妊娠中の結婚指輪に関する記事

妊娠中の結婚指輪に潜む危険性~妊婦のマリッジリング対応

妊娠中の結婚指輪に潜む危険性~妊婦のマリッジリング対応

妊娠中は結婚指輪を外した方がいいと言われていますが、そこには意外な理由も隠されています。こちらでは妊婦になったらいつ頃指輪を外すべきか、結婚指輪の意味、保管方法、妊娠中の購入、かぶれ、抜けない時の外し方等を解説します。

マーミーTOP  >  出産  >  妊娠中の結婚指輪に潜む危険性~妊婦のマリッジリング対応

妊娠中は結婚指輪を外す?安全な出産への配慮やおすすめ保管方法

結婚指輪を外す女性の手

愛する人とかわした結婚指輪はとても大切な物。いつでも身に着けていたいところではありますが、妊娠中だからこそ起こり得る思わぬ緊急事態の処置の遅れにつながる危険性も考えられるため、妊娠中の結婚指輪は外して保管するのが賢明です。妊娠中は指がむくんである朝突然「入らない」「外せない」と冷や汗をかく女性も…。

こちらでは、妊娠中の結婚指輪に潜む危険外す時期結婚指輪の意味や結婚指輪への男性の実態、おすすめの保管方法、指輪のサイズ変更やかぶれ、抜けなくなった指輪を外す方法についてご紹介します。肌身離さず身に着けていたい妊婦さんもこの方法なら安心して外せるはず。

妊娠中の結婚指輪に潜む危険性や外す時期

女性の体は月経前にむくみやすく、ちょっと水分を摂り過ぎるだけで手足がむくんで指を握りにくくなって困るなどの経験をしたことがある人も多いでしょう。

そのため妊娠中の軽いむくみを軽く考えてしまう妊婦さんもいますが、妊娠中は体内の血液量が約1.5倍に増加するとともに妊娠中に起こりやすい病気のために手の指がむくむ、膨らんだ子宮が腹部の静脈を圧迫して下半身の血液循環が悪くなることから足がむくむ(注1)など、妊娠による体の変化が原因となるため妊娠前と同様に考えるべきではありません。

手や全身のむくみは多くの妊婦さんに見られる妊娠高血圧症候群が原因であることが多く、さらに息苦しさがみられる場合は周産期心筋症(注1)の疑いもあるため病院に行くことが必要ですが、こうした病によりある朝突然指がむくんで指輪が外せない、入らないといったトラブルが起こることも稀ではないため、むくみへの配慮をして生活することが必要です。

妊娠中の結婚指輪に潜む2つの危険性

緊急手術イメージ

朝起きたらむくみで結婚指輪が外れなくなると、そのまま指がうっ血して指の組織が破壊される恐れがあるためどうにかして外す必要があり、どうしても自宅で外せない場合は結婚指輪を病院や消防署で切断するしかありません。

ですが、それよりさらに危険なのが思わぬトラブルによる緊急手術です。

手術前に結婚指輪が抜けなかったら?

妊婦さんが緊急帝王切開などの緊急手術を受ける際は電気メスを使うことが多いのですが、指輪を外さないとやけどをする危険性があり、場合によっては結婚指輪を切断することになります。また手術中は点滴をしますので、これまでむくみがなかった妊婦さんも点滴により体がむくんで指輪が外れなくなることがあります。

妊娠中は様々な予期せぬトラブルが起こる可能性があります。そのため日頃から緊急手術にも配慮して生活することで、いざという時にも命のかかった1分1秒を無駄にせず、医師が速やかに処置をできるようにしておきましょう。

妊娠中に結婚指輪を外す時期

妊娠中のむくみは個人差が大きく、妊娠全期間を通して全く体がむくまなかったというママもいるため、指輪を外す時期にはこれという決まりはありません。手を握ると違和感があるなどむくみが気になり出した段階で指輪は外す妊婦さんも多いです。

ただし結婚指輪によるリスクを考えれば、むくみがない人でも妊娠中は指輪を外すことを検討した方が安心です。

結婚指輪の意味

結婚指輪イメージ

結婚指輪はローマ人が愛の誓いとして贈った婚約指輪が起源と言われ、日本では戦後の高度成長期に結婚指輪が民衆に広まって習慣となりましたが、夫婦がお互いに指輪をはめることには愛を誓い合った証という意味があります。そのため「妊娠中に指輪は危険」と知っても、結婚指輪を外すことに抵抗を感じる女性は多いのです。

もともと古代ギリシャでは左手の薬指には心臓に繋がる「愛情の静脈」というものがあると考えられ、薬を混ぜる時に薬指を使えば、万が一毒であっても心臓に警告が行くため分かると信じて「medial finger(薬指)」と呼び、今でも薬を触るのは薬指がよいという迷信を信じている人がいますが、ヨーロッパには結婚指輪を左薬指にはめない地域もあります。

日本では左薬指が結婚指輪の定位置。そのため独身者は既婚者であるかどうかを左薬指の結婚指輪で確認できますので、パートナーからすると愛しい相手への外敵駆除の意味合いもありますが、妊娠中は体が既婚者であることを物語っていますので、女性が結婚指輪をする意味はありません。今は指輪がなくてもスマホで繋がれますし、結婚指輪なしの夫婦もいますので安心して外しましょう。

男性は結婚指輪を外さない?意外な実態

新郎の指に指輪をはめる新婦の手元

結婚指輪は夫婦がペアで持つ物なのですが、結婚指輪をしていない男性は多いです。男性が指輪をしない理由には次のようなものがありますが、心がけ次第で改善できるものからやむを得ないものまで様々。

  • アクセサリーなんて、男らしくない
  • 指輪に慣れておらず、違和感に耐えられない
  • 大事な指輪を傷つけたくない
  • 幸せ太りで太ってしまって、指輪が入らない
  • 衛生管理に厳しい仕事をしていて、職務上指輪はつけられない
  • 金属アレルギーがあり、指輪はつけられない

なかには結婚指輪をしていることで「妻に鎖で繋がれているような気がする」と、あえて指輪をつけないという男性もいるのですが、これでは結婚指輪を持つ意味がありません。

妻は妊娠中に結婚指輪を外さざるを得ませんが、夫は外す必要はありません!妊娠中で妻が指輪を外しても、夫には遠慮せず結婚指輪をつけ続けて外敵を駆除してもらいましょう

妊娠中に結婚指輪を外した後はどうする?

普段から左手の薬指にはめ慣れてしまい我が身と一体となった結婚指輪は、一度外してしまうとうっかり置き忘れてしまいがち。妊娠中に外していて「結婚指輪をなくしちゃった!」と大騒ぎする人は多いです。出産して身に着けることができるようになるまで、指輪は次のような方法で安全に保管しましょう。

ネックレスにして身に着ける

妊娠中もどうしても結婚指輪を肌身離さず身につけていたい人は、お手持ちのチェーンに指輪を通してネックレスとして保管するという方法があります。ネックレスなら緊急事態にもササッと外せますし、結婚指輪を外すことに抵抗がある旦那さんも納得してくれるはずです。

リング用ペンダント

リング用ペンダントイメージ

クイーンズジュエリー

妊娠中にどうしても結婚指輪を身に着けていたい女性に喜ばれるリング用ペンダントです。ただチェーンに指輪を通しただけだとスルッと落としてしまう可能性がありますが、このペンダントトップならカチッと指輪を止めることができるので、脱落を防止して安全に指輪を保管ができます。

http://www.queensjewelry.jp/

箱にしまっておく

結婚指輪を置き忘れてしまうのは、やっぱり指輪だけでは小さくて目立たないから。大事なものは箱に入れるのが一番ですから、妊娠中に結婚指輪を外した場合は元のケースや箱に入れて保管をしましょう。傷をつけずに美しく保つこともできます。

妊娠中に結婚指輪を購入する場合のサイズ

ジュエリーショップで結婚指輪を選んでいるカップル

いわゆる「授かり婚」だと、妊娠中の体がむくんでいる時に結婚指輪を選ばなければならないこともありますが、「早く結婚指輪をはめたい」と妊娠中の指にあわせ指輪を買うのはお勧めできません。出産後にサイズダウンしてスルッと指輪が抜け落ちてしまう可能性があるからです。

結婚式があるなどの理由からどうしても妊娠中に結婚指輪を選ばなければならない場合は、後でサイズ調整ができるお店で購入するようにしましょう。結婚指輪は長期間使用するアクセサリーのため最近はお直しもできる保証への加入をおすすめしているジュエリーショップも増えています。

妊娠中に結婚指輪でかぶれたら?

もし妊娠中に結婚指輪などの金属でかぶれたら、金属アレルギーを発症した可能性もありますので、早めに皮膚科を受診することが大切です。

妊娠中に金属アレルギーになったら

内診や帝王切開などで使用する器具にも金属が使われていますので、かかりつけの産婦人科医に伝え、母子手帳にも記入しておきましょう!

あわせて妊娠中は指輪を外し、金属アレルギーを悪化させないように気をつけることが大切。アレルギー性皮膚炎は皮膚の状態により症状が悪化しやすいので、食事からビタミンやミネラルもしっかりと摂取し、バランスのよい食生活や良質な睡眠、保湿を心掛けましょう。

妊娠中に指輪が抜けなくなった!外す方法は?

妊娠中に「まだ大丈夫かな」なんて思って結婚指輪をつけていたら、突然指がむくんで外れなくなってしまうなんてことも少なくありません。そのような時にはまず落ち着いて対処しましょう。無理に引っ張ったり、力を入れたりすると指のうっ血がひどくなり、ひどい痛みがおきてさらに腫れあがってしまいます

次の5つの方法を試してみて、無理なく指輪を取り外しましょう。

石鹸を使って外す

石鹸を持つ女性の手

とれなくなった指輪は石鹸の泡を周囲に良く塗り込んで滑りをよくすることで、スルッと外れやすくなります。指輪が指に接している部分まで泡を塗りましょう。石鹸だけでなくマッサージオイルなどを使っても、同様の効果が期待できます。

糸を使って外す

裁縫用の糸を使って、簡単に指輪を外す方法もあります。まず指先に2~3巻き糸を巻き付け、糸の端を指輪の下に通して指の付け根に方に渡します。渡した糸を指の付け根にグルグルときつく巻き、指が若干細くなったところで指先に向けて引っ張っていくと、糸が指輪を引っ張って力を入れなくても指輪がスルンと外れます。

マッサージをする

むくみの解消にはマッサージも効果的です。ハンドクリームやマッサージオイルをたっぷりと塗って、指の根元から指先に向かって、少し強めにマッサージをしてみましょう。少し時間はかかりますが、むくみが取れて指輪が外しやすくなりますよ。

血行を良くする

むくみは血流の停滞が引き起こしていますので、洗面器などに張った暖かいお湯に手をひたして血行を良くすると指輪が外れやすくなります。

手のひらを心臓よりも高い位置にあげて手のひらをヒラヒラと動かしたり、手を握ったり開いたりを繰り返すことでも血行が良くなり、むくみが改善して指輪を外しやすくなります。

ジュエリーショップに相談する

自宅で指輪を外せない場合、ジュエリーショップに行ってみましょう!指輪のプロですので自宅ではどうしても無理だった指輪をちょっとしたコツで外してもらえることもあります。指がうっ血して1分1秒を争う状態でなければ、ますはジュエリーショップに問い合わせしてから、状態を見せに行きましょう。

病院や消防署で切断

どうしても指輪が外れない場合には、病院や消防署などでリングカッターを使って切断をすることも検討しましょう。切断された指輪を修復できるジュエリーショップもありますし、あらかじめ保証に入っていれば費用もおさえられますので、悲観しないで考えてみてくださいね。

妊娠中や産後は入らなくても無理をしない

長く身につけているほどに愛着がわくのが結婚指輪ですが、妊娠中はただでさえ女性の体に負担がかかっていますので無理をする必要はありません。赤ちゃんのことも考えてママ自身のむくみを解消させることを優先させ、指輪は外して過ごすことをおススメします。

女性の体は年齢やライフステージによって変わりますから、産後もむくみがなかなか改善せずに指輪が入らなくなってしまった場合には、思い切ってサイズを直すことを検討してみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク