが多く、脇の黒ずみも自然に戻るケースが多いとされています。

今回は、妊娠中の脇の黒ずみの原因と対処法について詳しくご紹介します。黒ずみ対策に効果的なケア方法もご紹介しますので、お悩みの方は目を通してみてくださいね。

妊娠すると脇に黒ずみができるのはなぜ?

脇の下を見る女性

妊娠すると、女性の体は妊娠を継続するためにホルモンバランスが変化します。妊娠後に脇が黒ずむのは、妊娠によるホルモンバランスの変化に伴いメラニン色素が増加すること、皮膚の代謝が落ちることが大きな原因として挙げられます。

妊娠20週ごろからエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロテスゲン(黄体ホルモン)というホルモンが増えるようになると、メラニン色素の色素細胞(メラノサイト)を刺激し、肌の内部にメラニン色素が増加します。

メラニン色素は紫外線から肌を守ってくれる働きもあるのですが、増えると色素沈着が起こりやすくなるため、シミやそばかすの原因になることもあります。脇は元々メラニン色素が多いため、妊娠中のメラニン色素の増加でさらに黒ずむことがあるのです。

妊娠中は、脇以外にも乳首や乳輪、デリケートゾーンもメラニン色素が多く黒ずみやすくなっています。また、乳首や乳輪が黒ずむ理由のひとつとしては、赤ちゃんがおっぱいを探しやすくなるからではないかという説も考えられています。

脇の黒ずみはいつ消えるのか

脇の下を確かめる女性

妊娠中の体の変化は一時的なもので、脇の黒ずみも産後には徐々に薄くなっていくようです。産後といっても赤ちゃんが生まれてすぐに元に戻るというわけではなく、妊娠中に乱れたホルモンバランスが整うと、肌の代謝で段々きれいになると言われています。
ホルモンバランスが整うタイミングには個人差がありますが、産後半年くらいまでには元に戻る方が多いようです。

脇の黒ずみいつ消えた?体験談

くるりんぱ
37歳

Aいつの間にか出来て、いつの間にか消えていた!

妊娠6ヶ月くらいの頃に、気がついたら乳輪が黒く巨大化していました。バストの変化のショックが大きくて、はっきりいつ頃からだったかは分からないのですが、たぶん同時期くらいから脇も黒くなっていました。臨月には妊娠線もできて、体中見るも無残な姿に…。

妊娠中は妊娠線予防の(結局できてしまいましたが)クリームをお腹につけていたくらいで、脇とかバストはとくにケアしていませんでしたが、産後、気がついたら脇もバストも元に戻っていました。

赤ちゃんのお世話に必死で、自分の体のことはすっかり無頓着になっていたことに、その時気がつきました。
バストは産後1年くらいの時には戻っていたかな?脇も同じくらいか、もっと前には戻っていたのかもしれません。年齢的にも肌の代謝は落ちていることを実感する毎日ですが、妊娠線以外はとりあえず戻って一安心している所です。

マーニー
34歳

A3~4ヶ月くらいで消えた。

3人の出産経験がありますが、3回とも出産後3~4ヶ月くらいで脇の黒ずみは落ち着きましたよー。私も、最初の妊娠の時は「もう二度と戻らないんじゃ…?」と不安に思った時期があったのですが、産後の体が回復していくのと同じように、肌の黒ずみも少しずつ改善されてきました。

赤ちゃんのリズムができて、すこしずつまとまった時間眠れるようになって、とちょうど産後3~4ヶ月くらいがやっと元の体に戻るタイミングなんだと思います。

保湿クリームと肌を手入れする女性

20代後半くらいから日焼けの戻りも遅くなってきているので、2、3人目妊娠中と産後は保湿と日焼け止めは欠かさないようにしていました。

黒ずみ自体は自然に治るものなので心配ないと思います。でも顔のしみ、そばかすは一度できると治らないので、妊娠中からのケアが大切です。

小麦粉ラブ
27歳

A産後半年くらいできれいになりました。

妊娠中期頃から体の黒ずみが気になりだしました。私は脇だけじゃなくて、足の付け根とか、デリケートゾーンとか、顔のしみも濃くなったような感じでした。

産婦人科で聞いたら、「ホルモンの影響で産後は自然に治る」と言われたのですが、少しでも早くきれいにしたくて、妊娠中からビタミンが含まれたサプリメントを飲んだり、しみ消しクリームのようなものをつけたりしていました。結局、産後半年くらいでほぼ元通りかな?という状態になりました。

何もしなくてもそれくらいで治るみたいなので、効果は微妙ですが、気休めというか、元々あった顔のしみが薄くなったような気がするので、結構お金はかかったけど意味はあったのかなと思います。
二人目を妊娠希望なので、次は何もしないで自然に治るのを待ってみようか考え中です。

できるだけ早く改善したい!ベストなケア方法

いくら何もしなくても自然に治ると言われても、体の変化はやっぱり気になるもの。そこで、「妊娠中にできた脇の黒ずみをできるだけ早く改善したい!」という方に、黒ずみ改善の近道となる4つのケアのポイントをご紹介します。

できるだけ刺激しない

シェイバーで脇を剃る女性

元々脇の皮膚はデリケートな部分なのですが、妊娠中に肌の体質が変化して敏感肌になる女性も多く、刺激を受けやすくなっている状態です。そのため、黒ずみが気になるからと洗いすぎるのは禁物です。
ふわふわの泡で優しく脇周辺を洗うようにし、ボディタオルも柔らかい素材のものを使用した方がよいでしょう。

また、ムダ毛処理のダメージ蓄積が脇の黒ずみの原因になることもあるので、妊娠中のムダ毛処理には注意が必要です。サロンやエステ、クリニックで行うムダ毛処理はレーザーを使用することが多いことから、妊娠中は施術を行えない場合があります。

自分でムダ毛処理を行う場合、肌の負担が少ないのは電気シェーバーで、最も肌を傷つけやすいのが剃刀です。妊娠中は脇を刺激しないように剃刀の使用はできるだけ控えるか、より低刺激なものを選んだ方がよいでしょう。

オイルやクリームで保湿する

脇の黒ずみには保湿ケアが大切です。徹底した保湿ケアを行うことで、肌のバリア機能が修復強化され、メラニン色素を排泄する肌のターンオーバーを促進することができるのです。

一般的なクリームでの保湿では、肌の上に皮脂膜を作っているだけで一時的な保湿効果しか得られませんので、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドが多く配合された専用のクリームやジェルを使うのがオススメです。

また、傷ついた肌を補修する効果の高いビタミンEが多く含まれるアルガンオイルやアーモンドオイル、プラセンタエキスが配合されたクリームも黒ずみ改善に有効です。産後の使用も考えて、赤ちゃんの肌に触れても優しい低刺激のものを選んでおくと重宝しますよ。

ピーリングで余分な角質除去を行う

妊娠中は皮膚の新陳代謝が落ちるため、専用クリームやジェルでピーリングを行うのも、古い余分な角質を取り除くことで、新しい綺麗な肌が再生します。
ただし、妊娠中の肌は敏感になりやすいので、ピーリングをやり過ぎると肌を傷つけてしまう可能性があります。多くても週1回程度、あるいはそれ以下の頻度で行い様子を見るのがよいでしょう。気になる方は妊娠中、ピーリングによるケアは避け、産後に行うのがおすすめです。

カントリー&ストリーム スキンピーリングジェル

カントリー&ストリーム スキンピーリングジェル

井田ラボラトリーズ

価格:1,000 円 + 税

はちみつやローヤルゼリーエキス、シアバター、ホホバオイル、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合されており、ピーリングしながら、同時に肌にうるおいを与えることができます。くまのパッケージがかわいいピーリングジェルです。ほんのりはちみつのにおいがして、使うたびに癒されますよ。

ビタミンEを摂取する

焼き芋のホクホクの切り口

ビタミンEにはアンチエイジング効果のある抗酸化作用や、血行を促進して肌の新陳代謝を高める効果があるので、黒ずみ対策にはうってつけです。高い化粧品を使わなくても、食べ物から簡単に取り入れることができます。

妊娠中は赤ちゃんのためにも食生活にも気を遣うという方も多いので、かぼちゃ、モロヘイヤ、しそ、ほうれん草、大根、さつまいもなど、ビタミンEが多く含まれる食材を毎日の食生活に取り入れてみてくださいね。

時間が経てば黒ずみは徐々に消えていきます

妊娠中の脇の黒ずみは特に何も対処しなくても、時間とともに消えていきます。妊娠中は気になっても、赤ちゃんが生まれてからは毎日のお世話に気をとられているうちに忘れてしまって、気がついたら元に戻っていたという方も多いかもしれませんね。

肌の黒ずみを消そうと洗いすぎたり、肌に合わない化粧品をつけたりすると、刺激によりかえって黒ずみが悪化してしまうこともあります。適度にケアをしつつ、あまり気にしすぎないことが一番です。
肌の黒ずみは女性としてショックですが、自分の身体が赤ちゃんを迎える準備を始めているサインと捉えて、妊娠中の体をしっかり労わってあげてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク