水中出産のメリットやリスクに関する記事

水中出産~メリットやリスクや病院での費用の目安を大公開

水中出産~メリットやリスクや病院での費用の目安を大公開

水中出産は別名無痛分娩とも言われている海外ではメジャーな出産方法です。そんな水中出産についての知識をまとめました。

マーミーTOP  >  出産  >  水中出産~メリットやリスクや病院での費用の目安を大公開

水中出産のメリットやデメリットって…費用はどのくらいかかるの?

「水中出産という言葉ってご存知でしたか?」モデルの長谷川潤さんや山田優さん、最近では歌手のAIさんらが水中出産を体験したことで話題となりましよね。そのニュースを観て「えっ、そんな出産方法があるの?」と、驚いてしまった女性も多くいたと思います。

また、「名前は知ってはいたけど、詳しいことは分からない」という女性もいらしたはずですよね。そういった、女性の方々や、これから水中出産も選択肢の一つと考えられている妊婦さんに向けて、水中出産の方法とメリット、デメリットをご紹介していきます。

また気になる費用や、日本で水中出産が出来る場所もお伝えしちゃいます!

水中出産とはどんな、出産方法なの?

水の表面

水中出産とは、どんな出産方法なのでしょうか?

日本ではまだまだマイナーな出産方法ですが、海外では盛んに取り入れているところもあるのですよ。その歴史について、その他の出産方法との違いをご紹介していきます。

水中出産の歴史や思想について

水中出産の歴史は意外と古くて、その元々の起源は定かではありませんが、エジプトや、中米やハワイ、アフリカなどの温暖な気候に暮らしている一部の民族が行っていた出産方法のようです。

その後、1970年代からヨーロッパへとその出産のスタイルが浸透していき、その思想などが受け入れられて、海外ではメジャーな出産方法の一つとして、数えられている国々もあります。そういった、水中出産がメジャーな国では、妊婦さんの約30%ほどが、水中出産を選んでいるとも言われるデータもあったりします。

水中出産ってどんな分娩方法なの?自然分娩との違いって?

水中出産はお母さんが羊水と同じ温度と、同じ塩分の濃度に調整しているお湯に浸かりながら、水中に赤ちゃんを産み落とすという分娩方法です。天然成分の塩を溶かした37度くらいのぬるま湯が、その分娩法には最適だと言われています。意外かもしれませんか、水中出産と自然分娩との違いは「水の中に産むか水の外で産むか」の違いだけです。

あとはフリースタイル分娩と同じで、様々な体勢で産むことが出来ます。また、日本では水中出産が出来る産院が限られているため、希望する場合はあらかじめ探して予約しておく必要があります。

水中出産のメリットには、どんな事があるの?

水中出産が海外では、メジャーな出産方法になっている事にはもちろん理由があります。水中出産には、他の分娩方法にはない、メリットが考えられているからです。

では、具体的な水中出産のメリットを紹介していきますね!

1体温ほどの温かい水に浸かることで、リラックスできる

お湯が入ったお風呂

ちょうどよい湯加減のお風呂に入るとリラックスできますよね。水中出産でも、同じようにリラックスした状態で分娩に挑むことが出来きます。出産時には、初めてであったりすると、どうしても体がこわばって緊張してしまいます。

そういった体の緊張を解して、よりリラックス状態での出産には水中出産が適していると言われていて、また分娩時間も通常時よりも短くて済むケースが多いという報告もあります。昨年水中出産による分娩のスタイルを選んだ、歌手のAIさんは、初産にもかかわらず分娩時間は3時間弱で済んだそうですよ!

2温かい水の中に浸かることで、陣痛の痛みが和らいでいく

また温かい水に浸かることで、陣痛の痛みが軽減されることが期待できます。体温に近い水温につかる事で、産道が柔らかくなり、会陰周辺の筋肉がほぐれていくことで、陣痛の痛みも和らいでいくことがあるからです。また、会陰自体も柔らかくなることで、会陰切開をする確率が低くなっていきます。

通常分娩の場合では、会陰切開をする確率は全体の約4割ほどと言われています。それに比べると水中出産の場合では、会陰切開をする確率は全体の約2割まで減らせるという事が、海外のデータでは伝えられています。

3産まれてくる赤ちゃんのストレスも和らぐ

陣痛の痛みが和らぐことは、産まれてくる赤ちゃんの痛みを和らげることにもつながります。赤ちゃんは産道を通る時には、狭いところを無理やり押し広げて進んでくることもあります。そのため、体が無理に締め付けられてしまったり、怪我をしてしまったりする危険性が高まってしまう事もあります。水中出産は、こうした赤ちゃんの体にのしかかってしまうかもしれないストレスを軽減させる事が期待されます。

また、赤ちゃんが水の中に産み落とされることに不安を感じてしまう妊婦さんもいらっしゃるかもしれません。しかし、赤ちゃんは元々羊水という水の中で何ヶ月も過ごしていた事を考えると、その不安はなくなっていきますよね。

出産に際しては、産み落とされる水の中の温度と濃度を羊水と同じようにしてあげることで、赤ちゃんはより、ストレスなくママの体から、外の世界へと飛び立っていくことが出来ます。

へその緒を切っていない状態であれば、そこから酸素が供給されているため、産まれて数分以内に引き上げれば、水の中で窒息してしまう心配もいりません。

赤ちゃんは水の中から引き上げられてから初めて、外の空気を吸うことになるのです。初めて吸う空気って一体どんな感じなのでしょうね!

4水中出産にする時には、ママの姿勢が楽になる

水辺に座る妊婦さん

また水の中では浮力が働いて、その力で体重を支えてくれるため、地上に比べると、楽な姿勢を保つことが出来るのもメリットの一つです。最近日本でも取り入れられるようになった「フリースタイル分娩」も楽な姿勢で出産しようという意味においては、水中出産と似ております。

「フリースタイル分娩」は、足を広げて分娩台に寝そべるのではなく、自由な姿勢・楽な姿勢で分娩したいという妊婦さんの思いを、叶えてあげようとの主旨もその発想には含まれています。しかし、地上という場所の制限のある「フリースタイル分娩」では、楽な姿勢をとるが故に体を支えるものがなく、上から吊るされたロープを握りしめたり、何かに掴まりながら力んだりするしかありません。

しかし水中出産ならば、重力の力が浮力の力によって軽減されているので、お母さんの体に大きな負担がかかることなく姿勢を変えることが出来るのです。また体勢を変えやすいということは、痛みが一ヶ所には集中せずに逃しやすいため、陣痛の痛みも少し和らげることができます。

水中出産のリスクには、どんな事があるの?

水中出産にはメリットばかりではありません。もちろんリスクが伴うこともあります。もしも、水中出産にメリットばかりであったら、日本でももっとメジャーな出産方法の一つとなっていたかもしれませんよね。

では具体的な水中出産のリスクについてご紹介します!

1水質の管理の問題

ひとつめのリスクは、水質管理についてです。羊水と同じ温度に設定されている水中の温度約37度。実はこの水温は、雑菌が繁殖しやすい温度でもあります。もしも、水質管理を怠たって不衛生な水の状態となってしまうと、母体だけでなく産まれてきた赤ちゃんまでもが感染症にかかってしまうリスクが高まってしまいます。

そのため、いくら盛んだからといって、海外での水中出産を選択する際には、十分な注意が必要となってしまうこともあります。日本での水中出産を希望する際には、専用のプールがあり、水質管理を徹底していることを基準に探すことをお勧めします。

2出産の際に妊婦さんの具合が悪くなってしまった時に対応が遅れてしまう

日本では水中出産を行っている病院は決して多くはありません。その出産方法を選択できる施設の多くは助産院に集中しており、そういった施設では、助産師さんのみで産婦人科医がいないのが現状です。

出産の際にはどうしても体を温めすぎてしまって、血行が良くなり、出血多量になってしまうこともあります。そうしたケースでは、助産師さんは医療行為が行えないので、何かトラブルやアクシデントがあった場合には、病院に搬送されることになります。

そういった母体や産まれてきた赤ちゃんに異常が発生した時には、助産院から病院まで向かわなければならずに、移動の際には、タイムロスが生じてしまって、その対応の遅れがリスクを高めてしまいます。もしもの時のために、提携している病院への移動時間や対応策についても相談しておくと安心でしょう。

3水中出産をするには、体力が必要である。

ヨガマット

水中はリラックス出来て楽に出産出来るかと思いきや、水中出産には意外と体力が必要となります。楽な姿勢を保つには便利ですが、その姿勢から余計に動いてしまうと、水の中では体力を消耗してしまいます。

水の中って抵抗があり、歩きづらかったりしますよね。同じように水中出産も、水圧によって動く度に余計に体力を消耗してしまいます。そのため1回の浸水時間には制限が設けられています。水中出産を希望する妊婦さんの中で、体力に自信のない妊婦さんは出産に向けて体力作りをする必要があるかもしれませんね。

分娩の途中で体力がなくなってしまうと、通常分娩や帝王切開に変更せざるをえなくなってしまいます。より安全な水中出産のために、出産する前にはプールなどで歩いて体を慣らすのも良いかもしれませんね。

4水中出産には適さない妊婦さんもいる

水中出産を希望する妊婦さんの中には、その方法を選んでしまった場合には、出産のリスクが高まってしまう女性もいます。そのため希望している妊婦さんの全員が、水中出産をできるとは限りません。

例えば「赤ちゃんが逆子の場合」「双子以上の赤ちゃんの出産」「早産の場合」には水中出産は適しません。また水の中が苦手で、恐怖心がぬぐいきれない妊婦さんもやめておいた方がよいでしょう。持病がある女性、中でも心臓病などを患っている妊婦さんも水中出産をすることは出来ません。その他医師が危険だと判断した場合には、水中出産が出来ないケースもあったりします。

水中出産に興味があるけど、どうすれば水中出産を出来るのかな?

水中出産に興味が出てきたけれど、周りに経験者がいないから不安だという妊婦さんって意外と多いかもしれませんよね。そこで実際の費用などを紹介します。「どのくらいの費用」「どういった施設」を選べば、水中出産をより安全に行うことが出来るのかも併せてお伝えいたしますね。

水中出産にかかる費用ってどのくらいなの?

水中出産を取り入れている女性は、有名なモデルさんや歌手だったりして、セレブな女性が選ぶような出産方法だというイメージもありますよね。だから「水中出産って、ものすごく高いのでは?」と、不安に思ってしまいますよね!

実際水中出産にかかる費用は、施設によってばらつきがあります。まだ日本では取り入れているところも少ないので、きっちりした価格設定がなされていないのが実情です。しかし、その多くは通常分娩の費用プラス数万〜数十万円くらいが相場のようです。

水中出産に積極的に取り組んでいる病院を探す

水中出産について具体的に相談したいというお方は、直接病院に問い合わせてみると良いでしょう。水中出産に積極的に取組んでいる病院には、水中出産の経験が豊富なスタッフが揃っています。設備もしっかりしているところを選ぶことで、より安全に水中出産を行うことが出来るでしょう。

「専用のプールや分娩室がある」「水質管理をしっかりしている」「もしもの時の対応策がしっかりできている」「スタッフの数や対応の仕方」などなど、実際に産院を訪れて見て、そういった気になる項目をチェックしてみる事をお勧めします。また産院によっては、事前の説明会や勉強会などを行い、水中出産をより安全に行うための取り組みがなされているところもあります。興味がある方は、ぜひ説明会などに足を運んでみましょう。

人生においては、出産する機会はそう何度もあるという訳ではないので、ご自身が出産するさいには、自分の気持ちを一番大事にして、水中出産も含めた数ある出産方法の中から選んで、思いを膨らませて、バースプランを考えていきましょう!より、具体的に考えていくことで、その出産計画が実現していきやすいですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク